GOGO競馬サタデー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
GOGO競馬サタデー!
ジャンル スポーツ中継番組
放送方式 生放送
放送期間 1991年4月 -
放送時間 毎週土曜 10:00 - 16:30(330分)
放送局 ラジオ関西
制作 ラジオ関西、MBSラジオ
パーソナリティ 中西則善、林美和(午前)
MBSラジオアナウンサー交代制(午後)
出演 MBSラジオアナウンサー、デイリースポーツ競馬担当記者他
特記事項:
放送期間は前身番組含む。
MBSラジオと共同制作。
祝日の変則開催にも「GOGO競馬ホリデー!」として放送される日もあり[1]
テンプレートを表示

GOGO競馬サタデー!』(ゴーゴーけいばサタデー!)は、ラジオ関西で毎週土曜 10:00 - 16:30に放送している中央競馬中継である。

概要・歴史[編集]

西日本(東海以西)のラジオによる中央競馬中継は、毎日放送MBSラジオ)が旧八大競走を中心に単発の特別番組として立ち上げたのが最初である。1971年(昭和46年)、競馬ブックがスポンサーに付き、『MBS土曜競馬』『日曜競馬』のタイトルで現在まで続く毎週のレギュラー放送が始まった。

1991年(平成3年)、MBSはラジオ関西(AM KOBE→CRK)と業務提携して、両局リレーの形で土曜午後の一部のレースを中継した。なお一時期は日曜も13:00 - 14:00(後に12:15 - 13:00繰上げ)の間のみリレー中継を行っていた。

1994年(平成6年)、ラジオ大阪(OBC、『ドラマティック競馬』)が12年ぶりに競馬中継を再開することになったがこの時にMBSと競馬ブックが猛反発した。OBCはMBSとJRAの間の役務調達契約を取り持っていた電通関西支社に話を持ち込み、MBSとJRAをも交えて調整した結果、MBS・AMK陣営はそれまでMBSからの送出となっていた土曜のメインレースをAM KOBEに移管する代わりに、AMKで放送する競馬中継番組の制作をMBSが全面受託することで折り合った。こうして同年10月改編から「AM KOBE サタデー競馬」(エイエムコウベ サタデーけいば、放送時間:13:00 - 16:30)と改題した。

2000年(平成12年)10月改編から10:05スタートの完全放送となり、「ラジオ関西 パーフェクト競馬!」(ラジオかんさい パーフェクトけいば!)になった。この際に、午前中はラジオ関西本社スタジオと開催競馬場の2元、午後はレース会場1本という進行スタイルが確立した。

2010年3月20日放送で、スポンサー・競馬ブックの都合により3月27日放送をもって競馬ブックからの解説者出演を中止することを発表した。4月3日放送分からは番組の開始時間を10:00に変更の上、スポンサーがデイリースポーツ神戸新聞社発行のスポーツ紙。クレジット上では「デイリースポーツ・クオリティ株式会社」)に交代し、解説もデイリースポーツ・馬サブロー(関西での新聞発行なし)トラックマンが数名出演することになった(MBSからの実況派遣は従来通り)。なお『ホリデー競馬』は2010年以降も競馬ブックがスポンサーを務め解説も日曜の『みんなの競馬』に出演しているブックのトラックマンが担当する。

2013年4月改編より、日曜のMBSラジオの中継(『みんなの競馬』→『GOGO競馬サンデー!』)とブランドを統合することになり、土曜の『パーフェクト競馬』を「GOGO競馬サタデー!」に、3日間開催の3日目は『ホリデー競馬』から「GOGO競馬ホリデー!」(ゴーゴーけいばホリデー!))にそれぞれ改題した(2013年3月2日に番組内で告知)。タイトルロゴには「サタデー!」は青色、「ホリデー!」は緑色を使用する[2]

出演者[編集]

進行・実況アナウンサー[編集]

