Gの影忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Gの影忍
ジャンル リアルロボット漫画
漫画
作者 こやま基夫
出版社 バンダイ出版課
主婦の友社
メディアワークス
復刊ドットコム
掲載誌 サイバーコミックス電撃大王
発表期間 1989年 - 1990年1994年
巻数 全1巻
話数 10話
テンプレート - ノート

Gの影忍』(じーのかげにん)は、アニメ『機動戦士ガンダム』を題材にしたこやま基夫の漫画作品。

副題として「機動戦士ガンダム外伝」と銘打たれているが、本題の前に付くか後に付くかは単行本の出版社によってまちまちであるため、項目名は副題無しにしてある(副題無しにしている版もある。詳しくは#単行本の節を参照)。

概要[編集]

サイバーコミックス誌に不定期の読み切りで連載された機動戦士ガンダムの外伝漫画。その最大の特徴は主人公を含めた登場するモビルスーツパイロットの多くが忍者であるという点。そのためモビルスーツ自体もそれに合わせたアレンジを施した物が数多く登場する。その独特な世界観と忍者ものらしさから根強いファンも多く、単行本が絶版になる度に新装版が復刻されている。

物語は一年戦争末期のア・バオア・クー要塞を巡る忍者たちの死闘から始まり、グリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争の影で繰り広げられた陰謀の数々を経て、第二次ネオ・ジオン抗争直前に実行された一大作戦「百騎夜行」へ至るまでの、14年間に及ぶ主人公・リョウガことGの影忍の戦いを描いている。

宇宙世紀の影で暗躍していたMS忍者という荒唐無稽な基本設定だけを見ればギャグ漫画だが、MS忍者たちの壮絶な死闘と彼らに待ち受ける運命は完全なシリアスである。作者の単行本コメントに曰く、「ギャグ・シリアスのどちらに解釈しても良いように描いたつもり」とのことで、一例をあげれば「宇宙空間でミノフスキー粒子を散布するミノフスキー隠れの術を前に、風下に立ったMS忍者がたじろぐ」といったシーンは、読者目線ではギャグに見えたとしても、登場人物の目線では極めて真剣な命懸けの戦いとしてシリアスに描かれている。そのため、本作はまさに「宇宙世紀という史実を題材にした忍者もの」とでも言うべき様相を呈している。

こうした本作独特の作風はその後のガンダムシリーズにも強い影響を及ぼしており、今川泰宏監督は『機動武闘伝Gガンダム』を製作するにあたって『Gの影忍』を読み、「もしガンダムをやるんだったらあれ(『Gの影忍』)をやりたい」と感じたことをレーザーディスク3巻ブックレットにて述べている。

また2018年より作者による同人誌で続編が制作されており、2020年5月現在「黒死無双」「超獣戯画」「西遊蛮記」「怨故知神」「女牢蜘蛛」の五作が発表されている。

物語[編集]

宇宙世紀0079に始まる戦乱の世――数多の戦乱の中にあって人知れずうごめく影があった。宇宙の闇にまぎれ戦いの時代を生きる者たち。超人的技をもって大義を全うした歴史の暗躍者。その名は""。中でもひときわその名を知られた忍がいた……

その体 鬼神のごとく

その瞳 菩薩のごとし

駆けること 光のごとく

走ること 疾風のごとし

死してなお 屍を残さず

生きてなお 影のごとし――

その名も――

漆黒に塗られたその機体こそ、Gの影忍と呼ばれた機動忍者(モビルにんじゃ)だった。正史の影にあった宇宙世紀のMS忍者戦が今語られる。

各話概要[編集]

