Glee

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
Glee/グリー
A black background with the word "Glee" written in white lowercase letters and centered.
Glee タイトルカード
ジャンル ミュージカル
コメディ
ドラマ
製作者 ライアン・マーフィー
ブラッド・ファルチャック
イアン・ブレナン
脚本 ライアン・マーフィー
ブラッド・ファルチャック
イアン・ブレナン
出演者 ディアナ・アグロン
クリス・コルファー
ジェサリン・ギルシグ
ジェーン・リンチ
ジェイマ・メイズ
ケヴィン・マクヘイル
リア・ミシェル
コリー・モンティス
ヘザー・モリス
マシュー・モリソン
マイク・オマリー
アンバー・ライリー
ナヤ・リヴェラ
マーク・サリング
ジェナ・アウシュコウィッツ
アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 44 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 ライアン・マーフィー
ブラッド・ファルチャック
ダンテ・ディ・ロレト
イアン・ブレナン
プロデューサー アレッキス・マリオン・ウォーダル
マイケル・ノヴィック
ケンネス・シルバースタイン
製作場所 カリフォルニア州, ロスアンゼルス市
撮影監督 クリストファー・バッファ
撮影体制 シングル・カメラ
放送時間 42–48 分
製作会社 20th Century Fox Television
Brad Falchuk Teley-Vision
Ryan Murphy Television
番組販売会社 20世紀フォックス
放送
放送局 Fox
映像 480i (SDTV)
1080i (HDTV)
放送期間 2009年5月19日 (2009-05-19) – 現在
年表
関連番組

Glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー
(コンサート映画)

Gleeプロジェクト 主役は君だ!
外部リンク
公式サイト
ライアン・マーフィーは3ヶ月間にわたってブロードウェイを視察し、マシュー・モリソン(写真)を起用した
バラエティ誌のブライアン・ロウリーはジェイマ・メイズ(写真)の配役について「道化的キャラクター陣の中にある上品な救い」と評している
自分の夢と周囲の期待との狭間で揺れるフィン役のコリー・モンティス

glee/グリー[1](原題:glee)は、20世紀フォックステレビジョンで制作されFOXで2009年に放送開始された米国のテレビドラマシリーズ。gleeとは「自分を解放し歓喜すること」また合唱部の「合唱」のことであるが、本作におけるグリー(合唱)とは、チーム一丸となり歌とダンスの芸術性を競いあうパフォーマンスを意味する。

目次

概要

NIP/TUCK マイアミ整形外科医』のライアン・マーフィー制作。オハイオ州ライマにある架空の学校、ウィリアム・マッキンリー高校の合唱部(グリークラブ)を中心に描かれる[2]、ミュージック・コメディ・ドラマである。プロのダンサーミュージシャンブロードウェイでの舞台経験などを持つ実力派のキャストたちが、60年代~90年代のスタンダードから最新のヒットソング、著名なミュージカル・ナンバーなど、毎回幅広いジャンルから名曲をカバーするパフォーマンス(ショウ・クワイアー)が見どころのひとつ。

放送開始直後から瞬く間に人気を博し、異例の早さで第3シーズンの製作が決定した。[3]サウンドトラックが3作品連続で全米アルバム・チャートの1位を記録するなど、全米で社会現象を巻き起こす大ヒットとなっている。"glee"と"geek"をかけあわせ、熱狂的なファンを "gleeks"とも呼ぶ。 主要キャストは、家族で作品のファンだというオバマ大統領から直々にホワイトハウスに招かれ歌を披露した。ワールドシリーズの始球式では国歌を斉唱している。2010年には米4大都市でのツアーを成功させた。メイシーズは、本作にインスパイアされたファッション・ラインを展開している。

業界内にもファンが多く、ジェニファー・ロペスアン・ハサウェイなどが出演を熱望している。[4][5]コールドプレイポール・マッカートニーは、作品内で曲を使って欲しいと公言している。[6][7]

