HAMASHO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

HAMASHO』(ハマショー)は、日本テレビ系列局で放送されていた読売テレビ制作のバラエティ番組である。ダウンタウン浜田雅功笑福亭笑瓶冠番組。様々なロケの企画を繰り広げるお遊び色の強い番組で人気を博した。現在においても読売テレビ制作の浜田と笑瓶2人が出演する特別番組の企画は本番組由来のものが多い。

番組概要[編集]

1997年10月3日深夜番組放送枠『ZZZ』の金曜第1部の番組としてスタート。1999年9月24日放送分までを第一期として一旦終了し、年末年始に単発の特番を放送。

1999年10月から2002年3月まで後番組の『フジリコ』が放送された後、2002年4月5日から2003年9月27日まで、『HAMASHO』第二期が放送された。第二期からはナレーションを岩崎ひろみが担当した。

その後始まった浜田の番組『浜ちゃんと!』に笑瓶がゲスト出演し、名物企画「風俗刑事」を復活させるなど、その後も浜田主体の特別番組において笑瓶が乱入して本番組由来の企画が放送されることがある。

主な企画[編集]

風俗刑事
笑瓶と浜田が刑事に扮し、膨大な貢物を巻き上げる女(大半がキャバクラ嬢等の風俗産業で働く女性)を笑瓶と浜田が捜査、最終的に「ホシ」または「奴」こと風俗常連客の容疑者M[1]が世話になった風俗嬢を見つけだそうとする企画。
風俗刑事はIとIIがあり、Iは性風俗店に訪れた有名人を捜査するトシさん(笑瓶)とハンサム(浜田、初期のみ「美男子」)の役名で、IIはキャバクラ嬢などに高額な貢物をした有名人を捜査するクロさん(笑瓶)とスマイル(浜田)の役名で出演していた(一度だけ和室でハンサムの養父、トシさん(ここでは、ハナダイと呼ばれる)と対面した)。随所で「青春のテーマ」等、『太陽にほえろ!』の比較的初期のBGMが使われる。部屋に入るとスマイルがキャバクラ嬢に対し、抱きつきや乳揉みなどのテレビでは放送できないセクハラで暴走し、クロさんが「スゥマァ~イル!!仕事を~忘れるなっ!!」とシャウトしながら止めに入るのがお約束だった(この時、偽の警察手帳と偽の捜索令状を見せる。また風俗刑事Ⅰでもトシさんが風俗嬢に対して暴走するハンサムを止めるのがお約束だった)。「容疑者の家宅捜索(=女性の自宅でのロケ)」で、高額な貢物の送り主となった著名人の名を暴露させる(当然、放送では伏せられる)のが最大の見せ場である。また、職業を聞く際「俳優」と「歌舞伎役者」を分けて聞く、スマイルが何気ないセリフやジェスチャーを通じて、著名人の正体を視聴者にバラそうとするが、それも伏せられた上でクロさんに「アウトォ~!」などとシャウトされるのも風俗刑事Ⅰからのお約束である(風俗刑事Ⅰでは同義語で「大切にころがせ」などの名言もあった)。
時にはクロさんとスマイルの他にもタレントがゲスト出演する事がある。
ハンサムは風俗店に捨てられていた捨て子養子)でハンサムの養父も風俗刑事(後に殉職)でボスと呼ばれていたが、養母(風俗嬢)の死に目に立ち会わず仕事をしていたため、ハンサムから恨まれているという設定がある。
芸能人生活向上株式会社
笑瓶と浜田が林社長(浜田)と部下の駿河学(笑瓶)に扮し、芸能人に色々と理不尽な物を売りつける企画。ちなみに林社長とは当時の吉本興業社長・林裕章のことで、駿河学とは笑瓶の師匠・笑福亭鶴瓶の本名である。芸能人の楽屋などを訪問して部下(笑瓶)がトークを交わした後、今まで腕組の姿勢で押し黙っていた社長(浜田)がトークに関係した格言を述べ、その格言の意向に沿った商品を紹介して売買契約のサインを強要するという手法である。
2011年1月2日の『浜ちゃんの大正月』において復活したが、浜田は大大崎社長に変わり、笑瓶は従来通り駿河学と称していた。
HAMASHOクイズ
