guitarium

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
guitarium
miwaスタジオ・アルバム
リリース 2012年3月14日
ジャンル J-POP
時間 67分23秒
レーベル Sony Records
プロデュース Naoki-T(#1,2,4,5,6,9,10,12,13)
松浦晃久(#3,7,8)
L.O.E(#11,14)
チャート最高順位
ゴールド等認定
miwa 年表
guitarissimo
2011年
guitarium
(2012年)
Delight
2013年
guitarium収録のシングル
  1. 441
    リリース: 2011年6月29日
  2. FRiDAY-MA-MAGiC
    リリース: 2011年9月21日
  3. 片想い
    リリース: 2012年2月1日
テンプレートを表示

guitarium』(ギタリウム)は、miwaの2枚目のオリジナルアルバム2012年3月14日Sony Recordsから発売された。

概要[編集]

前作『guitarissimo』から約11か月ぶりのアルバムで、「441」から「片想い」までのシングルA面曲にカップリング曲を含めた全14曲を収録している。

初回生産限定盤には2011年12月24日にZepp Tokyoで開催したライブから約30分の映像を収録したDVD『selections from miwa -39live- "miwanissimo"』とカラー28ページのブックレットが付属しており、ライブツアー『miwa concert tour 2012 "guitarium"』のチケット先行予約チラシが封入されている。

タイトルは「ギター(guitar)」と「水族館(aquarium)」を組み合わせた造語で、水族館の魚のようにさまざまなテイストの楽曲が収録されているという意味を込めて付けられた。

2012年3月26日付オリコン週間アルバムチャートで初登場3位を記録し、2作連続のトップ3入りとなった[2]。また、ビルボードのアルバムチャートでは前作に続き週間ランキング初登場1位を獲得している。

2枚目なので少し外れてもいいから、より一層幅を広げようと思い、今までにないサウンドもとりいれたという[3]

収録曲[編集]

CD[編集]

初回生産限定盤・通常盤

  1. いくつになっても(4:35)
    映画『桜蘭高校ホスト部』主題歌。
    ドラマ版の主題歌「FRiDAY-MA-MAGiC」のアンサーソングで[4]、映画の映像を使用したショートバージョンのPVが制作されている。
    スカとロックとパンクの融合した遊び心のある曲にしたという[3]
  2. 441(4:06)
    6thシングル。
  3. ふたりのサタディ(4:35)
    フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング(2011年10月1日 - 2012年3月31日)。
    2011年11月16日から着うたフルなどで先行配信されていた。
  4. 片想い(5:48)
    8thシングル。
  5. again×again(4:31)
    奈良テレビ放送高校野球奈良県大会中継』2013年度オープニング・テーマ。
    chAngE」を超えるエレキロックをやりたくて書いた曲[3]
  6. Jexxxa(4:32)
    読み方は「ジェシカ」。
    初めてサポートメンバーとレコーディングした楽曲。
  7. またね(5:48)
  8. コットンの季節(4:28)
    COTTON USAイメージソング。
  9. Chasing hearts(4:36)
    6thシングル「441」のカップリング曲。
  10. メリーゴーランド(5:17)
  11. クレアデルネ(4:26)
    8thシングル「片想い」のカップリング曲。
  12. Take@chance(4:30)
  13. FRiDAY-MA-MAGiC(4:22)
    7thシングル。
  14. 始まりは終わりじゃない <endless version>(5:49)
    7thシングルのカップリング曲「始まりは終わりじゃない」のアルバムバージョン。

DVD[編集]

初回生産限定盤

  1. selections from miwa -39live- "miwanissimo"

出典[編集]

  1. ^ 2013年3月度 認定作品”. 日本レコード協会. 2013年4月11日閲覧。
  2. ^ ORICON STYLE (2012年3月22日). “miwa、2ndアルバムが2作連続のTOP3入り”. 2012年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c 『ロッキング・オン・ジャパン』2012年3月号、miwa p206
  4. ^ FRiDAY-MA-MAGiC』が生活に疲れたOLの歌であったのに対して、こちらは疲れた女性たちがお互いに励まし合う姿を描いている。

関連項目[編集]