Gpg4win

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Gpg4win
開発元 The Gpg4win Initiative
最新版 3.0.3 (GnuPG 2.2.4 同梱) - 2018年1月12日(2年前) (2018-01-12[1][±]
最新評価版 3.0.0-beta307(GnuPG 2.2.1-beta9 同梱) - 2017年9月14日(2年前) (2017-09-14[2][±]
リポジトリ git.gnupg.org/gpg4win.git
対応OS Windows
種別 暗号化ソフトウェア
ライセンス GNU GPLおよび他のフリーソフトウェアライセンス
公式サイト www.gpg4win.org
テンプレートを表示

Gpg4winは、公開鍵暗号に基づく電子メールファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している[3][4]。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。

Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。

ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。

Gpg4winに同梱されているコンポーネント[編集]

  • ソフトウェア
    • GnuPG: Gpg4winの中核であり、暗号化・署名を受け持つツール
    • Kleopatra: OpenPGPとX.509 (S/MIME)のための証明書マネージャ (KDE) と、暗号化に関する共通のダイアログ
    • GPA: OpenPGPとX.509 (S/MIME)のためのもう一つの証明書マネージャ (GNU)
    • GpgOL: Microsoft Outlook 2003、2007向けのプラグイン(電子メールの暗号化・署名)
    • GpgEX: Windows Explorer向けのプラグイン(ファイルの暗号化・署名)
  • ドキュメント
    • Gpg4win Compendium: Gpg4winに関するドキュメント(ドイツ語および英語)

脚注[編集]

  1. ^ [Gpg4win-announce] Gpg4win 3.0.3 released”. Andre Heinecke (2018年1月12日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ Download directory for Gpg4win betas” (2017年9月14日). 2017年9月15日閲覧。
  3. ^ Gpg4win – Sichere E-Mail- und Datei-Verschlüsselung” (ドイツ語). Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik. 2013年6月1日閲覧。
  4. ^ About Gpg4win” (英語). The Gpg4win Initiative. 2013年6月1日閲覧。

関連項目[編集]