半保護されたページ

FUNKY MONKEY BΛBY'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

FUNKY MONKEY BΛBY'S
別名 FUNKY MONKEY BABYS(旧称)
出身地 日本の旗 日本東京都 八王子市
ジャンル
活動期間
レーベル ドリーミュージック
事務所 イドエンターテインメント
公式サイト FUNKY MONKEY BΛBY'Sオフィシャルサイト
メンバー
旧メンバー

FUNKY MONKEY BΛBY'S(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)は、ファンキー加藤モン吉からなる日本男性2人組音楽ユニット。旧名義は「FUNKY MONKEY BABYS」。2004年に結成され、翌年にメジャーデビュー。長らくDJケミカルとの3人組で活動していたが、2012年11月にDJケミカルの脱退および引退が発表された後、2013年に解散。2021年3月11日に3人での一夜限定で復活したのち、3月16日に2人での活動再開が発表された。

メンバー

※公式サイトの「PROFILE」に準拠[3][4]

旧メンバー

来歴

2004年 - 2013年 : 結成 - 解散

2004年、元日にグループ結成。

2005年にケツメイシがパーソナリティーを務めていた『MOTHER MUSIC RECORDS』内のデモテープ募集コーナー「デモレンジャー」で決勝戦へ進むも、ナイス橋本に敗れ準優勝となった。

2006年1月25日にシングル『そのまんま東へ』でメジャーデビューし、翌月に1stアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ』を発売[5]。8月26日、静岡県静岡市清水区を本拠地とする清水エスパルスのイベント「CHALLENGE 5」の中で「ALWAYS」が採用され、日本平スタジアムにて同曲を披露した。その後も清水エスパルスとはホームページ上のORANGE-TV.jpに出演するなどの関係がある。

2009年3月14日に中国青島市公演を開催[6]。同年6月18日には初の日本武道館公演を開催。12月31日に「ヒーロー」で第60回NHK紅白歌合戦に初出場

2010年1月28日に八王子市の八王子観光大使に委嘱された[7]。2月10日に初のベスト・アルバム『ファンキーモンキーベイビーズBEST』を発売。5月29日・30日には横浜アリーナでベスト・アルバムの発売を記念したライブが開催された。

2011年5月25日、新八王子市民会館オリンパスホール八王子が開館することを記念した「FUNKY MONKEY BABYS LIVE」開催。6月19日、岩手県宮古市山田町にてフリーライブ開催[8]。7月30日に自身初の東京ドーム公演開催を予定していたが、東日本大震災の影響により4月22日に中止を発表。なお、この日は後にCOMPLEXのチャリティーコンサート「日本一心」に変更されている。9月10日、東日本大震災復興応援企画としてケツメイシとともに「みちのく力くらべ 〜いぐべおめぇだづ〜」を宮城県で開催。同年にはケツメイシとの合同で東日本大震災のチャリティーソング「ライジングサン」が制作された。11月16日に京王グループとのタイアップとして、京王八王子駅で「ヒーロー」(1番線)・「あとひとつ」(2番線)が接近メロディとしての使用を開始したほか、翌17日から八王子市内に路線を持つ西東京バスでメンバーがラッピングされた路線バスの運行が開始された[9]

2012年1月から自身初となる全国アリーナツアー「1st ARENA TOUR 笑って歌ってもりあがァリーナ 〜行くぞ日本!!〜」を開催。11月29日、DJケミカルが実家の寺の住職を継ぐための準備に入ることに伴い、2013年の全国ツアーをもって解散することを発表[10]

2013年6月1日・2日、東京ドームでラストライブ「おまえ達との道 FINAL in 東京ドーム」を開催し解散[11]

2014年 - 2020年 : 解散後

2015年1月1日から24日にかけてGYAO!でこれまでに発表された全24作品のビデオ・クリップを1曲ずつ配信する特別企画が実施され、メジャーデビュー記念日となる同月25日にドリーミュージックのYouTube公式チャンネルでも全24作品のミュージック・ビデオがフルバージョンで公開された[12]

