HEART (L'Arc〜en〜Cielのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > HEART (L'Arc〜en〜Cielのアルバム)
HEART
L'Arc〜en〜Cielスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
(#1~#4,#6~#10)
CHOKKAKU(#5)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年3月度月間1位(オリコン)
  • 1998年度年間15位(オリコン)
  • 登場回数62回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • L'Arc〜en〜Ciel アルバム 年表
    True
    1996年
    HEART
    1998年
    ark
    ray
    1999年
    『HEART』収録のシングル

    1. リリース: 1997年10月17日
    2. winter fall
      リリース: 1998年1月28日
    テンプレートを表示

    HEART』(ハート)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielの5作目のアルバム1998年2月25日発売。発売元はKi/oon Sony Records

    解説[編集]

    前作『True』以来約1年2ヶ月となるアルバムリリース。

    アジア各国で前作までのアルバムの海賊盤が多数出回り始め、海外からの販売要望が高まったことから、本作品は日本の他、台湾香港タイマレーシアシンガポールアジア6ヶ国においてリリースされており、L'Arc〜en〜Ciel初の海外における作品リリースとなった[1]

    1997年11月4日に脱退した元ドラマーsakuraが逮捕されたことによる8ヶ月に及ぶ活動休止後初となるアルバムリリースとなった。また、1998年1月1日付けでシングル「」ではサポートドラマーという位置付けだったyukihiroが正式加入してリリースした最初のアルバムである。

    アルバムタイトルはhydeが付けており、タイトルについて「子供のころから使っているような言葉だから人によっていろんなイメージがあると思う[2]」「人間ってちっぽけだって嘲け笑いながらも、心のことを歌っている感じかな。だから、両方あるんですよ。バカだなって思う部分と、繊細で熱い部分が[3]」と述べている。

    「楽曲と合った絵やイメージがジャケットにあったほうがいい[4]」という理由から、これまでメジャーデビュー以降の作品のCDジャケットにメンバーが出ることは無かったが本作で初登場している。ジャケットとなった写真は後述の東京ドーム公演の前々日に撮影されたもので、ブックレットの中身に使用される予定だったが、デザイナーの「これが格好よいから」という意向で採用された[4]

    収録曲は1997年12月23日東京ドームで開催された復活ライブ「1997 REINCARNATION」で先行演奏された楽曲が多く収録されている[5]。また、前作は6人のプロデューサーによる楽曲の共同編曲が為されたが、本作では「虹」(編曲:CHOKKAKU)以外の全ての楽曲が、元PINKベーシストで、音楽プロデューサー岡野ハジメによるプロデュースである。

    本作の制作にあたり、山中湖のスタジオにてレコーディング合宿を行っている。前作までは曲の完成形を想定するために、作曲者がある程度自分以外のパートも打ち込んだ上で[6]、ドラム、ベース、ギターを別々の時間軸でレコーディングしていたが、本作で初めてベーシックのリズムを3人同時に録音する試みを行っている[7]。制作を振り返り、kenは「バンドでリハーサルしているときの"まんま"をそのまま形にできたらいいな、という想いがあった[8]」「(前作までのように)最初から考え抜いた作品っていうのは完成形も想像がつく。でも今回はその場その場のアイデアや勢いで作っていったようなところがある[9]」、tetsuyaは「バンドをやり始めた頃の初期衝動みたいなものを感じた[7]」と述べている。また、tetsuyaは、ドラマーがタイトで細かい手数を使ったフレーズが特徴のyukihiroに代わったことで、「自然とベースのフレーズや音色は変わった[10]」と述べている。また、加入後初のアルバムであることに関し、yukihiroは「前のラルクと違うと思われるのは当たり前だと思う」「ただ、カッコ悪くなったと思われるのは嫌だから、プレッシャーもあった[11]」と述べている。

    前作『True』に続いて2作目のオリコン週間アルバムチャート首位を獲得。さらに前作に続く2作目のミリオンセラーを記録した。

    初回限定仕様はスーパーピクチャーレーベル。

    収録曲[編集]

