Going!Sports&News

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Going!Sports&News
ジャンル スポーツニュース / 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 井田隆寛、英賀裕史
プロデューサー 紀内良彦、森俊憲他
今井田彩(CP)
出演者 上田晋也くりいむしちゅー) ほか
音声 ステレオ放送[注 1]
字幕 リアルタイム字幕放送[注 2]
オープニング OPアニメテーマ作曲:MAYUKO
スタジオOP:KAT-TUN「BRAND NEW STAGE」
エンディング スタジオOPと同じ
外部リンク 公式サイト
開始から2014年度まで
放送時間 土曜・日曜23:55 - 翌0:50(55分)
放送期間 2010年4月3日 - 2015年3月29日
2015年度から
放送時間 土曜・日曜23:55 - 翌0:55(60分)
放送期間 2015年4月4日 -
テンプレートを表示

Going!Sports&News』(ゴーイング!スポーツ・アンド・ニュース)は、日本テレビNNN)で、2010年4月3日から、毎週土曜日曜の23:55 - 翌0:55(JST、特別編成等で遅延の場合もあり)に生放送されている週末スポーツニュース番組。略称及びタイトルコールは『Going!』。

番組概要[編集]

2010年3月まで放送されていた土曜・日曜のスポーツニュースの『SUPERうるぐす』と、週末の最終ニュースの『NNNニュース』が統合され放送されている[1]。週末深夜のスポーツニュースと一般ニュースの統合は『NNNきょうの出来事 Sports&News』以来16年振りである。

上田晋也がMCを務め、前番組の『SUPERうるぐす』から引き続き、江川卓がご意見番として出演する。日曜日には野球のスペシャルサポーターとして亀梨和也も出演する。2011年4月からはご意見番として黒木知宏赤星憲広(交代で土曜日に不定期出演)が新たに加わり、これにより江川の出演は原則日曜日のみとなる。

基本的には「スポーツ」→「全国ニュース」→「ローカルニュース」→「全国の天気」→「明日または来週の予告」の順で放送されるが、重大なニュースがある場合はその限りではない。また、スポーツニュースでは前番組までは比較的トップ項目が多かった巨人戦が必ずしもトップ項目にならないことが多く、土曜日は旬の現役アスリートをゲストに迎えてのトーク企画やその他特集コーナー、日曜日は亀梨のプロ野球プロジェクトが設けられており、これらの特集がスポーツニュースに先んじて放送されることもある。また、土・日曜日を通じて、現役のアスリートから(主に上田へのメッセージを添えた)電子メールを募集。届いたメールの内容を、随時紹介している。

2011年10月9日(日)[注 3] 放送分から日本テレビ系列の全番組ステレオ放送化により、ステレオ放送を実施している。

2013年には、黒木が北海道日本ハムファイターズの一軍投手コーチに就任した関係で、1月から赤星が毎週土曜日に出演している。「耳の日」に当たる3月3日(日曜日)には、通常本番組では採用していないリアルタイム字幕放送を特別に実施した[注 4]

2014年3月29日放送分より、スタジオセット・オープニング映像・一部のコーナーを一新した。女性キャスター陣のうち、前週まで土・日曜日通じて出演していた徳島えりか(日本テレビアナウンサー)と佐藤ありさが日曜日のみの出演となり、土曜日には後藤晴菜(日本テレビアナウンサー)と岡本あずさが新たに起用された。

2015年4月4日放送分より、放送時間を5分拡大し、翌0:55までの60分番組となった。

2017年4月2日(日)[注 3]放送分より、通常放送でもリアルタイム字幕放送を実施。

特別番組編成の対応について[編集]

2016年まで、毎年8月下旬に放送される『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では、PART2(土曜「スペシャルドラマ」終了後 - 日曜1:45)の1コーナー扱いで日曜1時台(1:10 - 1:45、ニュース枠は1:38 - 1:45)に生放送されていた。これは『うるぐす』の末期同様、深夜枠の企画を行っているS1・S2スタジオにキャスター陣が出張する形式であるが、上田が深夜枠企画である『朝まで生しゃべくり007』に出演していたため、厳密には上田以外のキャスターが出張する形式になっていた。また、コーナーの順序も通常とは異なり「スポーツ」→「全国の天気」→「全国ニュース」→「ローカルニュース」の順で放送され[注 5]、ローカルニュースを差し替える地方局では明確なエンディングがなかった。2017年以降は年末年始と同様に『NNNニュース』に代替され、『Going!』は放送されなくなった。

