HAWKS BASEBALL PARK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HAWKS BASEBALL PARK
ジャンル スポーツ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 FOXインターナショナル・チャンネルズ → FOXネットワークス
出演者 本文参照
オープニング 「Fox Sports Football Theme」
エンディング (同上)
BASEBALL CENTER〜プロ野球プレゲームショー 
放送時間 金・土・日曜日の中継予定試合開始30分前 - 4分前(ロッテ戦ナイトゲームは45分前 - 15分前)
放送期間 2013年3月29日 - 2014年
BASEBALL CENTER〜プロ野球中継
放送時間 中継予定試合開始4分前(ロッテ戦ナイトゲームは15分前) - 中継終了
放送期間 2013年3月29日 - 2015年10月16日
BASEBALL CENTER〜プロ野球ポストゲームショー
放送時間 金・土・日曜の「BASEBALL CENTER プロ野球中継」終了後1時間
※(再)翌朝7時-8時他随時
放送期間 2013年3月29日 - 2014年
BASEBALL CENTER〜プロ野球ウィークリー 
放送時間 月曜22:00 - 23:00
※(再)火曜7:00 - 8:00
放送期間 2013年4月1日 - 2014年
HAWKS BASEBALL PARK(1軍公式戦) 
放送時間 原則中継予定試合開始15分前 - 中継終了
放送期間 2016年3月29日 -
HAWKS BASEBALL PARK(2軍公式戦) 
放送時間 原則中継予定試合開始5分前 - 中継終了
放送期間 2016年3月19日 -

特記事項:
プレゲームショー、ポストゲームショーは2013年度は開催日毎日放送していたが、2014年は金・土・日曜日・祝日、並びに交流戦の当該3球団主管試合開催日限定となった。
テンプレートを表示

HAWKS BASEBALL PARK(ホークス・ベースボール・パーク)は、主にFOXスポーツ&エンターテイメントで放送されている、プロ野球中継・情報番組のタイトル。正式名はタイトルの前に西暦が付け加えられる。本稿では、2013年〜2015年に放送されていたプロ野球中継・情報番組、BASEBALL CENTER(ベースボール・センター)についても触れる。

概要[編集]

福岡ソフトバンクホークスの主催全試合(交流戦・クライマックスシリーズ含む)、2軍公式戦(2016年から)を完全生放送する。2014年までは、ソフトバンク主催試合以外も中継していた(後述)。

番組タイトルの変遷[編集]

  • 2013年 - 2015年 : BASEBALL CENTER
  • 2016年 - : (西暦)HAWKS BASEBALL PARK

2015年からの放送体制[編集]

番組制作をしていたFOX SPORTS ジャパンは、2014年12月16日の発表をもってビーエスFOX(FOXスポーツ&エンターテイメント)への番組配信提供を終了するとともに、FOXインターナショナル・チャンネルズ(現・FOXネットワークス)が単独でビーエスFOXへの番組配信提供を行うことになったこと[1]や、オリックス主管試合が再びJ SPORTS[2][3]、更にロッテはTBSニュースバード[4][5]に放送権がそれぞれ委譲になったことにより、2015年からはソフトバンク主管試合一本に絞って放送している。

さらに2016年からは『20xx(西暦)HAWKS BASEBALL PARK[6]とタイトルが変更され、1・2軍とも全主催試合(1軍は交流戦・クライマックスシリーズ含む)を完全放送する。原則として生放送であるが、2軍主催試合については1軍とは異なり、試合時間が重複する一部試合については当日のニアライブ撮って出し録画中継となる。また2015年度は休止したプレゲーム番組を「ホークスTODAY」[7]として復活し、原則として1軍主管試合の試合開始30分前から15分前まで、当日の試合直前の見所情報を解説者が行うほか、スタメン発表、2軍戦のハイライト、試合会場で行われるイベントや球団からのお知らせなどを当日のベンチレポーターや球団の若手運営スタッフ・チアダンスチーム「ハニーズ」のメンバーが日替わりで担当するコーナーなどで構成する。

2014年までの放送体制[編集]

試合中継自体は2012年までと同様に球団製作中継映像を使用し、制作会社やキャスティングなどもおおむね引き継ぐ(2012年シーズンはロッテ戦・オリックス戦はJ SPORTS、ソフトバンク戦は日テレプラスで放送)。そのため一軍戦中継では、FOX SPORTS ジャパンは製作著作の権利は所持していない。ただし中継テロップは3球団共通で、アメリカFOX SPORTSのMLB中継「MLB on FOX」のテロップデザインを日本向けにアレンジしたものを採用している(他媒体に配信する球団製作中継映像にも使用されている)。

