GOLDEN☆BEST 天地真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
GOLDEN☆BEST 天地真理
天地真理ベスト・アルバム
リリース
録音 1971年 - 1976年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
プロデュース 加納糾(企画)
中曽根皓二(制作)ほか
青木真保(企画協力)ほか
天地真理 年表
GOLDEN☆BEST 新三人娘 〜天地真理・小柳ルミ子・南沙織〜
2011年
GOLDEN☆BEST 天地真理
(2013年)
ゴールデン☆アイドル 天地真理
2014年
テンプレートを表示

GOLDEN☆BEST 天地真理』(ゴールデン ベスト あまちまり)は、天地真理ベスト・アルバム2013年4月17日発売。発売元はソニー・ミュージックダイレクト規格品番はMHCL-2256。

解説[編集]

1971年10月1日にシングルレコード水色の恋」(SONA-86200)でレコード・デビューを果たした天地真理のベスト・アルバムで、様々なレコード会社が参加してシリーズ化している“ゴールデン☆ベスト”シリーズの1枚。CD規格はCD-DA。天地真理の同シリーズは、2002年にシングルA面曲を網羅した2枚組『GOLDEN☆BEST 天地真理 コンプリート・シングル・コレクション・アンド・モア[2]』が発売されていたが、1枚仕様は本作が初めてである。

収録曲の内訳は、1971年から1983年までに公式発売されたシングルA面曲から選ばれた18曲、スタジオ・アルバム収録曲から選ばれた「恋は水色」「涙から明日へ」(ともに1971年、『水色の恋/涙から明日へ』収録)、「レイン・ステイション」(1975年、『小さな人生』収録)、「童話作家」(1976年、『童話作家』収録)の4曲、ボーナス・トラックとして、1972年から1975年の間に放送された自身の冠番組『真理ちゃんシリーズ』のテーマ・ソング5曲を加えた全27曲である。

オールカラーの歌詞ブックレットには、過去にシングルやアルバムのディスクジャケットで使用された写真の別カット写真が多く収められている。また、歌詞ごとの楽曲タイトルはディスクジャケットに表記された書体や文体が主にそのまま流用された。巻末には、天地真理本人へのインタビューが語り口調で書き下ろされたライナーノーツを4ページ半に渡り掲載している。

本アルバム発売の1週間前となる同年4月10日には、スタジオ・アルバム『水色の恋/涙から明日へ』(1971年発売)と『ちいさな恋/ひとりじゃないの』(1972年発売)が、高品質とされるBlu-spec CD2のCD規格で復刻発売された。

収録曲[編集]

  1. 水色の恋(3分1秒)[3]
    • 作詞: 田上えり・PESCE CARLOS 、作曲: 田上みどり・LATASA FELICIANO、編曲: 森岡賢一郎
  2. 恋は水色(3分29秒)
  3. 涙から明日へ(2分51秒)
  4. ちいさな恋(3分25秒)
  5. ひとりじゃないの(3分34秒)
    • 作詞: 小谷夏、作曲: 森田公一、編曲: 馬飼野俊一
  6. 虹をわたって(3分7秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 馬飼野俊一
  7. ふたりの日曜日(3分12秒)
  8. 若葉のささやき(3分1秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 竜崎孝路
  9. 恋する夏の日(2分58秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 馬飼野俊一
  10. 空いっぱいの幸せ(2分56秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 竜崎孝路
  11. 恋人たちの港(2分59秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 竜崎孝路
  12. 恋と海とTシャツと(2分37秒)
    • 作詞: 安井かずみ、作曲: 森田公一、編曲: 竜崎孝路
  13. 想い出のセレナーデ(3分36秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 竜崎孝路
  14. 木枯らしの舗道(3分24秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一、編曲: 穂口雄右
  15. 愛のアルバム(3分16秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲・編曲: 森田公一
  16. 初めての涙(3分44秒)
    • 作詞: 安井かずみ、作曲: 宮川泰、編曲: 森岡賢一郎
  17. さよならこんにちわ(2分40秒)
  18. 夕陽のスケッチ(3分20秒)
  19. レイン・ステイション(3分31秒)
  20. 矢車草(3分1秒)
    • 作詞: 岩谷時子、作曲: 筒美京平、編曲: 森岡賢一郎
  21. 愛の渚(2分34秒)
    • 作詞: 岩谷時子、作曲: 弾厚作、編曲: 森岡賢一郎
  22. 童話作家(3分32秒)
  23. 真理ちゃんとデイトのテーマ Edit Version(1分27秒)[4]
  24. となりの真理ちゃんのテーマ(1分46秒)
  25. とび出せ!真理ちゃんのテーマ(1分19秒)
    • 作詞: 山上路夫、作曲: 森田公一
  26. アタック真理ちゃん!のテーマ(あなたたとともに)(1分30秒)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 森田公一
  27. はばたけ!真理ちゃんのテーマ(新しいともだち)(1分54秒)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 総演奏時間は、x-アプリにてリッピングした際に表示される時間とする。
  2. ^ GOLDEN☆BEST 天地真理 コンプリート・シングル・コレクション・アンド・モア』は2002年11月20日にCD-DAで発売された。規格品番はMHCL-175/6。2009年8月19日には、高品質とされるBlu-spec CD盤(MHCL20074/5)が限定発売された。
  3. ^ 演奏時間は本歌詞ブックレット記載の時間とする。
  4. ^ M-23からM-26は編曲者名の記載なし。