Global Mobility Service

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Global Mobility Service 株式会社
Global Mobility Service Inc.
種類 株式会社
略称 GMS
本社所在地 日本の旗 日本
105-0012
東京都港区芝大門一丁目12番16号
住友芝大門ビル2号館4F
設立 2013年11月25日
事業内容 Mobility × IoT × FinTech
代表者 代表取締役 社長執行役員CEO 中島徳至
資本金 1,739,000,000円
(2018年7月現在、資本準備金含む)
主要株主
関係する人物

設立株主

外部リンク www.global-mobility-service.com
特記事項:経営理念  
  • モビリティサービスの提供を通じ、多くの人を幸せにする
  • -国際社会への貢献-
  • -ステークホルダーからの信頼-
  • -未来への挑戦-
テンプレートを表示

'Global Mobility Service株式会社(略称:GMS)はMobility×IoT×FinTech企業で、誰もが車を利用できる社会と社会が車を利活用できる仕組みを提供する会社である。

ファイナンスの与信審査省略を実現するモビリティーサービスプラットフォームと車両の遠隔起動を可能にするデバイスを国内外に提供している。

概要[編集]

2013年設立のベンチャー企業。Mobility×IoT×FinTechを事業ドメインとする。

代表取締役社長は中島徳至

真面目に働く人々が正しく評価される社会、誰もがクルマを始めとするモビリティを利用できる社会を創造すべく、IoT技術を活用したFinTechサービスを国内外で提供している日本のスタートアップである。

世界にはタクシーや物流等の仕事に就業すべく、金融機関等によるローンやリースを活用して車を入手したくとも、審査に通過せず車を購入できない人々が約20億人も存在する。これら人々に対し金融サービスの活用機会を創出することで、人々が自らの意思によって生活水準を向上させることのできるきっかけを生み出し、豊かな社会を創造する事業を日本、フィリピン、カンボジア等ASEAN各国にて展開している。

独自開発のIoT技術として、あらゆるモビリティの遠隔起動制御・情報センシングを実現するIoTデバイス「MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)」、各種IoTデバイスを仮想化して受け入れデータ収集・分析・解析を可能にし、業界を横断したデータ連携を実現するOpen APIを実装した「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」がある。

沿革[編集]

  • 2014年7月10日 - 遠隔通信制御機器 (MCCS) の開発[1]
  • 2015年1月30日 - フィリピンにおける三輪商用タクシー(トライシクル)の電動化に向けた実証実験完了[2]
  • 2015年2月2日 - 自動車IoTのビジネスモデルを開発[3]
  • 2015年5月6日 - フィリピンに現地法人設立
  • 2015年6月1日 - モビリティファナンスの与信審査を不要にする遠隔制御IoTシステムの開発(これまでの金融機関の常識を変える次世代テレマティクスシステムの登場)[4]
  • 2016年1月12日 - "コネクテッドカーEXPO"に出展[5]
  • 2016年1月12日 - 最速1秒搭載・24時間センシングを実現するIoTデバイス"MCCS mini"の開発に成功[6]
  • 2016年2月26日 - 新型プリウスを対象としたテレマティクスサービスを提供しOBDポートを利用しないセンシングを実現[7]。テレマティクス事業者への製品提供を開始。
  • 2017年1月18日 - オートファイナンスの与信補強を実現するFintechサービスのトライアルパッケージを提供開始[8]
  • 2017年1月18日 - コネクテッドカーEXPOに出展。オートファイナンスの与信補強を実現するFinTechサービスを紹介[9]
  • 2017年2月2日 - 革新的なIoT端末「MCCS」を活用したローンファンド『SBISLテレマティクスローンファンド1号』運用開始[10]
  • 2017年4月20日 - 総額約7億円のシリーズB資金調達をソフトバンク住友商事デンソー等の事業会社等から実施[11]
  • 2017年6月28日 - JETRO「日ASEAN新産業創出実証事業」に採択[12]。ASEANのオートローン与信審査に通過しない人々へ車両を提供し、雇用の創出を可能にしたIoT×FinTechサービス。
  • 2017年11月13日 - 東京都港区に本社移転[13]
  • 2018年1月31日 - カンボジアに現地法人を設立[14]
  • 2018年6月8日 - 総額約11億円のシリーズC資金調達をイオンフィナンシャルサービス川崎重工業凸版印刷大日本印刷双日等の事業会社等から実施[15]

