Here We Come the (3→)4 Sounds

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Here We Come the (3→)4 Sounds』(ヒアー・ウィー・カム・ザ・フォー・サウンズ)は1985年にリリースされた、甲斐バンド2作目のベスト・アルバム。そして、1986年に発表された初の映画作品(3作目の映像作品)のタイトルでもある。正式タイトルは『(3→)』ではなく『3』に『/』が入る。また、映像作品の表記はHere We Come the 4 Soundsである。

ベスト盤『Here We Come the (3→)4 Sounds』[編集]

Here We Come the (3→)4 Sounds
甲斐バンドベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル エキスプレス/東芝EMI
チャート最高順位
甲斐バンド 年表
LOVE MINUS VOICE
1985年
Here We Come the (3→)4 Sounds
(1985年)
REPEAT & FADE
1986年
『Here We Come the (3→)4 Sounds』収録のシングル
テンプレートを表示

シングル「HERO(ヒーローになる時、それは今)」以降にリリースされた作品からのベスト盤。「HERO(ヒーローになる時、それは今)」のみ、『甲斐バンド・ストーリー』とかぶっている。

シングル「安奈」や「ビューティフル・エネルギー」、12インチヴァージョンの「破れたハートを売り物に」などアルバム初収録となった曲もある。

LP盤・CD盤・カセット盤の3形態で発表されたが、カセット盤は収録曲が2曲多く( 「感触(タッチ)」・「港からやってきた女」)、曲順も若干異なっていた。

収録曲[編集]

LP盤/CD盤[編集]

Side-A
  1. 安奈
    編曲:甲斐バンド、ストリングスアレンジ:石川鷹彦
  2. 漂泊者(アウトロー)
    編曲:甲斐バンド・星勝
  3. HERO(ヒーローになる時、それは今)
    編曲:甲斐よしひろ、ストリングス・ホーンアレンジ:瀬尾一三
  4. 地下室のメロディー
    編曲:甲斐バンド・星勝
  5. ビューティフル・エネルギー
    作曲:松藤英男、編曲:甲斐バンド・椎名和夫
  6. 破れたハートを売り物に
    編曲:椎名和夫・甲斐よしひろ
Side-B
  1. 街灯
    編曲:甲斐バンド・星勝
  2. BLUE LETTER
    編曲:後藤次利
  3. シーズン
    編曲:甲斐バンド・井上鑑
  4. 観覧車'82
    編曲:甲斐バンド・椎名和夫
  5. マッスル
    編曲:甲斐バンド・椎名和夫
  6. フェアリー(完全犯罪)
    編曲:チト河内

収録曲(CT盤)[編集]

Side-A
  1. 安奈
  2. 漂泊者(アウトロー)
  3. HERO(ヒーローになる時、それは今)
  4. 地下室のメロディー
  5. ビューティフル・エネルギー
  6. 感触(タッチ)
    編曲:甲斐よしひろ、ストリングス・ホーンアレンジ:瀬尾一三
  7. 港からやってきた女
    編曲:甲斐バンド、ストリングスアレンジ:椎名和夫
Side-B
  1. 街灯
  2. BLUE LETTER
  3. シーズン
  4. 観覧車'82
  5. マッスル
  6. フェアリー(完全犯罪)
  7. 破れたハートを売り物に

映画『HERE WE COME THE 4 SOUNDS』[編集]

Here We Come the 4 Sounds
甲斐バンドミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル ロック
レーベル エキスプレス/東芝EMI
甲斐バンド 年表
HALF BREED
1984年
Here We Come the 4 Sounds
1986年
十二年戦争-栄光の軌跡-

LIVE AT 武道館-完結編

1990年
テンプレートを表示
THE KAI BAND MOVIE HERE WE COME THE 4 SOUNDS
監督 井出情児
製作 KAI OFFICE
イースト&ウエスト・ヴィジョン
製作総指揮 甲斐よしひろ
出演者 甲斐バンド
中島みゆき
音楽 椎名和夫・甲斐よしひろ
撮影 井出情児
編集 藤枝静樹
配給 KAI OFFICE=オール・アーツ・ネットワーク
公開 1986年12月6日 
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1986年、『THE KAI BAND MOVIE HERE WE COME THE 4 SOUNDS』と題された、甲斐バンドのファイナル・コンサート・ツアー『PARTY』と黒澤フィルムスタジオでの『SPECIAL LAST NIGHT(シークレット・ギグ)』の模様をまとめたドキュメンタリー音楽映画が制作された。

ファイナルツアーの大阪城ホールでの模様を中心に構成されており、随所にステージ裏の様子や甲斐へのインタビューが盛り込まれている。

黒澤フィルムスタジオではゲストとして中島みゆき吉川晃司が出演している。

日本で初めてドルビーサラウンド・システムを導入した音楽映画作品でもある。撮影監督は、過去8年間甲斐バンドを撮り続けてきた井出情児が担当した。

収録曲[編集]

  1. レイニー・ドライヴ
    作詞:松尾清憲、作曲:松藤英男
  2. ナイト・ウェイブ
  3. フェアリー(完全犯罪)
  4. きんぽうげ
    作詞:長岡和弘、作曲:松藤英男・甲斐よしひろ
  5. 感触(タッチ)
  6. 裏切りの街角
  7. かりそめのスウィング
  8. テレフォン・ノイローゼ
  9. ランデヴー
  10. 冷血(コールド・ブラッド)
  11. 翼あるもの
  12. 漂泊者(アウトロー)
  13. 港からやって来た女
  14. 観覧車'82
  15. ラヴ・マイナス・ゼロ
  16. 破れたハートを売り物に