Hakus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

hakus(はくす、1990年[1] - )は、イラストレーター三重県出身[1]。「三村勇貴」という名義も使用している[2]。元日本一ソフトウェア社員[注釈 1]

経歴[編集]

幼いころから絵を描いていたが、中学2年生の時にネットのお絵描き掲示板の存在を知ったことで、さらに描くようになる[2]

第4回「ペンタブレットdeアート投稿コンテスト」グランプリ受賞[5]

第18回電撃イラスト大賞で大賞を受賞[2]。電撃大賞には3回応募しており、1度目は1次審査すら通らなかった[2]

2012年3月、トライデントデザイン専門学校CGデザイン学科卒業[6]

作品[編集]

挿絵[編集]

  • 死なない生徒殺人事件 識別組子とさまよえる不死(2010年10月、メディアワークス文庫、著:野崎まど
  • 自殺者の森 Suicide Forest(2011年6月、講談社BOX、著:円山まどか
  • 心理コンサルタント才希と心の迷宮(2012年10月、メディアワークス文庫、著:似鳥航一)
  • 真 流行り神 〜ファイル0 常闇のマリア〜(2014年12月、一二三書房、著:佐山操
  • デッドエンド 死に戻りの剣客(2016年5月、メディアワークス文庫、著:入間人間

漫画[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年1月11日公開の4Gamer.netの記事では日本一ソフトウェアのイラストレーターとして紹介されている[3]。その後twitterにおいて、2015年7月8日のツイートでフリーランスになってから1年が経過していると述べている[4]

出典[編集]