Girl's Age

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Girl's Age
門倉千紗都(水樹奈々シングル
初出アルバム『départ chisato×nana
A面 Girl's Age
リリース
規格 8cmCD シングル
ジャンル ゲームソング
時間
レーベル パイオニアLDC
(LPR-283)
作詞・作曲 Mariko Umoto
Satoshi Mutoh
門倉千紗都(水樹奈々) シングル 年表
-Girl's Age
(1998年)
-
テンプレートを表示

Girl's Age』(がーるず えいじ)は、水樹奈々が門倉千紗都名義で歌ったキャラクターソングの8cmシングルおよび楽曲。1998年3月20日にパイオニアLDC(現・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)から発売されたWindowsランチャーソフト『ノエル タスクランチャー 千紗都だよ!』の初回版特典として1万本限定で同梱された非売品。

概要[編集]

  • この曲が、水樹奈々が声優としてデビューして初めてレコーディングした曲で、当時18歳だった。
  • ラジオ番組水樹奈々 スマイルギャング』の第300次集会の、阪神タイガースが優勝できなかった時に行う罰ゲームにおいて、水樹奈々に内緒で流されたことがあり、ファンとしては大喜び[1]だが、水樹奈々本人はとても恥ずかしがっていた。
  • この曲の別バージョン「Girl's Age(Hey! Nana! Once more please!)」が『départ chisato×nana』に収録されている。

収録曲[編集]

  1. Girl's Age [4:59]
    作詞:Mariko Umoto / 作曲・編曲:Satoshi Mutoh
  2. Message from CHISATO
    千紗都からのメッセージ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 水樹奈々ブログ2007年12月27日のコメント”. 水樹奈々 公式サイト NANA PARTY. 2020年4月9日閲覧。