HBO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Home Box Office (HBO)
HBO logo.svg
開局日 1972年11月8日
所有者 Home Box Office Inc.
タイム・ワーナー
映像方式 480i (SDTV)
1080i (HDTV)
スローガン It's More Than You Imagined. It's HBO.
アメリカ合衆国
放送エリア 国内
本社 ニューヨーク
関連チャンネル Cinemax
ウェブサイト HBO.com
HBO Latino
HBO Family

HBO(エイチビーオー、Home Box Office の略)は、アメリカ合衆国衛星およびケーブルテレビ放送局。

概要[編集]

タイム・ワーナー傘下でニューヨークに本部がある。HBOおよび映画専門チャンネル「Cinemax」を運営しており、2016年末の段階で契約者数はアメリカ合衆国で4900万、世界中で13000万[1][2]

ケーブルテレビ局の老舗であり、ライバル局のShowtimeStarzを抑えアメリカでトップの実績を誇る。関連企業のワーナー・ブラザース参加のもと、オリジナルのテレビドラマの制作に絶対的な自信を持っており、主要なコンテンツとなっている。近年ではゲーム・オブ・スローンズが日本を含め世界的に大ヒットした。

基本料金とは別に、2015年の段階で月額15ドル~20ドルの視聴料を支払うことで視聴可能となるプレミアムチャンネルである。HBOは日本におけるWOWOW、Cinemaxはスター・チャンネルと同じような位置付けの局である。なお、視聴者からの視聴料を主要な財源としているため、放送中にコマーシャルが流れることはない。

1999年よりHDTV放送を開始。現在はHBO・CinemaxのすべてのチャンネルがHDTVで放送している。

日本では、 J:COM 子会社のジュピターVODと契約、2007年10月よりJ:COMのビデオ・オン・デマンドサービス「J:COMオンデマンド」で放送。また2016年2月にHuluとSVODサービスにおいてコンテンツ国内独占配信契約を締結した。

経歴[編集]

番組内容[編集]

ドラマ、映画、スポーツ、ドキュメンタリーが柱となっている。

HBO製作の主なドラマ[編集]

映画[編集]

タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザースの他、ドリームワークス20世紀フォックスユニバーサル映画ニュー・ライン・シネマとペイテレビ独占契約を結んでいる。

スポーツ番組[編集]

ボクシング[編集]

ボクシングを中継するテレビ局としてはアメリカ国内最大手で、中継する試合のマッチメイクの最終決定権を持つほどの強い影響力を有している[3]。2014年のボクシング中継番組の平均視聴者数は97万人[4]。ボクシングの年間予算は3500万ドルほどと伝えられている[5]。ボクシング中継番組「ワールド・チャンピオンシップ・ボクシング」および「ボクシング・アフターダーク」をそれぞれ年間10回前後放送しており、価値が下がっているとされる主要団体の世界タイトルが懸かっているかどうかにはこだわらず、独自の基準で中継する試合を選別しているため[6]、ノンタイトル戦がメインイベントで世界タイトル戦が前座となることも少なくない。ビッグマッチはPPVで年間5回前後放送(2014年3回、2015年3回)しており、ビッグマッチの前には試合までの過程を追ったドキュメンタリー番組 24/7 を放送することが多い。

2012年5月12日、ボクシング情報番組 The Fight Game with Jim Lampley 放送開始。同年、ボクサーの特定の2日間を追った15分間のミニ・ドキュメンタリー番組 2 Days も開始した[7]

2013年3月、ボクシング放送局としてライバル関係にあるショウタイムと繋がりが深いボクシングプロモーション「ゴールデンボーイ・プロモーションズ」と契約を結んでいる選手が出場する試合を今後は放送しないことを発表した[8]。 しかしその後ゴールデンボーイ・プロモーションズ社長のオスカー・デ・ラ・ホーヤボブ・アラム率いるトップランクと復縁。HBOとも和解し放送するようになった。

NFL[編集]

1977年より2007年シーズンまでNFLの情報番組「Inside the NFL」が放送されていた。ケーブルテレビで放送されている番組としては最長寿番組であったが2008年シーズンからはShowtimeに移行した。

ドキュメンタリー[編集]

2007年8月6日、広島長崎原爆被害(→広島市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下)の実像を描いた日系3世の監督・スティーブン・オカザキの「White Light, Black Rain: The destruction of Hiroshima and Nagasaki」(邦題『ヒロシマナガサキ』)を放映し話題になった。このドキュメンタリーには、アメリカのテレビ番組に登場し、広島への原爆投下を後悔するエノラゲイ号の元搭乗員と握手する故谷本清牧師の貴重な映像なども含まれている。

その他[編集]

2016年から子供向け番組セサミストリート」をPBSと並行して放送している。

チャンネル[編集]

HBO[編集]

  • HBO
  • HBO2(1991年放送開始。旧称はHBOPlus(1998年-2002年)。HBOのサブチャンネルで、映画やドラマ、ボクシング中継の再放送が中心。)
  • HBO Signature(1995年「HBO3」として放送開始、1998年チャンネル名変更)
  • HBO Family(1996年放送開始)
  • HBO Comedy(1999年放送開始)
  • HBO Zone(1999年放送開始)
  • HBO Latino(2000年放送開始。スペイン語チャンネル)
  • HBO HD(1999年放送開始。HDTV)

Cinemax[編集]

  • Cinemax
  • MoreMAX(1991年「Cinemax2」として放送開始、1998年チャンネル名変更)
  • ActionMAX(1996年「Cinemax3」として放送開始、1998年チャンネル名変更)
  • ThrillerMAX(1998年放送開始)
  • 5starMAX(2001年放送開始)
  • WMAX(2001年放送開始)
  • OuterMAX(2001年放送開始)
  • @MAX(2001年放送開始)
  • Cinemax HD(2003年放送開始。HDTV)

ネット配信[編集]

放送加入者向けのHBO GOおよび、加入者かどうかを問わないHBO Nowを運営する。

脚注[編集]

  1. ^ Number of HBO subscribers in the United States from 2009 to 2016 (in millions)”. Statista. 2017年5月27日閲覧。
  2. ^ Emily Steel (2016年2月10日). “HBO Now Has 800,000 Paid Streaming Subscribers, Time Warner Says”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/02/11/business/media/hbo-now-has-800000-paid-streaming-subscribers-time-warner-says.html 
  3. ^ 三浦勝夫(MACC出版)「海外読物 世界の放送席から」、『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 124頁。
  4. ^ HBO Boxing Boss Ken Hershman Looks Back, Forward” (2014年12月19日). 2014年12月21日閲覧。
  5. ^ Showtime sees a chance to take the fight to HBO in boxing”. Newsday.com (2013年12月18日). 2013年7月20日閲覧。
  6. ^ 杉浦大介 (2011年7月15日). “下田昭文が開きかけた扉”. スポーツコミュニケーションズ. 2012年6月22日閲覧。
  7. ^ David P. Greisman (2013年1月14日). “"Fighting Words" — Boxing Addicts Now More Ably Enabled” (英語). BoxingScene.com. 2013年1月14日閲覧。
  8. ^ HBO severs ties with Golden Boy”. ESPN.com (2013年3月20日). 2013年6月26日閲覧。

関連項目[編集]