虚空の章
一年戦争末期、死に際の師匠から託されたア・バオア・クー要塞の見取り図をめぐり、リョウガは三人のMS忍者との死闘を繰り広げる。天地人、三位一体の攻撃によって苦戦を強いられるリョウガだったが、師匠の言葉を思い出して自らメインカメラを破壊することにより、遂に心眼に開眼。心眼センサーを起動することによって辛くも敵を打ち倒し、ア・バオア・クー要塞の見取り図を連邦へ届けるという使命を全うする。
傀儡の章
終戦間もない頃、敵忍者との戦いの果てに小惑星帯へ迷い込んだリョウガは、そこでひたすら仏像を彫り続ける男に出会う。しかしそこへ不死身のクグツを名乗るMS忍者が襲いかかる。幾度となく撃破してもなお蘇るクグツの前に苦戦するリョウガを巣食ったのは、小惑星帯での戦いを止めてくれと懇願する仏師の行動だった。彫刻刀によって傀儡を操る糸を切られたクグツは、仏師へ致命傷を負わせるも、その瞬間リョウガによって討たれる。一年戦争で失った部下の供養を続けていた事を告白した仏師は、死の間際、この小惑星帯のことを秘密にするようリョウガに懇願する。仏師の死を看取ったリョウガは、秘密を胸に秘めて宇宙の闇へ駆けていった。
修羅の章
宇宙世紀0087、グリプス戦役の最中、行き場を失ったMS忍者が成り果てた盗賊集団「怨鬼堂」が巷を騒がせていた。リョウガは怨鬼堂討伐の使命を帯びて拠点へと潜入する。怨鬼堂の首魁はリョウガの尊敬する兄弟子タロウザであった。タロウザの教えである「忍法・大黒落とし」によって怨鬼堂の要塞を陥落させたリョウガは、タロウザと太陽表面での決闘に挑む。そこでタロウザから明かされたのは、この怨鬼堂が連邦軍ティターンズの資金集めのために結成された組織だという事実だった。そしてリョウガに致命傷を負わされたタロウザは、Gの影忍に仕掛けられていた口封じ用の爆弾を奪い取り、太陽表面で爆発四散する。任務完了にほくそ笑む連邦軍士官に天誅を下したリョウガは、再び忍者という修羅の道へと戻るのだった。
犬吠哀歌
ザクの部隊を次々と襲撃して血祭りにあげる謎の高機動MAがあった。その正体こそは主人の仇討ちのため、修羅となった忍犬リクオー。リョウガはリクオーを止めようとする。リクオーに襲われたMS忍者はこれ幸いとリョウガと協力し、リクオーを撃破しようとするが、それこそがリョウガとリクオーの策であった。リクオーを捕らえる為に動きを止めたことで、仇は致命的な隙を晒してしまい、リクオーによって討たれる。しかし復讐のため修羅道に落ちたリクオーには、もはやリョウガの声も届かない。さらなる凶行に及ぼうとするリクオーを前に、リョウガはやむなく、その命を奪う。
龍虎の章
謎めいた飲んだくれの老人を隠れ里コロニーへ護送する任務を受けたリョウガ。しかしその時、隠れ里コロニーはリョウガを倒して最強の名を得んとする忍者ラセツの襲撃を受けていた。Gの影忍に偽装した機体を操り、コロニーミラーの破片に紛れることでGの影忍を翻弄するラセツだが、リョウガの実力はそれを圧倒する。追い詰められ禁じ手コロニー落としさえ辞さないラセツに、リョウガは大気圏突入奥義イズナ落としをもって挑む。そしてその奥義を繰り出す一瞬の隙を作り出し、リョウガに額の傷を覚えておくよう伝えた老人の正体こそ、シャア・アズナブルであった。
装甲街道
一年戦争の最中、牙の一族がMS忍者ヒュウガは連邦軍より新型のモビルスーツ・ガンダムの奪取に成功する。デギン公王からガンダムを下賜されたヒュウガだったが、しかしその機体を巡り、仲間であった忍者たちが次々とヒュウガへと襲いかかる。ヒュウガは圧倒的なガンダムの性能によってかつての同胞を次々と打ち倒していくが、その慢心からか、彼をアムロ・レイと誤認したジオン艦の主砲を受けて致命傷を負う。そして死に際の彼は、自らの弟弟子、リョウガへとガンダムを託すのだった。