2016年1月25日にメジャーデビュー10周年を記念して『FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary “COMPLETE BEST”』、『FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “LOVE”』、『FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “YELL”』の3作のベスト・アルバムを発売。3作のジャケットにはDJケミカルが登場した[13]

2019年2月15日、アクアフリーインベストメントとのコラボレーションにより「告白」の新たなミュージック・ビデオが制作されることが発表され[14]、完成したミュージック・ビデオが翌月14日に公開された[15]

2021年 - : 活動再開

2021年3月11日、東日本大震災から10年を迎えるこの日にTBS系列『音楽の日』(第11回)で解散から8年ぶりに一夜限りの復活[2]仙台市楽天生命パーク宮城から中継[2]。同月16日にファンキー加藤とモン吉の2人体制で改めてグループの活動を再開することを発表。同月11日放送の『音楽の日』でのパフォーマンスに向けてのリハーサルを重ねていくなかで2人で活動していきたい気持ちが芽生えてきたこと、また、パフォーマンスへの大きな反響や何よりもDJケミカルからの後押しもあり、今回の決断に至ったという。活動再開に際し、グループ名を旧名義からFUNKY MONKEY BΛBY'Sに変更することも合わせて発表された[16][17]

ディスコグラフィ

FUNKY MONKEY BΛBY'Sのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
ベスト・アルバム 5
シングル 22
ミュージック・ビデオ 25

シングル

リリース タイトル 販売生産番号 最高位 ジャケット・PV
1st 2006年1月25日 そのまんま東へ MUCD-5087 77位 そのまんま東(東国原英夫
2nd 2006年4月26日 恋の片道切符 MUCD-5092 31位 山田花子
3rd 2006年6月21日 ALWAYS MUCD-5096 55位 ペナルティ
4th 2007年1月24日 Lovin' Life MUCD-5107 10位 中嶋朋子
5th 2007年5月23日 ちっぽけな勇気 MUCD-5114 8位 脇知弘
6th 2007年10月31日 もう君がいない MUCD-5121 8位 戸田恵梨香
7th 2008年3月26日 旅立ち MUCD-5129 10位 石田卓也
8th 2008年7月23日 告白 MUCD-5133 4位 船越英一郎
9th 2008年11月5日 希望の唄/風 MUCD-5141 11位 北乃きい
DVD 2009年1月28日 雪が降る街[注釈 1] DXBD-1003 34位 杉本彩
10th 2009年2月18日 MUCD-5146 7位 徳井義実
11th 2009年11月18日 ヒーロー/明日へ MUCD-5160
MUCD-9010
MUCD-9011
4位 羽鳥慎一
中山雅史
配信
限定
2009年12月9日 ふるさと MU1D-1082 DJケミカルによる絵(ジャケット)
浅利陽介(PV)
12th 2010年1月27日 涙/夢 MUCD-5163
MUCD-9012
4位 蒼井優
佐藤隆太
はんにゃ
貫地谷しほり(PV)
富田靖子
13th 2010年5月12日 大切 MUCD-5172
MUCD-9013
6位 成海璃子
14th 2010年8月4日 あとひとつ MUCD-5174
MUCD-9015~16
8位 田中将大
15th 2011年3月16日 ランウェイ☆ビート MUCD-5184
MUCD-9017
5位 瀬戸康史
桜庭ななみ
16th 2011年6月8日 それでも信じてる/ラブレター MUCD-9019
MUCD-9021
MUCD-5186
10位 松岡修造
上田晋也
17th 2011年11月16日 LOVE SONG MUCD-9025
MUCD-5192
優香
18th 2012年2月15日 この世界に生まれたわけ MUCD-9029
MUCD-5196
4位 松下奈緒
19th 2012年8月29日 LIFE IS A PARTY MUCD-9037
MUCD-5206
16位 ビリー・ブランクス
20th 2012年11月21日 サヨナラじゃない MUCD-9043
MUCD-5208
17位 内村光良
21st 2013年2月27日 ありがとう MUCD-9051
MUCD-1270
4位 明石家さんま
22nd 2021年9月22日 エール MUCD-5395 TBA 大悟

