For Tracy Hyde

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
For Tracy Hyde
出身地 日本の旗 日本
ジャンル インディ・ロック
シューゲイザー
ドリーム・ポップ
ネオアコ
チルウェイブ
ネオ渋谷系
活動期間 2012年 - 現在
レーベル P-VINE
公式サイト fortracyhyde.com
メンバー eureka
夏bot
U-1
Mav
草稿
旧メンバー ラブリーサマーちゃん,まーしーさん

For Tracy Hyde(フォー・トレイシー・ハイド)は、日本バンド

2012年に夏botのソロ・プロジェクトとして始動。2014年にラブリーサマーちゃんが加入し、女性ボーカルの5人組バンドとなる。自主制作音源のリリースを経て2015年にラブリーサマーちゃんが脱退。同年eurekaが加入。[1]

2016年にP-VINEより1stアルバム『Film Bleu』にてデビュー。2017年にSPACE SHOWERの新人年間プッシュ枠SPACE SHOWER NEW FORCEに選出(w/iri/Saucy Dog/SIX LOUNGE/Shuns‘ke G & The Peas/ドミコ/向井太一/YAJICO GIRL/ReN/The Wisely Brothers)、大型サーキット・イベントTOKYO CALLINGへの出演を果たす。[2]同年にP-VINEより2ndアルバム『he(r)art』をリリース。[3]2019年にP-VINEより3rdアルバム『New Young City』をリリース。台湾・シンガポール・フィリピン・インドネシアのアジア4か国を回る初の海外ツアーを行う。2021年にP-VINEより4thアルバム『Ethernity』をリリース。

シューゲイザーネオアコチルウェイヴなどの海外のインディ・ロックに影響を受けつつ[4]J-POPアニソンの流れも汲むサウンド[5]、そして青春小説の影響を受けた歌詞[6]が特徴。また、夏bot(本名の管梓名義)とMavはそれぞれシューゲイザー・アイドル・・・・・・・・・RAYに楽曲を提供している。[7][8]

また、夏botは2019年に本名の管梓名義での新バンド「エイプリルブルー」の始動を発表。I Saw You Yesterdayや17歳とベルリンの壁、アラムのメンバーも在籍。ボーカルはバンド未経験のイベント・オーガナイザー、船底春希。[9]

メンバー[編集]

  • eureka(えうれか) ボーカル
  • 夏bot(なつぼっと) ギター・ボーカル
  • U-1(ゆういち) ギター
  • Mav(まぶ) ベース
  • 草稿(そうこう) ドラム

元メンバー[編集]

  • ラブリーサマーちゃん(らぶりーさまーちゃん) ボーカル(2014年 - 2015年)
  • まーしーさん(まーしーさん) ドラム(2013年 - 2017年)

作品[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 レーベル
オリコン[10]
1st 2016年12月2日 Film Bleu(フィルム・ブリュー) P-VINE (PCD-20371)
2nd 2017年11月2日 he(r)art(ハート) 266 P-VINE (PCD-83004)
3rd 2019年9月4日 New Young City(ニュー・ヤング・シティ) 162 P-VINE (PCD-83017)
4th 2021年2月17日 Ethernity(イーサーニティ) 187 P-VINE (PCD-94012)
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

ゲスト参加[編集]

発売日 作品名 レーベル 備考
2016年11月2日 ラブリーサマーちゃん『LSC』初回版 SPEEDSTAR RECORDS (VIZL-1023) 2曲提供(ラブリーサマーちゃんVo)[11]

自主制作[編集]

発売日 作品名
2014年5月24日 In Fear Of Love
2014年8月3日 Born To Be Breathtaken
2014年10月26日 Shady Lane Sherbet

ミュージック・ビデオ[編集]

監督 曲名
For Tracy Hyde/Yusuke Aida Favourite Blue
For Tracy Hyde あたたかくて甘い海
Pennacky Floor
中村優斗 Underwater Girl
Pennacky 櫻の園
中村優斗 Can Little Birds Remember?
小島央大 Girl's Searchlight
重浩介 Interdependence Day (Part I)

出典[編集]