H&K MSG90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
H&K MSG90
MSG 90 rifle museum 2014.jpg
H&K MSG90A1
H&K MSG90
種類 狙撃銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 H&K
年代 現代
仕様
種別 セミオートマチックライフル
口径 7.62mm
銃身長 600mm
ライフリング 4条右回り
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
装弾数 5発
10発
20発
作動方式 ローラーディレイドブローバック
全長 1,165mm
重量 6,400g
有効射程 700m
歴史
テンプレートを表示

H&K MSG90は、1987年ドイツH&K社が開発した半自動式狙撃銃である。

MSGは"Militärisches Scharfschützengewehr"の略で、ドイツ語で"軍用狙撃銃"を意味し、90は生産開始年の1990年を表す。

概要[編集]

H&K G3の技術を流用して開発されたH&K PSG1は、連射可能な狙撃ライフルとして優秀な性能であった。しかし、それゆえに値段が7,000ドルと非常に高額だったことに加え、銃を長距離持ち運ぶ必要性が低い警察特殊部隊向けに開発されたためか、全備重量が8.1kgと重かった。そのため、軍隊部隊の使用を考慮し、数々の変更によってコストダウンした上でPSG1と同等の性能を持つG3自動小銃を原型としたセミオートマチック狙撃銃が求められ、それに答えて開発されたものがこのMSG90である。

射撃精度はPSG1とほぼ同等の上、1.7kgの減量にも成功し、PSG1の性能はそのままに、用としての使用でも苦にならない様に改良された。

湾岸戦争デルタフォースなどの特殊部隊が使用した実績もあり、1997年にはアメリカ軍の要請でバックアップ用アイアンサイトH&K G8タイプ)やマズルフラッシュを低減させるフラッシュハイダーを装備したMSG90A1が生産されている。その後、二脚を変更したMSG90A2も開発された。

特徴[編集]

前述のようにPSG1の廉価版にあたり、G3SG/1とPSG1の中間に位置する。警察用として開発されたPSG1とは異なり、用として開発され、PSG1とは

  • PSG1と同じトリガーシステムながら、銃身を短くした上、フレームもG3と同様のものを使用
  • スコープをカーレスヘリオス×6に変更
  • 野戦での携行性を高めた
  • スコープの着脱が可能

といった差異がある。

採用国[編集]

MSG90は、開発国のドイツにはすでにPSG1G3SG/1があったためか用としては納入されなかったが、アメリカ軍に採用され、アメリカ陸軍特殊部隊デルタフォースグリーンベレーアメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズなどの部隊でも導入されている他、日本海上自衛隊特別警備隊(SBU)でも使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ HK MSG90” (French). French Army (2009年). 2009年9月14日閲覧。
  2. ^ a b Kopassus & Kopaska - Specijalne Postrojbe Republike Indonezije” (Croatian). Hrvatski Vojnik Magazine. 2010年6月12日閲覧。
  3. ^ http://kariuomene.kam.lt/lt/ginkluote_ir_karine_technika/snaiperiniai_sautuvai/snaiperinis_sautuvas_hk_msg-90a1.html
  4. ^ Grup Gerak Khas - Malaysian Special Operations”. Shadowspear.com. 2010年3月14日閲覧。
  5. ^ Pasukan Khas Laut - Malaysian Special Operations”. Shadowspear.com. 2010年3月14日閲覧。
  6. ^ http://www.armyrecognition.com/mexico_mexican_army_land_ground_forces_uk/mexico_mexican_army_land_ground_forces_military_equipment_armoured_vehicle_pictures_information_desc.html
  7. ^ http://www.mil.no/ -”. 2010年11月24日閲覧。
  8. ^ http://www.mil.no/ -”. 2010年11月24日閲覧。
  9. ^ Special Weapons, February 2010 issue. Page 67-68.

関連項目[編集]