Fly away (J Soul Brothersの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Fly away
J Soul Brothersシングル
リリース
ジャンル
時間
レーベル rhythm zone
作詞・作曲 SASA
J Soul Brothers シングル 年表
  • Fly away
  • (2000年)
  • 【(二代目)J Soul Brothers】
  • WE!
  • (2008年)
テンプレートを表示

Fly away」(フライ アウェイ)は、J Soul Brothersの楽曲。2000年10月4日にrhythm zoneより3枚目のシングルとして発売された。

概要[編集]

前作『D.T.B.』より約7か月ぶりのリリースで、シングルには表題曲と6種類のバージョン違いを収録。

表題曲「Fly away」は、夢に向かって前向きにつき進む気持ちを描いた楽曲[1]

2001年にボーカルのSASAが脱退し、新ボーカルにATSUSHISHUNを迎えたのちにEXILEとしての活動を始動したため、(初代) J Soul Brothers最後のシングルとなった。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: SASA
#タイトル作詞作曲・編曲リミキサー時間
1.「Fly away」SASASASA 
2.「Fly away」(Giant Swing Mix)SASASASAGiant Swing
3.「Fly away」(Deejay Punk-Roc Remix)SASASASADeejay Punk-Roc英語版
4.「Fly away」(Sample MadnesS Remix)SASASASAEboman
5.「Fly away」(Headtop Remix)SASASASAHeadtop
6.「Fly away」(Jonathan Peter's Sound Factory Vocal Dub Mix)SASASASA
7.「Fly away」(Live Mix)SASASASA 
合計時間:

カバー[編集]

EXILEによるカバー[編集]

Fly Away
EXILEシングル
初出アルバム『our style
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
チャート最高順位
EXILE シングル 年表
  • Fly Away
  • (2002年)
テンプレートを表示

EXILEによるカバー・バージョンは、2002年2月20日にrhythm zoneより3枚目のシングルとして発売された。前作『Style』から2か月ぶりのリリースで、1枚目のアルバム『our style』からの先行シングル。

なお、J Soul Brothersのシングルではタイトルの「アウェイ」の表記が小文字の「away」であったが、本作では大文字の「Away」になっている。

EXILE第二章以降に発売されたベスト・アルバム『EXILE CATCHY BEST』『EXTREME BEST』には、ATSUSHIとTAKAHIROによって再録された音源が収録されている。

EXILEによるカバー・バージョンは、テレビ東京系『ASAYAN』の2002年2月度エンディングテーマとして使用されたほか、2008年のテレビ東京『北京オリンピック2008』のテーマ曲としても使用された[1][3]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Fly Away」SASASASA原田憲
2.「Fly Away」(Jonathan Peter's Club Mix)SASASASAJonathan Peters
3.Style(Dub's Compact Club Mix)Kenn KatoFace 2 fAKEIzumi“D・M・X”Miyazaki
4.「Style」(813Remix)Kenn KatoFace 2 fAKE813
5.「Style」(Break Style Remix)Kenn KatoFace 2 fAKE83key
6.「Fly Away」(Instrumental)   

収録アルバム[編集]

Fly Away

その他のカバー[編集]

2009年2月25日発売の二代目 J Soul Brothersのアルバム『J Soul Brothers』に、NESMITHSHOKICHIがカバーした楽曲が収録されている[4]

2014年8月27日発売のEXILE TRIBEのアルバム『EXILE TRIBE REVOLUTION』に、TAKAHIRO、NESMITH、SHOKICHI、今市隆二登坂広臣がカバーした楽曲が収録されている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]