日本では、2010年にFOXチャンネルでシーズン1の放送を開始。2011年にシーズン2の放送を開始している。その後2011年4月にNHK BSプレミアムでシーズン1が放送開始している。

受賞歴

テレビドラマシリーズ、ミュージカル・コメディ部門 最優秀作品賞受賞
コメディシリーズ部門 助演女優賞 (ジェーン・リンチ)、演出監督賞 (ライアン・マーフィー)、ゲスト男優賞 (ニール・パトリック・ハリス)受賞
テレビドラマシリーズ、ミュージカル・コメディ部門 最優秀作品賞、ミニシリーズ/テレビ映画部門 助演男優賞 (クリス・コルファー)、助演女優賞 (ジェーン・リンチ)受賞

物語

シーズン1

オハイオの田舎町にあるウィリアム・マッキンリー高校のグリークラブは廃部の危機を迎えていた。新任教師ウィル・シュースターは、自分が在籍していた当時の栄光を取り戻すべく、新生グリークラブ「ニュー・ディレクションズ!」の顧問となる。 各種マイノリティー揃いの部員たちは負け犬のレッテルを貼られ、校内ではいじめの対象だったが、ウィルや仲間たちと信頼を築きながら、地区大会や州大会を目指していく。

シーズン2

ニュー・ディレクションズ!のメンバー達は、相変わらず校内での人気を得られぬままだった。部員たちは新しく入部した仲間とともに、数々のトラブルを乗り越えながら、地区大会や州大会、そして全国大会の開催されるニューヨークを目指していく。

シーズン3

「卒業」をテーマにした物語になるとライアン・マーフィが公言しており、最上級生となるメンバーはマッキンリー高校からの卒業を迎える見込みである。

主な登場人物

マッキンリー校職員

スペイン語教師。学生時代に同校グリー部のスターだった経験から、新生グリークラブ「ニュー・ディレクションズ!」の顧問になる。廃部寸前だったグリー部の栄光を取り戻すのが彼の夢となる。しかしチアリーディング部の顧問スー・シルベスターからの強烈な嫌がらせや、次々にトラブルを起こす部員や同僚達に頭を悩ませ、さらには家庭問題まで勃発してしまう…。
チアリーディング部「チェリオス」の冷徹なコーチ。グリー部の復活によりチア部の予算が減らされたためグリー部を敵視し、廃部にするためにあの手この手でウィルを苦しめる。よくウィルの髪型を馬鹿にする。ウィルとエマの仲をウィルの妻テリに告げ口したり、校長への脅迫や同僚への暴行など犯罪行為も辞さない恐るべき人物だが、ふとした折りにグリー部員やウィルに対して皮肉たっぷりではあるが助言する事も。自身に及んだピンチをチャンスに変えてしまう強運の持ち主。ダウン症の姉がおり、優しい一面もある。
ウィルとスーの板挟みになって頭を抱える。予算には厳しい。スーに弱みを握られており、彼女には頭が上がらない状態であったが見事逆転し、一時は厳しい態度を取るようになった。しかし、後に再び彼女の手中におさめられた。
生徒カウンセラーで、ウィルの良き相談相手。幼少時のトラウマによる極度の潔癖症である。同僚のケン・タナカから猛アプローチを受けていたが、実は妻ある身のウィルに対して恋心を抱いている。ウィルへの想いから、何かとグリー部の事を気にかけているが、部員の相談に対してズレたアドバイスをしてしまう事もしばしば。
アメフト部のコーチ。実はアメフトが嫌い。エマに好意を寄せている。部員をグリー部との掛け持ちという形で数人取られてしまったことに加え、エマがウィルを想っているためウィルに対してあまり良い感情を抱いておらず、嫌がらせをしてしまったことも。シーズン2にて心神喪失によりマッキンリー校を去る。常にポロシャツ、短パン姿で長いパンツは1本しか持っていない。

