forme

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
forme
YUKIスタジオ・アルバム
リリース
録音 2018年
ジャンル J-POP
時間
レーベル エピックレコードジャパン
プロデュース YUKI
チャート最高順位
YUKI アルバム 年表
すてきな15才
2018年
forme
2019年
『forme』収録のシングル
  1. チャイム
    リリース: 2018年6月25日
  2. トロイメライ
    リリース: 2018年9月19日
テンプレートを表示

forme』(フォルム)は、YUKIの9枚目のオリジナルアルバム2019年2月6日ソニー・ミュージックレーベルズの内部レーベルであるエピックレコードジャパンより発売された[2]

概要[編集]

前作のベストアルバム『すてきな15才』からおよそ1年ぶり、オリジナルアルバムとしては2017年の『まばたき』以来およそ2年ぶりの新作[3]

今作のリリース形態は初回生産限定盤(CD+DVD)と通常盤(CDのみ)のCD2形態、アナログ盤2枚組の完全生産限定盤という3種類で、CD2形態が2019年2月6日、アナログ盤が3月13日に発売される[4][5]。収録楽曲は全仕様共通で、先行配信されたドラマや映画とのタイアップ曲「やたらとシンクロニシティ」「チャイム」「トロイメライ」のほか、豪華ミュージシャンによる提供曲、そしてYUKI自身が作詞、作曲、編曲をすべて手がけた「美しいわ」を加えた全13曲となっている[4][5]

2月18日付オリコン週間デジタルアルバムランキング1位に初登場。YUKIのデジタルランキングでの1位獲得は、シングル・アルバムを通じ自身初となった。

リリースを記念してタワーレコード新宿店とTSUTAYA SHIBUYAにて、通常盤CDジャケット衣装と「やたらとシンクロニシティ」MV衣装の展示が行われた。

制作の背景[編集]

本作は「なるべく多くのことを自分がコントロールすれば思い描いているところに正確に行けるのではないか」と考えたYUKIのセルフプロデュースで制作され、アレンジもほぼYUKI自身が手掛けている[6][7]。アレンジには以前から参加していたが、大まかなことしかやっていなかった。しかし、今作では原形も途中経過も、すべてに関わっている。自分の頭の中で鳴っている音を実際に形にしてそれをミュージシャンに再現してもらっているので、そういう意味でもそれまでとは全く違っている[7]

本作の発売日である2月6日はYUKIのソロデビュー記念日である。楽曲に合わせ、ボーカリストとして歌うことの喜びや表現することの楽しさを感じながら完成させた本作は1stアルバムのように初期衝動が詰め込まれた作品となっており、インタビューでは「『forme』は自分のための2回目のソロデビューのような、フレッシュなアルバム」と語っている[8]

アルバムタイトルの『forme』については、「こういう曲を作ってほしい」という依頼があればその世界の登場人物になりきり作曲家から曲を提供されればそのメロディに導かれて歌詞を書いてきたのは自分がシンガーソングライターではなくシンガー(歌い手、語り部、伝え手)だからであり、いくらでも形を変えられると気付いた時に”フォルム"という言葉が出てきたと語っている[6]。また「for me(=私のために)」という意味も込められている[注 1]。収録曲はすべてYUKIのフォルムであり、アルバムはまさにYUKI自身であると語っている[7]

作曲家には、再び自分のために音楽を作りたいと考えたYUKIが、1stアルバムのときに好きなミュージシャン1人ひとりに声をかけたように、今一緒に仕事をしたいと思うミュージシャン達に自身でオファーした[6][8]。カップリング曲を提供してもらった津野米咲赤い公園)や本作の製作まで面識の無かった尾崎世界観クリープハイプ)、吉澤嘉代子といった新人から、昔から交友のあるChara川本真琴西寺郷太NONA REEVES)、堀込泰行前野健太といったベテランや中堅、そしてYUKIが敬愛するという細野晴臣までそうそうたるアーティストが楽曲を提供している[4][5][7][9]