    1. LORELEY
      アルバム発売前の1997年東京ドームで行われたライブ「1997 REINCARNATION」にて先行演奏された楽曲。
      タイトルは、活動休止中にメンバーが訪れたドイツの名所であるライン川に突き出た岩山のローレライから取られている。hydeはその景色について「あの世とこの世の境がここにあるって感じの眺めだった[8]」と述べており、歌詞を手掛けるあたり「ライン川やローレライの岩が持つ歴史の重みを感じた。その部分をぜひ歌にしたかった[8]」と述べている。ちなみに、ドイツの伝承では、ローレライの岩は不実な恋人に絶望してライン川に身を投げた美女であり、精霊となった彼女の声や姿が舟乗りを誘惑し、難破へと導くといわれている。また、hydeは「一番ヘヴィーな曲を最初に持ってきたいってアルバムを作る前から思っていた[8]」と述べている。kenは「俺はシングルにまで薦めた[12]」と述べている。
      イントロにはフィードバック・ノイズの他、オートハープや様々なノイズが入っている[8]。また、ノイズに加え、サックスの音が入っているが、これは活動休止中にhydeがメンバーに内緒で練習し演奏したものである。ライブにおいて演奏する際もhydeがサックスを演奏している。
      2008年に行われたライブツアー「TOUR 2008 L'7 〜Trans ASIA via PARIS〜」において、ライブツアー「Tour '98 ハートに火をつけろ!」以来約10年ぶりに披露された。
    2. winter fall
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      8thシングル。このシングルで自身初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得した。
      アルバム発売前の1997年に東京ドームで行われたライブ「1997 REINCARNATION」にて先行演奏された楽曲。コンサートツアー「CONCERT TOUR '96〜'97 Carnival of True」の直後にkenがデモを制作しており、kenは「構成だったり、楽器の組み合わせの作り方は『True』の名残がよく出てる[6]」と述べている。
    3. Singin' in the Rain
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      タイトルはミュージカル映画雨に唄えば』の原題に由来する。静かなジャズテイストの曲となっている。本作発売から1ヶ月後にリリースされたシングル「DIVE TO BLUE」のカップリング曲の「Peeping Tom」と同時に作られたため、hyde曰く「両曲は双子[13]」だと表現しており、「ひとつのフレーズで2曲作っちゃった感じ[13]」と述べている。
      この曲のベースとドラムはプリプロダクションのテイクを使用している。tetsuyaは「プリプロのテイクの方が変に力の入ってない、リラックスした感じだった[9]」と述べている。
      1998年に開催されたライブツアー「Tour '98 ハートに火をつけろ!」を最後にライブで演奏されていない。
    4. Shout at the Devil
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      ダイハツ工業MOVE CUSTOMCMソング
      アルバム発売前の1997年に東京ドームで行われたライブ「1997 REINCARNATION」にて先行演奏された楽曲。
      当時のレコーディングでは、普段ドラム、ベース、ギターの順で収録していたが、この曲は機材を全て一室に入れ、3人同時に演奏し一発録りで収録した。その為か冒頭のカウント「1,2,3,Go」の前に「ちょっと大きくして」と言う声が小音量で聴こえる。また、通常のレコーディングで使うガイドリズムを出すためのリズム・マシンも使用していない[7]。一発録りにした経緯についてtetsuyaは、「曲が求めてたっていうことと、早く新しいメンバーであるyukihiroと馴染みたいっていう気持ちがどこかにあった[10]」と述べている。
      作曲者のken曰く「『Siesta 〜Film of Dreams〜』のための曲を書いているときに、メロの一部分はできてた[12]」といい、当初はテンポの遅いメロディだった。また、kenは「クリックも聴かずにやってみたらどうなるだろうと思った[12]」と述べており、一発録りするにあたりギターソロ前でリズムが倍のテンポになっている。ちなみに、ライブではさらにテンポアップし演奏される。また、曲中の破裂音はyukihiroによるもので、破れたシンバルを重ね金属の棒で叩くことで出しており、ブックレットには"メタルパーカッション"とクレジットされている[14]
      ライブでは、大きな盛り上がりをみせる曲の一つであり、hydeがマイクスタンドを高々と振り上げ、床に投げつけるパフォーマンスが行われる。また、曲の演奏終了後に、yukihiroがドラムソロを数分行う演出が定番となっている。
      ちなみに、モトリー・クルーに1983年にリリースしたアルバムに同名曲が存在しており、同名曲のカバー(一部)を本楽曲の演奏前に披露したことがある。この模様は、ライブビデオ『1999 GRAND CROSS CONCLUSION』に収録されている。
      また、トリビュート・アルバム『L'Arc〜en〜Ciel Tribute』には、同じ事務所に所属する後輩バンドのシドによるカバーが収録されている。
    5. (Album Version)
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & CHOKKAKU
      7thシングルのアルバムバージョン。シングルバージョンよりも、間奏の言葉がはっきり聴こえる。
      また、アコースティック・ギターの音が強調されている。hyde自身はそのことを「アルバムの宣伝みたいに思われるから悩んだ」という。
      バンド名の日本語訳であり、バンドにとっての代表曲でもある。インタビューにて「21世紀に残したい曲は?」と質問された際にこの曲を挙げるほど、メンバーにとって非常に思い入れの深い曲である。
