G2A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
G2A.COM
G2A logo transparent.png
URL g2a.com
使用言語 アラビア語, チェコ語, 中国語, オランダ語, 英語, フランス語, ドイツ語, ハンガリー語, イタリア語, 日本語, 韓国語, ポーランド語, ポルトガル語, ロシア語, ルーマニア語, スペイン語, 台湾語, トルコ語, ベトナム語
タイプ ビデオゲーム マーケットプレイス
事業地域 世界
設立者
  • Bartosz Skwarczek
  • Dawid Rożek
従業員数 700 (2016年現在)
アレクサ
ランキング
positive decrease 843 (2017年2月時点)[1]
営利性 あり
登録 あり
ユーザー数 1200万人以上

G2A.COM Limited (G2A) はゲーム製品に特化した世界的なデジタルマーケットプレイス香港に本社を置いているが、ポーランドオランダ中国など様々な国にオフィスがある[2][3] 。G2Aは1200万以上のユーザー、26万人の売り手、5万種類のデジタルゲームと全拠点に700人の従業員がいると主張している[4] 。G2A.COMの主要な製品はSteamOrigin、Xboxのようなプラットフォームで有効化できるゲームキーである。マーケットプレイスで販売されている他の製品はソフトウェアと前払いのアクティベーションコードなどがある。

G2A.COM自身ではデジタル製品の購入・販売は行っておらず、プラットフォームを提供し売り手と買い手を繋ぐ仲介をしている。頻繁に購入する顧客向けにG2Aは 有料サービス「G2A Shield」を提供している[5] 。マーケットプレイスに加えてG2Aはビデオゲームデベロッパー向けのパートナーシッププログラム「G2A Direct」やオンライン決済ゲートウェイ「G2A Pay」などの他の製品やサービスも提供している。G2AはまたEスポーツに関わっており、「Cloud9」、「Natus Vincere」及び「Virtus Pro」などのプロのゲームチームのスポンサーをしている[6]

歴史[編集]

G2A(創業時の名はGo2Arena)は2010年にBartosz SkwarczekとDawidRożekによってオンラインゲーム小売業者としてポーランドジェシュフに設立された。G2A.COMの主な顧客は可処分所得が低い若いゲーマーだったので、できるだけ低価格でビデオゲームを販売するようになった。Skwarczekはゲームの正式な売り手になるためにGamescom、E3、G-Starなどの様々なイベントで多くの大手ゲームデベロッパーと提携交渉をしていると述べた。デペロッパーが興味を示さず市場動向も変化してきたことから、同社の事業モデルを小売業からマーケットプレイスへと変えた[7]

製品とサービス[編集]

2015年からG2Aはデジタルゲームマーケットプレイス以外のプロジェクトや製品開発に注力し始めた。2015年1月、G2Aは同社のオンライン決済ゲートウェイ「G2A PAY」を導入した。G2A PAYは200を超える世界的な支払い方法を統合しているビジネス向けの決済ソリューションである[8] 。同年の後半にG2Aは同社初のバーチャルリアリティ(VR)アプリ「G2Aランド」を制作した。2016年早期にG2Aは3Dデザイン及びモデルの購入、販売、共有ができるオンラインマーケットプレイス 「G2A 3D」の導入で3Dプリント業界に参入した[9]。2016年7月、G2Aはビデオゲームデペロッパーとパブリッシャー向けのパートナーシッププログラム「G2A Direct」を開始した[10] 。2016年12月にはG2Aは2つの新製品「G2A Gear」「Blunt Force」を紹介した。G2A GearはG2Aブランドやゲーム、映画、テレビ番組、漫画のスローガンやイラストがプリントされた衣類やアクセサリーを販売している。同社はゲーム配信者及びYoutuberと提携してデザインされた商品が間もなくストアに追加されると主張した[11] 。Blunt Forceは第二次世界大戦のVRシューティングゲームでG2Aのビデオゲーム開発スタジオ『G2A Dev Studio』によって現在開発されている[12]

マーケティング活動[編集]

2014年から2015年までG2AはCloud9、Natus Vincere及びVirtus ProなどのEスポーツチームと提携関係を構築し 、今日までに業界に1000万ドルを投資した[13]

2016年8月、G2Aはポルトガルの『FIFA』プレイヤーのフランシスコ・クルーズと契約していたスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルと提携した[14]

G2Aは「PewDiePie」「Towelliee」「Maximus Black」「Castro 1021」などの多くのYoutuberや配信者とコラボしていると述べている[15]

チャリティー[編集]