その年のパーソナリティ及び深夜枠に出演しているタレントも一部そのまま出演しているが、2010年の放送ではメインパーソナリティのTOKIOが出演しなかった。コーナー放送中のCM前ジングルは、レギュラー放送時と異なり「サライ」だった。

ゴールデンタイムプライムタイム枠で長時間特別番組が放送された場合でも、土曜日23時台、日曜日22時台・23時台の番組は放送休止となることがめったにないため、通常より1時間近く遅れて放送を始めることもある。

国政選挙の投票日と重なる場合、『うるぐす』と同様に選挙特別番組ZERO×選挙』に内包する形で15分の短縮版として放送される。

2011年3月12日・13日放送分はいずれも通常の放送時間帯で放送があったものの、上田・亀梨・佐藤などは出演せず、CM無しで全編東日本大震災関連の報道を行った。

2013年9月7日(土曜日)・8日(日曜日)には、国際オリンピック委員会(IOC)が、2020年夏季オリンピックの開催地および同オリンピックでの追加競技を決める総会をブエノスアイレスアルゼンチン)で開催。日本国内での関心が高い開催地・追加競技の決選投票が日本時間の深夜に実施された関係で、当番組では以下の内容で特別編成を組んだ。

  • 7日のレギュラー放送後、8日未明・早朝(3:20 - 6:00)に開催地決定関連特別番組『上田晋也のGoing!特別版 2020年五輪開催地決定の瞬間』を編成[注 6]。当初の予定より放送枠を30分延長したうえで、決選投票の一部始終を生中継で伝えた[2]。結果は東京での開催が決定だった。
  • 8日のレギュラー放送では、レスリング野球ソフトボールスカッシュの3競技から、2020年東京オリンピックへの追加1競技を決定する最終投票と関係者の反応を生中継で伝えた(結果はレスリングが2020年・2024年夏季オリンピックへの追加競技に決定)。その関係で、佐藤が担当する番組後半の天気予報については、エンディング間際の約10秒間で全国の概況を伝えるだけにとどまった。なお、この日の放送は最大延長が9日1:24となっていたが、決定が早く出たため、延長されなかった。

夏季冬季オリンピックFIFAワールドカップ期間中はジャパンコンソーシアム共通の協賛スポンサー3 - 4社程度が提供する大会ハイライト番組をコーナーとして内包するため、10分延長される。

  • 2016年10月30日は、前夜の『プロ野球SMBC日本シリーズ2016 第6戦 広島東洋カープ vs 北海道日本ハムファイターズ』(MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム広島、29日18:30 - 22:38)の大幅延長ならびに『ダッグアウト』(29日22:38 - 22:59)の為、「土曜版」を2:00 - 3:00に繰り下げて放送した後、「日曜版」は通常通り放送した。すなわち、この日には未明と深夜で2回放送となった。
  • 2016年11月19日は『ラグビー日本代表戦 ウェールズ vs 日本』を23:25 - 翌1:30まで放送する為、休止。年末年始に『NNNニュース&スポーツ』を代替番組として放送したり(編成上やカレンダーの配列によっては年末年始も休止せずに『Going!Sports&News』を通常放送する場合も有る)、『24時間テレビ 愛は地球を救う』の時には15分に短縮して内包される形で放送された事は有ったが、年末年始や『24時間テレビ 愛は地球を救う』、オリンピック及びワールドカップ以外に放送休止になったのは今回が初めてである。
  • 2018年9月22日はテレビ放送開始65周年 NHK×日テレ コラボデーの一環として、総合テレビで放送中の生番組『おやすみ日本 眠いいね!』(23日0:05 - 2:32)とのコラボで眠いいね!の出演者が当番組に乗り込み出演した。

出演者[編集]

  • 2018年10月現在。
  • ○印は日本テレビアナウンサー。
MC
ベースボールスペシャルサポーター
解説
アシスタント
ニュースキャスター
お天気キャスター

過去の出演者[編集]