    6. birth!
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      作曲を手掛けたhydeは、「レコードでいうB面の1曲目のつもりで作った」と語っている。また、kenは「この曲はメジャー調にもマイナー調にも取れるコード進行が出てくる。その感じを満たすにはインド・スケールにするしかないと思った[7]」と述べており、共同プロデューサーの岡野ハジメとともに曲調を「インド(で聴こえるような曲調)っぽくしよう」とアレンジを密かに進めていたという。
      それに気づいた作曲者のhydeが「これはイギリスのイメージで作った曲[7]」「そっちにいかないで」と抵抗し別のアレンジを施した制作経緯がある。制作を振り返りkenは「結局ギターソロのところだけインド・フレーヴァーが残った[7]」と述べている。ちなみに、結果的には「それがこの曲のチャームポイント」とhydeは語っている。
      2003年に開催されたライブ「Shibuya Seven days 2003」を最後にライブで演奏されていない。
    7. Promised land
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      作曲を手掛けたken曰く、曲のイメージは「暗めで始まって、馬鹿げた世界に行くような感じ[12]」だという。また、kenは「ギター・パートとかがストレートだった分、ちょっと変わった要素を入れてみたかった」と述べており、メロトロンや語りが入っている。語り手はhyde以外にナレーターの木村匡也と、共同プロデューサーの岡野ハジメの2人が参加している。ちなみに、ブックレットのクレジットでは岡野ハジメは"Chinpaul Gilbert"と記載されている[7]。ライブでは「Shout at the Devil」同様テンポアップして演奏される。
      後に、パートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELでリアレンジされ、28thシングル「Link」のカップリングに収録している。
    8. fate
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      hydeが「LORELEY」を作曲したように、メンバーがライン川沿いにあるネコ城という古城に宿泊した際に、kenが制作した楽曲[12]
      制作当初はテンポの速い楽曲だったが、ken曰く「エンジンを止めても惰性でゆっくり進むような、たゆたうような雰囲気[12]」を意識し、テンポチェンジされた。
      ドラムは生でありながら打ち込みっぽさを意識したものとなっており、Aメロの生ドラムのフレーズがループしている[15]。また、楽曲のバックでyukihiroが打ち込んだシーケンス・パターンが終始流れている[15]。本作リリース後に開催されたライブツアー「Tour '98 ハートに火をつけろ!」以降もライブで演奏されることの多い人気曲となっている。
      また、yukihiroによるリミックスバージョンも製作され、16thシングル「Pieces」およびリミックスアルバム『ectomorphed works』にそれぞれ別バージョンが収録された。
    9. milky way
      • 作詞・作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      TBS系番組『ワンダフル』テーマソング。
      初めてtetsuyaがL'Arc〜en〜Cielで作詞した楽曲。tetsuyaは作詞するにあたり、気軽に歌詞が書ける曲をhydeと相談して決めたという。
      タイトルは「天の川」という意味。本来は次曲「あなた」の仮タイトルが「milky way」であったが、この曲が完成した際、この曲のほうがタイトルにふさわしいということでこの題名になった。この曲のギターは、ダミー・ヘッドを用い音の定位を変えて録音している[15]
      また、曲の全編にわたってベースを2本重ねて録音しており、裏メロのベースではリッケンバッカークリス・スクワイアモデルを用いている[15]
      後に、パートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELでリアレンジされ、24thシングル「自由への招待」のカップリングに収録している。初めてP'UNK〜EN〜CIELがカバーした曲であり、tetsuyaが作曲を手掛けた曲をP'UNK〜EN〜CIELがカバーした初めての楽曲である。
    10. あなた
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      アルバム発売前の1997年に東京ドームで行われたライブ「1997 REINCARNATION」にてエンディングS.E.として使用されていた楽曲。
      作詞したhydeは「亡くなった祖母を想って作詞した」と述べている。また、作詞にあたりtetsuyaから「心の支えとか、階段を登っていくイメージ[12]」という話があったという。
      作曲者であるtetsuyaは、「この詞の"あなた"とは自分にとってアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のヒロインの一人、惣流・アスカ・ラングレーのこと」だとコメントしており、曲も旧劇場版エヴァンゲリオンを見た直後に作られており、「アスカへ向けて『心を開いてくれ』という思いで作ったもの[16]」と述べている。
      また、後年に作られた「Pieces」についてtetsuyaは、「『あなた』を超えるバラードを作るつもりで作った」と語っている。
      なお、ライブではラストのサビを観客に歌わせることが定番になっており、バンド名を冠した代表曲である「虹」と並んでラストを飾る曲として披露されることが多い。
      アルバム曲でありながら4作のベストアルバムに収録され、アルバム曲の中で収録ベストアルバム数が一番多い人気曲となっている。また、2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票で6位を記録している。