2015年12月1日、複数のTwitch.tvの配信者とYouTuber、ウェブサイト、ゲーマーが「#GamingTuesday」と呼ばれたSave the Childrenへの寄付金集めのプログラムに参加した[16][17]

G2Aは『Gaming for Good』のクリエイターの「Bachir "Athene" Boumaaza」と提携し、「Humanitarian Emergency All-Out Response Team(人道危機全面対応チーム、HEART)」を設立した[18] 。 G2Aは2013年以降Gaming for Goodと協力しており、過去にBoumaazaと「Gamers got Hearts」のようなプロジェクトで提携したと述べた。

2014年から2015年の間、G2Aは SaveTheChildrenへの寄付金として50万ドルを集めたと述べ、その後500万ドルまで増えた[19]

2016年1月、G2Aはポーランドのチャリティーオークションイベント「Orchestra of Christmas Charity Foundation」に参加し、『ウイッチャー』の主人公ゲラルトの高さ2.5メートルの像を購入した[20]

アワード[編集]

2016年の上旬でG2Aは消費者サービス、新製品とバーチャルリアリティーを含む複数のカテゴリーで7つの国際的な賞を受賞した。

アワード
Stevie Awards For Sales & Customer Service[21]
2016 Customer Service Management Team of the Year
Award for Innovation in Customer Service
Marketing Solution
Global Business Excellence Awards[22]
2016 Outstanding Fast-Growth Business
Outstanding Customer Service Team
Outstanding New Product / Service
UK Financial Services Award SERVICES AWARD[23]
2016 Innovation in Customer Experience
Business Insider[24]
2017 Innovation Initiator

論争[編集]

G2Aは同社のキーの有効性について何度も論争の対象になってきた。パブリッシャーとジャーナリストはG2Aはキーを取得するグレーマーケットと見なしており、しばしばある地域の市場で安価に販売されていたゲームのキーを購入し、同じゲームにより高い値が付けられている別の地域にキーを再販することが可能になる。合法ルートではあるが、後者の地域ではパブリッシャーは利益を得ることが出来ない。彼らは基本的にG2Aは個人がキーを販売する仲介をしているのであり、盗難カードで購入されたキーがこれらのキーの安値を保証していると主張した[25][26][27]

G2Aはこれらの主張に対抗し、彼らは同社の事業モデルを理解しておらず、「G2A Direct」でパブリッシャーにキーの再販売による適切な分け前を得られることを保証し、顧客も「G2A Shield」で偽のキーから守られると主張した[28]。しかしながら、G2A Directプログラムに参加している一部のゲームデペロッパーは「既に販売されている自身のゲームのキーをG2Aに取り下げさせることができない」ためDirectに参加しているだけだと主張した[29]

2017年7月、苦情に応える形で事業モデルのさらなる透明性を図るためG2Aは全てのキーの販売者に対し身元と住所を開示するよう要求し、適切なVAT税を適用するために全ての購入者に位置情報の確認を要求した[30]

ライアットゲームズによるスポンサー活動禁止[編集]

League of Legends(LoL)のデペロッパーの「ライアットゲームズ」は2015年のLoLの世界大会期間中にG2Aがチームのスポンサーになることを禁止した。ライアットはG2Aで販売されているキーは違法に獲得されたものだと考えており、更にG2Aは上限までレベルを上げたアカウントを販売(ライアットのサービス規約に違反)していると主張した[31]

G2Aは、ライアットゲームズとの問題を解決するために 「ウィンウィン」の状況を見つけようと努力していたと回答し、禁止の主要因だったElo-boosted(代理でレベル上げ)されたLeague of Legendsのアカウントを販売するアカウントを停止した。 G2Aは問題を解決しようと試みたときにライアット側が協力せず、代わりにG2Aのマーケットプレイスでの攻略本の販売を禁止するなどのさらなる要求をしたと主張した[32]

INTZのTockers Gabriel 'Tockers' Claumannは、肩にG2Aウェブサイトのロゴが入ったシャツを着用したことで「カンペオナート・ブラジリロ・デ・リーグ・オブ・レジェンズ(CBLoL)2016」で1000ドル以上の罰金を科された。Claumannはゲームの途中でロゴの上にマスキングテープを貼るように求められ、後に罰金を科されると伝えられた[33] 。G2Aはこの罰金を支払い、「Eスポーツ組織がG2AブランドのTシャツを着ていたことで厳しく罰せられるべきではない」と述べた[34]

tinyBuildの申し立て[編集]