シーズン2からの登場

  • シャノン・ビースト (Shannon Beiste) : ドット・ジョーンズ
ケン・タナカに代わってアメフト部のコーチに就任した女性教師。

「ニュー・ディレクションズ」

スターを夢見る自意識過剰な女子生徒。服装がダサい。歌の実力は誰もが認めるほどだが自尊心が異常に強く、それが原因で周りを苛立たせることもしばしばある。男性の同性愛を罪と定義する[8]ユダヤ系でありながら、代理母出産ゲイカップルの元に生まれており、実の母親が誰なのか知りたいと思っている。名前の由来は、父たちがドラマ「フレンズ」の大ファンだったため。生年月日は1994年12月18日。校内の『スター』的ランクにいるフィンに片思いをしているが、様々なアクシデントやタイミングの悪さで迷走してしまう。
アメフト部クォーターバックの人気者。ウィルに才能を見出され、男性リードとしてアメフト部員からの嫌がらせに戸惑いながらも活躍していく。生まれて間もなく父を亡くしており母子家庭。レイチェルやカートに好意を寄せられたり、恋人のクインの妊娠に当惑する。
レイチェルと共に女性リードの双璧を成す太めの黒人の女子生徒。衣装も担当。カートに好意を抱いていたが、彼がゲイと知ってからは良き友人となる。グリー部で「リード」をとらせて貰えない事に対し苛立ちを覚えており、スーの策略にはまりチア部にも入部するが…。
いつもブランド服を身にまとっているゲイのカウンターテナー。小さい頃に母親を亡くしていて父子家庭。フィンに恋している。フィンに接近するために父親とフィンの母親を引き合わせるが…。
フィンの彼女。男性の同性愛を罪と定義する[9]敬虔なカトリック信仰の家庭に育つ。チアリーディング部「チェリオス」のスター。当初は寵愛を受けていたスーの命令でグリー部を廃部に追い込むためのスパイとして潜入したが、大会を目指して奮闘するうちに仲間意識が芽生えてくる。妊娠騒動により「チェリオス」から退部処分になってしまう。現在では学校一の美少女であるが、中学時代の容姿は非常に醜く、努力によって美しくなった過去を持つ。
フィンの親友。アメフト部にも所属している。男性の同性愛を罪と定義し[10]、処女を妊娠させたら結婚しなければならない[11]という律法を信仰するユダヤ系。かなりの不良でニュー・ディレクションズ!に入る前はグリークラブの生徒をいじめていた。女性に手が早く、バイト先の人妻に手を出したりサンタナをセックスフレンドにしたりしている。クインを妊娠させたのは実はフィンではなく彼である。
子供時代の事故により脊髄を損傷し、車椅子に乗っている。ギターの名手で、かつ男性リードを務めることもある。また、車椅子で華麗なステップを踏む事もできる。
人と深く関わることを避けるため、吃音症のふりをしているアジア系の女子生徒。しばしば女性リードも務める。
コーラスダンス担当。チアリーディング部にも所属。パックのセックスフレンド。
コーラス、ダンス担当。チアリーディング部にも所属。ダンスはうまいが頭が悪いらしく、いつもおかしな発言をする。男性経験が豊富で本人曰く全校生徒制覇を目指しているらしいが、性知識はかなり危うい。
シーズン1では自分のミドルネームを時折忘れると言っていたが、ミドルネームはスーザン(Susan)であり、フルネームにその頭文字を入れるとブリトニー・スピアーズと名前が酷似するため彼女に対してコンプレックスを抱いている。
コーラス、ダンス担当。アメフト部にも所属。シーズン2にて他校へ転校した。
コーラス、ダンス担当。アメフト部にも所属。アジア系。
  • ローレン・ザイゼス (Lauren Zizes) : アシュリー・フィスク
シーズン2で、大会の数合わせのために「ニュー・ディレクションズ!」に入部した太めの女子生徒。レスリング大会で優勝したことがある。
  • サム・エヴァンス (Sam Evans) : コード・オーバーストリート
シーズン2にてマッキンリー校に転校してきた男子生徒。フィンらと同じくアメフト部とグリー部に所属する。