コラボレーション曲

リリース日 曲名
2011年9月10日 ライジングサン

その他

リリース日 曲名
2005年9月7日 ろくでなしCRUISE

メンバーの参加曲

アーティスト名 リリース日 曲名
ファンキー加藤×布袋寅泰 2011年8月17日 さらば青春の光

アルバム

オリジナル・アルバム

リリース タイトル 販売生産番号 最高順位 ジャケット
1st 2006年7月19日 ファンキーモンキーベイビーズ MUCD-1143 15位 DJケミカル
2nd 2007年12月12日 ファンキーモンキーベイビーズ2 MUCD-1173 5位 DJケミカル
3rd 2009年3月4日 ファンキーモンキーベイビーズ3 MUCD-8009(初回盤)
MUCD-1204(通常盤)
1位 DJケミカル
4th 2011年12月21日 ファンキーモンキーベイビーズ4 MUCD-8021(初回盤)
MUCD-1255(通常盤)
1位 DJケミカル
5th 2012年12月26日 ファンキーモンキーベイビーズ5 MUCD-8026(初回盤)
MUCD-1270(通常盤)
2位 DJケミカル

ベスト・アルバム

リリース タイトル 販売生産番号 最高順位 ジャケット
1st 2010年2月10日 ファンキーモンキーベイビーズBEST MUCD-1222〜3
MUCD-8013〜4 (CD+DVD)
1位 DJケミカル
2nd 2013年3月27日 ファンキーモンキーベイビーズLAST BEST MUCD-1280
MUCD-8040 (CD+DVD)
1位(プラチナ認定) DJケミカル
3rd 2016年1月25日 FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary “COMPLETE BEST” MUCD-1332~9(7CD+DVD) DJケミカル
4th FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “LOVE” MUCD-1340(CD) DJケミカル
5th FUNKY MONKEY BABYS 10th Anniversary Best “YELL” MUCD-1341(CD) DJケミカル

その他のアルバム

リリース タイトル 販売生産番号 最高順位 ジャケット
2013年5月29日 MAHALO!ウクレレ ファンキーモンキーベイビーズ XQEB-1013 DJケミカルを模した猿

映像作品

ライブDVD

リリース タイトル 販売生産番号 最高順位 ジャケット
1st 2008年3月26日 First Japan Tour LOVIN' LIVE MUBD-1019 28位 DJケミカル
2nd 2009年9月23日 FUNKY MONKEY BABYS 日本武道館'09 〜おまえ達との道〜 MUBD-1027〜28 11位 DJケミカル
3rd 2012年8月1日 1st ARENA TOUR 笑って歌ってもりあがァリーナ 〜行くぞ日本!!〜 MUBD-1042〜3/MUXD-1005 2位 DJケミカル
4th 2013年10月30日 おまえ達との道 FINAL in 東京ドーム[注釈 2] MUBD-1047〜8/MUXD-1007〜8 - FUNKY MONKEY BABYS

ドキュメンタリーDVD

リリース タイトル 販売生産番号 最高順位 ジャケット
1st 2011年4月6日 ズームしか知らないファンモンのすべて〜目の前には未来が待っている〜 MUBD-1036/7 18位 DJケミカル
羽鳥慎一

参加作品

  1. JOY RIDE THE COMPILATION Vol.1 (2005年9月7日、MUCD-1129)
    • 「ろくでなしCRUISE」DJ TATSUTA feat. FUNKY MONKEY BABYSとして参加。
  2. THE FROGMAN SHOW TV SOUNDTRACK (2006年6月21日、MUCD-1142)
    • 「GO! GO! ライダー」収録
  3. いっしょに歌お!CBCラジオ 今月の歌セレクション Vol.4 (2007年5月16日、HIOWC-1036)
  4. ぼくらの八王子 (2009年11月7日発表、2010年6月30日発売)
    • 谷口國博、本田洋一郎より依頼を受け、作詞を担当した。2009年11月7日に発表され、2010年6月30日より八王子市役所ほかにて800枚限定で販売された[18]。その後、市民やファンからの大きな反響を受け、新たに1万枚が追加販売されることになった[19]
  5. 鷹フェス 〜秘密結社 鷹の爪 10th Anniversary Best〜 (2016年8月24日)
    • Disc 1の2曲目に「GO!GO!ライダー」が収録。

