Fight For Liberty/Wizard CLUB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Fight For Liberty / Wizard CLUB
UVERworldシングル
初出アルバム『0̸ CHOIR
A面 Fight For Liberty
Wizard CLUB
B面 a LOVELY TONE
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
オルタナティブ・ロック
ミクスチャー・ロック
ポップ・ロック
アニメソング
時間
レーベル gr8!records
作詞・作曲 TAKUYA∞
UVERworld
プロデュース UVERworld
平出悟
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン[4]
  • デイリー2位(オリコン)
  • 2013年8月度月間9位(オリコン)
  • 2013年9月度月間49位(オリコン)
  • 2013年度年間80位(オリコン)[5]
  • 登場回数17回(オリコン)[4]
  • 2位(CDTV)
  • 3位Billboard JAPAN Hot 100[6]
  • UVERworld シングル 年表
    REVERSI
    (2012年)
    Fight For Liberty / Wizard CLUB
    (2013年)
    ナノ・セカンド
    2013年
    Ø CHOIR 収録曲
    ナノ・セカンド (album ver.)
    (4)
    Fight For Liberty (album ver.)
    (5)
    ENOUGH-1
    (6)
    KICKが自由
    (7)
    a LOVELY TONE (album ver.)
    (8)
    7日目の決意
    (9)
    Born Slippy
    (11)
    Wizerd CLUB
    (12)
    在るべき形
    (13)
    ALL TIME BEST [Disc1] 収録曲
    一滴の影響
    (7)
    Fight For Liberty
    (8)
    ALL ALONE
    (9)
    ミュージックビデオ
    「Fight For Liberty」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Fight For Liberty / Wizard CLUB」(ファイト フォー リバティー/ウィザード クラブ)は、UVERworldの24枚目のシングル2013年8月14日gr8!recordsから発売された。

    概要[編集]

    前作「REVERSI」より約8か月ぶりとなる、2013年第一弾シングル。20枚目のシングル「BABY BORN & GO/KINJITO」以来の両A面シングルとなる。2013年3月から約2週間UVERworldのメンバーは北海道にて曲作りのため「合宿」を行い、その際完成した6曲の内3曲が収録されている。

    表題曲2曲はいずれもタイアップ付の楽曲となっており、「Fight For Liberty」はMBSTBS系アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の第2期オープニングテーマ、「Wizard CLUB」はテレビ東京系バラエティ番組『解禁!暴露ナイト』2013年7 - 8月度エンディングテーマとなっている。なお、アニメへのタイアップは19作目のシングル曲「CORE PRIDE」以来であり、同バンド5度目の『土6枠』、『日5枠』のアニメ主題歌のタイアップとなった。

    初回生産限定盤、通常盤、期間生産限定盤(アニメ盤)の3種でのリリースとなっており、初回生産限定盤の特典DVDには2013年2月28日Zepp DiverCityにて行われたライブより、「Don`t Think.Feel(マルチアングル4)」「23ワード」が収録されている。期間限定盤は、『宇宙戦艦ヤマト2199』の描き下ろし絵柄となっている。

    この曲は現在(2018年9月27日)の時点でUVERworldの動画の中でSHAMROCKに次ぐ2番目の再生回数を誇る。

    キャッチコピーは、『人生は、たった1回だ。

    収録内容[編集]

    CD[編集]

    全曲 作詞:TAKUYA∞、編曲:UVERworld・平出悟

    1. Fight For Liberty [4:13]
      • 作曲 : TAKUYA∞
      • この楽曲は難産であったと語っており、『宇宙戦艦ヤマト』の世界観に合う様サビを8パターン試作し、歌詞もよりイメージに近づけるため何度も書き換えられたため、制作に約1か月を費やした[7][8]。TAKUYA∞はUVERworldと『宇宙戦艦ヤマト』両方のファンを満足させるために気負ってしまっていたと語っている[7]
      • 彰はこの曲でギターのアーミング奏法を披露している。
    2. Wizard CLUB [4:13]
      • 作曲 : UVERworld
      • 北海道の合宿にて一番初めに完成した曲。歌詞は、自分たちの音楽をまだ知らない人たちの気持ちを奪っていくということをテーマにしている[9]
      • イントロとラストサビのパーカッションは、ライブでは彰、克哉、信人、誠果が演奏しているが、レコーディングでは全て真太郎が担当した。
      • また、冒頭のエレキギターはTAKUYA∞が担当している。
      • 本来ならWizard CLUBが1曲目になり、2曲目に25thシングルのナノ・セカンドがDiatonicとして収録され「Wizard CLUB / Diatonic」として発売される予定だったがメンバーの意向により変更された。
    3. a LOVELY TONE [5:15]
      • 作曲 : TAKUYA∞
      • デモ段階では全く違う内容の歌詞であったが、メンバーの友人の結婚をきっかけに現在の歌詞に書き換えられた。歌詞に「二人+残された時間×円周率」とあるが、円周率と歌う瞬間が3:14。最後の「誰よりも幸せにするから」の幸せと歌う瞬間が4:44など知る人ぞ知る細やかな工夫が施されている[9]
    4. Fight For Liberty (TV size) [1:30]
      • 期間生産限定盤のみ収録。アニメで実際に流れたサイズで、大部分は、原曲の2番の部分が収録されている[10]

    初回生産限定盤付属DVD[編集]

    2013.02.28 Live at Zepp DiverCity 「KING`S PARADE」

    • Zepp DiverCityにて行われたライブより2曲を収録。「Don`t Think.Feel」はマルチアングル仕様となっており、通常アングル、TAKUYA∞アングル、彰・克哉アングル、信人・真太郎アングルの4つの視点のアングル映像が収録されており、リモコン操作でそれぞれの映像が選べる。
    1. Don`t Think.Feel(マルチアングル4)
    2. 23ワード

    出典[編集]

    1. ^ UVERworld/Fight For Liberty/Wizard CLUB<通常盤> (TOWER RECORS ONLINE) 2015年1月7日閲覧。
    2. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2013年8月度認定一般社団法人 日本レコード協会)2015年1月7日閲覧。
    3. ^ レコード協会調べ 2014年8月度有料音楽配信認定(一般社団法人 日本レコード協会)2015年1月7日閲覧。
    4. ^ a b Fight For Liberty/Wizard CLUB (ORICON STYLE) 2015年1月7日閲覧。
    5. ^ オリコン2013年 年間 音楽&映像ランキング シングル TOP100(76位〜100位) (ORICON STYLE) 2015年1月7日閲覧。
    6. ^ Billboard JAPAN Hot 100(2013年8月26日付け)阪神コンテンツリンクによるビルボードジャパンのページ)2015年1月7日閲覧。
    7. ^ a b Music Unlimitedによるインタビュー記事[1]
    8. ^ UVERworld、両A面シングル『Fight For Liberty/Wizard CLUB』発売決定 (TOWER RECORS ONLINE) 2015年1月7日閲覧。
    9. ^ a b ROCKIN'ON JAPAN 2013年10月号
    10. ^ UVERworldのスタッフにるTwitterアカウント(UVERworld_dR2)2013年7月26日0時30分のツイート (Twitter) 2013年7月26日閲覧。