FTVニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FTVニュース』(エフティーブイニュース)は、福島テレビのローカルニュース番組

概要[編集]

1963年4月の福島テレビ開局当初は、月曜日・水曜日・金曜日が『福島民報ニュース』、火曜日・木曜日・土曜日が『民友ニュース』、そして日曜が『FTVニュース』として18時と23時に放送されていた。後の1971年7月12日にタイトルを『FTVニュース』に統一した。

JNNFNSクロスネット時代には『FTVテレポート』のコーナーと週末の夕方、また1976年4月からフジテレビの『プロ野球ニュース』をネット開始したときには23:00 - 23:15の時間帯でも放送された。本来JNN加盟各局はJNN系列協定の関係でJNNと付くニュース番組は必ずネット受けしなければならなかったが、23:00の分である『JNNニュースデスク』に関してはネット受けせずに県内ニュースを放送した(ネットチェンジ時 = FNN/FNSに一本化された際に23時の時間帯は終了)。

また、名前にFNNが付く場合もある。夜の場合、災害・事件が発生した場合には『THE NEWSα Pick』を差し替えて放送(名前にFNNが付くのは日曜日11:50フジテレビの『産経テレニュースFNN』の差し替え枠のみ(2016年3月27日を以って終了、2019年現在は『FNN Live News days』として放送。)。フジテレビでの長時間特番(21時をまたぐような番組、『FNS歌謡祭』以外)では『FNNレインボー発』のオープニング映像を途中まで流し、切った後に福島のニュースをひとつ伝え、CM(通常提供のPT)を入れて福島の天気予報を短く入れる。タイプは福島市の夜景にテロップを貼り付けたものである。2011年3月28日から音声は『FNNレインボー発』のまま、映像のみ福島市の夜景に白テロップで「FTVニュース」に変更された(2015年3月まで)。

1980年代の一時期の日曜日は、タイトルが同じで中身が『FNNニュース・明日の天気』に差し替えられていた時期があり、新聞にも二ヶ国語放送と表記されていたほか、19:58のミニニュースは『FNNテレスポット』に改題されていた。

ローカル番組としては珍しく、2000年まではヤンマーディーゼル(現:ヤンマー)が提供だった(20:54枠、タイトルは『ヤンマー提供FTVニュース』、この時にも『ヤン坊マー坊天気予報』のキャラクターが登場した)。ヤンマーと隔日交代(月曜日 - 土曜日)で、地元百貨店のうすい百貨店郡山市)と地酒メーカーの栄川酒造会津若松市)と花春酒造(同じく会津若松市)も提供だった。

担当アナウンサー[編集]

  • シフト勤務

放送時間[編集]

  • 金曜日 21:49 - 21:55、月曜 - 木曜・土曜 20:54 - 21:00、日曜は『ニチファミ!』に中断ニュースとして内包(2015年3月30日-2017年3月31日は『FTVこんやのニュース』として、2017年4月1日-2017年10月1日は『FTVユアタイム クイック』として、2017年10月2日から2018年3月までは『FTV THE NEWSα Pick』として放送していた。2017年3月から2018年3月までの土日および2018年1月から2018年3月までの金曜日はフジテレビ発の全国ニュースをネットし、ニュース本編終了後に県内の天気予報を放送していた。月曜 - 木曜は県内ニュースを放送していた。)
  • 2018年3月を以って、フジテレビの『THE NEWSα Pick』が終了したが、FTVもそれに合わせて終了。これにより、FTVの夜のスポットニュースは終了することになった。(4月より当番組の時間は月曜と日曜はフジテレビの20時台の番組をフルネットし、それ以外の曜日はフジテレビの20時台の番組を20:54(金曜のみ21:49)で飛び降りし日替わりのミニ番組および天気予報を放送している。)
  • おおよその時間、実質的には30秒後から始まっていた。