業務提携[編集]

  • 2015年2月2日 - フィリピンケソン市と電動車両の大量導入に向けた合意[16]
  • 2015年4月9日 - 富士通と協業し、フィリピンでの電動三輪タクシー普及に向けて実証開始[17]
  • 2015年4月9日 - フィリピン最大の通信キャリアグループ及び電力グループと提携しプラットフォームが完成[18]
  • 2015年8月4日 - SBIインベストメントを引き受け先として第三者割当増資を実施。国内外でモビリティーサービスプラットフォーム (MSPF) 構築に向け3億円を調達[19]
  • 2015年10月5日 - フィリピンの首都圏都市とFinTechを活用した低所得者向け車両提供サービスの大量導入に向けた覚書締結[20]
  • 2016年3月16日 - フィリピンのパサイ市と与信審査を省略した車両提供サービスの拡大に向け提携[21]
  • 2016年6月29日 - 住信SBIネット銀行とFinTech × IoTの業務提携[22]。革新的なIoT端末を活用したオートローンサービスの開発検討に着手。
  • 2016年7月27日 - アガスタとモビリティサービスプラットフォーム (MSPF) を活用し与信不要の中古車販売をアフリカ市場で展開[23]。新たなファイナンススキームの構築を目指し、協業。
  • 2016年7月28日 - 住友三井オートサービスと自動車IoT分野のサービス創出に向け業務提携[24]
  • 2016年8月22日 - フィリピン最大手の通信会社PLDT、フィリピン全土へのIoTサービス提供へ向け業務提携[25]
  • 2016年9月15日 - フィリピンの大手金融グループBPI Globe BanKO、FinTech事業の業務提携[26]
  • 2017年6月22日 - フィリピンで成長率No.1のパラニャーケ市と提携し、準公共交通機関である三輪タクシーのドライバー就業希望者に、低所得者層でも新型車両が入手可能となるFinTechサービスを提供[27]
  • 2017年7月28日 - イオンフィナンシャルサービスと画期的なオートローン創造の協業で合意[28]
  • 2017年8月3日 - フィリピンのナヴォタス市と低所得者層へ三輪タクシー車両を提供するFinTechサービス提供拡大へ向け提携[29]
  • 2017年12月14日 - バイテックグローバルエレクトロニクスと業務提携[30]
  • 2018年2月13日 - 西京銀行と業務提携[31]
  • 2018年4月19日 - フィナンシャルドゥと業務提携[32]
  • 2018年6月7日 - 双日と資本業務提携[33]
  • 2018年7月6日 - バイテックグローバルエレクトロニクスと資本業務提携[34]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電動車両の普及に不可欠な、車両通信制御ユニット (MCCU) の開発に成功 (PDF)”. Global Mobility Service (2014年7月10日). 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ フィリピンにおける三輪商用タクシー(トライシクル)の電動化に向けた実証実験完了のお知らせ”. Global Mobility Service (2015年1月30日). 2018年5月31日閲覧。
  3. ^ 自動車IoTの画期的なビジネスモデルを開発”. Global Mobility Service (2015年2月2日). 2018年5月31日閲覧。
  4. ^ “自動車ファイナンスの与信審査を不要にする遠隔制御IoTシステムの開発” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2015年6月1日), https://www.atpress.ne.jp/news/62667 2018年5月31日閲覧。 
  5. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS、“コネクティッド・カー EXPO”に出展し 独自開発IoT製品とサービスを紹介” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年1月12日), https://www.atpress.ne.jp/news/86857 2018年5月31日閲覧。 
  6. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS 最速1秒搭載・24時間センシングを実現する IoTデバイス“MCCS mini”の開発に成功” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年1月12日), https://www.atpress.ne.jp/news/86855 2018年5月31日閲覧。 
  7. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS、 新型プリウスを対象としたテレマティクスサービスを提供” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年2月26日), https://www.atpress.ne.jp/news/92462 2018年5月31日閲覧。 
  8. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS、 オートファイナンスの与信補強を実現するFinTechサービスの トライアルパッケージを提供開始” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年1月18日), https://www.atpress.ne.jp/news/119997 2018年5月31日閲覧。 
