GI CLASSIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

GI CLASSICジーワンクラシック)は、コナミメダルゲームで、競馬ゲームとして1995年に発売された。

概要[編集]

1994年JRAレーシングプログラムに基づき、実在の芝の重賞100レースを循環させてゲームを進めている。それに伴い、左回り右回り・内回り外回りを忠実に再現している。ちなみに馬・騎手は実在の名前をもじってある。GIIIは6頭立て、GIIは8頭立て(高松宮杯・京王杯3歳S・アルゼンチン共和国杯のみ6頭立て)、GIは10頭立てである。

中央のトラックフィールドを取り囲むようにして14席のステーションがあり、そこでゲームを行う。

ゲームは、単勝枠連馬連の3タイプの馬券からなり、単勝は2.0倍~99.9倍、枠連・馬連は2.0倍~999.9倍までである。

ステーションには2つの画面があり、レース名・馬名・斤量・戦績・予想・単勝オッズが表示している情報用のモニターと馬券を買う操作用のタッチパネルモニターがある。

稀にダブルアップレースがあり、その場合全ての配当が2倍になる。

レース中は音声による実況が流れる(実況付きのマシンとしては最初期の作品にあたる)。また、ベット時のBGMは、GIIIが2種類、GIIが2種類、GIが1種類、さらに有馬記念専用のBGMがある。なお、GIIのBGMはそれぞれ『グラディウス』と『悪魔城ドラキュラ』のアレンジバージョンとなっている。

上位機種としてGI CLASSIC SPECIALという作品もある。データの更改に加え、トラックフィールドとステーションを離してステーション2席の間にメダル両替機を搭載させたものである。またステーションを自由に増減させることもできる。但しあまりお店で見かけることが無く、売れ行きは芳しくなかったものと見られる。

関連記事[編集]

公式サイト[編集]

【製品紹介】G1 Classic リンクにBGMが聞けるサウンドルームあり