金・土・日曜日と祝日に行われる試合・並びに交流戦主催全試合で[8]FOXスポーツ&エンターテイメントで中継される場合は実質的なコンプレックスの体裁を取っており、

  • スタジオと当日中継する試合球場を結んで放送する、試合開始前の直前情報番組「プロ野球プレゲームショー
  • 中継本編
  • 最新技術を生かした解説を交えて、その日行われた全試合の結果を伝える、試合終了後のハイライト「プロ野球ポストゲームショー

の3部構成となる。この体裁はアメリカ・FOX SPORTSが行うNFL中継「NFL on FOX」のフォーマットをモデルとして、これをプロ野球用にアレンジしたものである。2013年度はこのフォーマットに沿って毎週月曜には「プロ野球ウィークリー」、その他随時「バーニングトピックス」が放送された。

FOXなど、FOXスポーツ&エンターテイメント以外で中継する場合は「FOX SPORTSプロ野球」という題名で放送される。2013年はその場合、FOX bs238(現・FOXスポーツ&エンターテイメント)で試合の模様を1時間〜1時間半程度にまとめたダイジェスト「プロ野球ハイライト」が放送された。プロ野球ハイライトは、中継に準じた放送であるためスタジオパートはなかった。2014年はセ・パ交流戦後から、FOX系のほかのチャンネルで放送された試合から1試合をFOXスポーツ&エンターテイメントで放送日付上の当日深夜に当たる翌日0時からのディレイ放送(最大4:30まで。試合が長引いた場合部分的に編集する場合有り)を行う試合もある。

なお試合中継翌日の早朝に行われる「ポストゲームショー」の再放送でティッカー表示される他球場のスコアテロップは初回生放送時(中継の試合終了後)のものがそのまま放送されているため、すでに試合が終わっている試合であっても、途中経過がそのまま流れてしまう。

また、試合映像は原則としてパ・リーグの試合のみが配信され、セ・リーグはごく一部を除き結果の字幕だけである[9]

シーズンオフ[編集]

シーズンオフ期間中は2013・14年度は放送対象チームの主管試合の中から、解説者(アナリスト)が厳選したベストゲームの再放送を実施していた。

2015年度はレギュラーシーズン、クライマックスシリーズ公式戦のうち、ホークスが主管した試合の勝利ゲームを全試合、ノーカット再放送する「ホーム勝利試合全戦放送」[10]、2016年度は特定の選手の活躍試合を特集した再放送や、「ホークス史伝」と銘打って、福岡移転後の過去の試合から、特に印象に残った試合をセレクトして、特定のテーマを決めてアーカイブ放送する。

雨天中止時などの予備番組[編集]

さらにレギュラーシーズン中でも、ホークスがビジターに出ているか、あるいはホームゲームでも屋外球場[11]が中止となった場合などを中心に直近のホームゲームの再放送を行ったり、前述のオフ企画だったアーカイブ放送「ホークス史伝」を実施している。

放送試合数[編集]

NHK BS1、及び民放キー局系BSで生放送される試合は原則としてFOXスポーツ&エンターテイメントでは生中継されず、FOXムービー(プレミアム)スカパー!プレミアムサービス、及びケーブルテレビ局)、またはスカチャンスカパー!=110度BS・CS)で生中継する[12]。当該試合については、FOXスポーツ&エンターテイメントにて「MIDNIGHT GAME」と題して、番組表上で当日深夜に当たる翌日未明に撮って出しニアライブ)での録画中継を実施する。以下の統計は、レギュラーシーズン期間中の生中継を行う試合数を掲載している。

2015年度以後[編集]

チャンネル名/年度 2015年度 2016年度 2017年度
FOXスポーツ&エンターテイメント 60[13] 65[14] 63
FOXムービー(プレミアム)
スカチャン(2016-)[15]
12 8 9

過去[編集]

解説者・アナウンサー[編集]

ソフトバンク球団製作部分[編集]

解説者[編集]

アナウンサー・リポーター[編集]

過去の解説者・アナウンサー[編集]

FOX SPORTS製作部分[編集]

FOX SPORTSでは専属の解説者(放送では「アナリスト」と呼称)・アナウンサーを設けている。なお試合パートは球団制作中継を使用するため、試合前後のFOX SPORTS製作パート(プレゲームショー、ポストゲームショー)のみの出演者である[18]

通常、FOX SPORTSが製作するパートでは、金曜は義田、土曜は石黒、日曜は近藤[19]が総合司会を務め、その他に解説者が日替わりで2名ずつ進行補佐を担当するというパターンをとっている。司会と解説者の掛け合いは試合の戦評・技術論から居酒屋中継的要素に至るまで幅広いものとなっている。

MC[編集]

解説者[編集]

フィールドアナウンサー[編集]

  • 生馬アイザック(ロッテ担当 ロッテ球団製作中継のリポーター兼)
  • 岡村真由(ソフトバンク担当 2014年)
  • 大前一樹(オリックス担当 オリックス球団製作中継の実況・リポーター兼)