出演・掲載

NHK紅白歌合戦出演歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2009年(平成21年)/第60回 ヒーロー 06/25 水樹奈々
2010年(平成22年)/第61回 2 あとひとつ 08/22 川中美幸
2011年(平成23年)/第62回 3 それでも信じてる 03/25 AKB48
2012年(平成24年)/第63回 4 サヨナラじゃない 05/25 藤あや子
* 出演順は「出演順/出場者数」を表す。

バラエティ番組

雑誌

  • PATiPATi「猿山学園中等部」
  • CDでーた「FUNKY MONKEY BABYSのお洒落ど・ろ・ぼ・う(はーと)」
  • WHAT's IN?
  • V.A.(TSUTAYAのフリーマガジン)「DJケミカル全国TSUTAYAの旅」

ラジオ

その他

書籍

タイアップ

曲名 タイアップ
FUNKY MONKEY BABYS
GO! GO! ライダー テレビ朝日系アニメ『THE FROGMAN SHOW』オープニングテーマ
Lovin' Life 毎日放送『Hz』エンディングテーマ
エムアップ「アーティスト公式サウンド」CMソング
岩手めんこいテレビBEATNIKS』オープニングテーマ
ちっぽけな勇気 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』5月度オープニングテーマ
ギャガ配給映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』主題歌
もう君がいない MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
モーニングショット ネクソンジャパンダンシングパラダイス」TV-CMソング
大丈夫だよ 日本テレビ系ドラマ『24時間あたためますか?〜疾風怒涛コンビニ伝〜』エンディングテーマ
旅立ち ギャガ配給映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』主題歌
希望の唄 東映配給映画『ラブファイト』主題歌
フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング
ヒーロー 日本テレビ系『ズームイン!!SUPER』『ズームイン!!サタデー』2009年秋のお天気テーマ
ぼくはサンタクロース 日本テレビ系『ズームイン!!SUPER』『ズームイン!!サタデー』2009年クリスマステーマ
明日へ 日本テレビ系『第88回全国高等学校サッカー選手権大会』応援歌
ユーキャン 2010年度CMソング
あとひとつ ABCテレビBS朝日スカイ・Aスポーツプラス第92回全国高等学校野球選手権大会』応援歌
アワービート ロッテBLACK BLACK」CMソング
それでも信じてる テレビ朝日系ドラマ『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜』主題歌
ラブレター 資生堂SEA BREEZE」CMソング
LOVE SONG よみうりランドジェルミネーション」キャンペーンソング
愛の歌 めざまし×ファンモン ソングエイド」応援ソング
笑って笑って モンテローザ宴会キャンペーン」(Billion Smiles!)キャンペーンソング
悲しみなんて笑い飛ばせ 日産自動車セレナ」CMソング
東京新聞 CMソング
この世界に生まれたわけ フジテレビ系ドラマ『早海さんと呼ばれる日』主題歌
LIFE IS A PARTY 日本テレビ系『スッキリ!!』2012年8月度エンディングテーマ
サヨナラじゃない ショウゲート配給映画『ボクたちの交換日記』主題歌
幸せを抱きしめよう LIXIL住宅研究所 アイフルホーム CMソング
走りだそう フジテレビ富士山女子駅伝」 テーマソング
ありがとう 毎日放送・GAORA第85回記念選抜高等学校野球大会』応援歌
日本テレビ系『赤丸!スクープ甲子園』主題歌

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 完全初回生産TSUTAYA限定販売。
  2. ^ レンタル限定で、CD(1枚に編集されたハイライト盤)もリリースされた。