2016年6月、tinyBuildのAlex Nichiporchik CEOは、G2Aは不正に取得されたゲームキーを販売者が再販することを許していることで企業に45万ドルの損害があったとして同社を非難した。G2AはtinyBuildの主張に反応し、どの売り手が違法なチャージバック請求を行いG2Aから排除されたかを決定することで、どのキーが不正に購入されたかを特定できるようにすると述べた。G2AはまたtinyBuildが主張している45万ドルという数値に疑問を呈し、同社のゲームは他のサイトで複数回割引販売されているか無料で配布されていたので[35]、45万ドルという数値は誇張であると感じたと述べた。tinyBuildはG2Aとの会話の中で、プラットフォーム上での不正を根絶することと引き換えに売上収益の一部がG2Aに渡るG2Aの決済プラットフォームへ参加するよう圧力を加えられていたと感じたと付け加えた[36]

G2Aの公式声明で迅速なコミュニケーションチャンネルでデペロッパーに対し完全なサポートを提供し、アドバンスツール(ブラックリストの交換、疑わしい販売者の特定及びオークションなど)の使用と賞を受賞した保護ソリューションのG2Aシールドを提供していると述べた[37]

議論の後、G2Aはマーケットプレイスのセキュリティ確保のため初期段階での認証ステップを強化しソーシャルメディアのプロフィールや電話番号認証などと共に単一アカウントで10以上の製品が販売された後は更なる認証が必要になるようにする[38] 一方、同社とパブリッシャーとのパートナーシッププログラム「G2A Direct」を導入した[39]

Gearboxとの提携[編集]

2017年4月3日、「Gearbox Publishing」がG2A.COMと『バレットストーム:フルクリップエディション』のコレクターズ版のG2Aでの独占販売で提携したと発表した[40] 。YouTubeゲーム批評家のJohn "TotalBiscuit" Bainはこの動きに批判的であり、G2Aのネガティブ報道や同社に申し立てられた批難を引用し、Gearboxが取引をキャンセルしない限りバレットストームや他のGearbox gameのゲームの放送を控えると脅した。2017年4月6日、 バレットストーム:フルクリップエディションの発売予定の1日前にGearboxはBainと共に作ったG2Aへの最終通告リストを公開し、G2Aが承認しなければ取引を撤回するとした。最終通告はG2A Shieldサービス、ゲームデペロッパー向けのオープンAPI及びG2Aの決済システムに焦点を当てていた[41]。翌日、Gearboxは最終通告に関して企業から返答がなかったことを理由にG2Aとの協力を終了すると公式に発表した[42] G2Aは2017年4月10日にこの主張に応答し、「最終通告でのG2A.COMへの要求の全ては実際は当社のマーケットプレイスの一部についてだった」とし、この問題はBainとGearboxがどのようにG2Aがマーケットプレイスを運営しているかについてあまり知らなかったことにあると述べた[43]

参考文献[編集]

