Gastunk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

GASTUNK(ガスタンク)は、日本のロックバンド

目次

メンバー

概略

  • 1983年に、EXECUTEを脱退したBABYによって結成、1988年に解散した、日本を代表するパンクバンド。ジャンルで区分すると、前期はハードコアパンク、後期はハードロックとなるが、ジャンルにとらわれない音楽を発表し続けた。また、ビジュアル面では、BAKIの白塗り、TATSUの華麗なステージ衣装といったように、ビジュアル系の走りでもあった。
  • 彼らの活動は、X JAPANDEAD ENDL'Arc〜en〜Ciel黒夢など、ビジュアル系のバンドに多大なる影響を及ぼした。
  • 2回に渡り再結成している。

来歴

1983年
  • 1981年に、結成されたハードコアバンド・EXECUTEを脱退したBABYによって結成。結成当時の固定メンバーはBABYのみで、他のメンバーは流動的。後に、COMESのMATSUMURAが参加。
1984年
  • DEAD COPSのTATSUが加わる。オムニバス・アルバム「HOLDUP OMNIBUS」は初期音源。
  • 11月、BABYと同じく、EXECUTEを脱退したBAKIが参加し、メンバーが固定。[1]
1985年
  • 2月、1stシングル「DEVILを発表。
  • 8月、1stアルバム「DEAD SONG」を発表。全国ツアーを敢行。NHKの特番「インディーズの襲来」で、ライブ映像が流れる(8月8日)。新宿アルタ前広場の特設ステージにて、宝島主催「キャプテン・レーベル発足記念ギグ 好きよ!!キャプテン 」(通称・アルタ前ギグ)に参加(8月18日)。この事により、GASTUNKの活躍は全国区に。
  • 12月、2ndシングルMr.GAZIME
1986年
  • 3月、3rdシングルGERONIMO
  • 5月、4thシングルTHE VANISHING SIGNS。全国ツアーHEARTFUL MELODY。ツアー参加者全員に5thシングルTO FANSを無料配布。
  • 9月、日比谷野外音楽堂INDIES FESTIVAL1986に参加。このステージを最後にMATSUMURAが脱退。
  • オーディションで、新メンバー・PAZZが加入。
  • 12月、BAKI、BABY、TATSU、それぞれのソロ・シングルTHREE SEX X’MASを発表。
1987年
  • 3月、全国ツアー「PSYCHO ENERGY EXPRESS TOUR」を敢行。
  • 6月、2ndアルバム「UNDER THE SUN」を発表する。スリーブイラストは、横尾忠則が担当し、話題となった。日比谷野外音楽堂にて行われた「INDIES FESTIVAL 1987」に参加。オーディエンスの異様な盛り上がりにより、ライブが中止寸前。この緊迫した模様は、ビデオ「INDIES FESTIVAL 1987」で確認できる。
  • 11月、2ndアルバム「UNDER THE SUN US-MIX」を発表し、海外進出。スリーブデザインは、METALLICAのスリーブを担当していたPASHEADが描いた、メルティングBAKI。
1988年
  • 2月、ライブ・ビデオ「SMASH THE WALL」を発表する。
  • 6月、3rdアルバム「MOTHER」、6thシングルCOUNTER-CLOCK WISEを発表する
  • 9月、ライブ・ビデオ「REVARATION」を発表する。
  • 11月、MZA有明にて行われた「STREET FIGHTING MAN」で、ステージ上で急遽解散を発表する。理由は、リーダーのBABYが渡米して、音楽活動をするため。ミニ・アルバムMIDNIGHT RAINを発表する。
  • 12月、7thシングル「SUNSHINE OF YOUR LOVE」を発表する。ガスタンクBOXも発売する。
  • 12月22日、渋谷公会堂にて3部構成,3時間に渡った解散ライブを行った。アンコールのジェロニモでは、元メンバーであるMATSUMURAがBAKIを肩車し、メンバー5人で有終の美を飾った。