サブキャラクター

ウィルの妻。身勝手でヒステリックな性格。グリー部のおかげでウィルの愛情を失うのではないかと恐れるあまり、偽装妊娠を思いつく。シーズン1のラストでウィルと正式に離婚するが…。
  • キャロル・ハドソン (Carole Hudson) : ロミー・ローズモント
フィンの母親。夫を失い、長らく独身だったがカートの計らいでバートとの付き合いを始める。
カートの父親。カートが幼い頃に妻を亡くしており、現在も独身。カートのカミングアウトに戸惑いつつもそれを受け入れ、不器用ながらも理解しようと努力している。長らく独身だったがカートの計らいでキャロルとの付き合いを始める。
旧グリークラブの顧問でゲイ。男子生徒に手を出したことをレイチェルが校長に告げ口したためマッキンリー高校をクビになる。現在は医療マリファナのディーラーをしていて、マッキンリー高校の職員や生徒に販売することもある。
  • ジェイコブ・ベン・イズラエル (Jacob Ben Israel) : ジョシュ・サスマン
マッキンリー校の学校新聞編集者。レイチェルに恋しているが、彼女の使用済み下着を要求するなど突飛なアプローチばかりする。
  • デイヴ・カロフスキー (Dave Karofsky) : マックス・アドラー
マッキンリー校のアメフト部に所属している男子生徒。グリー部へのいじめの中心人物の一人であり、特にカートには辛く当たっている。実はゲイである。
  • ベッキー・ジャクソン (Becky Jackson) : ローレン・ポッター
ダウン症の女子生徒。「チェリオス」のオーディションに受かって以降、スーの秘書のような形で活動している。

シーズン2からの登場

差別と偏見を許さないダルトン・アカデミー校のグリークラブ「ウォブラーズ」のリードボーカル。ゲイを公表している数少ない人物であり、カートにとっての「最高の話し相手」。

ゲスト出演

かつてマッキンリー校グリー部のスターだった女性。ウィルがグリー部に入った理由でもある。現在は酒浸りの生活をしている。
*演じるクリスティン・チェノウェスは、ミュージカル女優。大ヒットミュージカルウィケッドのグリンダ役などに出演している人気者。
ライバル校のグリークラブ「ボーカル・アドレナリン」のリードボーカル。レイチェルと恋に落ち、彼女と一緒にいたいがためにマッキンリー校に転校してくる。
*演じるジョナサン・グロフは、ミュージカル俳優。初演キャストを演じたミュージカル春のめざめで、レイチェル役のリア・ミシェルとの共演経験がある。
「ボーカル・アドレナリン」の顧問。勝つためなら手段は選ばないと評される人物。
*演じるイディナ・メンゼルは、ミュージカル女優。大ヒットミュージカルウィケッドのエルファバ役でトニー賞主演女優賞を受賞。魔法にかけられてなどの映像作品にも出演している。
ウィルと同期の元グリー部員。現在は理事会に勤めており、カリキュラムの審査のためにウィリアム・マッキンリー校にやってくる。
*演じるニール・パトリック・ハリスは、ミュージカル俳優。アカデミー賞のオープニングパフォーマンスに抜擢されたこともある。

シーズン2からの登場

フィリピンからの留学生。歌の実力はレイチェルもソロを取られると恐れるほどだったが、スーの策略でライバル校のグリー部に引き抜かれてしまう。
歯科医。エマの彼氏として登場。
代理教師。インフルエンザにかかったウィルに代わってグリー部の顧問を務めることに。その美声はカートが直接顧問を頼むほど。
*演じるグウィネス・パルトローは、ハリウッド女優。映画恋におちたシェイクスピアの演技でアカデミー賞主演女優賞を受賞したこともある実力派。
コークランに代わる「ボーカル・アドレナリン」のコーチ。
なお、演じるシャイアン・ジャクソンは制作段階でウィル・シュースター役の一人として考えられていた。[12]