  1. ^ g2a.com Site Overview”. Alexa Internet. 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ G2A.COM contact details”. G2A.COM. 2016年11月11日閲覧。
  3. ^ Jim Martin. “How does G2A work?”. International Data Group. 2016年7月12日閲覧。
  4. ^ Marcin Strzyżewski (2016年12月7日). “W sześć lat od pomysłu, do siedmiusetosobowej korporacji – z wizytą w G2A” (polish). Onet.pl. 2016年12月9日閲覧。
  5. ^ Richard Scott-Jones (2016年12月22日). “G2A unveil game bundles in overhaul of controversial Shield service”. 2016年12月24日閲覧。
  6. ^ Gregory Ibañez (2016年7月22日). “G2A Becomes Title Sponsor for Virtus.Pro and Na'Vi”. 2017年1月7日閲覧。
  7. ^ The Early History of G2A”. PR Newswire (2016年1月3日). 2016年1月8日閲覧。
  8. ^ "G2A Pay". G2A.COM. 
  9. ^ Scott J Grunewald (10 February 2016). "The G2A 3D+ Project Brings 3D Printing and Video Games Together". 3DPrint.com. 3 November 2016閲覧. 
  10. ^ "G2A Direct". G2A.COM. 
  11. ^ "G2A Gear". G2A.COM. 
  12. ^ Gareth Halfacree (21 December 2016). "G2A announces VR title Blunt Force". 2 January 2017閲覧. 
  13. ^ G2A Approved Fact Sheet”. G2A.COM. 2016年11月5日閲覧。
  14. ^ Mike Stubbs (2016年7月21日). “Sporting Lisbon enters eSports with top Portuguese FIFA player”. MCVUK. 2016年12月2日閲覧。
  15. ^ Why G2A - Partners”. G2A.COM. 2016年11月5日閲覧。
  16. ^ "Gaming Tuesdays". Save the Children. 
  17. ^ "Gamers, Streamers and Vloggers Gear Up for Giving Tuesday to Give Back to Save the Children". Save the Children. 
  18. ^ "G2A, Together With Gaming for Good and Save the Children, Activate Gaming Community Avengers for Humanitarian Emergency All-Out Response Team (HEART) in Ethiopia". 
  19. ^ "G2A.COM and Gaming for Good Announce: 'Humanitarian Emergency All-Out Response Team' (HEART)". PR Newswire. 3 January 2016. 
  20. ^ "The Witcher is at Home in the G2A.COM Office". Yahoo! Finance. 
  21. ^ "Stevie Awards For Sales & Customer Service". 
  22. ^ "Global Business Excellence Awards". 
  23. ^ "UK Financial Services Award". 
  24. ^ Key marketplace G2A win a business award for unconventional methods”. PCGamesN (2017年6月8日). 2017年6月8日閲覧。
  25. ^ "How The Controversial Steam Key Marketplace G2A Got So Big". Kotaku. 2016-01-08. It's cheaper because individuals are selling the keys, not Blizzard. But it also means you don't know where the keys came from. Did someone simply have an extra key, or did they use stolen credit cards to defraud a game developer? There’s no way to know, and unlike other prominent marketplaces, G2A doesn’t automatically provide consumers with insurance for their purchases 
  26. ^ The truth behind those mysteriously cheap gray market game codes”. Polygon (2015年2月9日). 2017年4月23日閲覧。
  27. ^ G2A : haro sur les flibustiers de la clé Steam”. Canard PC (2017年4月27日). 2017年6月11日閲覧。
  28. ^ G2A: "We're not a grey marketplace, people just don't understand our business"”. GamesIndustry.biz (2017年4月20日). 2017年4月20日閲覧。
  29. ^ G2A heckled by developers at its own panel”. Polygon (2017年4月20日). 2017年4月23日閲覧。 “Polygon reached out to many of those developers involved in the G2A Direct program. It's a partnership that allows developers to, among other things, keep a 10 percent portion of every game sold on the G2A marketplace regardless of its provenance. Most of those who answered our questions were lukewarm about the program, with one stating that the only reason he joined up was because he couldn’t get G2A to take down the keys for his games that were already on sale.”
  30. ^ G2A is back in the business of reselling game keys, announces changes to its marketplace”. Polygon (2017年6月28日). 2017年6月29日閲覧。
  31. ^ Charles Pulliam-Moore (7 October 2015). "Riot Games has banned G2A from sponsoring teams in the 2015 League of Legends World Championships". Fusion.net. 
  32. ^ Andy Chalk (2015年10月9日). “G2A calls League of Legends sponsorship ban "an aggressive attack"”. Future plc. 2016年1月8日閲覧。
  33. ^ Mike Kent (19 February 2016). "Brazilian LoL Player Fined For G2A Logo". 
  34. ^ "G2A Pays Young Gamer's Fine for Banned Logo at e-sports Campeonato Brasileiro de League of Legends (CBLoL) 2016"". Yahoo! Finance. 15 February 2016. 
  35. ^ "The tinyBuild Summer Madness Giveaway". tinyBuild. 
  36. ^ Charlie Hall (2016年6月22日). “As war of words between indie dev and reseller intensifies, IGDA distances itself”. Polygon (website). 2016年6月22日閲覧。
  37. ^ "G2A.COM/tinyBuild STATEMENT". G2A.COM. 
  38. ^ Wesley Yin-Poole (2016年7月8日). “Game key reseller G2A moves to legitimise its business”. Eurogamer. 2016年7月8日閲覧。
  39. ^ Wesley Yin-Poole (2016年6月28日). “G2A to give developers royalties on third-party auctions”. Eurogamer. 2016年6月28日閲覧。
  40. ^ “Gearbox Publishing and G2A.COM team up on a collector’s edition of Bulletstorm: Full Clip Edition” (プレスリリース), Gamasutra, (2017年4月3日), http://www.gamasutra.com/view/pressreleases/295151/Gearbox_Publishing_and_G2ACOM_team_up_on_a_collectorrsquosedition_of_Bulletstorm_Full_Clip_Edition.php 2017年4月6日閲覧。 
  41. ^ Gearbox partners with G2A, then vows to back out unless G2A takes steps to fight fraud”. Gamasutra (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  42. ^ G2A's relationship with Gearbox ends with the launch of Bulletstorm remake”. Polygon (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  43. ^ G2A responds to Gearbox's withdrawal and TotalBiscuit's demands” (2017年4月10日). 2017年4月10日閲覧。