  9. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS、 コネクティッド・カーEXPOに出展 オートファイナンスの与信補強を実現する FinTechサービスを紹介” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年1月18日), https://www.atpress.ne.jp/news/120022 2018年5月31日閲覧。 
  10. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMSが開発した 革新的なIoT端末「MCCS」を活用したローンファンド 『SBISLテレマティクスローンファンド1号』運用開始のお知らせ” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年2月3日), https://www.atpress.ne.jp/news/121206 2018年5月31日閲覧。 
  11. ^ “Mobility×IoT×FinTechベンチャーのGMS 総額約7億円のシリーズB資金調達を ソフトバンク、住友商事、デンソー等の事業会社等から実施” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年4月20日), https://www.atpress.ne.jp/news/126981 2018年5月31日閲覧。 
  12. ^ “Mobility×IoT×FinTechベンチャーのGMS JETRO「日ASEAN新産業創出実証事業」に採択” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年6月28日), https://www.atpress.ne.jp/news/131912 2018年5月31日閲覧。 
  13. ^ 本社移転のお知らせ”. Global Mobility Service (2017年11月13日). 2018年5月31日閲覧。
  14. ^ IoT×FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス カンボジア王国に現地法人を設立”. Global Mobility Service (2018年1月31日). 2018年5月31日閲覧。
  15. ^ グローバルモビリティサービス、シリーズCで11億円の資金調達を完了 Mobility, IoT, FinTech業界の国内未上場ベンチャー企業で最多となる 東証一部上場事業会社10社以上が資本参加”. Global Mobility Service (2018年6月8日). 2018年7月9日閲覧。
  16. ^ 自動車IoTベンチャーのグローバルモビリティサービス、電動車両の大量導入に向けた合意をケソン市と締結”. Global Mobility Service (2015年2月2日). 2018年5月31日閲覧。
  17. ^ “Global Mobility Serviceと富士通、 フィリピンでの電動三輪タクシー普及に向けて実証開始 フィリピンの環境改善に寄与” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2015年4月9日), https://www.atpress.ne.jp/news/58945 2018年5月31日閲覧。 
  18. ^ “自動車IoTベンチャーのグローバルモビリティサービス、 フィリピン国最大の通信キャリアグループ及び電力グループと提携 〜 電気自動車普及に不可欠なプラットフォームが完成 〜” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2015年4月9日), https://www.atpress.ne.jp/news/60077 2018年5月31日閲覧。 
  19. ^ “自動車IoTのGMS、第三者割当増資を実施 〜国内外でIoTサービスプラットフォームサービスを展開するため 3億円を調達〜” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2015年8月5日), https://www.atpress.ne.jp/news/69807 2018年5月31日閲覧。 
  20. ^ “自動車IoTベンチャーのGMS、 FinTechを活用した低所得者向け車両提供サービスの 大量導入に向け、フィリピン首都圏都市と覚書を締結” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2015年10月5日), https://www.atpress.ne.jp/news/76449 2018年5月31日閲覧。 
  21. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMS 与信審査を省略した車両提供サービスの提供拡大に向け フィリピン国パサイ市と提携” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年3月16日), https://www.atpress.ne.jp/news/94912 2018年5月31日閲覧。 
  22. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMSと住信SBIネット銀行 FinTech×IoTの業務提携を締結” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年6月29日), https://www.atpress.ne.jp/news/106618 2018年5月31日閲覧。 
  23. ^ “アガスタ、GMSのIoTプラットフォームを活用し 与信不要の中古車販売をアフリカ市場で展開 -新たなファイナンススキームの構築を目指し協業-” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年7月27日), https://www.atpress.ne.jp/news/108155 2018年5月31日閲覧。 
