FUTSAL地域チャンピオンズリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

FUTSAL地域チャンピオンズリーグ(フットサルちいきチャンピオンズリーグ)は、日本フットサル連盟が主催するフットサル地域リーグ上位チームによる全国大会である。後援は日本サッカー協会

大会方式[編集]

2001年に第1回が開催され、第3回(2003年)まではゴールデンウィーク国立代々木競技場で開催されていたが、第4回(2004年)は4月、第5回(2005年)以降は3月に駒沢オリンピック公園で開催されている。第8回(2008年)からは持ち回りとなっている。

第15回(2015年)現在、参加チーム(全16チーム)の構成は以下の通り。

  • 全国9地域からそれぞれ1チーム
  • 開催地域からさらに1チーム
  • 前年度の優勝チーム所属地域からさらに1チーム
  • 前年度の準優勝チーム所属地域からさらに1チーム
  • 前年度に日本フットサル連盟に加盟しているチーム数の上位4地域からさらに1チームずつ

グループリーグと決勝トーナメントによりフットサルリーグ日本一を決定する。

第7回(2007年)はヒューマンアカデミーが特別協賛となる。

2010年度の大会から、この大会で上位2位までに入ったチーム(決勝戦出場チーム)は次年度のシーズンの開始前のFリーグ オーシャンカップというFリーグが主催する公式トーナメント戦の出場権が与えられることになった。

優勝チーム[編集]

関連項目[編集]