Fw 189 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Fw 189V-1 原型初号機

Fw 189第二次世界大戦時のドイツ空軍で使用された偵察機である。

概要[編集]

1937年ドイツ航空省から出された短距離偵察機の仕様の基づいてフォッケウルフ社で開発されたのが、Fw 189 「Uhu ウーフー (ワシミミズク)」である。また本機の名称を「Eule オイレ (フクロウ目の鳥類の総称)」とする別の説もある。ソ連赤軍でのニックネームは「空飛ぶ額縁」であった。

本機は双胴式の双発機で、中央部にある胴体は前部、後部ともガラス張りの部分を多くとっていた。そのため3名の乗員はいずれも広い視界を得ることができた他、低速でも安定した飛行性能を示した。

1938年7月に試作機が初飛行し、同時期に開発されたブロームウントフォス BV 141との比較審査になった。全般的な性能はBV 141がやや優れていたものの、本機の方が短距離偵察機として採用されることになった。これは、フォッケウルフ社の政治力が物を言ったせいもあるが、本機が双発のため、片方のエンジンが被弾した場合でも生還率が高いと考えられたことと、本機の方がより汎用性があることが評価されたことが採用の理由だった。

1940年から部隊配属が開始され、あらゆる戦線で、偵察、連絡、地上攻撃などの用途で使用された。中には、レーダーを搭載した夜間戦闘機仕様も製作されている。特に東部での対ソ連軍用に重用され、地上部隊の「フライング・アイ」として地味ながら活躍した。1944年までに各型864機が生産された。

スペック[編集]

Fw-189A-1
  • 全長: 12.02 m
  • 全幅: 18.39 m
  • 全高: 3.10 m
  • 翼面積: 38.00 m2
  • 全備重量: 3,945 kg
  • 自重: 2,800 kg
  • エンジン: アルグス As 410A-1 空冷12気筒 465 hp × 2
  • 最大速度: 349 km/h(2600 m)
  • 上昇限度: 7300 m
  • 航続距離: 670 km
  • 武装
    • 7.92 mm機銃 × 4
    • 爆弾 200 kg
  • 乗員: 3 名

関連項目[編集]