    参加ミュージシャン[編集]

    日本語表記が確認出来ない部分に関しては原文ママとする。

    LORELEY
    winter fall
    • ken:キーボードプログラミング、編曲、編曲
    • 佐々木真理ピアノ
    • 金原千恵子ストリングス:ストリングス
    • 佐々木史郎セッション:管楽器
    • Chinpaul Gorichie:Female Chorus
    • yukihiro:プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    Singin' in the Rain
    • 富樫春生:キーボード
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    Shout at the Devil
    • yukihiro:メタルパーカッション
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    虹 (Album Version)
    • ken:タンバリン
    • CHOKKAKU:弦編曲
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    birth!
    • 岡野ハジメ:キーボード
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 比留間整:レコーディング、ミックス

    Promised land
    • 岡野ハジメ:キーボード
    • yukihiro:メタルパーカッション
    • 木村匡也:Devil's Voice
    • Chinpaul Gilbert:grand master Devil
    • hyde:master Devil
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    fate
    • 岡野ハジメ:ARP 2600、キーボードプログラミング
    • ken:キーボードプログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    milky way
    • Chinpaul Gilbert:12弦ギター
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    あなた
    • 菅原サトル:キーボードプログラミング、弦編曲
    • 金原千恵子ストリングス:ストリングス
    • ken:タンバリン
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス


    [Produce & Mastering]

    • L'Arc〜en〜Ciel:プロデュース
    • 岡野ハジメ:プロデュース(#1~#4,#6~#10)
    • CHOKKAKU:プロデュース(#5)
    • 原田光晴:マスタリング
    • 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio)

    収録ベストアルバム[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ L'Arc〜en〜Ciel Biography 1998 - L'Arc〜en〜Ciel
    2. ^ 『PATi PATi』、p.24、ソニー・マガジンズ、1998年3月号
    3. ^ 『WHAT's IN? PICTORIAL』、p.10、ソニー・マガジンズ、1998年Vol.6
    4. ^ a b NHK-FMミュージックスクエア』1998年2月25日放送
    5. ^ L'Arc〜en〜Ciel名義としてはライブ「1997 REINCARNATION」が初披露の場となったが、ラルクのメンバーによる変名バンドthe Zombiesのライブ「Live Tour NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS EVE」が楽曲の初披露の場となった。
    6. ^ a b 『WHAT's IN? PICTORIAL』、p.30、ソニー・マガジンズ、1998年Vol.6
    7. ^ a b c d e f g 『GiGS』、p.22、シンコー・ミュージック、1998年4月号
    8. ^ a b c d e 『GiGS』、p.20、シンコー・ミュージック、1998年4月号
    9. ^ a b 『GiGS』、p.20、シンコー・ミュージック、1998年4月号
    10. ^ a b リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』、p.18、2010年
    11. ^ 『WHAT's IN? PICTORIAL』、p.24、ソニー・マガジンズ、1998年Vol.6
    12. ^ a b c d e f g 『PATi PATi』、p.25、ソニー・マガジンズ、1998年3月号
    13. ^ a b 『PATi PATi』、p.18、1999年7月号
    14. ^ 『GiGS』、p.7、シンコー・ミュージック、1998年4月号
    15. ^ a b c d 『GiGS』、p.25、シンコー・ミュージック、1998年4月号
    16. ^ リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』、p.61、2010年