H&K HK53

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
H&K HK53
HK53-Closeup.jpg
概要
種類 アサルトカービン
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 H&K
性能
口径 5.56x45mm NATO弾
銃身長 211mm
ライフリング 6条右転
装弾数 20/25/30/40発(箱形弾倉
作動方式 ローラー遅延式ブローバック
全長 780mm(銃床展張時)
590mm(銃床短縮時)
重量 3,320g
発射速度 700発/分
銃口初速 750m/s(2,460.6ft/s)
有効射程 400m
テンプレートを表示

H&K HK53は、H&K社製H&K HK33の短縮型カービンモデルである。

概要[編集]

H&K社では、5.56x45mm NATO弾を使用するアサルトライフルであるH&K HK33をグループ2に分類しており、これを元にして特殊作戦などの用途を狙い、銃身などを短縮化したのがHK53である。

HK53は、HK33シリーズよりも銃身を179mm短縮しており、全長にして、160mm(銃床展張時)/145mm(銃床短縮時)の短縮を実現している。これは、9x19mmパラベラム弾を使用する短機関銃であるH&K MP5の伸縮式銃床採用型に近い大きさである。このため、サブマシンガンと呼称される場合もある。

作動機構はHK33と同様にローラー遅延式ブローバックを採用し、トリガー・グループなど、一部の部品については、MP5との互換性が確保されている。

HK33シリーズがA1/A2からA3/A4に発展するに従って、HK53もA3準拠のモデルが開発された。また、装甲車銃眼から射撃できるように再設計されたHK53 FPWが派生したほか、H&K G3以来引き継がれてきた金属製ドラム型照準器のかわりに、1.5倍の光学スコープを固定装備したGR2も開発された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]