FRIENDS (B'zのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > FRIENDS (B'zのアルバム)
FRIENDS
B'zEP
リリース
ジャンル
時間
レーベル BMGルームス
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 1993年度年間6位 (オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン (日本レコード協会)[1]
  • B'z アルバム 年表
    • FRIENDS
    • (1992年)
    テンプレートを表示

    FRIENDS』(フレンズ)は、日本音楽ユニットB'zが1992年12月9日にBMGルームスからリリースした4作目のミニ・アルバムである。また1996年11月25日には、このアルバムの続編である『FRIENDS II』が発売された。

    概要[編集]

    ジャケットには、イングランドの写真家Michael Kennaの作品『Deckchairs, Bournemouth, Dorset, England』が使用されている[2]。初回盤のみCDケースを入れる紙製のスリーブケースが付属している。

    9thシングル『ALONE』からの「B'z」ロゴマークが使用された最後のアルバム[注釈 1]

    本作より、クレジットにてベースが表記されるようになった[注釈 2]

    本作は全楽曲で1つのストーリー性を持たせたコンセプト・アルバムとなっており[4]、内容は「回想」「再会」「葛藤」「解決」のシーンからなるラブストーリーで、アルバムタイトル『FRIENDS』はストーリーのテーマにあたる。本作について松本孝弘は、「映画のサウンドトラックのようなアルバムを作りたかった」と述べている。

    作詞について稲葉浩志は「全ての楽曲の歌詞は飛行機での移動中に4曲同時進行で書いた」と語っている。

    曲順表記は「#1」などではなく、「SCENE1」など独特の表記になっているのも特徴。

    1999年8月に日本レコード協会より、2ミリオン認定を受けた[1]

    収録曲[編集]

    1. Prologue. Friends (1:48)
      インストゥルメンタル
      ストリングスによる演奏。
    2. SCENE1. いつかのメリークリスマス (5:36) 
      クリスマスソング。本作が初出。
      非シングル曲だがファンの人気は高く、クリスマスソングの定番となっている。
    3. SCENE2. 僕の罪 (4:19)
      ギターイントロとガラスの割れた音から始まる。
      インストゥルメンタルを除き、本作唯一のライブ未演奏曲。
    4. 2-2. Love is ... (1:26)
      インストゥルメンタル。
      オルゴールのような雰囲気でキーボードで演奏されている。メロディは次曲「恋じゃなくなる日」と同様[4]
    5. SCENE3. 恋じゃなくなる日 (4:51)
      一転して激しいギターによるイントロから始まる。
      ファンの人気が高く、ベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』のファン投票で10位にランクインして収録された[5]
      2014年にファンクラブ会報で行われた「まだ自身は聴いたことがないけれど、いつかLIVE-GYMで聴きたいと夢見ている曲」のアンケートで3位、2017年に行われた同会報の「LIVE-GYMで聴きたいB'zナンバー」のアンケートでも3位に選ばれたが、『B'z LIVE-GYM '93 "RUN"』以降は演奏されていない。
    6. SCENE4. SEASONS (1:14)
      インストゥルメンタル。
      松本のアコースティック・ギターのみの演奏。
    7. SCENE5. どうしても君を失いたくない (6:07)
      テレビ朝日系『ミュージックステーション』のエンディングテーマとして1992年4月10日から2002年2月22日までこの曲のインストゥルメンタル「どうしても君を失いたくない -Instrumental-」が使用されていたが、このバージョンは音源化されていない[注釈 3]
    8. 6. いつかのメリークリスマス (Reprise) (1:23)
      SCENE1「いつかのメリークリスマス」のメロディを流用したインストゥルメンタル。ピアノ独奏

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ シングルでは13thシングル『裸足の女神』まで。
    2. ^ 11thシングル『ZERO』や6thアルバム『RUN』で収録曲のベースが生となったが[3]、クレジットは未表記となっていた。なお、曲単位でベースのクレジットが表記されたのは、『IN THE LIFE』に収録の「WILD LIFE」が初となる。
    3. ^ 歌は入っていないが、曲とコーラスは原曲からそのままインストゥルメンタルへ流用している。また、歌っている部分は歌の代わりにギター音が入っている。

    出典[編集]

    1. ^ a b GOLD ALBUM他 認定作品 1999年8月度(99年7月21日〜99年8月20日)」『The Record』第479号、日本レコード協会、1999年10月、 9頁。
    2. ^ Michael Kenna, Deckchairs, Bournemouth, Dorset, England, 1983, printed 1984”. サンフランシスコ近代美術館. 2019年10月23日閲覧。
    3. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988〜1998 10th anniversary special issue』ROOMS RECORDS、1998年9月20日、26頁。
    4. ^ a b MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「コンセプト・アルバム」「concept album」の項)”. エムアールエム. 2019年10月23日閲覧。
    5. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年11月23日閲覧。 

    関連項目[編集]