期間 解説 アシスタント ニュース お天気
女性 男性
土曜版 日曜版 土曜版 日曜版 土曜版 日曜版 土曜版 日曜版
2010.04.01 2011.03.27[注 7] 江川卓1 森麻季[注 8] (不在) 原聡子2 佐藤ありさ
2011.04.02 2011.12.12[注 9] 黒木知宏3
赤星憲広3
江川卓 田中毅
2011.12.17 2013.01.27 徳島えりか4[注 10]
2013.02.02 2013.05.26 赤星憲広
2013.06.01 2013.09.29 山下美穂子5
2013.10.05 2014.03.23 田中毅 上重聡
2014.03.29 2015.03.29 後藤晴菜 徳島えりか 岡本あずさ 佐藤ありさ
2015.04.04 2016.03.28[注 11] 山本紘之 大川藍 松井愛莉
2016.04.03[注 12] 2016.05.29 伊藤萌々香 古畑星夏
2016.06.04 2017.03.27[注 11] 杉野真実6・7
2017.04.02[注 12] 2017.07.02 後藤晴菜 梅澤廉 大石絵理 水上京香
2017.07.08 2017.10.02[注 13] 後藤晴菜 佐藤梨那
2017.10.08[注 14] 2018.03.26[注 11] 山本紘之
2018.03.31 2018.09.30 水谷果穂 トラウデン直美9
2018.10.06 現在 弘竜太郎8 山本紘之8
  • 上田・亀梨は番組開始当初からポジションの変更がない為、ここでは記載しない。
  • アシスタントとニュースは原以外は全員日本テレビアナウンサー(出演当時の者を含む)。
  • 1 「SUPERうるぐす」から続投。
  • 2 2010年7月から「真相報道 バンキシャ!」ニュースコーナーを兼務。
  • 3 隔週に出演。
  • 4 森の結婚・退社に伴う。2012年7月から2013年3月まで金曜版の「NEWS ZERO」を兼務。
  • 5 2013年4月から2016年5月までは「news every.サタデー」を兼務。
  • 6 2016年6月から2018年9月までは金曜版の「NEWS ZERO」[注 15]を兼務。
  • 7 2018年10月から土曜夕方の「news every.サタデー」を兼務。
  • 8 2018年10月1日から山本紘之、弘竜太郎は、スポーツキャスターで「NEWS ZERO」[注 16]を兼務。
  • 9 水谷が足の手術で欠席[3]のため、2018年9月~10月トラウデンが土曜版も兼任。

ネット局[編集]

前番組である『SUPERうるぐす』と『NNNニュース』同様、クロスネット局を含め全国ネットで放送される。

『Going!Sports&News』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
制作局
日本テレビ系列 土曜・日曜
23:55 - 翌0:55
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
秋田県 秋田放送(ABS)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)[注 17]
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)[注 18]
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK)[注 19] フジテレビ系列/日本テレビ系列/テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列

使用曲[編集]

テーマ曲
  • KAT-TUNGoing!」(2010年4月3日 - 2010年9月26日) - 曲名は当番組に由来している。
  • KAT-TUN「CHANGE UR WORLD」(2010年10月2日 - 2011年3月27日)
  • KAT-TUN「DIAMOND」(2011年4月2日 - 2012年3月24日)
  • KAT-TUN「SPIRIT」(2012年3月25日 - 2013年3月23日)
  • KAT-TUN「DRAMATIC」(2013年3月24日 - 2014年3月23日)
  • KAT-TUN「Believe In Myself」(2014年3月29日 - 2015年3月22日)
  • KAT-TUN「熱くなれ」(2015年3月28日 - 2016年3月20日)
  • KAT-TUN 「BRAND NEW STAGE」(2016年3月26日 - 2017年3月26日)
  • 亀梨和也Wonderful World」(2017年4月1日 - 2018年3月25日)
  • KAT-TUN「FUNtastic」(2018年3月31日 - 現在)
OPアニメテーマ、ヘッドラインBGM、Qショット
オープニングのスキャットやタイトルコールも担当[5]。また、当番組と同時期に開始された『news every.』のテーマ曲も担当。
お天気コーナーBGM
好珍プレーBGM
「初期飛行」(『銀河機攻隊 マジェスティックプリンスOSTより。作曲:渡辺俊幸)- 好プレー時に使用

関連番組[編集]

