Feel Free

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Feel Free
原田真二スタジオアルバム
リリース
録音 Studio Modern Vision
ジャンル ポップス
レーベル ROPPONGI WAVE RECORDS
プロデュース 原田真二
原田真二 年表
Harmoney
2005年
Feel Free
2007年
OUR SONG
2011年
テンプレートを表示

Feel Free』(フィール・フリー)は、2007年8月15日にリリースされた、原田真二通算20作目のスタジオアルバムである。

解説[編集]

ROPPONGI WAVE RECORDSから「デビュー30周年記念アルバム」として発売されたアルバム。

アルバムタイトルは、デビュー30周年記念ということで、原点にあたるデビューアルバム『Feel Happy』を連想させるタイトルを意識したと語っている。

レコーディングスタジオは、改装しリゾートスタジオとしてリニューアルさせた南箱根にあるプライベートスタジオ「Studio Modern Vision」(30年前、Feel Happyのレコーディングにも使用された 旧 Rockwell Studio

内容は全曲新録音による、デビュー時のトリプルシングルスなど代表曲のニューアレンジ・セルフカバーが8曲。初レコーディングの新曲(M-5・8・9)が3曲。カバー曲が1曲(M-12)という構成。

M-5「Glistening Forest」は、原田が主催する環境チャリティー「鎮守の杜コンサート」立ち上げにあたって作られた曲を初レコーディング。

M-8「緑が丘」は、依頼を受けた緑ヶ丘小学校の校歌をレコーディングしたもの。M-9「ときめきは16Beats」は完全な新曲。カバー曲M-12「Amazing Grace」は、賛美歌のスタンダードナンバー。

「子供たちのピュアなエネルギーが大人の僕らをものすごく浄化してくれて、どこかのスイッチをひねってくれる[1]」と語る原田は、「緑が丘」「地球はこんなにやさしいハート」「You are my Energy」で子供達の歌声を導入しコラボ。

「この作品もやはり(近年の活動と)同じ流れで、1人でも多くの人に優しさのエネルギーを感じて欲しい! 伝えたい! という思いから作り上げました[2]」とのことである。

収録曲[編集]

作詞・作曲・編曲: 原田真二 (特記以外)

  1. Modern Vision
  2. てぃーんず ぶるーす
  3. キャンディ
    • 作詞: 松本隆
  4. シャドー・ボクサー
    • 作詞: 松本隆
  5. Glistening Forest ★新曲
  6. Every Night
  7. 愛してかんからりん
  8. 緑が丘 -夢と希望の仲間たち- ★新曲
  9. ときめきは16Beats ★新曲
  10. 地球はこんなにやさしいハート -GENTLE EARTH-
  11. You are my Energy (English) ※Acoustic Guitar Ver.
    • 英訳: Mary Stickels  
  12. Amazing Grace
    • 作詞・作曲: Traditional

Recorded[編集]

  • Recorded, Engineered & Mixed by Takashi Itoh, Shinji Harada at Studio Modern Vision, June - July 2007

Musicians[編集]

  • SHINJI HARADA (原田真二): Vocal, Guitar, Keyboard, Arrangement,
  • WORNELL JONES (ウォーネル・ジョーンズ): Electric Bass, Background Vocal
  • YOSHIYA KANNO (菅野吉也): Drums, Percussion
  • MARI MALTA (まるたまり: Keyboard, Background Vocal
  • REIKO: Violin
  • SHIGEO FUCHINO (渕野繁雄): Saxophone

脚注・出典[編集]