エピソード

詳細は「gleeのエピソード一覧」を参照

サウンドトラック

Glee: The Music, Volume 1

詳細は「Glee: The Music, Volume 1」を参照

Glee: The Music, Volume 2

詳細は「Glee: The Music, Volume 2」を参照

Glee: The Music, The Power of Madonna

詳細は「Glee: The Music, The Power of Madonna」を参照

Glee: The Music, Volume 3 - Showstoppers

トラック4,7,12,16,18,19はデラックス版のみに収録されている。

Glee: The Music, Volume 3 - Showstoppers
Glee Cast の サウンドトラック
リリース 2010年5月18日
時間 73:02 (デラックス版)
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース Ryan Murphy, Adam Anders
# タイトル 作詞・作曲 原曲アーティスト 時間
1. Hello, Goodbye   ジョン・レノンポール・マッカートニー ビートルズ 3:29
2. Gives You Hell   Nick Wheeler, Tyson Ritter オール・アメリカン・リジェクツ 3:27
3. Hello (feat, ジョナサン・グロフ) ライオネル・リッチー ライオネル・リッチー 3:29
4. A House Is Not A Home   バート・バカラック, Hal David ディオンヌ・ワーウィック 2:56
5. One Less Bll To Answer / A House Is Not A Home (feat, クリスティン・チェノウェス) バート・バカラック, Hal David バーブラ・ストライサンド 4:44
6. Beautiful   Linda Perry クリスティーナ・アギレラ 4:00
7. Home (feat, クリスティン・チェノウェス) Charlie Smalls Stephanie Mills ミュージカル「ウィズ」より 3:32
8. Physical (feat, オリビア・ニュートン=ジョン) Steve Kipner, Terry Shaddick オリビア・ニュートン=ジョン 3:19
9. Total Eclipse Of The Heart (feat, ジョナサン・グロフ) Jim Steinman ボニー・タイラー 4:25
10. Lady Is A Tramp   Richard Rogers, Lorenz Hart ミュージカル「青春一座」より 2:47
11. One   ボノ U2 3:58
12. Rose's Turn   Jule Styne, Stephen Sondheim ミュージカル「Gypsy: A Musical Fable」より 2:00
13. Dream On (feat, ニール・パトリック・ハリス) Steven Tyler エアロスミス 4:34
14. Safety Dance   Ivan Doroschuk Men Without Hats 3:19
15. I Dreamed A Dream (feat, イディナ・メンゼル) Alain Boublil, Herbert Kretzmer Patti LuPone 3:08
16. Loser   ベック, Carl Stephenson ベック 3:47
17. Give Up The Funk   Jerome Brailey, George Clinton, Bootsy Collins パーラメント 4:30
18. Beth   Peter Criss, Stan Penridge キッス 2:38
19. Poker Face (feat, イディナ・メンゼル) Stefani Germanotta, Nadir Khayat レディー・ガガ 3:40
20. Bad Romance   Stefani Germanotta, Nadir Khayat レディー・ガガ 4:54

Glee: The Music, Journey to Regionals

Glee: The Music, Journey to Regionals
Glee Cast の サウンドトラック
リリース 2010年6月8日
録音 2010年
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース Ryan Murphy, Adam Anders
# タイトル 作詞・作曲 原曲アーティスト 時間
1. Faithfully   Jonathan Cain ジャーニー 4:33
2. Any Way You Want It/Lovin', Touchin', Squeezin'   Steve Perry, Neal Schon / Steve Perry ジャーニー 3:07
3. Don't Stop Believin' (Regional's Version)   Jonathan Cain, Steve Perry, Neal Schon ジャーニー 3:41
4. Bohemian Rhapsody   フレディ・マーキュリー クイーン 5:56
5. To Sir, With Love   Don Black, Mark London Lulu 2:41
6. Over The Rainbow   Harold Arlen, E.Y. Harburg ジュディ・ガーランド 2:31


