GAG (お笑いトリオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
GAG
メンバー 坂本純一
福井俊太郎
宮戸洋行
結成年 2006年
事務所 吉本興業
活動時期 2006年 -
出身 NSC大阪校27期
影響 ネプチューン
出会い NSC
旧コンビ名 ザ・シュリンプス(坂本・宮戸)
旧トリオ名 GAG少年楽団
芸種 コント漫才
ネタ作成者 福井俊太郎
同期 ツネ(2700
タナからイケダ
トット
諸見里大介
ジュリエッタ
Dr.ハインリッヒ
はんにゃ
トレンディエンジェル
インポッシブル
オリエンタルラジオ
三四郎など
公式サイト プロフィール
受賞歴
2015年 第36回ABCお笑いグランプリ優勝
2017年 キングオブコント 決勝10位
2018年 キングオブコント 決勝8位
2019年 キングオブコント 決勝4位
2020年 キングオブコント 決勝8位
テンプレートを表示

GAG(ジーエージー)は、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いトリオ。2006年平成18年)3月結成。NSC大阪校27期出身。旧トリオ名:GAG少年楽団(ジーエージーしょうねんがくだん)。2018年6月2日、現在のトリオ名に変更[1][2]

メンバー[編集]

坂本 純一(さかもと じゅんいち、1983年昭和58年〉6月7日 - ) (38歳)

福井 俊太郎 (ふくい しゅんたろう、1980年〈昭和55年〉8月18日 - )(41歳)

  • 大ボケ(最近は主にツッコミ)・ネタ作り担当、立ち位置は中央[6]。宮戸に次いで眼鏡をかける頻度が高い。低音ボイスを持ち、Twitterでの投稿も「今日も頑張っていきますよぉ(低ねと)」という風に、毎回最後に(低ねと)〈低くねっとりした声という意〉が付く。
  • ムーディ勝山松井大輔に風貌が似ている。
  • 兵庫県高砂市出身。兵庫県立東播磨高等学校近畿大学経済学部卒業。8ヶ月ほど子供服メーカーの営業マンとして勤めた後でNSCへ入学。
  • 身長174cm、体重60kg。血液型O型[3]
  • 様々な部活動を経験している。小学校1~4年は剣道、5・6年は野球、中学校1年~高校1年はバレーボール(中学時代はキャプテンを務めた)、高校2・3年はバンド、高校3年は柔道(1週間で退部)、大学1年はフリスビー、大学2~4年では再び野球となっている。今でもbaseよしもとメンバー内でフリスビーをする時は、経験者丸出しの投げ方をする。
  • ネプチューンを尊敬しており、お笑いをやるなら絶対トリオでやると決めていたほど。
  • グルメ漫画をたくさん持っている。
  • もってる!? モテるくん』(読売テレビ)の企画で相方2人と共に第3回大阪マラソンへ挑戦するも、5時間以内に完走するという公約を果たせなかったため罰ゲームとして髭を剃られ髪型もスポーツ刈りにされた。
  • 最近のイチオシキャラクターは『ヨイショマン』で、大宮セブンに選ばれて以降、大宮ラクーンよしもと劇場で度々『ヨイショマンのヒーローショー』を開催している。
  • 2013年12月31日開催の「今年は見るだけじゃない! 5upよしもとカウントダウンライブ〜ネタあり、歌あり、ダンスあり、ゲームあり、ジャンケン大会あり、卒業あり、いろいろありすぎてもうムチャクチャどす!!〜」においてサプライズプロポーズをするも失敗[7]。後の2016年1月12日に再度プロポーズを行い成功、晴れて入籍した[8]
  • NSC時代は最下位のCクラスだった[9]

宮戸 洋行(みやと ひろゆき、1984年〈昭和59年〉8月29日 - ) (37歳)

