Graphics Environment Manager

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OpenGEM5の画面

Graphics Environment Manager (GEM) とは、デジタルリサーチが開発したCP/MおよびDR DOS用のGUI環境である。

特徴[編集]

CP/MやDR DOS上で動作するGUIで、例えるならMS-DOS初期のWindowsの関係に相当する。見た目はMac OSを意識して作られたと言われており似ている。

現状[編集]

後にGEMの無償版が登場し、FreeGEMOpenGEMなどが存在する。 これらは現在も入手可能である。

OpenGEM[編集]

OpenGEMは、DOSのための、非マルチタスキングの16ビットのGUIである。これはFreeGEMの配布物を拡張したものであり、オリジナルのGEMの機能を含んでいる。また、OpenGEMは、簡単にインストール、使用できるGUIシステムとウィンドウのフレームワークをFreeDOSに提供することを意図している。

GEMのソースコードを所有していたCaldera Thin Clientsは、1999年4月にGEMのソースコードをGNU GPLのもとでリリースした[1]。Open GEMはFreeGEMの開発者チームと協力してShane Martin Coughlanによって、GPLに従うフリーソフトウェアとして開発された。OpenGEMのバージョン3から6まではSourceForgeとFreeDOSのウェブサイトでホストされている。

OpenGEMは2008年から活発な開発はなされていないが、これは機能を完備し、将来のサードパーティによる開発と拡張のためのSDKを含む基本的なGUIを持っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Caldera releases GEM under the GPL”. Deltasoft - GEM News (1999年4月). 2016年11月7日閲覧。 “Caldera Thin Clients, Inc. released the source code for GEM and ViewMAX under the GNU Public License in mid April, following years of speculation over GEM's future. Caldera bought the GEM sources from Novell along with the DR-DOS in 1996, at the time noting that they may develop GEM into a platform for mobile computers and thin clients. However, these plans were dropped, and GEM was instead released into the open-source community.”