出典

  1. ^ a b True, Chris. Funky Monkey Babys | Biography & History - オールミュージック. 2021年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c “ファンモン一夜限りの復活3曲「東北の空の下で」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103110001064.html 2021年3月11日閲覧。 
  3. ^ PROFILE”. FUNKY MONKEY BΛBY’S オフィシャルサイト. 2021年6月21日閲覧。
  4. ^ PROFILE”. FUNKY MONKEY BABYS オフィシャルサイト. 2010年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年3月30日閲覧。
  5. ^ FUNKY MONKEY BABYS”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2021年3月30日閲覧。
  6. ^ 日本で大ブレーク中のファンキーモンキーベイビーズが、なんと青島でLIVE!!”. チンタオweb. GRACE INTERNATIONAL LLC. 2009年6月29日閲覧。
  7. ^ 八王子観光大使 ファンキーモンキーベイビーズ の皆さん”. 八王子観光協会公式サイト. 八王子観光協会. 2010年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月28日閲覧。
  8. ^ “ファンモンが岩手で復興応援ライヴ「僕たちのファンに伝えていきます。一所懸命に生きている皆さんの事を」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2011年6月21日). https://www.barks.jp/news/?id=1000070886&p=0 2021年3月30日閲覧。 
  9. ^ “11月16日から、ファンモンの人気ナンバーが京王八王子駅の列車接近メロディーに!” (日本語) (プレスリリース), 京王電鉄, (2011年11月17日), オリジナルの2011年11月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111126212020/https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/nr111116v01/index.html 2021年3月11日閲覧。 
  10. ^ “FUNKY MONKEY BABYS解散、DJケミカルが住職に”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年11月29日). https://natalie.mu/music/news/80736 2021年3月11日閲覧。 
  11. ^ “ファンモン、史上“最幸”ライブで解散 東京ドームで10年の活動に幕”. ORICON NEWS (オリコン). (2013年6月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2025165/full/ 2021年3月11日閲覧。 
  12. ^ “FUNKY MONKEY BABYSのPV全24作品フル公開”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年1月7日). https://natalie.mu/music/news/135647 2021年3月30日閲覧。 
  13. ^ “ファンモン10周年記念ベスト3作品にDJケミカルが”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年12月14日). https://natalie.mu/music/news/169275 2021年3月30日閲覧。 
  14. ^ “ファンモン「告白」新MVを、みんなの告白で作ろう”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年2月15日). https://natalie.mu/music/news/320054 2021年3月30日閲覧。 
  15. ^ FUNKY MONKEY BABYS「告白」に乗せ“決心した告白” 涙なしでは見られない特別な想い ルーミーホワイト×「告白 /FUNKY MONKEY BABYS」スペシャルコラボミュージックビデオ. オリコン.. (2019年3月14日). https://www.youtube.com/watch?v=QO6rH3fNI-s 2021年3月30日閲覧。 
  16. ^ ファンキー加藤・モン吉の活動に関するお知らせ” (日本語). FUNKY MONKEY BABYS オフィシャルサイト. 2021-03-1 6閲覧。
  17. ^ “ファンモン、2人で活動再開を発表「現在進行形の強い想いとなった」”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). (2021年3月16日). https://www.musicvoice.jp/music/183063/ 2021年3月16日閲覧。 
  18. ^ “「ファンモン」作詞の地元ソング「ぼくらの八王子」、800枚限定でCD化へ”. 八王子経済新聞. (2010年6月29日). https://hachioji.keizai.biz/headline/621/ 2021年3月30日閲覧。 
  19. ^ “ファンモンの「ぼくらの八王子」1万枚増版”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年7月31日). オリジナルの2010年10月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101009100621/http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100731/tky1007312146011-n1.htm 2021年3月30日閲覧。 
  20. ^ “ファンキーモンキーベイビーズが「館内放送」-京王八王子SCで限定企画”. 八王子経済新聞. (2010年4月26日). https://hachioji.keizai.biz/headline/572/ 2021年3月30日閲覧。