Feel Happy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Feel Happy
原田真二スタジオ・アルバム
リリース
録音 Studio Epicurus/Sound City
Freedom/Rockwell
ジャンル POPS
時間
レーベル フォーライフ
プロデュース 原田真二
吉田拓郎
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1978年度年間17位(オリコン)
原田真二 年表
Feel Happy
1978年
natural high
(1979年)
『Feel Happy』収録のシングル
テンプレートを表示

Feel Happy』(フィール・ハッピー)は、1978年2月25日にリリースされた、原田真二の1枚目のオリジナル・アルバムである。

概要[編集]

  • 帯コピー: トリプルデビューで、今や完全に ”新しい世代のヒーロー” にのし上がった原田真二待望のオリジナル・ファースト・アルバム。
  • デビュー曲「てぃーんず ぶるーす」から「キャンディ」「シャドー・ボクサー」と1ヶ月ごとにシングルを発売し、3曲同時にオリコンベスト20にランクインさせる前代未聞のトリプルデビューを成功させた原田真二が満を持して投入したファーストアルバム。
  • 当時では類をみないオリコンアルバムチャート初登場1位(4週連続1位)を獲得。シンガーソングライター、アーティストでは、10代(19歳3ヶ月)でファーストアルバム1位を獲得した男性ソロシンガーは、未だ原田真二しかいない(女性ソロでは宇多田ヒカル(『First Love』)のみ[1])。
  • プロデューサーは吉田拓郎・原田真二。また自身がすべての作曲を行った。アレンジはデビューシングルA・B面の2曲(B-2・4)が鈴木茂。それを除くと「プラスティックドール」以外のすべての曲を原田が担当(ストリングスアレンジは主に瀬尾一三、「キャンディ」は阿部雅士、「風をつかまえて」は原田真二)。作詞に松本隆、他、吉田&大里の人脈から選りすぐりのミュージシャンを集め新人原田真二をサポート。
  • シングル以外のレコーディングはデビュー間もない1977年の冬に行われた。レコーディングが行われたスタジオのひとつ、南箱根のRockwellは、現在原田所有のプライベートスタジオ(Studio Modern Vision)となっている。

制作エピソード[編集]

  • このファーストアルバムに収録されている曲群は、デビュー前に書き溜めていたもので、原田自身の書いた原詩が存在していたものが多かった。ただテーマが「人類愛」であるとか、若さにそぐわぬものであったため、作詞を担当した松本隆は「まだ若いんだし、ストレートにいくよりも、同年代の人にもわかりやすいように置き換えて、自分が傷つきながら、のたうちまわったほうがいい」ということで歌詞が仕上げられていった。しかし原田自身も音楽で一貫した伝えたいテーマ、メッセージを持っていたことから、ディスカッションのもとに進行していったという[2]
  • いちエピソードとして、「Sports」の歌詞において、原田の書いた原詩と、仕上がってきた歌詞のイメージにギャップがあったらしく、松本に制作の意図を確かめた。松本は「若さを表現する時、人はとかく形容詞を用いるが、僕は若さを動詞の青春として表現したかった」と説明し原田も納得した。「黙示録」という曲は、松本から見た、原田真二の等身大のメーッセージソングということだった[2]
  • ラジオ「小室等の音楽夜話」では、原田作詞によるストリングスぬきのネイキッドバージョンの「Sports」と「風をつかまえて(原題/LIVING ?)」(いずれも英語詞)の音源も紹介されている。
  • アルバムのレコーディングは最高の環境で自由にやらせてもらったと語る原田。THE ALFEE坂崎幸之助は、吉田拓郎プロデュースのアルバムで唯一 "拓郎色" がでていないアルバムと話している[3]
  • 今でこそトレードマークとなっている、ピアノのケーキの前でタキシードを着て微笑むアルバムジャケットは、当時は大変抵抗があったと話している。

原田真二創作ノート(明星1978年4月号付録より)[編集]