午後の中継(第2部以降)では、アナウンサー1人が進行と実況を兼任する。
  • 河本光正 - 2007年(平成19年)毎日放送入社。
  • 来栖正之 - 1989年(平成元年)毎日放送入社。競馬放送専任。
  • 仙田和吉 - 2001年(平成13年)RFラジオ日本から毎日放送に移籍。他競技(主に野球)も担当[3]
  • 美藤啓文 - 1980年(昭和55年)毎日放送入社。定年に伴い2016年10月1日付でシニアスタッフ(嘱託)となる。
  • 三宅秀一郎 - フリー(ユウセイプランニング所属)。2017年(平成29年)1月5日放送より着任[4]
過去の進行・実況アナウンサー
  • 蜂谷薫 - 1969年(昭和44年)毎日放送入社。2005年10月の定年退職を機にメインレースの実況を勇退したが、2007年10月27日放送分まで、午前パートの進行やリポートなどを続けていた。
  • 大八木友之 - 1997年(平成9年)毎日放送入社。1998年から当番組担当となり、他競技には出演せず競馬専任で務め上げた。2006年4月改編でMBSテレビVOICE』木・金曜メインキャスターに転出のため退任。

パーソナリティ・アシスタント[編集]

パーソナリティ(「サタデー!」第1部のみ、「ホリデー!」はなし)
アシスタント(「サタデー!」は時間帯ごとのローテーション[5]、「ホリデー!」は全レース)
ラジオ関西ニュース担当(「ホリデー!」はスタジオからの放送なし)
  • 小田根実穂(ラジオ関西ニュース契約アナウンサー)
  • 高塚恵子(ラジオ関西ニュース契約アナウンサー)- 小田根が出演できない場合に担当。
過去のパーソナリティ・アシスタント
  • 佐々木香苗 - 『みんなの競馬』と兼務。1999年4月10日放送限りで退任。
  • 小山浩子 - 『みんなの競馬』に転出のため、2004年3月27日放送限りで退任。
  • 安陵真理子、森内恵美 2004年4月3日から2007年7月7日まで
  • 奥村麻衣子 - フリー(オフィスキイワード所属)。『みんなの競馬』→『サンデー!』に転出のため、2009年10月3日放送限りで退任。
  • 三木麻愛 - 林が放送を休む場合に出演。2012年10月から12月までは林が産休のため毎週出演した。その後2018年10月13日と2019年3月16日の2回、林の代理で登場した。
  • 藤井志保 - フリー(オフィスキイワード所属)、2013年3月限りで退任。
  • 中島亜由美 - 2017年12月まで
  • 藤井未莉佳 - 2018年1月6日から12月22日まで

解説[編集]

  • 青木行雄 - 競馬ブック本社。『ホリデー!』がCRKで放送される場合に出演。
  • 大西修平 - デイリースポーツ記者。主に第2部を担当。
  • 妹尾和也 - デイリー馬三郎編集部兼栗東調教班。森田が欠ける場合に1部を担当。
  • 西村敬 - 競馬ブック本社。2008年の1回小倉・中京開催時に井上の代役。その後『サンデー!』にレギュラー出演。現在は『ホリデー!』がCRKで放送される場合に出演。
  • 森田真司 - デイリー馬三郎。2019年3月2日放送より着任し第1部を担当。
  • 堀尾政宏 - デイリースポーツ神戸本社。主に第2部を担当。
  • 吉田順一 - デイリー馬三郎。主に第3部を担当。

※第2部には、堀尾以外のデイリースポーツ所属トラックマンも週替わりで出演することがある。

過去の解説者
  • 海士部彰(あまべ・あきら) - 競馬ブック本社。2010年3月の提供降板まで、第3部を主に担当。
  • 井上政行 - 競馬ブック本社。第2部を主に担当[6]
  • 川田英太 - 競馬ブック本社。第1部を主に担当。
  • 高井大輔 - レーシングアナリスト。
  • 坂口元一 - デイリー馬三郎編集長。2019年2月23日までレギュラー出演、以後は2020年3月まで森田が欠ける場合に1部後半を担当。彼が出演する場合、コーナー名に「ぐっさん」の冠が付いた、東京へ異動のため退任。
  • 永山弘樹 - 競馬ダービー(現・研究ニュース関西版)。2007年3回中京競馬開催時に井上の代役[7]を務めた。
  • 山田一雄 - 競馬ブック本社。『御大』の愛称で親しまれ、2007年3月勇退、2016年1月死去。

「GOGO競馬サタデー!」のコーナー[編集]

