HiDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

HiDSHonda intelligent Driversupport System〈ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム〉)は、本田技研工業が開発したドライバーを支援する装置の総称である。

概要[編集]

1997年、車線検知(CCDカメラ)と前方車両検知(レーザーレーダー)を組み合わせ、通常走行領域での運転者の認知判断ミスを補い、運転負荷を低減する運転支援システムとして、本田技研工業によって開発、発表された技術である[1]

2000年、ASV(先進安全研究車)研究の一環として運輸省(現・国土交通省)大臣認定を業界で初めて取得。公道テストを開始し、商品化開発を展開すると発表した[2]

2002年、7代目アコードと同時販売されたシリーズ車の4代目アコードワゴンから製品技術として市場投入された[3]。同車種からの車線維持支援システム用のカメラセンサーにはC-MOSカメラが、前方車両検知システムにはミリ波レーダーが採用されている[3]

システム構成[編集]

HiDSは基本的に以下の装備から構成されている。

IHCC(インテリジェントハイウェイクルーズコントロール)
車速/車間制御機能
LKAS(車線維持支援システム)
車線維持支援機能

車種によっては、LKASを省きIHCCのみが装着されている車種もある。IHCCには一部を除きCMBS(追突軽減ブレーキ)が付加機能として設定されている。 なお、現在 HiDSの名称は使用されておらず、IHCCも名称がACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に変更されている。

後継技術[編集]

2015年から販売開始された5代目レジェンド以降からは、HiDSによって培われた単眼カメラとミリ波レーダーを用いる検知技術にCMBSを組み合わせて、性能、機能的に進化した先進安全自動車技術として、Honda SENSINGに名称変更された[4]

搭載車種[編集]

HiDSが標準/オプション装備されている車種[編集]

IHCCが標準/オプション装備されている車種[編集]

HiDSが標準/オプション装備されていた車種[編集]

  • インスパイア(4代目)
  • アコードワゴン

IHCCがオプション装備されていた車種[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]