  • ツッコミ(最近は主にボケ)担当、立ち位置は向かって右[10]眼鏡を着用している。
  • 大阪市天王寺区出身。市立真田山小学校[11]市立高津中学校大阪府立清水谷高等学校卒業、神戸大学[12]経済学部中退。
  • 身長181cm、体重62kg。血液型AB型[3]
  • 中学時代はサッカー部所属。
  • 幼少期は近所でも有名なほど可愛い顔立ちで、オムツのCMの最終審査まで残った経歴がある。眼鏡をかけ始めてから前歯が出て髪の毛もうねり出した。
  • 実家は花屋経営。本人も中学1年までは家業を継ぐ意思があったが中学3年になると一変、「ゆず椎名林檎のように、曲や詞を書ける歌手になりたい」と作文に書いた。
  • 1期先輩の川西賢志郎和牛)は高校でも1年先輩で、当時川西が付き合っていた彼女は宮戸と同じクラスであった。
  • 趣味はボウリング。人のフォームを見ただけで、その人のスコアが分かる。また、ボウリングの球を作ることが出来る。
  • TSUTAYAで長年アルバイトしていた。
  • R-1ぐらんぷり』にて準決勝まで進出した経験を持つ。
  • 「2009年 base1のブサイク」になった。
  • 押見泰憲(元・犬の心)に、容姿や眼鏡などキャラがカブッているなどと言われている。
  • 東京進出後は容貌が永沢たかし(磁石)に似ていると言われるようになった。その繋がりで、2015年8月に行われた磁石の単独ライブ「ZONE」のエンディング映像の一部において永沢と入れ替わって出演した[13]
  • アイドルグループ・TEAM SHACHIの熱烈なファンであり、ライブにもプライベートで足を運ぶ。メンバーとも親交があり、ネット番組のMCを務めたりする。またaikoのファンでもあり、ネット番組にゲスト出演する機会がある。
  • 2019年令和元年)6月5日に行われた、先輩の山里亮太南海キャンディーズ)と蒼井優の記者会見で司会進行を務めた。

略歴[編集]

  • かつて坂本と宮戸はコンビ『ザ・シュリンプス』として活動しており、解散後に坂本と福井がコンビ『GAG少年楽団』を結成。しかしM-1でウケなかったため宮戸がツッコミとして加入し、現在のトリオとなる。なお、坂本と宮戸は価値観の違いによって解散したためトリオ結成当初は険悪な仲だったが、まもなくテレビ出演の機会が増えたり賞レースで結果を残すようになったのもあって現在はかなり改善されているという。
  • baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。同年4月からは、活動拠点を東京に移して活動している。
  • 2014年10月、埼玉大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動する芸人7組によるチーム「大宮セブン」のメンバーに選ばれ、同劇場のライブに多数出演しているほか、大宮の地域イベント等にも参加している[14][15]
  • 2018年5月19日に行われた単独ライブ「優しいダサ坊」のエンディングでトリオ名の変更を発表、同年6月2日よりトリオ名をGAG少年楽団から通称の『GAG』に改名した[1][2]

芸風[編集]

出囃子[編集]

単独ライブ[編集]

2008年

  • 7月30日 - 「スクランブル交差点」(baseよしもと/大阪)※初単独
  • 11月29日 - 「日記」(baseよしもと/大阪)

2009年

  • 3月22日 - 「通天閣」(baseよしもと/大阪)
  • 4月30日 - 「人まかせ」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・田崎佑一(藤崎マーケット
  • 7月25日 - 「人まかせ」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・藤本聖(当時ソーセージ、現ジュリエッタ
  • 8月14日 - 「スクランブル交差点」(シアターブラッツ/東京) ※東京初単独
  • 9月13日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・瀬戸洋祐(スマイル
  • 10月31日 - 「21人の優しい日本人」(baseよしもと/大阪)
  • 11月8日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・鰻和弘(銀シャリ

2010年

  • 1月24日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・福徳秀介ジャルジャル
  • 1月30日 - 「通天閣」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 4月30日 - 「ここいいですね」(baseよしもと/大阪)
  • 5月2日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・ウーイェイよしたか(スマイル)
  • 7月17日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・山内健司(かまいたち
  • 8月8日 - 「ジエジエジエジエ」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 8月22日 - 「ズッコケ3人組」(baseよしもと/大阪)※同一内容2公演
  • 9月12日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・令和喜多みな実(当時プリマ旦那)
  • 11月21日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・浅越ゴエザ・プラン9