「やたらとシンクロニシティ」はアルバム発売に先駆け2019年1月24日に配信リリースされ、映像ディレクターの大月壮によるミュージック・ビデオも制作された[10][11]

NONA REEVESの西寺郷太の提供曲「しのびこみたい」では演奏もNONA REEVESのメンバーが担当している[12]

収録曲[編集]

Disc1: CD
全作詞: YUKI。
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.チャイム(配信限定シングル[注 2])YUKIHALIFANIEYUKI、百田留衣南田健吾
2.トロイメライ(33rdシングル)YUKICHI-MEYYUKI、CHI-MEY
3.「やたらとシンクロニシティ」(先行配信曲)YUKI小形誠YUKI、沖山優司
4.「魔法はまだ」YUKI吉澤嘉代子YUKI、沖山優司
5.「しのびこみたい」YUKI西寺郷太YUKI、西寺郷太
6.「ただいま」YUKI堀込泰行YUKI、沖山優司
7.「口実にして」YUKI前野健太YUKI、前野健太
8.「風来坊」YUKI津野米咲YUKI、トオミヨウ
9.「転校生になれたら」YUKI川本真琴YUKI、川本真琴、STUTS
10.「SundayGirl」YUKI細野晴臣細野晴臣
11.「百日紅」YUKI尾崎世界観YUKI、沖山優司
12.「24hours」YUKICharaYUKI、皆川真人、Chara
13.「美しいわ」YUKIYUKIYUKI
Disc2: DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「チャイム」(LyricVideo)  
2.「トロイメライ」(MusicVideo)  

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 起用年
チャイム NHKあさイチ』テーマソング 2018年
トロイメライ 映画『コーヒーが冷めないうちに』主題歌 2018年
やたらとシンクロニシティ フジテレビ系ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』主題歌 2019年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「forme」は実は英語ではなくフランス語。英語だと「form」となって「e」が付かないが、フランス語で書くと「e」がついて「forme」となる[7]
  2. ^ シングルとしては通算35作目。

出典[編集]

  1. ^ ORICON週間アルバムランキング 2019年02月18日付
  2. ^ YUKIが2年ぶりのアルバム発売、約4年ぶりホールツアーも決定”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月3日). 2019年5月9日閲覧。
  3. ^ YUKI、来年ニューアルバム『forme』リリース&約4年ぶりの全国ホールツアー開催”. rockinon.com (2018年12月3日). 2019年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c YUKI、ニューアルバム収録曲の作曲者に尾崎世界観や川本真琴、Charaなど”. BARKS (2019年1月16日). 2019年5月10日閲覧。
  5. ^ a b c YUKIニューアルバムに細野晴臣、Chara、尾崎世界観、吉澤嘉代子ら参加”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月16日). 2019年5月10日閲覧。
  6. ^ a b c YUKI「forme」インタビュー 変幻自在なYUKIが自分自身へ贈る2度目の1stアルバム (1/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月6日). 2019年5月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e YUKI「forme」インタビュー 変幻自在なYUKIが自分自身へ贈る2度目の1stアルバム (4/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月6日). 2019年5月10日閲覧。
  8. ^ a b YUKI、「2回目のソロデビューのような、フレッシュなアルバム」というニューアルバム『forme』制作秘話を語る”. music.jp. エムティーアイ (2019年1月28日). 2019年5月10日閲覧。
  9. ^ YUKI「forme」インタビュー 変幻自在なYUKIが自分自身へ贈る2度目の1stアルバム (3/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月6日). 2019年5月10日閲覧。
  10. ^ YUKI「やたらとシンクロニシティ」MV、GYAO!でフルバージョン限定公開”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月12日). 2019年5月10日閲覧。
  11. ^ YUKI、「やたらとシンクロニシティ」MVで“運命の調整役””. BARKS (2019年2月5日). 2019年5月10日閲覧。
  12. ^ YUKI「forme」インタビュー 変幻自在なYUKIが自分自身へ贈る2度目の1stアルバム (2/4)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月6日). 2019年5月10日閲覧。