定期的に放送されている『Going!野球』のほか、『Going!ボクシング』など各界のアスリートに長期密着した『Going!特別版』が土曜・日曜の午後を中心に日本テレビほか一部地域で不定期に放送されている。

『上田晋也×亀梨和也のGoing!野球』[編集]

日本プロ野球シーズン期間中に月に1回のペースで土曜日10:30 - 11:25(JST)に日本テレビほか一部地域で放送されていた。「プロ野球の裏側が分かる」をモットーに様々な取材や企画を行う。初回は本放送開始前の2010年3月27日に生放送された。

『ツイセキGoing!』[編集]

2015年4月より月1回のペースで土曜日10:30 - 11:25(JST)に日本テレビほか一部地域で放送されていた、前年まで同枠で放送された『Going!野球』の後継企画。「今スポーツ界で気になるニュースを追跡し、その真相を探る」をテーマに様々な取材を行う。取材対象は日本プロ野球が中心(巨人阪神に関する話題が比較的多い)だが、プロボクシングやラグビーなどその他スポーツも取り上げられている。『Going!野球』時とは異なり、スタジオ部分は無く全編VTRで構成されている。

『上田晋也の日本メダル話』[編集]

2016年1月9日(8日深夜)から2017年4月1日までは毎週土曜日1:30 - 1:45(JST、金曜日深夜)の15分、同年4月5日から2018年3月28日までは毎週水曜日1:29 - 1:59(JST、火曜日深夜)の30分番組。同年4月8日からは毎週日曜日17:00 - 17:25に移動。日本の若きアスリートたちを紹介する。スタッフとMC陣(上田・徳島えりか→山本紘之)がGoing!とほぼ共通している。関東ローカルだが、穴埋め番組として単発放送した系列局もある。2018年4月8日よりテレビ岩手でも同時ネットを開始した。

『亀梨和也のスポーツ全力応援 好キニナル』[編集]

2016年3月20日より月1回のペースで土・日曜の午後[注 20] に日本テレビローカル[注 21] で放送されている『ツイセキGoing!』の後継企画。MCである亀梨和也が「スポーツにゆかりのないゲストや視聴者にスポーツ好きになるポイントを紹介し、スポーツ好きにする」をテーマに様々なスポーツ(日本プロ野球、ラグビーが比較的多い)への取材やVTR企画を行う。『ツイセキ!』時に廃止されたスタジオ部分が復活し、MCの亀梨と鈴江奈々(日本テレビアナウンサー)、スポーツ好き男性ゲスト、女性ゲスト1名が出演。基本的には事前収録だが、2016年9月11日は、プロ野球「巨人×広島」が開催されている東京ドームの中継ブースから[注 22]、同年10月29日は日本テレビマイスタジオからそれぞれ生放送を行った。

スタッフ[編集]

『Going!Sports&News』[編集]

