H&K G36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
H&K G36
Gewehr G36.jpg
H&K G36(バイポッド付)
H&K G36
種類 小銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 H&K
年代 1990年-
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 480mm(G36, G36V, MG36, MG36E)
318mm(G36K, G36KV)
228mm(G36C)
ライフリング 6条右転、1:7インチ
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ロータリーボルト
全長 999mm(ストック展開時)
758mm(ストック収納時)(G36, G36V, MG36, MG36E)
860mm(ストック展開時)
615mm(ストック収納時)(G36K, G36KV)
720mm(ストック展開時)
500mm(ストック収納時)(G36C)
重量 3,630g(MG36)
3,500g(MG36E)
3,330g(G36V)
3,300g(G36K)
3,000g(G36KV)
2,820g(G36C)
発射速度 750発/分
銃口初速 920m/秒(G36, G36V, MG36, MG36E)
850m/秒(G36K, G36KV)
有効射程 800m
200-600m(サイト無し)
歴史 
設計年 1990-1995年
製造期間 1996年-
配備期間 1997年-
配備先 ドイツ連邦軍
関連戦争・紛争 コソボ紛争
アフガニスタン紛争 (2001年-)
イラク戦争
テンプレートを表示

H&K G36は、ドイツH&K社が製造したアサルトライフルである。1996年ドイツ連邦軍に採用された。社内での名称はHK50

開発経緯[編集]

1970年代ドイツ連邦軍H&K G3の後継に関する要求[注釈 1]を出し、H&K社は独創的な機構を組み込んだH&K G11の開発に着手する。しかし、問題が多く開発が難航し、1990年ドイツ再統一に伴い計画自体がキャンセルされた。さらに、小銃弾の規格が7.62x51mm NATO弾から5.56x45mm NATO弾に移行していたため、それに合わせた新型アサルトライフルの開発が急務となった[1]。このため、H&K社はG11の失敗を踏まえ、オーソドックスな技術を用いて[2]、G3を元に試作したライフル、HK36をベースにプロトタイプとなるHK50を設計した。これが、ドイツ連邦軍のトライアルにてステアーAUGを下し採用され、G36という制式名を与えられた。

特徴[編集]

G36でジャングルスタイルを行うドイツ連邦軍下士官(手前)、半透明の弾倉には弾薬が何発装填されているかが確認できる。銃身には空砲アダプターと訓練用のレーザー発振器が装着されている。

作動方式はショートストロークピストン式を採用している。コッキングハンドルはボルトと一体化しており、射撃にともなってボルトとともに前後移動する。このコッキングハンドルは折り畳み式で射撃時には前方を向いているが、ボルトを手動で操作する際には左右どちらへも振り出せる[3]ポリアミドカーボンファイバーを混入した繊維強化プラスチック(CFRP)がストック、グリップ、ハンドガードだけでなく、レシーバーにも採用されている[3](さらに、ストックは折り畳み式が標準となっている)。また、弾倉にもプラスチックが採用されており残弾数が確認できるよう半透明となっている[3]。加えて弾倉には側面に突起がありこれを弾倉同士で連結することでジャングルスタイルを行うことが可能となっている[3]。G36は着剣機構を備えているものの、ドイツ連邦軍では銃剣が採用されていないため、着剣された状態のG36を所持しているドイツ連邦軍兵士を見ることはない。G36を主力小銃として運用している他の国であれば、着剣は行われている。

外見、構造共に従来のH&K G3とは大きく異なることから、ドイツ連邦軍兵士からはプラスチック・バンバン(Plastik-Peng-Peng)、デザイナー鉄砲(Designerflinte)、レゴライフル(Legogewehr)といったあだ名が寄せられている。

照準器[編集]

照準器はキャリングハンドルと一体化した3倍スコープおよびスコープ上部の等倍ドットサイトが標準となっているが、ドットサイトは、寒冷地や高湿度下では曇って不評であったため、G36A2およびG36KA2ではピカティニー・レールに置き換えられ、そこにカール・ツァイス社製ダットサイトなどを載せるように変更されている。

旧型の輸出用モデルであるG36E/G36KEではスコープのみで、ダットサイトやピカティニー・レールは付属しない。キャリングハンドル上辺の簡易的なアイアンサイトは輸出用モデルでのみ使用可能であり、ドイツ連邦軍モデルではダットサイトまたはピカティニー・レールに阻まれ使用できない[注釈 2]

キャリングハンドル上部に装着できるヘンゾルト製NSA 80 第3世代暗視装置が用意されており、標準のスコープに暗視能力を付与できる[3]