笑瓶と浜田がガチンコでクイズ対決を行う企画。問題に不正解、もしくは相手に正解されると、頭上から様々な物を浴びなければならない。浴びる物は白い粉・高級納豆・トマトジュース・高級豆腐・鰻・なまこ・ハリセン・トマトケチャップ入りの風船・熱湯・泥などで、浴びる様子はクラシック音楽と共にスローモーションでリプレイされる。基本的にはどちらか片方だけが受けるのだが、時間内に問題に答えられなかった場合は、両者共に罰を受ける。「ラウンド」に区切って浴びる物は変わる。数回のラウンドを行った後に休憩が入るが、休憩室でも2人の物々しい雰囲気が写される。特に最終問題で負けた時の罰は必ずパイ投げで、その場にいるスタッフ全員によって顔をめがけて投げつけられる。グアムロケの回で笑瓶は「ここまで来たのになぁ…」と愚痴をこぼしている(ちなみに、この時は観光客もパイ投げに参加していた)。
なお、基本的に勝負は一対一だが、加藤茶を交えて三人で勝負した事もある。2008年1月2日放送の正月スペシャル版では、ゲスト(小阪由佳相澤仁美福永ちな安藤成子下柳剛桜庭和志など)を交え、初のチーム戦を行った。当然の事ながら、ゲスト全員も物を浴びせられた。
コスプレゴルフ
浜田と笑瓶がゴルフ対決を行い、打数の多い方が指定されたコスプレを次のホールで着用してプレーするという企画。敗者が次のホールで着用しなければならないコスプレ(花嫁・SM女王・バレリーナ等)はグリーン脇でADが着用して待機しており、競技者は双眼鏡で確認する。この時視聴者には映像や発言等伏せられてコスプレ内容は明かされず、次のホールで着用した姿をもって初めて披露される。またプレー最中にOBやウォーターハザード入り(池ポチャ)してしまった場合は洗濯バサミを顔につけてプレーしなければならない。また同じ打数の場合はじゃんけんで勝敗をつけるが、当初笑瓶が勝った拍子に自らの股間を打って悶えてしまうという醜態をさらしたことがあった。初めに浜田がタイガー・ウッズ、笑瓶がジャンボ尾崎に変装している姿、また浜田が他人のボールをあらゆる手段で(歩きながら何気なく、またはゴルフカートのタイヤで)踏みつけてピボット状にしてしまうラフプレイは後々の企画や番組にも影響を与えた。
ゲストを招いてのプレー、ボウリングをゴルフのルールに当てはめる(ゴルフボウリング)など派生企画も多い。中でもキャディーコスプレという企画は、初めに両者につくキャディー(と称した番組関係者も含む)をくじで指定して負けた方に番組終了までコスプレさせるという方法である。特にこの時プロデューサーであった武野一起は初めから標的となり、結局ディレクターの於久賢仁に敗れてSM女王の変装をさせられて終始不機嫌になるという有様であった。
恋の爆弾処理班
笑瓶と浜田が米軍兵(『コンバット』『スモール・ソルジャーズ』等へのオマージュ)に扮し、男に振られた女の思い出の品を爆破する企画。
バカ観光
笑瓶(ツアーコンダクター役)と浜田(ツアー客)がクルマで近くを走っているタクシーを見つけると、そのタクシーのあとを追いながら停車したところを「観光スポット」として周囲に出向いて楽しむという行き当たりばったりの企画。同企画のオープニングのテーマソングは、伊東温泉ハトヤのCMソングをパロディ化したもの。

など多数

備考[編集]

  • 上記の企画以外にも浜田が監督を務める笑瓶CMが撮影された。これは主演である笑瓶が外国人美女を救出する「アクションスター編(Just do it Shohei)」、そして遠山景織子をヒロインとした「ラブロマンス編(この夏話題の笑瓶)」の2部構成のストーリーである。この映画は新宿オデヲン座にて1998年6月20日から7月3日までエイリアン4と同時上映で公開された。
  • SMAP木村拓哉は「風俗刑事」の大ファンであり、毎回欠かさずに見ていて、ヒントをじっと見て犯人を予想するのが好きだとダウンタウンDXの楽屋で浜田に話したと言う。
  • 同じくニックネームが「ハマショー」と呼ばれている浜田省吾とは無関係。ただ、「裏国民栄誉賞」という企画で浜田省吾に表彰状を届けに行ったことはある(本人の出演は無し)。
  • 2人が大阪に帰省するというロケの第2夜で、浜田の原点である2丁目劇場(現在は廃館)に出向いた時、まだフットボールアワー結成前(おそらくエレキグラム時代)の後藤輝基が少しだけ映っている。