「ヒット・ザ・5000」「あなたの馬券買います!」はWINSで勝ち馬投票券が購入できない場合は休止となる。

  • ヒット・ザ・5000
スタジオ出演のデイリー馬三郎トラックマンが日曜日のレースの1つを選び5000円分の勝ち馬投票券を購入しプレゼント。
コーナー開始時に林が「○○がGOGO!(○○には苗字が入る、坂口の場合は「ぐっさん」)」の後に中西が「ヒット・ザ・5000」とコールする。
  • あなたの馬券買います!
リスナーが予想した勝ち馬投票券3000円分を購入するコーナー。
  • WIN5!!
スタジオ出演のデイリー馬三郎トラックマンが日曜日のWIN5を予想するコーナー。
  • 森田のパーフェクト予想
森田の予想コーナー。
  • 妹尾の爆裂予想
妹尾の予想コーナー。
  • デイリートラックマンの1頭入魂
第2部担当のデイリー馬三郎トラックマンがその日の放送レースの中からピックアップし馬券の予想をする。
  • 吉田順一 メインこれでよし!!→吉田順一 サタデー・メインGO!GO!
第3部担当の吉田がこの日の関西メインレースを予想する。メインレースが重賞である場合は単勝・複勝を5000円ずつ、非重賞である時はどちらか一方の賭け式で5000円の1点勝負とする。タイトル改題後、事前にはがきで応募した方から抽選で1人に払戻金の現金(外れた場合はクオカード)を贈呈。
「これでよし!!」の時代は予想発表後女性アシスタントが「それでは吉田さん、これでよろしいでしょうか?」と振ると、吉田が「これでよーし!!」と雄たけびを上げるのが恒例。こちらは的中時のみに現金プレゼントを募集していた。
  • 応募は午前は参加希望募集はメール・ファクスも対応しているが、午後は葉書のみ。なおMBS製作であるが応募はラジオ関西あてに送る。
以下過去
  • わたしのホースアルバム
  • 競馬なんでもゼミナール
  • デイリー馬券塾
  • チャレンジ3000円
3000円の夢のリスナー参加版。昼休みのスタジオからのコーナー。リスナーの勝ち抜き制でそれぞれ3000円ずつの軍資金でレースを予想し、3週勝ち抜きで特別ボーナスが出る。
  • ラジオ関西パーフェクト競馬3000円の夢
これは、解説者3人がそれぞれ放送時間中のレースの中から(主として後半戦のレースが多い)1レースを選んで3000円の軍資金で馬券を購入する。的中した場合は配当金相当の賞金を贈呈。不的中でも記念品が贈られる。
  • 今週のトレセン情報局
スポーツライター(競馬専門)の高井大輔が今週のレースで特に注目すべき馬についてトレセンでの現地取材を基に分析する。

「GOGO競馬ホリデー!」のコーナー[編集]

  • ワイドなホリデー

解説者予想が的中したときのみ葉書で応募を受け付ける。

ネット局[編集]

全て土曜の放送。放送時間の早い順から記載。

現在[編集]

放送対象地域 放送局名 放送時間 備考
近畿広域圏 ラジオ関西(CRK) 10:00 - 16:30 製作局
広島県 中国放送(RCC)[8][9] 15:00 - 16:00[10][11] 『松ちゃん・大ちゃんのふくふくサタデー』内[12]
島根県鳥取県 山陰放送(BSS)[13]
岡山県 RSK山陽放送(RSK)[13]
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 2019年1月よりKBCラジオから移行
土曜deアミーゴ!』内
1月 - 3月・10月 - 12月に放送[14][15][16]
[17]
ラブエフエム国際放送 2019年より
4月 - 9月に放送。
RKB毎日放送が資本参加している。[14][15]
北海道 STVラジオ レース実況のみ メインレースのみ
GO!GO!サタデー』内
(『中央競馬実況中継』内)
神奈川県 アール・エフ・ラジオ日本 メイン・最終レースのみ[18]
土曜競馬実況中継』内

過去[編集]

  • CBCラジオ(メインレースのみ、他にCBCは2007年まで中京競馬の主場開催時も自社制作していた。また2012年以降は土曜の自社制作を行わない。)
  • KBCラジオ(主要2レース[19]の実況のみ、小倉の第3場開催時は自社制作で他場からのネットはしない。)

関東主場・第三場の放送との連携[編集]

関東主場[編集]