1999年

  • 1月、X JAPANHIDEを追悼するため再結成し、東名阪九REST IN PEACEツアーを敢行。
2006年
  • 11月、LOFT30周年記念イベントに参加するため、再々結成。当日の熱気溢れるライブは「DOUBLE GIG」で見ることができる。

リリース

オリジナルシングル

  • 1st (1985年2月)
  • Mr. GAZIME (1985年12月)
  • GERONIMO (ダブルスリーブ版、1986年3月)
  • GERONIMO (シングルスリーブ版)
  • THE VANISHING SIGNS (1986年5月)
  • THE VANISHING SIGNS (再発版、1987年1月)
  • TO FANS (無料配布版、1986年7月)
  • TO FANS (市販版、1986年9月)
  • THREE SEX X'MAS (1986年12月)
  • WILD TIMES (UNDER THE SUN U.S.Mix 特典版、1987年12月)
  • WILD TIMES (市販版)
  • COUNTER-CLOCK WISE (1988年6月)
  • MIDNIGHT RAIN (1988年11月)
  • SUNSHINE OF YOUR LOVE (1988年11月)
  • DEAD SONG (ロッキンF 別冊「ストリートファイティングメン」付録)

オリジナルアルバム

  • DEAD SONG (1985年8月)
  • UNDER THE SUN (1987年6月)
  • UNDER THE SUN US-MIX (1987年12月)
  • MOTHER (1988年6月)

ビデオ

  • 代官山ワンダーランドHORROR
  • INDIES FESTIVAL 1987 LIVE
  • BURNING RIVER SIDE !
  • SMASH THE WALL
  • REVELATION
  • THE END Vol.1
  • THE END Vol.2
  • THE END
  • 日本ストリートロックの10年 Vol.2 証言で綴るインディペンデントレーベルの時代
  • VOS 増刊 ROCK FILE VIDEO Vol.3
  • VOS 6号
  • REST IN PEACE
  • GIG DVD 1987
  • DOUBLE GIGS

コンピレーションアルバム

  • GASTUNK BOX (LP、CD、TAPE、1988年12月)
  • THE END (1989/3)
  • GASTUNK BOX (再編集CD、1991年2月)
  • HEARTFUL MELODY 1983-1988
  • EARLY SINGLES
  • REST IN PEACE

コラボレーションアルバム

  • HOLDUP OMNIBUS
  • A FAREWELL TO ARMS (国内版)
  • A FAREWELL TO ARMS (ドイツ版)
  • THE INDIES SESSION 1986
  • THE INDIES LIVE SELECTION '86 TO '87
  • THE INDIES FESTIVAL 1987 LIVE
  • ROCK IS LOFT –YELLOW DISK-

トリビュートディスク

  • SKULLPING : A TRIBUTE TO GASTUNK /V. A. (vinyl)
  • SKULLPING : A TRIBUTE TO GASTUNK / V. A. (CD)

カバーディスク

  • ZORCH MONSTERS FROM FAR EAST Vol.1 / V.A.
  • アオヌマシズマ /UNDERGROUND SEARCHLIE
  • TSUKIOOKAMI /COCOBAT (vinyl)
  • TSUKIOOKAMI /COCOBAT (CD)
  • 魂~JAPANESE HEAVY METAL TRIBUTE / V. A.
  • 魂II~JAPANESE HEAVY METAL TRIBUTE / V. A.
  • ジェロニモ / 特撮
  • ヌイグルマー / 特撮
  • 初めての特撮 P.V.4+X / 特撮
  • 青春Baby / KENJI & THE TRIPS
  • あの街この街ですマーチ / デスマーチ艦隊
  • 大和魂 / GELLONIMO
  • MIDNIGHT PAIN / ASPHALT
  • ABSOLUTE SUSPICION / SOUL CRAFT
  • DEVIL / FUCK ON THE BEACH

参考文献・出典

  1. ^ DOLL No.26 (1985年3月1日発行)

今日は何の日(11月20日

もっと見る

「Gastunk」のQ&A