FUNKASTIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FUNKASTIC
RIP SLYMEシングル
初出アルバム『TOKYO CLASSIC
B面 DISCO-MMUNICATION
HOME
リリース
ジャンル ヒップホップ
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2002年4月度月間3位(オリコン)
  • 2002年度年間48位(オリコン)
RIP SLYME シングル 年表
One
2001年
FUNKASTIC
2002年
楽園ベイベー
(2002年)
ミュージックビデオ
FUNKASTIC - YouTube
テンプレートを表示

FUNKASTIC」(ファンカスティック)はRIP SLYMEの4枚目のシングル2002年3月27日発売。

概要[編集]

前作「One」から約5ヶ月ぶりのシングル。このシングルからレーベルがイーストウエスト・ジャパンから現在のワーナーミュージック・ジャパンへと変わった。初回仕様盤のみ、トイレットペーパーロール・ステッカー封入の男女別立体ジャケット仕様。

オリコンシングルチャートでは、初動売上が前作の約2倍に跳ね上がり初登場2位を記録。[要出典]初動売上は「BLUE BE-BOP」に次ぎ自身2位、月間チャート3位は「楽園ベイベー」と並んで自己最高位であり、前作に続き20万枚を売り上げた。[要出典]

ジャケットには便器の絵が描かれているが、このジャケットは男性用と女性用の2種類が存在し、男性用は便座が上がっているのに対し、女性用はそのままという違いがある。

MTV TOYOTA MASH UP PROJECT」という企画で、布袋寅泰の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」とこの「FUNKASTIC」がマッシュアップという手法でコラボした。“HOTEI vs RIP SLYME”名義で布袋バージョンの「BATTLE FUNKASTIC」、“RIP SLYME vs HOTEI”名義でRIP SLYMEバージョンの「FUNKASTIC BATTLE」の2曲が製作され、前者は「BATTLE FUNKASTIC」に、後者は「Hot chocolate」のc/wに収録され、共に2006年1月25日に発売された。

収録曲[編集]

  1. FUNKASTIC
    作詞:RYO-Z,ILMARI,PES,SU 作曲:DJ FUMIYA
    • 「FUNKASTIC」とは、「FUNK」と「FANTASTIC」を組み合わせた造語である。[要出典]
    • PVは、トイレの清掃員となったメンバー達が、ペンキスプレーで好き放題に汚していくという内容である。
  2. DISCO-MMUNICATION
    作詞:RYO-Z,ILMARI,PES,SU 作曲:DJ FUMIYA
  3. HOME
    作詞:RYO-Z,ILMARI,PES,SU 作曲:ILMARI

収録アルバム[編集]

オリジナル
ベスト