東日本の競馬場のメインレースは、土日共に東日本の全レースを放送しているラジオ日本(『土曜競馬実況中継』)と提携しネットを受けている。ラジオ関西は1978年(昭和53年)にラジオ関東がプロ野球巨人戦の全試合独占中継(『ジャイアンツナイター』)を始めた際、唯一ネットを受けてNRNを除名になったほどの付き合いがあり、1994年『パーフェクト競馬』がスタートする際も、円滑にネット受けをすることができた。

2000年から2007年までは、唯一土曜日に行われていた平地GI競走ジャパンカップダートの日については、日曜のMBSラジオ『みんなの競馬』と同様、MBSのアナウンサーが現地(東京競馬場)に出張し実況を行っていた[20]。2019年は、GIホープフルステークスが土曜日開催となり過去のJCダートと同様に中山競馬場へMBSのアナウンサーが乗り込んだ(後述)。

また、西日本主場の開催が中止になった場合は、ラジオ日本から東日本主場のレースをネット受けすることがある。また、『ホリデー!』の放送日にWIN5の発売がある場合は、メインレースの他WIN5の対象となる東日本主場のレースもラジオ日本から受ける。

ラジオ日本には土曜日の西日本主場のメインレースと最終レース、および中京競馬場が第三場開催の場合土曜日に行われる重賞競走をネットする。ただし2006年(平成18年)より関西でGIレースが開催される週はラジオ日本のスタッフが前日から乗り込んでメインレースと最終レースを放送するため、CRK発ラジオ日本へのネットは行わない。また、ニッポン放送が特別番組扱いで放送する東西金杯とホープフルステークスの開催日が土曜日にあたる場合は、西日本主場メインレースの本番実況をラジオ日本にネットするとともに、ニッポン放送向けに二重制作してMBSから裏送りする。

第三場[編集]

夏の北海道開催[21]は2019年シーズンより、ネット局であるSTVラジオ発で函館・札幌のメインレースの実況を放送する。

中京が第三場開催の場合は2011年までCBCのみ自社制作だったが、CBCが土曜日の競馬中継そのものを取りやめたため2012年以後は重賞競走のみ、MBS・CRK制作で各ネット局およびラジオ日本に配信されることになった。

イレギュラー放送[編集]

西日本主場開催が中止や初めから予定されていない場合、または毎日放送側の事情などにより、年に数回イレギュラーが起こる。

  • 2005年からの夏シーズンの小倉競馬場薄暮競走の期間中も、放送時間は延長せず通常通り16:30までで終了していた。ただし、最終レースは、後枠『藤川京子のビューティフル競馬』の中で実況した(2007年8月25日及び9月1日並び2008年分)。また、2008年6月・7月、9月・10月阪神開催の最終レースにおいても実況された。
  • 2019年1月14日・2020年1月13日(いずれも成人の日)の『ホリデー!』はMBSが単独で製作し、放送もMBSラジオで行われた。
  • 2019年4月27日は変則3日間開催で東京・新潟の2場開催となったため、『サタデー!』を15:00~16:00の1時間に短縮、逆に『競馬ノススメ』を16:00~17:00の1時間に拡大するイレギュラーが飛び出した。『サタデー!』は神戸のCRK本社スタジオから午前中の出演者(馬三郎からは坂口が出演)だけで運行し、ラジオ日本発の東京競馬場のメインレース実況を中心に放送した。
  • 2019年12月28日はホープフルステークス開催日かつ、翌日の日曜競馬の開催がないことも加味し、『サンデー!』の形態に準じた『GOGO競馬年末スペシャル!』としてMBSラジオからの送出となり、ラジオ関西での『サタデー!』は休止となった。
  • 2020年4月18日から6月27日まで新型コロナウイルス感染対策のため、『サタデー!』と『サンデー!』で別のアナウンサーが担当していた。
  • 2020年7月25日・8月1日・8月8日の3週は、当初東京オリンピック開催期間中で西日本主場開催が最初から予定されていなかったが、『サタデー!』は通常通り10:00からの放送、MBSからアナウンサー2名[23]のみ新潟競馬場に派遣、第1部は通常通りラジオ関西スタジオから、第2部は番組進行とアシスタント[24]およびデイリースポーツ解説者がMBSラジオのスタジオと競馬場を結んで新潟全レースの実況を自社制作で放送した。

テーマソング[編集]