2011年

  • 6月24日 - 「ビーグルフォート」(5upよしもと/大阪)
  • 7月3日 - 「ビーグルフォート」 「ジエジエジエジエ」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 9月12日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・中田敦彦オリエンタルラジオ
  • 10月22日 - 「蹴っとばす」(5upよしもと/大阪)
    • 11月11日 -(よしもとプリンスシアター/東京)
    • 11月20日 -(SUNSHINE STUDIO/愛知)
  • 11月25日 - 「宮ちゃんLIVE」(baseよしもと/大阪)宮戸のみ ※ゲスト・村上純しずる

2012年

  • 3月24日 - 「オンステージ」(5upよしもと/大阪)
  • 7月28日 - 「カモン」(5upよしもと/大阪)
  • 12月16日 - 「PARTY」(5upよしもと/大阪)

2013年

  • 4月4日 - 「サクラ ラララ」(5upよしもと/大阪)
  • 8月3日 - 「あっちぃぃぃ!」(5upよしもと/大阪)
  • 11月17日 - 「モミジエ祭」(5upよしもと/大阪)

2014年

  • 1月22日 - 「GAG少年楽団単独ライブ『ジエ漫』」(5upよしもと/大阪)
  • 6月29日 - 「TOKYO」(ヨシモト∞ホール/東京)
  • 8月24日 - 「BOMBER」(大宮ラクーンよしもと劇場/埼玉)

2015年

  • 2月14日 - 「ゴールデンナイト」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 5月17日 - 「チャレンジャー」 「ジエジエジエジエ in ブラッツ」(新宿・シアターブラッツ/東京)
  • 8月2日 - 「熱」 「ジエジエジエジエ」(新宿文化センター小ホール/東京)
  • 8月23日 - 「熱」 「ジエジエジエジエ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)

2016年

  • 1月23日 - 「ストレート」 「ジエジエジエジエ」(新宿・シアターブラッツ/東京)
  • 5月22日 - 「ストレート2」(ヨシモト∞ホール/東京)
  • 8月3日 - 「GAG少年楽団 2016」(ルミネtheよしもと/東京)

2017年

  • 4月23日 - 「SWEET BOYS」(神保町花月/東京)

2018年

  • 5月19日 - 「優しいダサ坊」(ルミネtheよしもと/東京)

2021年 

  • 2月19日 - 「ダサ坊の群像」(ルミネtheよしもと/東京 無観客ライブ)
  • 3月28日 - 「ダサ坊の群像 in京都」(祇園花月/京都 有観客)

出演[編集]

テレビ[編集]

現在の出演
過去の出演

ラジオ[編集]

ウェブテレビ[編集]

DVD[編集]

  • 単独ライブ「スクランブル交差点」(2011年)
  • 凸base(デコベース)~baseよしもとネタ全集2011~
  • 凹base(ボコベース)~baseよしもと野球大会2011~
  • 凹base(ボコベース)~baseよしもと水泳大会2010~
  • 凸base(デコベース)~baseよしもとネタ全集2010~
  • 凹base(ボコベース)~baseよしもと裏面集2009~
  • 凸base(デコベース)~ baseよしもとネタ全集2009~
  • 沖縄国際映画祭 地域発信型映画「ホルモン女」坂本のみ

賞レースなどでの戦績[編集]

キングオブコント[編集]

年度 結果 会場 日時
2008年 2回戦進出 ヨシモト∞ホール大阪 2008/08/24
2009年 準決勝進出 松下IMPホール 2009/08/28
2010年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2010/08/29
2011年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2011/08/25
2012年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2012/08/30
2013年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2013/08/29
2014年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2014/09/10
2015年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2015/08/27
2016年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2016/09/09
2017年 決勝進出(10位) TBSテレビ 2017/10/01
2018年 決勝進出(8位) TBSテレビ 2018/09/22
2019年 決勝進出(4位) TBSテレビ 2019/09/21
2020年 決勝進出(8位) TBSテレビ 2020/09/26
2021年 準決勝進出 日経ホール 2020/09/02・03