百騎夜行
宇宙世紀0093、再び姿を表したシャア・アズナブルによって史上類を見ない大量の機動忍者を投入した一大作戦「百騎夜行」が敢行される。木星圏より迫り来る「敵」を迎え撃つべく、軌道上へと集結する108騎のMS忍者たち。Gの影忍もまた最後の戦いへと赴く。しかしその動力炉は寿命を迎えており、臨界まで残された時間はあと僅か。さらに「敵」の勢力は圧倒的であり、総力を尽くして打倒したのが単なる尖兵に過ぎなかったことを知って百騎夜行は窮地に追い込まれる。MS忍者たちの希望を一身に背負い、「敵」本体へと突入するGの影忍。人を理解しようとする「敵」が見せた恋人の幻影を振り払い、Gの振るった金剛宝虚空剣が全てを断つ。そして戦いが終わった後、Gの影忍は、その姿を見せなかった。
黒死無双
限界集落コロニー大菩薩谷。秘匿された連邦の秘密兵器を追い求めて潜入した機動忍者おろち忍軍は、石化忍法妖奇士即身仏の前に壊滅する。最後の一人も石化せんとしたその時、現れたのは死んだと言われていた伝説の忍び、Gの影忍であった。恐るべき忍法妖奇士即身仏の秘密を守らんとするMS忍者に対し、Gの影忍は心眼センサーを駆使した影分身にてその秘術を打ち破る。
超獣戯画
地球圏アメリカ西部。陰陽師ヨーマン操る式神ビットにより窮地に立たされるGの影忍。負傷したリョウガは、大破した機体を修理してヨーマンに対抗すべく、技術集団・地這衆の協力を仰ぐ。砂金に加え「こんなもの」を支払い、リョウガは陰陽術に忍法・黒兎馬の術で立ち向かう。己の陰陽道に慢心したヨーマンは人馬一体となった黒兎馬の術の前に打ち倒され、リョウガは新たなる戦いへと赴く。
西遊蛮記
斉天大聖組を名乗り輸送船を襲っていた三人の若手忍者。しかしその輸送船は連邦軍の罠「捕縛下手忍船」だった。三忍が連行された宇宙の隠し砦には、捕らえられた"G"の姿があった。捕らえた忍びたちを働かせることで難攻不落の要塞を築こうとする連邦軍の企みに対し、忍びたちは"G"を信じて決起の時を待つ。そして遂に"G"が拘束を脱しMS忍者たちの反乱が始まれば、基地司令ですら知り得ぬ隠し通路や仕掛けの数々によってあっという間に連邦軍は窮地に追い込まれる。ついに切り札たる巨大MAを繰り出すも、MS忍者たちが次々と巻き上げた隔壁を利用してリョウガの繰り出した明鏡止炎によって要塞もろとも溶解、消滅するのだった。
怨故知神
里に下りることとのなかった山伏たちが、突如としてゴーストタウンにて未知の敵に撃破されて死んでいく。山伏たちの目的と敵の正体を探っていた密偵センリは、「墓参りにきた」と言うGと協力し、廃墟に潜む亡霊と対峙する。あらゆる防御を貫通する呪詛を操るその亡霊こそ、リョウガの兄弟子にして市街戦を得意とする外忍サイガであった。死人となってなお使命を果たすべく無差別に侵入者を殺すサイガの怨念を、リョウガは彼に後を託された者として打ち払う。
女牢蜘蛛
メロスウェイ社の軌道エレベーターにて異常がおきた。連邦軍の調査部隊すら音信不通となったその場へ、アナハイム社より送り込まれた忍び――"Gの影忍"が調査へ赴く。軌道エレベーターのシャフトを駆け上がるGは道中襲ってきた辻強盗のダルマを退けると、勝手に同行する彼と共に高度200kmの重力圏で浮遊する連邦軍MS部隊という異様な光景に直面する。それこそは土蜘蛛衆が毒太夫カラメが、衛星軌道上から投下される荷物を狙って張り巡らせた蜘蛛の巣であった。ミノフスキー物理学を応用した忍法・星霜術式死暮糸により絡め取られたGは、遂にコアファイターを用いた禁じ手、焔核手裏剣の封を解く。

