GUILTY GEAR JUDGMENT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
GUILTY GEAR JUDGMENT
ジャンル 2D横スクロールアクション/対戦格闘
対応機種 PSP
開発元 アークシステムワークス
発売元 セガ
人数 1 - 2人
メディア UMD
発売日 2006年8月24日
2008年11月13日(廉価版)
2009年9月24日(PlayStation Store配信DL版)
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 20,254本[1]
その他 アドホック・パーティー対応
テンプレートを表示

GUILTY GEAR JUDGMENT』(ギルティギア・ジャッジメント)は、アークシステムワークスより2006年8月24日に発売されたPlayStation Portable用ゲームソフト。ジャンルは横スクロールアクション(パッケージにはベルトスクロールアクションと記載)/対戦格闘

PlayStation NetworkPlayStation Storeでもダウンロード販売されている。

概要[編集]

今作はこれまでに発売されたGUILTY GEARシリーズとは違い、対戦格闘ではなく2Dの横スクロールアクションとなっている。おなじみのGUILTY GEARシリーズのキャラクターを使って雑魚敵を倒しながら各ステージのボスを倒し最終ボスを倒すことが目的となる。また、今作には過去に発売されたPlayStation 2版『GUILTY GEAR XX / -SLASH-』の移植版が同時収録されている。

初期から使えるキャラクターはソル、カイ、メイ、ミリア、イノの5人。他は隠しキャラクターである。

ストーリー[編集]

とある辺境の孤島「イセネ」。人口は数千人のこの島にて突如人が集団で失踪した。その島に何かを感じ取ったもの達は島へ集結する。

登場キャラクター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2007』 エンターブレイン2007年、405頁。ISBN 978-4-7577-3577-4。