その他[編集]

  • 2005年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(宮戸のみ)
  • 2006年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2007年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2008年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(宮戸のみ)
  • 2008年 R-1ぐらんぷり 2回戦進出(坂本のみ)
  • 2008年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2009年 R-1ぐらんぷり 3回戦進出(宮戸のみ)
  • 2009年 R-1ぐらんぷり 2回戦進出(坂本のみ)
  • 2009年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2010年 R-1ぐらんぷり 3回戦進出(宮戸のみ)
  • 2010年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2013年 第34回ABCお笑いグランプリ 第2位
  • 2013年 第2回ytv漫才新人賞 第6位
  • 2014年 第35回ABCお笑いグランプリ 第4位
  • 2014年 第3回ytv漫才新人賞 第5位
  • 2015年 第36回ABCお笑いグランプリ 優勝
  • 2016年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2020年 M-1グランプリ 準々決勝進出[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b GAG少年楽団が改名「12年間うっすらウソを」、6月から「GAG」に”. お笑いナタリー (2018年5月21日). 2018年6月9日閲覧。
  2. ^ a b トリオ名変更後も各種メディアによっては、「GAG少年団」、「GAG少年楽団」等と表記されることも多い。
  3. ^ a b c GAG プロフィール”. 吉本興業株式会社. 2021年5月16日閲覧。
  4. ^ すゑひろがりずが会見でミキに変身、GAG宮戸「サラリーマンの忘年会」”. お笑いナタリー (2019年6月26日). 2019年11月18日閲覧。
  5. ^ “GAG・坂本、結婚していた 相方の福井が“ゲリラ発表””. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2147949/full/ 2020年9月26日閲覧。 
  6. ^ 大阪時代は一番右。
  7. ^ 今年は見るだけじゃない!5upよしもとカウントダウンライブ~ネタあり、歌あり、ダンスあり、ゲームあり、ジャンケン大会あり、卒業あり、いろいろありすぎてもうムチャクチャどす!!~”. よしもとニュースセンター (2014年1月8日). 2018年6月9日閲覧。
  8. ^ GAG少年楽団・福井が入籍を報告、公開プロポーズで玉砕したあの彼女と”. お笑いナタリー (2016年1月25日). 2016年6月3日閲覧。
  9. ^ okazaki0810 (1573783200). “【連載】あの人だって元ビジネスマン! 芸人 GAG・福井俊太郎┃NSC授業料は15秒で40万?! 芸人Cクラスからの巻き返し” (日本語). まいにちdoda - はたらくヒントをお届け. 2020年10月4日閲覧。
  10. ^ 大阪時代は中央。
  11. ^ 真田丸…久しぶりに全話見たドラマでした!”. 宮戸 洋行 (2016年12月19日). 2020年9月22日閲覧。
  12. ^ 宮戸 洋行 | Facebook
  13. ^ 単独終了の永沢|磁石・永沢たかしオフィシャルブログ「ドライブイン・ナガサワ」 - 当該記事、2枚目の写真を参照。
  14. ^ BKB、ヨイショマンら“次世代芸人”14組選抜”. お笑いナタリー (2014年10月10日). 2015年10月8日閲覧。
  15. ^ 大宮を拠点とする芸人7組のチーム名「大宮セブン」に決定”. お笑いナタリー (2014年11月16日). 2015年10月8日閲覧。
  16. ^ a b GAG | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月18日閲覧。
  17. ^ TBS. “オールスター後夜祭” (日本語). TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  18. ^ 加藤浩次がMC!賞金300万円を懸け芸能人たちがガチンコ頭脳勝負、業界初の完全リモートクイズバトル『QUIZOOM』3夜連続配信” (日本語). ABEMA TIMES (2020年4月24日). 2020年4月25日閲覧。