  • ビギニング: このアルバムの巻頭の曲だが、インストルメンタルで、歌詞はない。好みのイメージを荘厳に表現してみたかった。
  • カーテンライズ: ボクもこれからがスタート。男女の愛のスタートにむすびつけて作ってみた。
  • スポーツ: ステージでこの曲を演奏するたびに、汗をびしょびしょにかいて、まるでスポーツのあとのよう。それでこのタイトルにした。
  • プラスティック・ドール: 男女関係のひややかな部分を、プラスティックの人形にたとえ、せつなく歌ってみた。
  • グッドラック: アメリカ・ニューヨークの大都会をバックに、コンクリート色の恋を歌った。
  • 風をつかまえて: 映画音楽のタイトルを想定して書いてみた曲。背景はヨーロッパの朝という雰囲気で書いてみた。
  • ハイウェイ909: アメリカ・ウエスト・コーストのハイウェイを、カー・ラジオといっしょに歌いながら、ハッピーなドライブを楽しんでいる雰囲気で書いてみた。
  • エンジェル・フィッシュエンジェル・フィッシュみたいな彼女をつかまえられないむなしさを、16ビートにのせてリズミカルな歌にした。
  • 黙示録バイブル黙示録からとった。とても気に入っている曲で、ボク自身としては、今世紀最大の名曲だと思っている。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. ビギニング (Beginning   (1’08”)
  2. Curtain Rise   (5’27”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:原田真二・瀬尾一三   ※英詞:Louie西島
  3. Sports   (4’43”)
    • 作詞:松本隆/作曲・編曲:原田真二
  4. キャンディ   (3’42”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:原田真二・阿部雅士  
  5. Plastic Doll   (4’24”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:瀬尾一三
  6. Good Luck   (4’24”)
    • 作詞:松本隆/作曲・編曲:原田真二

SIDE B[編集]

  1. 風をつかまえて (Catch The Wind  (4’11”)
    • 作詞:松本隆/作曲・編曲:原田真二
  2. てぃーんず ぶるーす  (3’45”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:鈴木茂・瀬尾一三
  3. High-Way 909   (5’10”)
    • 作詞:松本隆/作曲・編曲:原田真二  ※英詞:Louie西島 
  4. ANGEL FISH   (4’15”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:鈴木茂・瀬尾一三
  5. 黙示録 (The Revelation   (4’35”)
    • 作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:原田真二・瀬尾一三

ミュージシャン[編集]

  1. ビギニング
  2. カーテンライズ
  3. スポーツ
    • Piano: 原田真二/Drums: 古田たかし/Bass: デイブ伊藤/E.Guitar: 青山徹/HornsHorn Spectrum (中村哲 ・新田一郎 ・兼崎順一)
  4. キャンディ
    • Cembalo ・Baking Vocal: 原田真二/Drums: 古田たかし/Fretless Bass:デイブ伊藤/E.Guitar: 南沢和彦/A.Guitar: 池田雅彦/Strings: Tomato Quartet
  5. プラスティック・ドール
  6. グッドラック
    • Piano ・SynthesizerSolina: 原田真二/Drums: 古田たかし/Fretless Bass:デイブ伊藤/E.Guitar: 南沢和彦/Horns: Horn Spectrum (中村哲 ・新田一郎 ・兼崎順一)
  7. 風をつかまえて
    • Piano ・Tubular-Bell ・Backing Vocal: 原田真二/Drums ・Percussion: 古田たかし/Bass: デイブ伊藤/E.Guitar: 南沢和彦/Backing Vocal: Michel ・Akemi/Strings: Tomato
  8. ていーんず ぶるーす
  9. ハイウェイ909
    • Piano ・Melotrone ・Backing Vocal: 原田真二/Drums: 島村英二/Bass: 河合徹三/E.Slide Guitar:増田俊郎 /A.Guitar: 吉川忠英
    • Accordion: H.Yamada/Beautiful Noise: Louie ・Blue Field ・Shin ・Masa/Stupid”Rushy”Dog: R.Ishizuka/Backing Vocal: T.Kimoto ・Y.Kojima
  10. エンジェル・フィッシュ
    • E.Piano ・Synthesizer ・Backing Vocal: 原田真二/Drums: 林立夫/Bass: 後藤次利/E.Guitar: 鈴木茂/A.Guitar: 笛吹利明
    • Clavinette: 佐藤準/Backing Vocal: 南沢和彦/Horns: First music Group/Strings: Tomato
  11. 黙示録
    • A.Guitar ・Timpani: 原田真二/French Horn: K.Yamaguchi/Strings: Tomato

リマスタリング再発盤[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 宇多田はソロデビュー以前にファミリーユニットで2枚アルバムを発売しておりキャリア初ではない。セカンド以降では、尾崎豊(『回帰線』19歳4ヶ月)とアヴリル・ラヴィーン(『アンダー・マイ・スキン』19歳8ヶ月)が1位を獲得。
  2. ^ a b 1978年6月 文化放送「サウンドアプローチ」より (ゲスト原田真二+松本隆)
  3. ^ 2010年 FM NACK5/CS「FFAフォークデイズスペシャル第74章」