  • ナレーション:松本考平鈴木麻里子(土)、須藤祐実(土)、山口由里子(土)、三石琴乃(日)
  • 構成:はっしー橋本(土)、桝本壮志(日)/ 鈴木浩介、橋本大介(土・日)
  • TM:木村博靖
  • SW:米田博之、村松明、渡辺滋雄、村上和正、津野祐一、高田憲一、荻野高康、松嶋賢一
  • 美術:高津光一郎、大住啓介
  • 画面表示:桾澤勇(土)、坂口剛謙(日)
  • 技術協力:NiTRO
  • 美術協力:日テレアート
  • CG:キャニットG
  • 音効:高崎正広、大石幹夫
  • TK:石島加奈子、林恵潤佳(2人共→曜日担当を交換、現在は1曜日につき1人担当)
  • デスク:増田泰洋(以前は総合演出►土曜担当D►プロデューサー►土曜►日曜担当デスク)、小田切織枝(小田切→以前は日曜担当)、山﨑香(山﨑→以前は土・日担当►土曜担当、※)、矢羽々美紗子(土)、石橋佳之、岡本佳子、浅岡杏子(浅岡→以前は土曜担当)、佐藤美希(以前は土・日曜担当)、檜山黄菜(日)(※→土・日曜担当の回あり)
  • 制作協力:AX-ONPassion、TANQinc、myplan、これから、柳家
  • ディレクター:新山潤(以前は土曜→日曜担当)、和田良樹、秋山雅美(秋山→以前は土►日曜担当►一時離脱)、内田誠司、照井祐介、寺嶋重人(寺嶋→以前は土曜デスク)、松田咲菜、渋谷航平、三五達也、菅原大輝(照井・菅原→以前は土曜担当►一時離脱)、佐々木亮(土)、林真央(林→以前は土・日►土曜担当►一時離脱►土曜担当)、輿石孝宏、西山健太郎、石垣一真 (松田・石垣→以前は土►日曜担当)、南亮輔、富田誠(富田→以前は土曜担当►一時離脱►土曜担当)、溝口透(達)麻(輿石・西山・南・溝口→以前は日曜担当►土曜担当)、蛯名涼、八木沼亮一、黒田一徹、夛田雅人、穴井仁(夛田・穴井→以前は土曜担当)、朏拳矢(朏→以前は日曜担当►土曜担当)、藤原健太郎、山本美於璃(日)、鈴木孝志、佐藤真吾(和田・佐藤→以前は日►土►日曜担当)、中川雄大、髙橋靖、栁舘俊 (栁舘→以前は日曜担当►一時離脱)、伊田孝(伊田→以前は日►土►日曜担当►一時離脱)、長谷川裕(長谷川→以前は土・日曜担当►一時離脱)、ステンビス園和、吉田奈央 (渋谷・中川・吉田→以前は日曜担当)、松澤唯、伊藤祐輔、禅院健裕、武内大輔(武内→以前は土・日曜担当)(土・日のどちらか1曜日担当)、石川明洋、荒井健一 (土・日)
  • 報道プロデューサー:小林整司(以前は報道デスク)
  • 報道デスク:松田順
  • チーフディレクター:齋籐敬太(以前は土曜担当ディレクター)、岐部広和(以前は日曜担当►一時離脱►日曜担当►一時離脱)、遠藤寿寛(以前は土►日曜担当D►一時離脱►土・日のどちらか1曜日担当D)
  • 演出:井田隆寛(以前は演出►チーフディレクター)、英賀裕史(以前は土曜担当▶一時離脱▶チーフD▶一時離脱▶チーフD)
  • プロデューサー:紀内良彦、森俊憲(森→以前もプロデューサー►一時離脱)、橋場アリソン、岡本雄樹(岡本→2018年10月6日-)、吉村真人(以前は演出►チーフディレクター)、栄永英幸、藤田飛鳥(藤田→以前は日曜担当ディレクター)、柳喜祥
  • チーフプロデューサー:今井田彩(2018年6月2日-)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:小松由佳(土)、皆口裕子(日)
  • 構成:村上知行、乙川恒樹、江戸川ダビ夫(土・日)
  • TM:小椋敏宏、石塚功
  • 美術:大竹潤一郎
  • 画面表示:中村桂子
  • デスク:生田目瑞穂、小林亜也(小林→以前は土・日担当►土)、柴田彰子、梶村紗代子(梶村→土)、藤木一葉(※)、高松紀子、谷口圭路(谷口→以前は土・日曜担当)、石﨑かな(以前は、土曜担当、※)、星野朋子、片山佑里、福田真司、三浦久利夫(日)(※→土・日曜担当の回あり)
  • 報道プロデューサー:小倉宏、反町礼、坂巻航
  • 報道デスク:近藤祐行、中丸由子
  • アシスタントプロデューサー:山本亜希子、山下美穂子(山下→2016年5月まではアナウンサーで当番組ニュースコーナー担当→2016年9月までAP)
  • ディレクター:島本雅彦、石川亮、塚崎寿、半田悠、米田哲、中島朋彦、菊池彩、森石丈浩(森石→以前は土・日担当►一時離脱)、田中賢志郎、西條春奈(田中・西條→以前は日曜担当)、山村祐介、小野雄大、小林恭寛(土)、安部尚人、藤島幸輔、津曲慶彦、平井知元、伊村幸多朗(伊村→以前は土曜担当)、山浦章美、篠田貴之(篠田→以前は土・日担当)、野村征司、久本瞳(久本→以前は土曜担当)、野中敬義(野中→以前は土曜担当►一時離脱)、長谷川貴大、鈴木政彦、古澤隼人(古澤→以前は土曜担当)、髙橋岳治(髙橋→以前は土・日曜担当)、太田律子(太田→以前は日曜担当►土曜担当)、間瀬雄亮、石丸貴寛、増永光希(増永→以前は土曜担当)(日)、松本和将(松本→以前は日►土曜担当)、遠山秀太郎(遠山→以前は土曜担当►一時離脱)、上本一(上本→以前は土曜担当)、鹿取真央(鹿取→以前は土曜担当►一時離脱)、石原(澤)大士(石原→以前は日曜担当)、渡邊幹(渡邊→以前は土曜担当)、福沢英之(福沢→以前は日曜担当►一時離脱)、駒谷大輔(駒谷→以前は日曜担当)、三浦光平(三浦→以前は日►土►日►土曜担当)、伊崎晃人、山内章那(伊崎・山内→以前は日曜担当)、藤野一樹(藤野→以前は演出►一時離脱)、小森敬士(小森→以前は日曜担当)、神尾友紀(神尾→以前は日曜担当►一時離脱)、真木健一郎、石塚友祐、関野政昭(土・日のどちらか1曜日担当)、髙橋彩、高原栄富、福田理人、塚部千晴(土・日)
  • チーフディレクター:田中俊光(以前は土曜担当)、浜本勇士(以前は土曜担当ディレクター)
  • 演出:吉無田剛、水上啓、塩出正樹、長岡新、柳沢英俊
  • 総合演出:大路禎久、津郷大吾
  • 制作統括:渡瀬慶吾
  • プロデューサー:岩崎泰治、伊東修、西川宏一(西川→以前は、AP)、萬屋智成、橋本敦、荻野陽介(荻野→2017年12月2日 - 2018年9月末)/高野大介、齋藤久美子、髙野子賢一、佐々木聡史、五十嵐貢、石井博
  • チーフクリエイター:安澤一成
  • チーフプロデューサー:実成俊也、長尾泰希、大山昌作、松原正典、木戸弘士(木戸→以前はプロデューサー►一時離脱►復帰)

