GOLDEN☆BEST 来生たかお バイオグラフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GOLDEN☆BEST 来生たかお BIOGRAPHY
来生たかおベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
来生たかお 年表
Dear my company
2000年
GOLDEN☆BEST 来生たかお バイオグラフィー
2003年
GOLDEN☆BEST 来生たかお ビジターズ
2004年
テンプレートを表示

GOLDEN☆BEST 来生たかお BIOGRAPHY』(ゴールデン☆ベスト きすぎたかお バイオグラフィー)は、2003年にリリースされた来生たかおベスト・アルバムCD規格品番:UICZ-6026〉)である。

概要[編集]

※原則的に、来生たかおは“来生”に省略、来生えつこは“来生えつこ”と表記。

複数のレコード会社による合同企画『ゴールデン☆ベスト』シリーズの1枚で、ベスト・アルバム『BIOGRAPHY』『BIOGRAPHY II』を基調に、初CD化となるオリジナル楽曲のほか、主に女性歌手に提供した楽曲のセルフカバーが収録されている。

作曲家として多くの楽曲を提供しているため、元々自作自演曲だったにもかかわらずセルフカバーと思われがちな楽曲も存在する。薬師丸ひろ子が歌った「セーラー服と機関銃」(1981年11月21日リリース)は提供曲という位置付けではあるが、来生たかお版「夢の途中 -セーラー服と機関銃-」の方が先にリリースされている(1981年11月10日)。

ジャケット写真は、『BIOGRAPHY II』『ベスト・コレクション Songs』及び第12弾オリジナル・シングル「気分は逆光線」(全て1982年4月25日リリース)と同じもの(モノクロの来生自身)が使用され、ブックレットには榊洋希による解説(総論及び楽曲ごとの詳細)が記載されている。

編曲者の“矢倉銀”は、来生のペンネームである。

ルビジウム・クロックの使用によるデジタル・リマスターが施されている。

パッケージの体裁[編集]

アルバムタイトル[編集]

ジャケット

“Takao Kisugi GOLDEN☆BEST BIOGRAPHY”

ケースの側面部

“バイオグラフィー”“Biography”の併用

“来生たかお ゴールデン☆ベスト バイオグラフィー”

なお、各種ディスコグラフィーによっても表記は片仮名やアルファベットになっている。

帯のコピー[編集]

少年の面影。みずみずしい感性がほとばしるアーリー・ベスト。 幻のセルフカバー音源「試練」、「ほほえみの扉」収録。

収録曲[編集]