スタッフ[編集]

第1期[編集]

  • 構成:濱田雅功(ノンクレジット)、高須光聖(初回 - 1998年5月)、山名宏和遠藤みちスケ、外山信行
  • ナレーター:小林恭治(風俗刑事)
  • ブレーン:西宮晋、榊暁彦/藤井靖大
  • リサーチ:原幸司・規工川秀信(フリード)
  • カメラ:下妻邦康、橋口和利、橋本弘行
  • 音声:葛生美紀、冲田一亮、加藤誠、菊池泰也
  • VTR編集:田中孝志、鬼沢愛子(初期)/笠原善之(中、後期)
  • MA:福田忠光(初期)/前島真一(中、後期)
  • 音効:井澤利幸
  • メイク:牧瀬典子(浜田担当)
  • CGタイトル:江間弘宣(1998年7月〜)
  • AP:宇野祐司(コックスプロジェクト→ワイズビジョン)
  • ディレクター
    • 初期:加藤裕之(ディレクターズ・ウェーブ)、高林昭裕(マックスコム)
    • 中期:於久賢仁、西田治朋
  • 演出
    • 初期:西田二郎(よみうりテレビ→ワイズビジョン)
    • 中期:於久賢仁
  • プロデューサー:武野一起(よみうりテレビ→ワイズビジョン)/岡本昭彦(吉本興業、番組初期 - 1998年5月、1998年11月 - )、木本公敏(吉本興業、1998年6月‐10月まで)
  • チーフプロデューサー:白岩久弥(よみうりテレビ→ワイズビジョン、よみうりテレビは番組初期 - 1998年3月、ワイズビジョン所属は1998年4月 - )/池田典正(よみうりテレビ、1998年4月‐)
  • 技術協力:LOOP、TDKコア(現・クリエイティヴ・コア、番組初期 - 1998年9月)、ザ・チューブ(1998年10月 - 第1期終了)、AXL
  • スタッフ協力:ディレクターズ・ウェーブ、マックスコム、コックスプロジェクト
  • 協力:ワイズビジョン
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作著作:よみうりテレビ

第2期[編集]

オープニング・エンディングテーマ[編集]

第1期[編集]

初代
直立した浜田・笑瓶のシルエットがマーブル状の背景に現れるという映像。
当初は「笑瓶はいつも浜田を遊びに連れ出す」という文字であったが、後に本日の見どころを見せる形になった
2代
自転車の移動式紙芝居でアニメ調の浜田・笑瓶が自らの見どころを紹介するという映像。
  • 『Cola Boys&Lemon Lime Wendy』/smooth(1998年4月 - 6月)
3代
溶接工場で見どころが写されたフィルム状の部品が流れていくという映像。
HAMASHOの文字は赤文字となって小さく表示されるようになった。
  • 『pain』/Di-Va(1998年7月 - 9月)
  • 『この夜を駆けぬけて』/W-VISION(1998年10月 - 12月)
  • 『DIVE INTO THE FUTURE』/R(1999年4月 - 6月)

エンディングは当時のテーマにのせて早送り調の映像で来週の見どころを紹介する方式である。

第2期[編集]

初代
オープニングは浜田・笑瓶の映像が渦巻いてHAMASHOの文字を作るという映像。
2代目
土曜深夜に移動しサタデー・ナイト・フィーバー風に2人がダンスをしている映像。

エンディングではテーマソングはなくなり来週の見どころをナレーターの口調で紹介するという方式となった。

HAMASHOのその後 [編集]

2008年「復活!HAMASHO風俗刑事新春大捜査SP」
風俗刑事のコーナーでは、スマイル、クロさんのコンビに加え新たに、新人刑事アイーン(志村けん)が参加した。

著作物[編集]

  • HAMASHOの本(ワニブックス刊、ISBN 4847013050)
  • HAMASHO 第1シーズン1 ヒット企画集(DVD)
  • HAMASHO 第1シーズン2 幻の浜田監督作品を一挙公開!
  • HAMASHO 第2シーズン1 HAMASHOに巻き込まれた芸能人達
  • HAMASHO 第2シーズン2 名物企画集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HAMASHOの本「小説 風俗刑事」より