主要登場人物[編集]

リョウガ
主人公の忍者。漆黒のガンダムを駆り、Gの影忍と異名をとった。通称"G"。
隠れ里コロニー出身で、牙一族の忍者。主に連邦側に属して行動する画面が描写されている。ただし基本的には傭兵なので、どちらの側にもつく。
一年戦争末期のア・バオア・クー戦前後からグリプス戦役、第一次ネオ・ジオン抗争を経て、第二次ネオ・ジオン抗争直前までを戦い抜く。
未確認の宇宙生命体との戦いで唯一敵本体を倒すことに成功するも、消息不明となる。
死んだとされているがその事実を信じる者は少なく、リョウガ自身も忍びならば死んでいた方が良いとして生存を伏せたまま行動を続けている。
星雲斎(せいうんさい)
リョウガの師匠。第一話にてア・バオア・クーのからくりを記した密書をリョウガに託し絶命。リョウガに心眼を授けた。
ワキ、サジリ、スザク
第一話で忍者ザクを駆り、密書を狙った三人の忍者。天・地・人一体の攻撃を操る。ワキとスザクが実の兄弟。
彫師の老人
両腕を彫刻刀に換装したザクレロで、小惑星帯に仏を彫り続けている老人。
一年戦争で部下を喪っており、仏像を彫っていたのは彼らの供養のためだった。クグツによって致命傷を負い、リョウガにこの場所を伏せるよう遺言して息絶える。
クグツ
不死身と称してグフでリョウガを追いつめた忍び。実際は傀儡型のグフをゾックで操っていた。
小惑星帯でリョウガと戦うも、彫師の老人によってその忍術を見破られ、リョウガに討たれた。
タロウザ
幼少のリョウガを教えた先輩忍者。怨鬼堂(えんきどう)と呼ばれた盗賊集団をつくりその長として悪逆非道の限りをつくしていた。
実はティターンズの尖兵であり、盗賊活動は資金を集めるための忍びの務めであった。
リクオー
ニュータイプ研究所でサイコミュ開発の被験体となっていた忍犬。
穏やかな気性であったが主人を殺された仇討ちのために修羅と成り果て、復讐を終えた後リョウガに討たれた。
ハウエル
ネオ・ジオンのパイロットに偽装していた忍者。本物のハウエルを殺害して入れ替わっており、本名は不明。
詳細も知らずはした金目当てでニュータイプ研究所を襲い、リクオーの主人を殺したことで仇として付け狙われる。
幻舟(げんしゅう)
隠れ里コロニーの長老。飲んだくれの老人とリョウガを引き合わせ、またかつてはヒュウガの遺言にしたがってGの影忍をリョウガに託した。
飲んだくれの老人
リョウガが警護し、隠れ里コロニーに運んだ老人。「ただの飲んだくれ」と自称し、眉間に三日月型の傷跡があるのが特徴。
ビームサーベルを真剣白羽取りできるなど、尋常な人物ではない。
正体はシャア・アズナブル
ラセツ
隠れ里コロニーを襲った忍者。誰よりも何よりも強くなることを望み、ニセガンダムを操ってGの影忍になり変わることを目論む。
リョウガとの戦いの果て、コロニー落としによって勝利を得んとするも、リョウガの大気圏突入イズナ落としによって敗れ去る。
ヒュウガ
牙一族にあっても手練の忍者。デギンの命を受けてガンダムを連邦から盗み出すことに成功するが、その処遇をめぐって他の忍者と対立。勝利した瞬間、彼を連邦機と誤認したジオン艦の砲撃で命を落とした。
死に際、幻舟へガンダムをリョウガへ託すことを遺言する。彼の残したガンダムこそが後のGの影忍となる。
コウリュウ
宇宙生命体との戦いに馳せ参じた忍の一人。リョウガを義兄弟と呼ぶほどに気に入り、最終決戦の手助けをする。
戦後は片目を失いながらも辛うじて生き延び、隠れ里コロニーで子どもたちを指導するようになる。
刀鍛冶
名も無き小惑星にてビームサーベルを鍛える刀鍛冶。百騎夜行へ向かうGの影忍を整備点検し、彼に加代の遺したハロを託す。加代の祖父でもある。
加代
リョウガの恋人。故人。
忍者であっても子供たちのために何かしてあげられるはずという理想をリョウガに託し、リョウガを待ち続けていたが、やがて命を落とした。

