Floods of tears/夜想花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > Floods of tears/夜想花
Floods of tears/夜想花
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『DUNE
リリース
ジャンル ニュー・ウェーヴ
ゴシック・ロック
ロック
レーベル Night Gallery Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
tetsu (作曲#1)
ken (作曲#2)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
Floods of tears/夜想花
(1992年)
眠りによせて
(1994年)
DUNE 収録曲
Entichers
(4)
Floods of tears
(5)
Dune
(6)
DUNE 10th Anniversary Edition 収録曲
   (前略)
9.As if in a dream
10.失われた眺め
11.Floods of tears (single version)
12.夜想花
13.予感
テンプレートを表示

Floods of tears/夜想花」(フラッズ・オブ・ティアーズ/やそうか) は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielインディーズシングル1992年11月25日発売。発売元はNight Gallery Records。

解説[編集]

L'Arc〜en〜Cielがインディーズ時期に唯一リリースした、L'Arc〜en〜Ciel初のシングル作品。

1992年11月25日に1,000枚限定で発売されたが、予約だけで完売した。後に「Floods of tears」は1stアルバム『DUNE』に収録されるが、本作収録版とは別物。これは、この当時のドラマー、peroがアルバムリリース前に脱退したことにより録り直されたためである。アルバム収録版では、シングルバージョンにあったイントロのオルゴールの音が入っていない等の全体のアレンジや、歌詞の一部が変更されている。このシングルバージョンと、前述のアルバムにも収録されなかった「夜想花」は、本作の発売枚数の少なさから、長らく入手が困難な状態にあり、現在でも高値で取引されている。

当時、L'Arc〜en〜Cielは未だマーベリック傘下のデンジャークルー・レコードとは契約しておらず、本作は、HM系インディーズの先駆け的レーベルであるナイトギャラリー・レコードによりリリースされた[1]。しかし、リリースされるに至った経緯は、「ナイトギャラリー・レコードよりリリースを予定していて、既にレコーディングまで済ませていたアルバムの出来栄えが気に入らなかった為、事務所にリリースの中止を要請したところ、リリースをしない場合はレコーディング等に費やした制作費を全額支払うよう請求されてしまい、支払いを待ってもらう代わりに事務所側が提案したシングルリリースを承諾した[1]」というもので、必ずしも本人たちの意に即したものとは言えない。このことが長らく再発やアルバム収録されなかった原因のひとつとなった。ちなみに当時tetsuyaは、本作がリリースされた経緯について「悪い大人達に騙された」とファンの問いに答えている。

しかし、2004年4月21日にメジャーデビュー10周年を記念しリリースされた1stアルバムの再発盤『DUNE 10th Anniversary Edition』に同じく入手困難だった楽曲「予感」とともにボーナス・トラックとして収録され、入手が容易となる。今作の他にperoがドラマーとして市販された曲は、コロムビアからリリースされたオムニバスアルバム『GIMMICK』収録の「VOICE」があるが、こちらも『DUNE』収録版とは別物であり、再発された『DUNE 10th Anniversary Edition』にも収められていない。

L'Arc〜en〜Ciel単独作品で、デンジャークルー・レコードキューンレコード以外のレーベルからリリースされた作品は、本作と自主製作で無料配布されたビデオ『L'Arc-en-Ciel』のみである。

余談だが、tetsuyaは自身がリスペクトしているロックバンドDEAD ENDのアルバム『∞ (infinity)』のライナーノーツにおいて、「かつてDEAD ENDが所属していたナイトギャラリーから、このシングルをリリースできたことが嬉しかった」とコメントしている。

収録曲[編集]

  1. Floods of tears
    • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    歌詞はhyde曰く「雨が降っているイメージで書いた」という。1stアルバム『DUNE』に収録されたバージョンではアレンジや歌詞の一部が変更されている。
    アルバムバージョンではミュージック・ビデオが製作され、その映像は1993年10月21日に発売されたMV集『TOUCH OF DUNE』に収録されている。MV集は10,000本限定販売で僅か1ヶ月で完売し、現在まで再発もされていない上、公式YouTubeアーティストチャンネルにも公開されておらず、現在でも視聴が困難な映像となっている。
    1996年より開催されたコンサートツアー「CONCERT TOUR '96〜'97 Carnival of True」以降、長らくライブで演奏されていなかったが、2011年に行われたライブ「20th L'Anniversary LIVE」でおよそ14年ぶりに演奏された。その際はイントロにオルゴールの音を入れたバージョンで披露されている。
    余談だが、初代ドラマーperoの音源(シングルバージョン)、2代目ドラマーsakuraによる『DUNE』収録のアルバムバージョンの音源、そして前述した「20th L'Anniversary LIVE」での3代目ドラマーyukihiroによるライブ音源が存在しており、"L'Arc〜en〜Cielが公式発表した作品の中で、在籍したドラマー全員が演奏した楽曲"となっている[2]
  2. 夜想花
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    kenがL'Arc〜en〜Cielに加入する前に趣味で制作していた楽曲。
    シングルの表題曲とは思えないほど、とても暗い曲であり、ライブでは一部をアレンジをして演奏していた。
    この曲のギターは、ボトル・ネック奏法ディレイをかけてプレイされており、サウンドエフェクト的な音色を出している[3]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ a b 『is』、p.51-p.52、シンコー・ミュージック・エンタテイメント、1996年
  2. ^ 同様に「Voice」でも3名による音源が存在する。
  3. ^ 『ロッキンf』、p.14、立東社、1995年9月号付録