GLAMOROUS JUMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GLAMOROUS JUMP
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年8月 - 11月
FARM STUDIO
SOUND CITY STUDIO
STUDIO TAKE ONE
ジャンル ロック
アイドル歌謡曲
時間
レーベル SMSレコード
プロデュース 木崎賢治
川面博
梅鉢康弘
チャート最高順位
吉川晃司 アルバム 年表
THE SHATTERER
1987年
GLAMOROUS JUMP
(1987年)
beat goes on
1988年
テンプレートを表示

GLAMOROUS JUMP』(グラマラス・ジャンプ)は、日本のミュージシャンである吉川晃司の6枚目のスタジオ・アルバム

1987年11月21日SMSレコードよりリリースされた。

解説[編集]

  • 前作に続き、吉川自身がほぼ全ての楽曲の作詞・作曲を自ら行っている。
  • ゲストミュージシャンとして、後に吉川と共にロックユニット「COMPLEX」を結成することとなる布袋寅泰が前作に引き続き参加している。また、親友でもあるミュージシャンの岡村靖幸も前作に続き参加している。
  • 2曲目の「HOT LIPS」がシングルとしてリリース予定であり、プロモーション盤も作成されたが急遽中止されたため、シングル曲は1曲も収録されていない。
  • 全ての編曲を清水信之が担当している。
  • このアルバムがSMS在籍時の最後のオリジナルアルバムとなった。
  • 「GLAMOROUS JUMP」の作曲者であるW.GUYとは、吉川と布袋寅泰の共作のペンネームである。歌詞中の「とどかない世界へ飛び出せ 夢のつづき 2人ならつかめるさ」という一説が後の「COMPLEX」結成への宣言であるとの説がある。
  • 「HONEY PIE」は忌野清志郎から提供された曲。後に忌野自身もRCサクセションのアルバム『MARVY』(1988年)においてカバーしている。
  • このアルバムでは「HONEY PIE」以外は本人の作詞、作曲の楽曲であるが、アルバム製作時にはすでに所属事務所から独立することが決まっていたため、本人としては暗い曲ばかり書いてしまったと思っていたそうである。それに対し忌野清志郎が提供してくれた曲は、「自分が作った曲に反して、すごく明るい曲だった」と語っている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1987年11月21日 SMSレコード LP
CT
CD
SM28-5438
CM28-5438
MD32-5438
5位
2 1998年6月10日 ポリドール CD POCH-1705 -
3 2007年3月14日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-6342 - 紙ジャケット仕様
4 2014年4月23日 ワーナーミュージック・ジャパン SHM-CD WPCL-11809 - 2014年24bitデジタルリマスタリング

収録曲[編集]

A面
全作詞・作曲: 吉川晃司(注記を除く)、全編曲: 清水信之。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.踊れよRain吉川晃司(注記を除く)吉川晃司(注記を除く)
2.HOT LIPS吉川晃司(注記を除く)吉川晃司(注記を除く)
3.JUST A LIFE吉川晃司(注記を除く)吉川晃司(注記を除く)
4.BIRTHDAY SYMPHONY吉川晃司(注記を除く)吉川晃司(注記を除く)
5.Little Darlin'吉川晃司(注記を除く)吉川晃司(注記を除く)
B面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
6.GLAMOROUS JUMP(作曲:W.GUY)  
7.HONEY PIE(作詞・作曲:忌野清志郎)  
8.恋をしようぜ!!  
9.LAYLA  
10.BACK TO ZERO  

参加ミュージシャン[編集]