MS忍者[編集]

超人的な技量をもつ忍者の動きを再現するために、カスタムされたモビルスーツがMS忍者(モビルにんじゃ)である。一般的に機体と搭乗者の異名は同一であることが多い。

Gの影忍
元はG-3ガンダム。劇中では単にGと呼ばれることが多い。機動力を増すために外装が簡略化され、漆黒と白に塗り分けられている。完全版の表紙では頭部に撃墜マークも見える。
特殊な装備として胸部に心眼センサーを備えている。これはパイロットの集中力の高まりにより「悟(SATORI)」の表示が現れると同時に発動、コクピットに九字が浮かび上がり、全天周モニターになる。百騎夜行では座禅を組んで発動し、敵包囲網を突破して母体への突入を成功させた。またG-3がテストベッドとして施されたマグネット・コーティングは継続して機能しており、一年戦争以後の時代ではもはや枯れた技術となっているが、磁気を帯びた自由関節が容易にその連結を解除することを忍者の技術によって活用し、いかなる拘束からも脱出する事が可能である。
主な武装は腰の後部にマウントしたビームサーベル二本と手裏剣、吹き矢のみで、頭部に内蔵されたバルカン砲を使用する描写はなく、操縦者であるリョウガの会得した数々の忍術を行使する。百騎夜行では金剛宝虚空剣を装備して戦った。また電撃コミックス版の表紙では鎖鎌を装備している。加えて大気圏突入用の耐熱フィルムを光学隠れミノに換装しており、従来通りの大気圏突破の他、偽装やムササビの術による短期間飛行、張扇としての近接武器などに活用する。そして厳密には武装ではないが、一度繰り出せば二度と動けぬ変わりに核融合炉の動力を全て回転力に転じる、コアファイターを武器とした忍法・焔核手裏剣を禁じ手として持つ。
元々はヒュウガが連邦軍から奪取し、デギン・ソド・ザビに献上した機体であったが、末息のガルマを失い、長息であるギレンの独裁により政治への意欲を失いつつあったデギンの許可を得て自機として下賜される。しかしG-3を手に入れようとする他の忍との戦闘の後、アムロ機と誤認したジオン軍艦船の攻撃を受け中破し、ヒュウガは戦死。その後リョウガが改装して受け継いだ。
第一話でア・バオア・クー要塞の設計図を奪取した際に機体が破棄された描写はあるものの、後ほど回収されたと思われ、ベース機であるG-3ガンダムがロールアウトした宇宙世紀0079年から0093年の第二次ネオ・ジオン抗争直前まで、少なくとも14年近くの間、リョウガの操縦技術の卓越さもあり一線級の性能を維持していた。しかし核融合炉の老朽化により限界が近づいており、最終決戦時にリョウガと共に消息を絶つ。
その後、再びリョウガの搭乗機として登場するが、機体の核融合炉の老朽化による限界については語られず、修復を経て再び使用可能な状態になったのか、新たに製造されたレプリカなのかは不明。
使用した忍法はミノフスキー隠れの術、隠れ身の術、隔壁がえし、変装の術、大黒落としの術、水蜘蛛の術、変わり身の術、影分身、黒兎馬の術、焔核手裏剣、大気圏突入奥義イズナ落としなど。
忍者ザク
ベースはザクIIだが、どの形式か不明。頭部がザクIIである以外には、両肩にアーマー装備、バックパックの大型化、太ももの大型化、すね下の小型化など、全身がかなりカスタムされている。胸部に甲・乙・丙のマーキングがあり、それぞれスザク・サジリ・ワキが駆る。主な武装はヒートサーベル。「地と見せかけて天が襲う、天をかわせど人が斬る」という天地人三身一体の陣でGの影忍を苦しめた。
ヒョウガと行動をともにしていたMS忍者の中にもザクをベースにしたものがいるが、こちらは詳細不明。
不死身のクグツ
手足が細く、両手がバルカンになっているグフを用いてGを追ったMS忍者。異名通りに斬られても平然と動き回り、Gを苦しめた。正体は山伏型宇宙用ゾックであり、ワイヤーを介してグフの傀儡を操っていた。からくりを看破されると一刀のもとに斬り伏せられた。
