Great Pleasure

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Great Pleasure
Tamaスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
プロデュース 田村充義
チャート最高順位
Tama 年表
Great Pleasure
(2005年)
Natural Born
(2007年)
テンプレートを表示

Great Pleasureは、元ポルノグラフィティのベーシスト、Tamaのソロデビューアルバム。

2005年12月21日にリリースされた。

概要[編集]

  • 2004年7月にポルノグラフィティを脱退したTamaのソロデビューアルバム。
  • 新型ミクスチャーインストアルバムというジャンルで、インスト曲が大半である。
  • Tamaはトランペットベースギターコーラスを担当した(一部のキーボードも)。
  • 脱退直後から、ストイックなまでに製作されてきた楽曲全てが収録されている。
  • 本来はベースを使い分ける予定だったが、「しっくり来た」ので全楽曲を1本のベースで収録した。
  • 歌詞カードにはライナーノーツが記されている。
  • 初回限定盤にはPVと特典映像が収録されたDVD付属。

収録曲[編集]

  1. Break it Now feat.E.P.E
    • ソロデビューの記念すべき1曲目。
    • E.P.EとはSOUL'd OUTのDiggy-MO'とBro.Hiによるグループ、Emcees Premium Extra。
    • 歌詞は作者の意図により非公開となっている。
  2. Drift
  3. (Everywhere)ウィーゴー!!!
  4. Fuzz Butterfly feat.azumi
    • Tama初の女性歌手とのコラボ曲。wyolicaのヴォーカル、azumiが参加している。
  5. our Sin
    • 「解放・懺悔のイメージ」と語っている。
  6. Macaroni(wes)
    • 「マカロニウェスタンっぽいね。」という一言でタイトルが決まった。
  7. Smoky
  8. Cannonball train
  9. Desert Moon
  10. 3rd クライシス
  11. Break it Now(Melody Track)
    • 1曲目のインストバージョン。
  12. Fuzz Butterfly(Melody Track)
    • ソロが決定してから最初にできた曲。デ・キリコの世界がイメージとなった。

作詞:Tama,Emcees Premium Extra(#1)、Tama(#2-3,#5-6)、azumi(#4,#12)、Tama Diggy-MO'&Bro.Hi(#11)
作曲:Tama(#1-12)
編曲:井上ヨシマサ(#1-3,5-7,11)、福富幸宏(#4,8-10,12)