G36C(および一部のG36K)は、標準では光学照準器を装備しない代わりにピカティニー・レールとアイアンサイトを装備し、別途光学照準器を装着する[4]

信頼性[編集]

H&K社は、土に埋めたG36を掘り出し、軽く土を払った程度で射撃を行うといったデモンストレーションを行うなど、過酷な条件下での作動の確実性をアピールしている。また、10分以内であれば水中につけても射撃に支障は無いとされる。

一方、実戦配備の過程でアフガニスタンに派遣されたドイツ兵から、銃身の温度が上昇すると命中精度が落ちるとの苦情が出された。後にドイツ連邦軍技術研究所が「命中精度の下落は連続射撃による銃身の加熱が原因」つまり自動小銃本体側に問題があると結論を出していたことなどが後にシュピーゲル紙の報道などにより判明し[5]ドイツ国防省2014年6月にG36の発注を停止する措置を行った[6]2015年3月30日、ドイツ国防省のテストの結果、G36は気温が高い地域で使用したり、同じ方向から直射日光を受け続けたり、連続射撃により銃身が熱くなったりすると、命中精度が下がる欠陥ライフルであるとされた。原因は軽量化のために、プラスチックを多用したことが影響しているとされる(そのプラスチック製部品が予想を超える速さで経年劣化しているという説もある)。また、特定のメーカーが製造した弾薬を使用すると、銃の蓄熱が激しく、命中精度が低下するとの説もある。この結果を受け、ドイツ連邦軍は、G36の使用を制限し、後継銃としてH&K HK417などを候補に考えていると思われる[7]。一方、メーカー(H&K)側は軍のテスト結果を否定している[8]

2016年6月3日H&K社はG36に関して、「欠陥は存在しない」という旨を改めて確認する訴訟を、軍の兵站局があるコブレンツの裁判所に提起した[9]。2016年9月2日に判決が下りH&Kが勝訴した。国防省は同日付で、判決に不服として控訴するとしている[10]

派生型[編集]

SL8-5
MG36
長時間の連射に耐えられるよう、太く重い銃身を持つモデル。現在は廃番となっている。
G36K
機動性の向上または特殊部隊での使用を目的として銃身を短くしたカービン型。Kはドイツ語の「Kurz(クルツ)」(短い)から採られた。
G36C
最も小型なモデル。Cは最初は「Commando(コマンド)」から採られたが、コルト社にもCommandoの名称がつくアサルトカービンが存在するため、「Compact(コンパクト)」に改められた。[11]
G36V/G36KV
輸出用モデル。以前のモデルはG36E/G36KEと呼ばれていた。照準器は1.5倍のスコープのみで、スペイン軍が旧モデルであるG36Eを主力小銃として制式採用している。銃剣取付部はNATO標準のもの。
採用国によってはレール付キャリングハンドルや伸縮式ストックを装着したものを配備している。
G36A2/G36KA2
ドイツ連邦軍で採用が進んでいる改良版。
前述の通りダットサイトピカティニー・レールに置き換えられ、標準でカール・ツァイス社製ダットサイトを搭載する。
ストックはボディーアーマー着用時の取り回しを改善するため、G36C用の短いものに変更された。ハンドガードは耐熱性向上のため、4面にピカティニー・レールのついたアルミ製のものに置き換えられた。また、LLM01レーザー光モジュールを操作するためのスイッチを埋め込んだフォアグリップも配備されている。
HK243/HK293
民間型。射撃モードは単発のみになっている。欧州市場では「HK243」、北米市場では「HK293」の名称で販売されている。
HK237
G36を.300 AAC Blackout弾仕様にしたもの、現在C型と同じサイズのものみがリリースされている。
SL8
民間型。法執行機関型の直銃床を廃し、サムホール式固定ストックを装備。ストックの色やハンドガードの穴の有無、レールの形などが異なる複数のタイプがある。
R8
SL8をベースに、作動方式をガス圧作動方式からストレートプル・ボルトアクションに変更したもの。
SL9SD
SL8ベースの消音狙撃銃。専用の7.62x37mm亜音速弾を使用する。サプレッサーを標準装備。

運用国[編集]

現在、ドイツだけでなくヨーロッパ軍隊法執行機関アメリカSWATなどで採用が進んでいる。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同社のH&K HK33は小口径弾を使用するがローラーロッキングによるディレードブローバック方式を採用するため却下された。
  2. ^ 床井は標準の照準器が使用不可能になった際の緊急用と解説している[3]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 床井, 雅美「H&KモデルG36K ドイツ軍特殊部隊KSKバージョン」『月刊Gun』第43巻第5号、国際出版、2004年4月、 40-53頁、 雑誌02355-4、2019年8月21日閲覧。

関連項目[編集]