ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ
識別子
EC番号 2.3.3.10
CAS登録番号 9027-44-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ(Hydroxymethylglutaryl-CoA synthase、EC 2.3.3.10)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

アセチルCoA + 水 + アセトアセチルCoA(S)-3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA + 補酵素A

従って、この酵素の基質はアセチルCoAアセトアセチルCoAの3つ、生成物は(S)-3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA補酵素Aの2つである。

この酵素は転移酵素、特にアシル基アルキル基に変換するアシルトランスフェラーゼに分類される。系統名はアセチルCoA:アセトアセチルCoA C-アセチルトランスフェラーゼ (チオエステル加水分解, カルボキシメチル形成)(acetyl-CoA:acetoacetyl-CoA C-acetyltransferase (thioester-hydrolysing, carboxymethyl-forming))である。この酵素は、ケトン体の合成と分解、バニリンロイシンイソロイシンの分解、ブタン酸の代謝の3つの代謝経路に関与している。

構造[編集]

2007年末時点で、4つの構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1XPK1XPL1XPM及び2P8Uである。

出典[編集]

  • RUDNEY H (1957). “The biosynthesis of beta-hydroxy-beta-methylglutaric acid”. J. Biol. Chem. 227 (1): 363–77. PMID 13449080.