ラジオ関西中継開始当初はスーザの「忠誠」行進曲がテーマソングに使われていたが、その後は別の曲になった。2018年現在は『GOGO競馬サンデー!』と共通のテーマ曲を使用し、15時台のみ放送する地方局も同一の曲を各局送り出しで使用している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ラジオ関西で放送する時は13:00 - 16:00、MBSラジオで放送する時は13:00 - 16:30
  2. ^ 「サンデー!」は赤色を使用する。
  3. ^ MBSラジオで裏番組になるプロ野球の実況担当が優先される。
  4. ^ 三宅きみひとのtwitter - 2017年1月5日投稿。
  5. ^ 2019年7月から第1部はアシスタントなしで第2部以降どちらか1人が全レースを担当することもある。
  6. ^ 井上と海士部は、2007年より3回阪神開催から年末の中京開催が始まるまでは担当部が逆になっていた。
  7. ^ 井上は当時、テレビ愛知土曜競馬中継』パドック解説も担当していたため。
  8. ^ Veryカープ! RCCカープデーゲーム中継』(年度によってはサッカーJリーグサンフレッチェ広島戦中継も)が放送時は放送休止(雨天中止時はネット復帰)。阪神またはオリックス主催の広島戦中継時は競合局の朝日放送ラジオABCフレッシュアップベースボール』にネットを切り替えとなる(後者は朝日放送ラジオのデーゲーム中継が阪神戦のみのため裏送りとなる)。なお、代替として16時台以降に「中央競馬結果速報」を中国放送のスタジオから伝える(日曜も同様)。
  9. ^ 中国放送が福山放送局(1530khz・JOEO)および同周波数の三原・府中中継局のみ土曜13:00 - 15:55に独自の生放送ワイド番組を編成していた1996年 - 2001年は、同エリアのみ本番組が放送されていなかったため、毎日放送からの裏送りで17時台に放送された『中央競馬ハイライト』で補完していた。
  10. ^ 正式には15:00:30 - 15:58となっている。2012年3月までは15:00 - 15:55(正確には15:00:30 - 15:53)の放送だった。
  11. ^ なお、ネット局への飛び乗りのコメントは「各ネット局でお聞きの皆様にも『GOGO競馬サタデー!』でお楽しみいただきます」で、同じく降りコメントは「各ネット局でお聞きの皆様とはここでお別れさせていただきます」とアナウンスされる。
  12. ^ 2020年7月18日から8月29日までの間は同番組が諸事情により休止されたため、暫定的に単独番組となっていた。
  13. ^ a b Radikoではテーマ曲とCMのみステレオで、中継本編はモノラルで配信している。
  14. ^ a b 北九州・福岡地区 競馬ラジオ中継の放送局が変わります”. 日本中央競馬会 (2019年1月4日). 2019年1月4日閲覧。
  15. ^ a b 実際にはプロ野球の開幕戦やクライマックスシリーズの日程の関係で、ネット局の切替時期は1 - 2週程度のずれが生じるうえに、福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズに出場する場合には10月中(場合によっては11月初旬)までラブエフエムでの放送が継続される。2020年は新型コロナウイルス感染症の流行によりプロ野球の開幕が3ヶ月遅れたが、ラブエフエムへの切り替えは当初の予定通り行われている。
  16. ^ 2018年までのKBCラジオと異なり、小倉競馬第3場開催時でも自社制作を行わずCRKの放送をネットする。
  17. ^ 2019年1月 - 12月は主要2レースの実況(準メイン・メインレース、但し東日本主場のメインレースが重賞競走の場合は東西のメインレース)のみネット。
  18. ^ GI開催週はラジオ日本アナウンサーが乗り込むため放送しない場合あり。2010年までは障害の重賞競走もネットされていた。
  19. ^ 準メイン・メインレース、東日本主場のメインレースが重賞競走の場合は東西のメインレースのみネット。
  20. ^ なお、CBCラジオにはジャパンカップダートの実況はネットされず、関西のメインレースのみネットされていた。
  21. ^ 例年、6月中旬から9月上旬頃
  22. ^ この時の番組名は「サンデースペシャル みんなの競馬」(サンデースペシャル みんなのけいば)。ただし、2009年からMBSラジオでのセンバツ中継が準決勝と決勝、2016年以降は決勝のみに縮小されたため、今後はセンバツ決勝が日曜と重複しない限りラジオ関西での放送予定はない。
  23. ^ 1レースごとに交代、翌日の『サンデー!』も担当。
  24. ^ 前半と後半で交代あり。

関連項目[編集]