FreeType

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FreeType
FreeTypeロゴ
開発元 FreeType contributors
最新版 2.10.1 / 2019年7月1日(19日前) (2019-07-01
リポジトリ git.savannah.gnu.org/cgit/freetype/
プログラミング言語 C言語
対応OS クロスプラットフォーム
種別 フォントラスタライズ英語版
ライセンス GPLv2 / FreeType License
公式サイト The FreeType Project
テンプレートを表示

FreeType(フリータイプ)は、フォントエンジンを実装したライブラリである。フォントラスタライズ英語版を中心に、フォント関連の様々な操作をサポートしている。

FreeType はあくまでもフォント関連のライブラリであって、テキストのレイアウトやグラフィックスの処理(色付きテキストのレンダリングなど)といった上位の API は提供しない。また、フォントの編集や追加もできない。しかし、フォントファイルの内容へのアクセスについて、抽象化された一様で扱いやすいインタフェースを提供することで、アプリケーションフレームワークにおける下位レベルのテキスト描画処理などの実装が容易になる。

TrueTypeType1フォントOpenTypeなどのフォント形式をサポートしている[1]

FreeType のライセンス形態は、GNU General Public License または BSD License に似た独自のライセンスである。従って、このライブラリは商用か否かにかかわらず、任意のプロジェクトで使用可能である。ライセンスファイルに記された作者は David Turner、Robert Wilhelm、Werner Lemberg である。

SFML英語版などの他のライブラリでも使用されている[2]FreeBSDAndroidiOSなどのオペレーティングシステムにおけるフォント描画にも採用されている。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FreeType 2 FAQ
  2. ^ Frequently Asked Questions (FAQ)に依存関係の記載あり