死念坊、苦念坊のドム(通称コムソードム)
怨鬼堂の配下である、虚無僧リック・ドム。頭部に三度笠レドームを持ち、腕部には袖に見立てたミサイルランチャー状の装備を持つ。双方ともGにやられるが、Gは死念坊の姿に化け怨鬼堂の本拠地に潜入した。しかし死念坊が左利きであった事を知らなかったため変装を見抜かれてしまう。
タロウザのキュベレイ(通称カブキュベレイ)
全身に隈取りをし、頭部に毛髪を備えたキュベレイ。その姿は歌舞伎をモチーフにしている。扇子型のビットを操り、扇子の上で独楽まで回してみせた。肘から先を射出可能で、太陽表面での死闘でGを苦しめたが、最後はGに仕掛けられた時限爆弾を取り除き果てる。太陽表面では水蜘蛛を用い、沈まないようにしていた。
リクオーのMS
サイコミュの動物実験に供された忍犬、リクオーが操るMS忍犬。戦闘能力は高く、7機のザクIIと1機のMS忍者を倒した。
ハウエルのザク
リクオーの主人を殺した忍者のザク。一般のザクIIに偽装していたが、Gの登場で正体を現す。本物のハウエルのザクIIはすでに撃破されており成り代わられていた。頭部や腕部に鋭利な刺を持ち、胸部に狛犬のような顔を持つ。
ニセ・ガンダム
Gに似せたMS忍者。Gと違ってモノアイである事が相違点。隠れ里コロニーを襲撃した。登場時は偽装していたが宇宙空間での戦闘において、そっくりな姿を活かしコロニーの反射鏡にまぎれて惑わそうとした。しかしGに策略が効かず、切り札としてコロニー落しを目論むが、逆にGの大気圏突入奥義「イヅナ落とし」で燃え尽きた。
槍の斬牙(やりのきりが)
隠れ里コロニーで年少の忍者を指導していた忍者。片足が棒状の旧ザクを駆る。
忍者ドム
ヒョウガと行動を共にしていたMS忍者。Gの処遇を巡って対立し、ヒョウガに撃破された。仕込み杖型のヒートロッド、手甲鉤を装備している。
忍者ズゴッグ
ヒョウガと行動を共にしていたMS忍者。Gの処遇を巡って対立し、ヒョウガに撃破された。ズゴックの形状は偽装であり、その正体は蜘蛛のごとき形状のMA。ポリマ繊維で敵を拘束する不動金糸縛りを繰り出すが、Gのパワーで引きちぎられた。
忍者ゲルググ
ヒョウガと行動を共にしていたMS忍者。Gの処遇を巡って対立し、ヒョウガに撃破された。スラスター付近が改造されているが詳細は不明。
バウ=ドラゴ
元はバウ。ただし、龍を模した頭部は後頭部に全長と同じ程の作動肢を持ち、装甲はかなり軽量化されているので一見そうとは見えない。肘から下を排除する事で内蔵のビームサーベルを起動させ、後頭部の作動肢から無数の刃が出て敵を切り裂くなど全身が武器。コウリュウ専用の機体で、未確認生命体との戦闘により大破。デザインはいづなよしつね
α・アジール(アシュラ・アジール)
自由の女神に偽装されていた、三面六腕のα・アジール。男女三人からなる、忍群「百騎夜行」のリーダーが駆り、全軍を指揮した。Gに金剛宝虚空剣を手渡した機体。
メザル、ミミザル、ハナザル
百騎夜行に参加した三人組のMS忍者。それぞれカメラ、アンテナ、センサーを改造したジムを操るが、敵母体に突入した際に幻覚攻撃を受け、同士討ちの末に全滅した。
ハンブラビ+(ハンブラビプラス)
コウリュウの仲間として登場した十文字という名の忍者の駆るMS忍者。ハンブラビを元にカスタムされ、頭部は巨大な十文字手裏剣として用いる。デザインは来留間慎一
ハウンド・フォックス
コウリュウの仲間として登場した九尾という名の忍者の駆るMS忍者。元はバウンド・ドックで、九尾の狐に似た姿で機体後部に9基の有線サイコミュを備える。デザインは来留間慎一。
ジ・オ=ノフジ
ジ・オを元にしたMS忍者。弓取り式を行なう関取をイメージした外見で、背中に弓を背負っている。デザインはまぁくII。
ガザ・H(ハンニャ)
ガザDをもとにしたMS忍者。モビルアーマーモードで般若の面となる。デザインは来留間慎一。
風神、雷神