  • 全作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
  1. 浅い夢(3:46)
    • 編曲:福井崚
    • ベスト・アルバム『BIOGRAPHY』に収録された、ヴォーカルを録り直したヴァージョン。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『浅い夢』を参照。
  2. マイ・ラグジュアリー・ナイト(4:50)
    • 編曲:福井崚
    • オリジナル・シングル「あなただけGood Night」及びベスト・アルバム『BIOGRAPHY』に収録されたヴァージョン。
    • しばたはつみへの提供曲(1977年7月10日リリースのシングル)で、『第28回NHK紅白歌合戦』でも披露された。
    • 楽曲の詳細はベスト・アルバム『BIOGRAPHY』を参照。
  3. ジグザグ 〜酔いどれ天使〜(3:57)
    • 編曲:星勝
    • ベスト・アルバム『BIOGRAPHY』に収録された、ヴォーカルを録り直したヴァージョン。
    • 亀渕友香への提供曲(1974年3月21日リリースのアルバム『Touch Me, Yuka』収録)。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『ジグザグ』を参照。
  4. 試練(4:58)
  5. 涙嫌い(4:04)
  6. ほほえみの扉(4:20)
    • 編曲:萩田光雄
    • 三浦友和への提供曲(1978年11月1日リリースのシングル)。
    • 楽曲の詳細はベストアルバム『BIOGRAPHY』を参照。
  7. あなただけGood Night(3:41)
    • 編曲:松井忠重
    • ベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』に収録された、ヴォーカルを録り直したヴァージョン。
    • 楽曲の詳細はベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』を参照。
  8. やさしさ、ひととき(4:08)
    • 編曲:矢倉銀
    • ベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』に収録された、ヴォーカルを録り直したヴァージョン。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『来生たかお』を参照。
  9. たそがれの苺(4:45)
    • 編曲:矢倉銀 / コーラスアレンジ:杉真理
    • ベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』に収録された、ヴォーカルを録り直したヴァージョン。
  10. Goodbye Day(5:21)
    • 編曲:松井忠重
    • 企画アルバム『来生たかお』に収録されたヴァージョン。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『来生たかお』を参照。
  11. 夢の途中(4:49)
    • 編曲:星勝
    • 薬師丸ひろ子への提供曲「セーラー服と機関銃」との競作シングル(1981年11月1日リリースの第11弾オリジナル・シングル)で、彼女が歌ったヴァージョンは主演映画『セーラー服と機関銃』の主題歌として使用された。また、来生の歌手デビュー25周年記念アルバム『Dear my company』では“来生たかお Duet with 薬師丸ひろ子”名義でカバーしている[1]
    • 楽曲の詳細は、オリジナル・アルバム『夢の途中』を参照。
  12. おだやかな構図(4:53)
    • 編曲:松井忠重
    • 山口百恵への提供曲(1979年4月1日リリースのアルバム『A Face In A Vision』収録)。
    • 楽曲の詳細は、オリジナル・アルバム『夢の途中』を参照。
  13. シルエット・ロマンス(4:26)
    • 編曲:星勝
    • 大橋純子への提供曲(1981年11月25日リリースのシングル)。
    • オリジナル・シングル「気分は逆光線」及びベストアルバム『BIOGRAPHY II』に収録されたヴァージョンとされているが、ベスト・アルバム『The Best of TAKAO KISUGI 夢の途中に…』(1997年5月25日リリース)を制作する際、担当ディレクターがキティレコードに残っていた“最も古いマスターテープ”(別のテイク)を使用し、本アルバムにもそのテイクが収録されている[2]
    • 楽曲の詳細は、ベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』を参照。
  14. 気分は逆光線(4:30)
    • 編曲:星勝
    • 第12弾オリジナル・シングル(1982年4月25日リリース)
    • 楽曲の詳細は、ベスト・アルバム『BIOGRAPHY II』を参照。
  15. 空色の渚 〜時よ ゆっくり〜(5:12)
  16. セカンド・ラブ(4:01)
    • 編曲:星勝
    • 中森明菜への提供曲[3]1982年11月10日リリースのシングル)で、前出の『Dear my company』では“来生たかお Duet with 中森明菜”名義でカバーしている。
    • 楽曲の詳細は、企画アルバム『Visitor』を参照。
  17. あなたのように(3:24)
    • 編曲:新川博
    • 楽曲の詳細は、オリジナル・アルバム『Ordinary』を参照。
  18. 無口な夜(4:10)
    • 編曲:福井崚
    • 第14弾オリジナル・シングル(1983年3月1日リリース)
    • 楽曲の詳細は、オリジナル・アルバム『来生たかお作品集 Times Go By』を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 過去には桃井かおり(「ねじれたハートで」)や斉藤由貴(「ORACIÓN-祈り-」)、松任谷由実(「Corvett 1954」)等とのデュエット歴がある。桃井・斉藤とのデュエットは『GOLDEN☆BEST 来生たかお ビジターズ』に収録されている。
  2. ^ ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』Vol.51、Vol.52
  3. ^ 宇多田ヒカルは、最初のアルバム『First Love』のリリース(1999年3月10日)時、『オリコンウィークThe Ichiban 1999年5月24日号』のインタビューにおいて、自身が産まれた頃(1983年1月)のヒットチャート表を見る企画があり、ランクインしていた「セカンド・ラブ」を取り上げ、最近テレビで耳にして「この歌、好きだ!」と思った楽曲だったと明かしており、自身のアルバム名『First Love(ファースト・ラブ)』と、好きと思った楽曲名「セカンド・ラブ」の偶然性に驚いている。