『上田晋也の日本メダル話』[編集]

  • 企画・総合演出:柳沢英俊(2018年5月27日までは演出兼務)
  • 構成:橋本大介、鈴木浩介
  • TM:木村博靖
  • SW:松嶋賢一、鎌倉和由(週替り)
  • CAM:髙木亮、高野信彦(週替り)
  • 音声:大島康彦
  • VE:八木一夫、矢田部昭(週替り)
  • 照明:山内圭、大矢晃(週替り)
  • 技術協力:NiTRO
  • CG:キャニットG
  • 美術協力:日テレアート
  • 美術プロデューサー:高津光一郎
  • デザイン:熊崎真知子
  • 装置:田村佳久
  • 電飾:中西麻美
  • 花飾:赤城之恵
  • メイク:髙江洲結子
  • 編集:丸山由典、西垣安武、鬼塚敦、林田唯、茶木萌子(週替り)
  • 音効:高取謙
  • MA:久米川広成、浜口崇(週替り)
  • TK:石島加奈子
  • リサーチ:中原祐
  • デスク:御手洗万姫
  • AD:可知学、石澤弘希、増田拓夢、西海あかね(週替り)、武田恭平(毎週)
  • AP:齋藤久美子、金子香
  • ディレクター:飯島玄太郎、房安貢生、江口翔子、石川雅英、池田修大、飯田亮太、山田圭佑(週替り)
  • CD/ディレクター:舩津翔(不定、回によって担当が異なる)
  • CD:石川直志
  • 演出:飯塚淳一、中澤俊幸(週替り)
  • プロデューサー:荻野陽介、紀内良彦、栄永英幸、村田聡子、二瓶剛、仲田竜馬(仲田→以前はAP)
  • チーフプロデューサー:今井田彩(2018年6月3日-)
  • 制作協力:Passion、ZIPPY
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ[編集]

