GRAND SLAM (格闘技大会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GRAND SLAM
設立 2014年7月13日
主催 GRAND SLAM実行委員会
本部 日本の旗 日本
代表者 勝村周一朗
サイト 新生MMAイベント「GRANDSLAM(グランドスラム)」公式サイト
テンプレートを表示

GRAND SLAM(グランドスラム)は、総合格闘家、プロレスラーである勝村周一朗が開く総合格闘技、キックボクシング、ブラジリアン柔術などのジムの総合ブランド。また日本総合格闘技大会である。勝村周一朗がプロデューサーを務め、2014年7月13日にディファ有明にて第1回大会を開催。この項では主に後者を説明する。

概要[編集]

コンセプトは「世界で戦える若手選手の育成」と「ベテランの再生」[1]。ケージ(金網)に囲われた中で試合をする格闘技大会であり、ユニファイドルール(世界的にオーソドックスなヒジありのMMAルール)の大会である。ケージ大会としては珍しくアマチュアの試合も行う。

歴史[編集]

2014年7月13日に第1回大会「GRANDSLAM -Way of the CAGE-」が開催され、サバイバーと題された本選出場を目指す育成戦10試合を含む、全20試合が行われた。サバイバーは5分2R。本戦は5分3R。メインイベントは所英男VSビクター・ヘンリー。

2015年2月8日の第2回大会からはアマチュア戦の「GRAND ROYAL(グランドロワイヤル)」、本戦昇格を目指す「GRANDSLAM SURVIVOR(グランドスラムサバイバー)」、本戦である「GRANDSLAM(グランドスラム)」の3部構成に変更。

第3回大会からは海外からの実力未知数な選手を招いた「GRANDSLAM GTS(GLOBAL TRIAL SERIES)」も開始[2]。アジアの若手選手層育成も狙う。

開催履歴[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
GRANDSLAM 6 - WAY OF THE CAGE - 2017年10月29日 GENスポーツパレス 日本の旗 東京都新宿区
GRANDSLAM 5 - WAY OF THE CAGE - 2016年11月3日 ディファ有明 日本の旗 東京都江東区
GRANDSLAM 4 - WAY OF THE CAGE - 2016年3月19日
GRANDSLAM 3 - Way of the CAGE - 2015年9月12日
GRANDSLAM 2 - Way of the CAGE - 2015年2月8日
GRANDSLAM - Way of the CAGE - 2014年7月13日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【グランドスラム】元修斗世界王者・勝村が金網大会を旗揚げ”. eFight 【イーファイト】 (2014年6月5日). 2016年9月10日閲覧。
  2. ^ 決定カード 新機軸シリーズ開始!韓流戦士と若手俊英が激突!”. GRANDSLAM (2014年8月15日). 2016年9月10日閲覧。