FRIENDS II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > FRIENDS II
FRIENDS II
B'zEP
リリース
ジャンル
時間
レーベル Rooms RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 1997年度年間12位 (オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン (日本レコード協会)[1]
  • B'z アルバム 年表
    • FRIENDS II
    • (1996年)
    テンプレートを表示

    FRIENDS II』(フレンズ・ツー)は、日本音楽ユニットB'zが1996年11月25日にRooms RECORDSからリリースした5作目のミニ・アルバムである。4thミニ・アルバム『FRIENDS』の続編となっている。

    概要[編集]

    ミニ・アルバムとしては、前作『FRIENDS』以来4年ぶりに発表された作品。『FRIENDS』の続編となるが、本作は前作のような全曲に1つのストーリー性を持たせておらず、一曲一曲のストーリーが全て独立したオムニバス形式の内容となっている[2]

    松本によると「B'zにとってミニ・アルバムは実験の場。今回はB'zが今までやったことのないジャンルに挑戦する音楽的企画になった。」と語っており、本作は従来のB'zの作風とは異なるAOR色の強い曲が多く、ボサノヴァフュージョンレゲエの導入、フルートサックスフェンダーローズファルセットを多用したボーカル等がフィーチャーされ、松本のギターサウンドにおいてもクリーントーンやカッティングワウ等が使用されている。

    B'zの作品では初となるデジパック仕様[3]

    LIVE-GYMでは「SNOW」を除く全曲が未演奏。現在、彼らの日本国内でCDとしてミニ・アルバムでリリースされた作品は、本作が最後である[注 1]

    収録曲[編集]

    曲の解説やタイアップ等はB'zのページにて解説しているため一部簡潔に解説する。

    1. Friends II (1:00)
      表題曲。前作『FRIENDS』の1曲目「Friends」と同じメロディガット・ギターで弾いているインストゥメンタル[4]
    2. SNOW (4:06)
      曲のほとんどをファルセットで歌った曲。本作の中では比較的シンプルなアレンジをしている。
      バラードベスト・アルバムThe Ballads 〜Love & B'z〜』にも収録された。
      年末に放送された『ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ96』で、次曲「傷心」とともに披露された[5]
      本作では唯一LIVE-GYMで演奏された楽曲で、1997年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"』、1998年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"』、2008年に行われたツアー『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』で演奏された。
    3. 傷心 (5:04)
      テレビ朝日系超次元タイムボンバー』のテーマソングとして起用された。
      元々は本作の先行シングル曲として作られたが、「ただでさえ曲数の少ないミニ・アルバムに知っている曲があるのもつまらないだろう」という理由でアルバム収録曲に収まった。
      落ち着いた音色のギターソロや、フルートがフィーチャーされていたり、リズム隊コンガなどの生楽器が生かされているなど、それまでのB'zの楽曲とは違うアプローチがされている。
      短いながらもPVが制作されており、ジャケット撮影に臨むメンバーを捉えた映像と、ジャケットや中表紙に映る女性が登場している。歌唱映像は入っていない。
      年末に放送された『ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ96』で、前曲「SNOW」とともに披露された[5]。未だにLIVE-GYMでは未演奏のため、同番組が唯一の演奏披露である。
      2014年にファンクラブ会報で行われた「まだ自身は聴いたことがないけれど、いつかLIVE-GYMで聴きたいと夢見ている曲」のアンケートで10位に選ばれた。
    4. BABY MOON (3:27)
      短調ボサノヴァを取り入れた楽曲。
    5. sasanqua 〜冬の陽 (4:27)
      松本による長編インストゥルメンタルで、アコースティック・ギターによる導入部と「冬の陽」と題されたエレクトリック・ギターを使用した本編で構成される[3]
      松本のソロアルバム『House of Strings』、『Strings Of My Soul』にはそれぞれ別バージョンが収録されている。
    6. ある密かな恋(4:03)
      従来のB'zにはないシャッフルのスローファンクフュージョン曲。
      ギターソロパートでシャッフルからジャジーなウォーキングベースがなぞり、ストレート4/4にリズムが変わっている。
      随所でサックスがフィーチャーされている。
    7. きみをつれて (5:26)
      B'z初のレゲエを取り入れたナンバー。
      サックスソロから始まり、最初は比較的ゆったりしているが、途中から曲も盛り上がりを見せ、後半はギターソロが鳴り響き、アウトロが一度フェードアウトすると、ピアノの独奏でサビのメロディーが演奏され終了する。
      なお、Bメロのギターフレーズは、「sasanqua〜冬の陽」のイントロのフレーズをオブリガートとして入れている。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 2002年には韓国限定で『DEVIL』が、CDとしてのミニ・アルバムで発売された。配信限定としては『B'z』というタイトルで、2007年2012年の2度にわたって発売されている(前者は海外限定であり、現在は配信を終了している)。

    出典[編集]

    1. ^ “B'z、通算20作目のミリオン達成!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年6月22日). https://okmusic.jp/news/1576 2019年10月28日閲覧。 
    2. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「コンセプト・アルバム」「concept album」の項)”. エムアールエム. 2019年10月28日閲覧。
    3. ^ a b 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、29頁。
    4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、28頁。
    5. ^ a b 出演者ラインナップ|ミュージックステーション”. テレビ朝日 (1996年12月27日). 2019年10月28日閲覧。