  • 花飾:原京子
  • メイク:小室あい
  • 編成:原司
  • ディレクター:酒井健人
  • チーフプロデューサー:松原正典、木戸弘士

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年10月8日より実施。それまでは『24時間テレビ』放送時を除きモノラル放送(モノステレオ放送)を実施。
  2. ^ レギュラー実施以前は2013年3月3日放送分・『24時間テレビ』放送時にも実施している。
  3. ^ a b 改編期のため、この週は土曜版・日曜版が日曜・月曜になってから放送となっている。
  4. ^ 日本テレビ系列では、当日の午前中にも、通常リアルタイム字幕放送を採用していない生放送番組の『シューイチ』で特別に実施した。
  5. ^ 2009年度以前は『NNNニュース』を単独番組としたため、その名残と考えられる
  6. ^ NNS非加盟のテレビ宮崎のみ非ネットだった。
  7. ^ 前夜の『土曜ドラマ』枠が枠拡大となったことで、前夜に本番組の放送がなかったため、未明・深夜の2回放送となった。
  8. ^ 降板翌週となる2011年12月17日の放送では、結婚披露宴の報告のためにVTR出演した。
  9. ^ 前夜のサッカー中継のため、延長の有無に関係なく、月曜になってからの放送となった。
  10. ^ 着任前週となる2011年12月12日の放送では、番組の終盤に出演して挨拶をした。
  11. ^ a b c 前夜の『おしゃれイズム』が1時間SPのため、月曜になってからの放送となった。
  12. ^ a b この週は改編期であり、土曜に『有吉反省会』90分SP(日曜になってからの放送となった30分遅れの通常放送とは別枠。)および日曜に『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦』を放送したため、本番組は日曜・月曜の未明に放送した。
  13. ^ この日は前夜に『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦』を放送したため、本番組は月曜になってから放送した。
  14. ^ この週は改編期であり、土曜に『ニノさん』90分SPおよび日曜に『行列のできる法律相談所』2時間SPを放送したため、本番組は日曜・月曜の未明に放送した。
  15. ^ 杉野は2015年10月から出演。
  16. ^ 担当曜日:山本は月曜 ‐ 水曜、弘は木曜・金曜
  17. ^ 局側で「協力・北國新聞」のテロップが挿入される。
  18. ^ 2016年8月14日は、TBS制作『リオデジャネイロオリンピック 女子フルマラソン』を同時ネットしたため、同日放送分は8月15日2:32 - 3:42に時差ネット。
  19. ^ フジテレビ系列番組の拡大等により、土曜日に限り時差放送・休止する場合がある。毎年7月末の『FNS27時間テレビ』を放送する場合は、当番組をネットせず、『すぽると!』→『HERO'S』→『S-PARK』の特別版を放送する。
  20. ^ 曜日・時間は不定だが、基本的には日曜日の14時台が多い
  21. ^ 2016年10月29日は広島テレビも臨時ネット
  22. ^ 亀梨・鈴江・当日の女性ゲスト吉田沙保里は後続番組であるプロ野球中継「巨人×広島」にも副音声出演者として引き続き出演。

出典[編集]

  1. ^ 日本テレビ:「おもいッきり」に終止符 くりいむ上田がスポーツ・ニュース番組司会 毎日新聞
  2. ^ 日本テレビ週間番組表 2013年9月8日(日) 3:20 - 6:00 2013年9月8日閲覧。
  3. ^ “水谷果穂、足の手術で一時停止へ「どうか心配なさらずに」”. ミュージックヴォイス. (2018年9月3日). https://www.musicvoice.jp/news/201809030102192/ 2018年10月6日閲覧。 
  4. ^ mayuko's works 2010
  5. ^ profile
日本テレビおよびNNN系列 週末最終版のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
Going!Sports&News
-----
日本テレビ系列 週末のスポーツニュース
Going!Sports&News
-----
日本テレビ系列 土曜・日曜23:55 - 翌0:50枠
SUPERうるぐす
※23:55 - 翌0:35
NNNニュース
翌0:35 - 0:50
Going!Sports&News
Going!Sports&News
※23:55 -翌0:55
【5分拡大】
日本テレビ 土曜23:55 - 翌0:55枠
Going!Sports&News
※23:55 -翌0:50
【5分拡大】
お兄ちゃん、ガチャ
【ここまでドラマ枠】
翌0:50 - 1:20
Going!Sports&News
-----
日本テレビ系列 日曜23:55 - 翌0:55枠
Going!Sports&News
※23:55 -翌0:50
【5分拡大】
NNNドキュメント
翌0:50 - 1:20
【5分繰り下げて継続】
Going!Sports&News
-----
日本テレビ 毎月末土曜日10:30 - 11:25枠
前番組 番組名 次番組
上田晋也×亀梨和也のGoing!野球
-----