パラス・アテネを元にしたMS忍者。風神はミノフスキー風を、雷神は核融合炉のプラズマを放射する。良く似た人のパイロットが駆り、連携攻撃で敵を殲滅する。バイオ・ガンダムに捕獲され、自爆技で散った。デザインは来留間慎一。
メタル・グフ
グフを元にしたMS忍者。全身に棘を生やし、頭部からは火炎放射が可能だとされる。敵母体内部で大破したバウ=ドラゴを救出した。デザインは菊池通隆。
ハオリ兄弟
おろち忍軍マエノテ、ウシロテの兄弟が操るMS忍者。一見してドム型に見えるが、実態はザクの上にアッシマーを合体させた二身一体機。アッグ・カイトの前に破れる。
ハンニャ・ケンプ
おろち忍軍の頭領が操るMS忍者。アッグ・カイトの襲撃を受けて石化しかかったところを、Gの影忍に救われ、彼に後を託す。
アッグ・カイト
限界集落コロニー大菩薩谷に潜むMS忍者。アッグガイを原型としているが頭部が飛行型ドローンとなっており、ステルスでの遠隔偵察を得意とする。複眼は連続ストロボで光を放ち、高速で光触媒の硬化を促す。通常は頭部以外は活動しない。
ズゴーゴン
水中用のズゴックを改造したMS忍者。限界集落コロニー大菩薩谷に潜む集団の頭領であり、下半身は全長不明のヘビ型に改造され、頭部のミサイル射出孔にはヘビ型のサイコミュ端末を搭載している。コロニー内の空気に充満させた石化ガスを、サイコミュ端末のストロボによる光触媒で硬化加速させる忍法・妖奇士即身仏を繰り出す。その忍法の秘密を守るためGの影忍と戦うが、心眼センサーの発動によって閃光を克服したリョウガの影分身によって破れる。
ソン・ゴッグ
斉天大聖組の一人、サスケが操るMS忍者。脚部を腕部と共通の構造にすることで、高い機動性を獲得している。設定画には同様の尻尾も存在しているが、本編登場時には描かれなかった。
チョ・アッガイ
斉天大聖組の一人、コウビの操るMS忍者。怪力と嗅覚を得意とし、地中の敵を発見する事も可能。三位一体で真価を発揮するというが、単独でヨウメイに協力し、忍法・黒兎馬の術の前に破れる。しかし生存しており、斉天大聖組として再登場した。
サゴ・ジオ
斉天大聖組の一人、スイムが操るMS忍者。ジオを原型としている以外の詳細は不明。
卍バーザム
背中に巨大な卍手裏剣を装備したMS忍者。威力のほどは疑問であるとされる。忍法・黒兎馬の術の前に破れる。
ドーマン・ゾゴック
陰陽師ヨウメイの操るMS忍者。忍法とは異なる陰陽術を操り、両手に仕込まれたビーム砲、護符を折り鶴型にした式神ビットを放ってGの影忍を追い詰める。しかしその陰陽術に対する慢心が仇となり、未知の忍法・黒兎馬の術によって破れる。
黒兎馬
MS忍者の修理を生業とする地這衆が、「こんなもの」、すなわちテム・レイの回路と引き換えにリョウガに与えたMA。小型化したホワイトベース(木馬)型だが四本の足を持ち、全身に搭載した砲台で弾幕を展開する。またGの影忍と合体、人馬一体となる忍法・黒兎馬の術を操る。
アルゾック
隠流のセンリが操るMS忍者。全身に無数のモノアイを搭載した偵察型の機体で、手足を分離することで無人機ジムシとして遠方の偵察を行う事ができる。
ゴスンハンマ
別名をネイルハンマ。牙の一族のサイガが操るMS忍者。市街戦を得意とし、あらゆる防御を無視して敵を撃破する丑の刻参りによる呪殺を得意とする。その戦術故に搭乗者も短命に終わるとされるが、パイロット絶命後も自動人形と化して行動を続けた。
ハウンドウェブ
土蜘蛛衆が毒太夫カラメが操るMS忍者。バウンド・ドックを原型にした蜘蛛型のMAであり、ミノフスキー粒子を練り込んだ、強固な粘性と電離化であらゆる通常兵器を無効化する繊維を噴出、これを用いて相手を絡め取り、あるいは意のままに操る星霜術式・土遁死暮糸を得意とする。機体後部にある噴出孔が弱点のように見えるが、カラメはその点を熟知して上方の死角にも巣を備えている。軌道エレベーターに巣を張り巡らせ、Gを迎え撃った。

