Hi-NRG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイエナジー
様式的起源 ディスコ
ポスト・ディスコ
ポップ・ミュージック
シンセポップ
エレクトロニカ
文化的起源 1970年代イギリスおよびアメリカ合衆国
使用楽器 ドラムセットシンセサイザー鍵盤楽器ミュージックシーケンサー
派生ジャンル ユーロビートテクノ
地域的なスタイル
東京ニューヨークニューヨーク州

Hi-NRGHigh Energy, ハイエナジー)は、1980年代初期にディスコやクラブで人気の高かったダンス・ミュージックの一種であり、今日では音楽マニアのみに人気のあるジャンルである。[独自研究?]ディスコ音楽電子楽器を導入したポスト・ディスコから発展して生まれた音楽であるとされる。

概要[編集]

近代的なダンスミュージックの起源はディスコ音楽であり、主に生楽器電気楽器で作られる。そのディスコ音楽から派生した、電子楽器によるダンスミュージック(Hi-NRG、ユーロビートハウステクノ等)の中でも最初に登場したジャンルである。1970年代のまだ高額だったシンセサイザーを購入出来る程に裕福な電子音楽家の活動の一環として始まった。全面的に電子楽器を導入しているが、1970年代初頭から続く伝統的なディスコ音楽が持つ華美さを色濃く残している。1980年代中盤に、よりポップさとスピードを増したユーロビートへと進化した。元々万人受けを目指したジャンルであり、定型化が進んだため世界的に飽きられ、1980年代末から流行はハウスに移行した。しかし、流行が去った後も、好事家のためのアンダーグラウンドな音楽ジャンルとして細々と制作は続けられているようである。[独自研究?]

現代において人気の、電子楽器、シンセサイザーを用いた主にダンスミュージックと呼ばれるものは、全て「Hi-NRG」を発端としていると言われている。ダンスミュージックの電子化という意味で全ての発端となったジャンルだが、現代では忘れ去られており、楽曲、そもそもジャンルでさえ知名度の低いものとなっている。音楽市場では、既にダンスクラシックと見做されており、歴史的な価値で参照されるに留まっている。[独自研究?]

歴史[編集]

1970年代初頭に登場したディスコ音楽は、エレキギターを初めとして、物理振動を電気に変換する電気楽器で制作され、ダンスに特化した音楽として1時代を築き上げるに至った。しかし、1977年にジョルジオ・モロダーとピート・ベロッテのコンビによるプロデュースで、全ての楽器を「電子楽器」に置き換えて実験的に制作された、ドナ・サマーの「I Feel Love」[1]が発売され好評を博すと状況は変化し始めた。電子楽器は電子回路による人工的な発振で音を出す楽器であり、電子回路の操作で電気楽器には不可能な正確な発音と多様な音色の出力を可能にしており、「I Feel Love」の発売以降、電子楽器によるディスコ音楽の可能性が認知されるようになった。ブライアン・イーノも「I Feel Love」の発売当初に「このシングルはこの先15年のクラブミュージックのサウンドを変えることになるだろう」とコメントしており、1977年当時において「I Feel Love」が非常に画期的な楽曲であったことが伺える。従って、Hi-NRGはディスコ音楽電子音楽の融合により誕生したジャンルであると言える。 1979年頃、定型化したディスコ音楽に対してのリスナーの興味が薄れると共に、ポストディスコと言う電子化,コンテンポラリー化の試みが本格化すると、Hi-NRGも表舞台に現れる事になった。

“Hi-NRG” という名称は、ロンドンでイアン・レビーン(Ian Levine) によってプロデュースされた、イブリン・トーマス英語版のディスコ・ヒット「ハイエナジー (High Energy)」(1984年) に由来する。

典型的な “Hi-NRG” の特徴のひとつに、シンセベースのオクターブ奏法(低音と1オクターブ上の高音が交互に並び、ドラムのハイハット的な役割を担う)を用いる事がある。これは1980年代半ばにHi-NRGがユーロビートに進化した際にもそのまま引き継がれた。またシーケンサーで組まれたエネルギッシュでスタッカートの効いたシンセサイザー音が使用され、ドラムマシンのクラップ音も頻繁に使用される。1982年The EndUp英語版(※訳注:サンフランシスコナイトクラブ)で、DJパトリック・カウリーが最初にHi-NRG音楽の人気を高めた。1984年には主にレコードレーベルのレコード・シャーク (Record Shack) が、イギリスアメリカの主流ポップチャートで成功を収め、一気にポピュラー化する。

レコード・シャークは、ブレイク・マシン英語版ミケール・ブラウンによるトラックと、84年に奇跡的にカムバック・シングルをヒットさせた大ベテランの女性歌手、アーサ・キット (Eartha Kitt) によって、ダンス・チャートでの成功を収めた。

ストック・エイトキン・ウォーターマン (Stock Aitken Waterman) も、その時期のHi-NRGプロデューサーである。彼はディヴァイン (Divine) とヘイゼル・ディーン英語版を世を送り出し、プロデュースとして最も成功したHi-NRGトラック、デッド・オア・アライヴの「You Spin Me Round (Like a Record)」は、UKナンバーワンとなった。 その後のHi-NRGは、主にハウスミュージックに取って代わられたが、それでも主流ポップヒットでは、Hi-NRGバージョンとしてアンダーグラウンドシーンにおいて楽しまれているものも残っている。

