GPWA興行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

GPWA興行は、グローバル・レスリング連盟が主催するプロレス興行

第1回主催興行[編集]

第7試合 6人タッグマッチ 1/30
潮崎豪(NOAH)
中嶋勝彦(健介オフィス)
菅原拓也(Eldorado)
22'37
ムーンサルトプレス→エビ固め
崔領二(ZERO1MAX)
HARASHIMA(DDT)
KAZMA(K-DOJO)●
第6試合 スペシャル6人タッグマッチ1/30
高山善廣(高山堂)
鈴木みのる(パンクラスミッション)
NOSAWA論外
22'10
チキンウイング・アームロック
森嶋猛(NOAH)
佐藤耕平(ZERO1MAX)
谷口周平(NOAH)●
第5試合 DDT提供試合 1/30
KUDO
柿本大地
15'11
フェニックス・スプラッシュ→エビ固め
男色ディーノ
飯伏幸太
第4試合 KAIENTAI-DOJO提供試合 1/30
ザ・ハンサムJOE
ヤス・ウラノ
Mr.X
マイク・リーJr.
16'42
雪崩式ブレーンバスター→片エビ固め
火野裕士
SUPER-X
山縣優
稲松三郎
第3試合 ElDorado提供試合 1/30
エルブレイザー
ジャンピングキッド沖本
ミラニートコレクションa.t.
11'45
ライトニングストラック→エビ固め
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ
卍丸
第2試合 6人タッグマッチ 1/30
菊タロー
岸勝也(IWA)
澤宗紀(バトラーツ)
15'04
後方回転エビ固め
河童小僧(IWA)●
原学(BML)
平柳努(NOAH)
第1試合 NOAH vs ZERO1 MAX 1/15
石森太二
青木篤志
太田一平
15'00
時間切れ引き分け
日高郁人
浪口修
高西翔太
備考
  • リングマットはGPWA独自のもの、リングとゴングはZERO1-MAXのものを使用した。
  • レフェリーはノア、ZERO1-MAX、DDTから各一名登場した。リングアナウンサーは全試合、ノアの大川正也アナが担当。
  • 第一回主催大会は東京・後楽園ホールで開催したが、第二回大会以後は地方でも開催することをGPWA首脳が公言している。
  • テレビ中継による実況は日本テレビアナウンサー、解説は前半が高木三四郎、後半が三沢光晴


関連項目[編集]