通常機体・兵器[編集]

隠し砦アラヤシキ
連邦軍が捕らえた忍者たちによって建設させていた宇宙要塞。傭兵に近い忍者たちが信用できない事から、カイム司令の発案により忍者を拉致して働かせることで忍び屋敷同様の難攻不落の要塞として計画された。しかし上層部からは忍者と敵対することを危険視されていた。
メロスウェイ社軌道エレベーター
メロスウェイ社の保有する軌道エレベーター。アナハイム社の子会社と思われる。全長400kmのシャフトで海上基地、軌道上のコアターミナルが接続されている。
ビグ・ジム
悪名高きビグ・ザムを参考に開発された、連邦軍大型モビルアーマー。ジムの4、5倍の大きさであり、機銃部にボールが装備されている。最終防衛用の機体を想定していたが、コスト削減により期待以上の火力を発揮する事はできなかった。
コムソードム
密教衆の山伏たちが搭乗する機体。頭部に大型レドームを搭載している。
ジュラック
密教衆葬法院の尺八法師が搭乗する機体。両腕および頭部ダクトパイプが音響兵器と化しており、高音の破壊音波による攻撃や索敵などを行う。
Kアッシマー
辻強盗のダルマが搭乗する機体。武蔵坊弁慶を思わせる武器コンテナを背部に装備している。重武装のため動きは鈍いとのことだが、それはあくまでもGの影忍と比較しての話であり、軌道エレベーターを易易と駆け上がるほどの性能を持っている。

謎の敵[編集]

宇宙生命体
宇宙をさまよい生命体の敵意に反応して攻撃をしかける謎の生命体。その正体は不明。
バイオ・ガンダム
木星圏に侵入した宇宙生命体が作り出した、小型の分体の一つ。この生命体は、迎撃に出たMS忍群を倒すために各MS忍者を模したが、もっとも精神力の強いGをもとに誕生させたのがバイオ・ガンダムである。

用語[編集]

隠れ里コロニー
忍者の暮らすスペースコロニー。ラグランジュ・ポイントの片隅にあり、通常のコロニーより高速回転し、強いGを生み出している。そのため中で暮らす忍者に超人的な体力が宿る。
牙一族
宇宙のMS忍者の中でも強者ぞろいの一族らしい。名の最後にガがつく。
地這衆
単独活動を旨とするMS忍者たちが、その機体を維持するために契約を結ぶ技術者集団。地面の中より現れ、報酬と引き換えに機体を修理する修繕方。頭領は魔改僧ゾウアンを名乗る老人。

単行本[編集]

いずれも全一巻。バンダイ版はサイバーコミックス掲載分のみ、他は電撃大王掲載分も併せて収録されている。

メディアワークス(現・KADOKAWA)2005年版は電子書籍化されており、Kindleなどで読むことが出来る。