  24. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMSと 国内大手オートリース会社である 住友三井オートサービスが、 自動車IoT分野のサービス創出に向け業務提携” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年7月28日), https://www.atpress.ne.jp/news/108345 2018年5月31日閲覧。 
  25. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMSと フィリピン国最大手通信会社のPLDT、 フィリピン国全土へのIoTサービス提供へ向け業務提携” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年8月22日), https://www.atpress.ne.jp/news/110194 2018年5月31日閲覧。 
  26. ^ “モビリティIoTベンチャーのGMSと フィリピン大手金融グループのBPI Globe BanKO、 FinTech事業の業務提携を締結” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2016年9月15日), https://www.atpress.ne.jp/news/112033 2018年5月31日閲覧。 
  27. ^ “Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS フィリピン国、成長率No.1のパラニャーケ市と提携 〜準公共交通機関である三輪タクシーの ドライバー就業希望者に、低所得者層でも新型車両が 入手可能となるFinTechサービスを提供〜” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年6月22日), https://www.atpress.ne.jp/news/131262 2018年5月31日閲覧。 
  28. ^ “世界の低所得者層の生活を豊かにする金融サービスを創造 イオンフィナンシャルサービスとグローバルモビリティサービス、 画期的なオートローン創造の協業で合意” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年7月28日), https://www.atpress.ne.jp/news/134464 2018年5月31日閲覧。 
  29. ^ “低所得者層へ三輪タクシー車両を提供するFinTechサービス 提供拡大へ向け、グローバルモビリティサービス フィリピン首都圏都市5都市目となるナボタス市と提携” (プレスリリース), Global Mobility Service, (2017年8月3日), https://www.atpress.ne.jp/news/134907 2018年5月31日閲覧。 
  30. ^ -IoT・FinTechサービスのグローバル供給体制の確立-グローバルモビリティサービスとバイテックグローバルエレクトロニクスが業務提携”. Global Mobility Service (2017年12月14日). 2018年5月31日閲覧。
  31. ^ 国内銀行で初となるFinTechを導入した新マイカーローン開始 グローバルモビリティサービスと西京銀行が業務提携 一億総活躍時代を支える地方銀行の新たな挑戦”. Global Mobility Service (2018年2月13日). 2018年5月31日閲覧。
  32. ^ グローバルモビリティサービスとフィナンシャルドゥが業務提携 IoTデバイスを活用したFinTechローンとFinTech保証サービスを提供 一億総活躍時代実現に向けた金融環境の整備が進む”. Global Mobility Service (2018年4月19日). 2018年5月31日閲覧。
  33. ^ 双日とグローバルモビリティサービス ラテンアメリカ等新興国におけるFinTechを活用した画期的なオートローン創出へ向け 資本業務提携を締結”. Global Mobility Service (2018年6月7日). 2018年7月9日閲覧。
  34. ^ バイテックグローバルエレクトロニクスとグローバルモビリティサービス ASEANエリアでのサービス供給体制の強化に向け資本業務提携を締結”. Global Mobility Service (2018年7月6日). 2018年7月9日閲覧。
  35. ^ MCCS [Mobility-Cloud Connecting System]”. 受賞対象一覧. Good Design Award. 2018年5月31日閲覧。
  36. ^ “モーニングピッチが選ぶ今年の最優秀ベンチャー”. 日経ビジネスオンライン (日経BP). (2016年12月16日). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/269655/121500014/ 2018年5月31日閲覧。 
  37. ^ 中島徳至 (2017年9月19日). 情熱をもって真面目に仕事に取り組みたい人に、車と収入、そして希望を。IoT×FinTechのチカラで社会を変える. インタビュアー:赤木麻里. 三菱UFJ銀行.. http://www.bk.mufg.jp/houjin/festa/interview04_04/ 2018年5月31日閲覧。 
  38. ^ 今井雄紀 (2017年12月12日). “【10分動画付】ピッチで自動車業界をBEYOND”. NewsPicks. https://newspicks.com/news/2641820/body/ 2018年5月31日閲覧。 
  39. ^ Sixteen High-Impact Entrepreneurs from Six Countries Join Endeavor Network at the 78th International Selection Panel in the Philippines”. Endeavor (2018年4月7日). 2018年5月31日閲覧。