Glee: The Music, The Rocky Horror Glee Show

映画『ロッキー・ホラー・ショー』からの楽曲のみで構成されている。

Glee: The Music, The Rocky Horror Glee Show
Glee Cast の サウンドトラック
リリース 2010年10月19日
録音 2010年
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース Ryan Murphy, Adam Anders
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. Science Fiction Double Feature   Richard O'Brien 4:28
2. Damn It, Janet   Richard O'Brien 2:41
3. Whatever Happened to Saturday Night?   Richard O'Brien 3:04
4. Sweet Transvestite   Richard O'Brien 2:59
5. Touch a Touch a Touch a Touch Me   Richard O'Brien 2:29
6. There's a Light (Over at the Frankenstein Place)   Richard O'Brien 2:33
7. Time Warp   Richard O'Brien 3:13

Glee: The Music, Volume 4

Glee: The Music, Volume 4
Glee Cast の サウンドトラック
リリース 2010年
録音 2010年
時間 65:22
レーベル SONY MUSIC
プロデュース Ryan Murphy, Adam Anders
# タイトル 作詞・作曲 原曲アーティスト 時間
1. Empire State Of Mind   Bert Keyes/Sylvia/Al Shuckburgh/Janet Sewell/Alicia Augello-Cook/Angela Hunte/Shawn Carte Jay-Z + Alicia Keys 4:39
2. Billionaire   Phillip Lawrence/Travie McCoy/Bruno Mars/Ari Levine Travie McCoy ft. Bruno Mars 3:32
3. Me Against The Music   Britney Spears/Gary O'Brien/Thabiso Nkhereanye/P. Magnet/Madonna Ciccone/Christopher Stewart/Terius Nash ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears) feat. マドンナ(Madonna) 3:47
4. Stronger   Martin Karl Sandberg/Rami Yacoub ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears) 3:25
5. Toxic   Pontus Johan Winnberg/Christian Karlsson/Cathy Dennis/Henrik Jonback ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears) 3:26
6. The Only Exception   Hayley Williams/Josh Farro パラモア(Paramore) 4:28
7. I Want To Hold Your Hand   Paul McCartney/John Lennon The Beatles 2:38
8. One Of Us   Eric Bazilian ジョーン・オズボーン(Joan Osborne) 4:03

ダウンロード配信

2010年8月現在CD化されておらず、入手方法が配信限定のもの(☆印は、その後CD化された)。斜体文字のものは日本ではまだ配信されていないことを示す。

脚注

  1. ^ シーズン1の第4話までを収録したDVDのVol.1のみ『glee/グリー 踊る♪合唱部!?』と表記されているが、それ以降のレンタルDVD、およびDVD-BOXに関しては『glee/グリー』と表記されている。
  2. ^ Kelly, Mike (May 17, 2009). 'Glee' series set in a Lima high school has Toledo connection too. The Blade. The Toledo Times. May 19, 2009閲覧。
  3. ^ http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/3299.html
  4. ^ TVGroove.com (2010年4月27日). 「Glee」に出演したい!ジェニファー・ロペスが熱烈アプローチ. 2011年1月12日閲覧。
  5. ^ シネマトゥデイ (2011年1月5日). アン・ハサウェイとジュリー・アンドリュース、「Glee」にゲスト出演?. 2011年1月12日閲覧。
  6. ^ シネマトゥデイ (2011年1月12日). コールドプレイが謝罪!「Glee」での楽曲使用を最初は拒否!人気が出てから使用許可してゴメンネ!. 2011年1月12日閲覧。
  7. ^ ミュージック・エア (2010年8月4日). ポール・マッカートニー、米人気ミュージカルコメディー番組「Glee(グリー)」へ楽曲を提供. 2011年1月12日閲覧。
  8. ^ トーラーレビ記20章13節
  9. ^ 旧約聖書レビ記20章13節
  10. ^ トーラーレビ記20章13節
  11. ^ トーラー申命記22章27,28節
  12. ^ Advocate.com (2010年9月21日). Cheyenne Braces for Glee Premiere. 2011年5月25日閲覧。


今日は何の日(4月21日

もっと見る

「Glee」のQ&A