現代のHi-NRGサウンドは、1990年代に出現したクリスティーン W英語版アビゲイル (歌手)英語版という、2人の主要なHi-NRGアーティストの功績によってクラブ/ダンスミュージックシーンのメジャー勢力となっているが、かつてと基本的なスタイルは同じであるものの、時代の流行が取り込まれたリズムとシンセへと変化している。

この時期にヨーロッパで作成されたHi-NRGトラックの例としては、イタロ・ディスコ(すなわち、タフィー、マガジン60、Roni Griffithなど)と、ディスコフォックス(すなわち、リンダ・ジョー・リッツオ、リアン・ロスモダン・トーキングファンシー、レフト・アップ、ブルー・システム、バッド・ボーイズ・ブルー)を挙げることができる。

アーティスト[編集]

レコード[編集]

これらのレコードは全て、1980年代にHi-NRGチャートに到達した

  • Bianca - Midnight Lover
  • Bodyheat - No! Mr Boom Boom (Diamond Records)
  • ミケール・ブラウン - He's a Saint He's a Sinner (Record Shack Records)
  • ミケール・ブラウン - So Many Men To Little Time (Record Shack Records)
  • Crystal In The Pink - Back To You
  • Celena Duncan - Questions And Answers (Nightmare Records英語版)
  • Barbara Doust - If You Love Somebody
  • Sisley Ferre - For You (Hotsound Records)
  • Fun Fun - Give Me Your Love
  • Fun Fun - Color My Love
  • Samantha Gilles - Stop
  • Havana - Satisfy My Desire (Wow Records)
  • Carol Jiani - Turning My Back And Walking Away (Nightmare Records英語版)
  • Lanei - Love Bites (Opium Records)
  • Lime英語版 - Gold Digger (TSR Records英語版)
  • Lisa - Rocket to Your Heart (Moby Dick Records)
  • M&H Band - Popcorn
  • Marsha Raven - I Like Plastic
  • Man To Man英語版 - Hard Hitting Love (Nightmare Records英語版)
  • Midnight Sunrise - This Is A Haunted House (Nightmare Records英語版)
  • Modern Rocketry - I Feel Love Coming (Megatone Records)
  • Off - Electrica Salsa (Ton Son Ton Records)
  • リンダ・ジョー・リッツオ - Perfect Love
  • Shooting Party - Safe In The Arms Of Love
  • サンドラ英語版 - Everlasting Love (PWL remix) (ヴァージン・レコード)
  • Helena Springs - Paper Money (アトランティック・レコード)
  • Scherrie Payne英語版- I'm Not In Love (Megatone)
  • Scherrie Payne英語版 - One Night Only (ALtair)
  • Scherrie Payne英語版 - Chasing Me Into Somebody Else's Arms (Nightmare Gold)
  • Scott Stryker - Science Fiction
  • T-Arc - Undercover Lover (ZYX Records英語版)
  • Linda Taylor - Every Waking Hour (Nightmare Records英語版)
  • Tuillio De Piscopo - Stop Bajon (Primavera) (Greyhound Records)
  • Vivien Vee - Heartbest (X-Energy Records)
  • XS-S - I Need More (VCN Records)
  • ローラ・ブラニガン - Shattered Glass (アトランティック・レコード)

ナンバー1[編集]

これらのレコードは、レコードミラーでジェームズ・ハミルトンとアラン・ジョーンズによって作成されたHi-NRGチャートにおいて、ナンバー1に着いた

Hi-NRGスタイルとしてのカヴァー・ヴァージョン[編集]

  • Quantize - The Sun Ain't Gonna Shine Anymore, a cover of The Walker Brothers英語版 on Passion Records.
  • Seventh Avenue英語版 - The Love I Lost, a cover of Harold Melvin and the Bluenotes on Nightmare Records英語版.
  • Bona-Riah - House Of The Rising Sun on Rise Records

レコード・レーベル[編集]

比較的多くレコードミラーのHi-NRGチャートに入ったレコード・レーベルは次の通り

  • Bolts Records
  • Flea Records - イタリア
  • Hi Tension Records - ベルギー
  • Macho Records - イタリア
  • Megatone Records英語版
  • Nightmare Records
  • Passion Records
  • Record Shack Records
  • Time Recordsイタリア語版 - イタリア
  • X-Energy Records - イタリア
  • MRK Records - ニューヨーク
  • ZYX Records英語版 - ドイツ

その他のHi-NRGレコード・レーベル[編集]

  • Dance Street Records - ドイツ
  • Klone UK - イギリス
  • Butterfly Records

日本版コンピレーション[編集]

ALFA INTERNATIONALより、「THAT'S Hi-NRG」がリリースされる。レコードでは楽曲のイントロからアウトロまでをフルに収録したノーマルなコンピレーションが、カセットテープではM.I.D.によるノンストップなメガミックスがそれぞれ発売された。

このコンピレーション商品は、「That's EURO BEAT」として以降シリーズ化されていくことになる。

出典[編集]

  • Jones, Alan and Kantonen, Jussi (1999) Saturday Night Forever: The Story of Disco. Chicago, Illinois: A Cappella Books. ISBN 1-55652-411-0.

関連項目[編集]

脚注[編集]