アナウンサー[編集]

球団製作部分[編集]

解説者[編集]

ソフトバンク戦
ロッテ戦
オリックス戦

アナウンサー・リポーター[編集]

ソフトバンク戦
ロッテ戦
オリックス戦

テーマ曲[編集]

FOX SPORTS製作部分[編集]

  • 「Fox Sports Football Theme」(「NFL on FOX」のテーマ曲)

球団製作部分[編集]

ロッテ戦(-2014年)
ソフトバンク戦
オリックス戦(-2014年)
  • 「Fox Sports Football Theme」
ソフトバンク戦でも、CM前のジングルでは「Fox Sports Football Theme」を使用している。

出典・脚注[編集]

  1. ^ FOX SPORTS ジャパンが「FOXスポーツ&エンターテイメント」への番組提供を終了へ(日経コンピューター2014年12月16日 2015年1月4日閲覧)
  2. ^ 1998-2012年まで放送
  3. ^ スポーツテレビ局J SPORTS プロ野球2015シーズン 4球団徹底放送!春季キャンプ/オープン戦/ファーム戦/レギュラーシーズン/クライマックスシリーズ(J SPORTSリリース2014年12月26日 2015年1月4日閲覧)
  4. ^ ニュースバードでは2014年度5月まで、TBSが経営に関与していた横浜DeNAベイスターズ主管試合を放送していた(なお同年から横浜DeNA主管試合の放送はTBSチャンネル2に移譲。ただし同5月までは円滑移行の観点からニュースバードと並列放送)。
  5. ^ CS放送「TBSニュースバード」でプロ野球・千葉ロッテマリーンズ主催公式戦全試合を完全生中継! 2014年12月26日、株式会社TBSテレビ (PDF, 264.97KB)
  6. ^ 2・3軍の主会場となるHAWKSベースボールパーク筑後(タマホームスタジアム築後)も2016年3月に竣工しているが、特に左記球場開設のタイミングでの改題、及びそれと関連したものではない[要出典]
  7. ^ ホークスTODAY
  8. ^ 2013年度は中継実施日毎日
  9. ^ 当社に出資するTVバンクはパ・リーグ全試合のインターネット配信権、および北海道日本ハムファイターズを除くパ・リーグ5球団のCS放送・CATV・IP放送向け放映権を保有している。
  10. ^ BASEBALL CENTER 2015 プロ野球 ホークス ホーム勝利試合全戦放送!
  11. ^ 1軍は北九州市民球場、及び県外開催の一部。2軍はタマスタ筑後での試合
  12. ^ まれに、民放系BSが放送していてもFOXスポーツ&エンターテインメントでの並列生放送とするものもある
  13. ^ 2015年度は2014年度に続きホークスがリーグ優勝をしたため、クライマックスシリーズ・ファイナルステージ=ロッテ戦の全主管試合(最大6→3連勝のため、実際に行われたのは3試合)も放送されたが、日本シリーズは前年に続き放送がなかった。
  14. ^ 2016年度はレギュラーシーズン2位だったため、クライマックスシリーズ1stステージ=ロッテ戦の全主管試合(最大3→2連勝のため、実際に行われたのは2試合)も放送された。
  15. ^ 2015年度までスカパー!向けにはFOXムービーでもそのまま配信されたが、2016年3月31日をもってFOXムービー自体の配信が終了したため、その代替としてスカチャンで配信している(スカパー!プレミアムサービス、及びケーブルテレビ局向けは従前と同じくFOXムービーで配信)
  16. ^ FOXムービー プレミアムでも放送
  17. ^ BASEBALL CENTER 2014 (ホークススペシャル) ~ ポストゲームショー 独占インタビュー全放送 ~
  18. ^ ただし2軍戦中継においてはFOX SPORTSと各球団の共同制作であるため、FOX SPORTS解説者が解説担当したり、石黒・生馬が実況、波佐間がリポーターを担当したり、一部試合(例:ソフトバンクのオープン戦初戦・公式戦)においてFOX SPORTS解説者が球団制作中継にゲスト解説として参加するケースもある。
  19. ^ 2013年は平日は義田、週末は石黒が基本的な担当であったが、ロッテがビジターとなる場合、まれに生馬が担当することもあった。また義田が週末版の司会を務めたこともあった
  20. ^ 球団制作中継にリポーターとして出演することもあった
  21. ^ a b c 2013年7月1日の東京ドーム主催試合で担当
  22. ^ ヤフオクドーム主催試合では2013年8・9月の一部カードで担当
  23. ^ 2013年はFOX SPORTS ソフトバンク担当フィールドアナウンサー
  24. ^ この他2012年まではテレビ大阪のアナウンサーも実況を担当していた。