HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HiGH&LOW
〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜
ジャンル テレビドラマ
企画 EXILE HIRO
監督 久保茂昭
出演者 EXILE TRIBE
E-girls
山田裕貴
窪田正孝
林遣都
遠藤雄弥
鈴木貴之
一ノ瀬ワタル
ZEN
永瀬匡
遠藤要
阿部亮平
大屋夏南
早乙女太一
SWAY
ANARCHY
井浦新
稲葉友
柳俊太郎
前田公輝
武田航平
ゴールデンボンバー
小島藤子
工藤綾乃
城戸愛莉
中村達也
西岡徳馬
松澤一之
平田薫
天野浩成
豊原功補
YOU
小泉今日子
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式ウェブサイト
シーズン1
放送期間 2015年10月22日 - 12月24日
放送時間 木曜1:29 - 1:59(水曜深夜)
放送分 30分
回数 10
シーズン2
放送期間 2016年4月24日 - 6月26日
放送時間 日曜0:55 - 1:25(土曜深夜)
放送分 30分
回数 10
THE WORST EPISODE.O
出演者 川村壱馬
吉野北人
前田公輝
佐藤流司
神尾楓珠

鈴木昂秀
福山康平
うえきやさとし
中島健
一ノ瀬ワタル
清原翔
青木健
陳内将
泉谷しげる
藤田朋子
山田裕貴
ナレーター 立木文彦
放送期間 2019年7月18日 - 9月5日
放送時間 木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜)
各話の長さ 30分
回数 8回[注 1]
テンプレートを表示

HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』(ハイアンドロー ザ・ストーリー・オブ・スウォード)は、2015年10月22日 - 12月24日および2016年4月24日 - 6月26日に、2期にわたって放送された日本テレビ系列のテレビドラマ[1][2]。山王連合会・White Racals・鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家、5つのチームの頭文字をとって「SWORD地区」と呼ばれている一帯で起こる、不良たちの抗争や仲間同士の友情を描く。通称は、ハイロー[3]

本項では、2016年から続いている日本映画のシリーズ作品・およびそれらを主軸とした総合エンターテインメントプロジェクトである『HiGH&LOWシリーズ[1]についても併せて説明する。

概要[編集]

EXILE TRIBEの総合エンタテインメントプロジェクトとして企画・制作され、テレビドラマ・映画・漫画・ネット配信・音楽・ライブツアー・SNS・イベント・フラッシュアニメ・ソーシャルゲームなど様々なメディアで展開する完全オリジナル作品[1]。EXILE TRIBEのメンバーをはじめ、EXILE TRIBE以外からも多数キャスティングされており[4]、企画者であり総合プロデュースも務めるEXILE HIROは「HiGH&LOW」シリーズの構想について、「アーティストとして表現するメンバーも役者として活躍するメンバーもいて、いつか両方に光を当てる作品を作っていきたいと思っていた」と語っている[5]。キャッチコピーは「全員主役」[6]

ストーリー[編集]

HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.ドラマ シーズン1 (2015年)[編集]

HiGH&LOW ドラマ シーズン2 (2016年)[編集]

HiGH&LOW THE MOVIE (映画第1作) (2016年)[編集]

HiGH&LOW THE RED RAIN(映画第2作/スピンオフ) (2016年)[編集]

HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY(映画第3作) (2017年)[編集]

HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS(オリジナル作品/スピンオフ)(2017年)[編集]

MIGHTY WARRIORSの歴史は、リトルアジア地区に住まう1人の少年から始まった。彼の名はICE。後のMIGHTY WARRIORSのリーダーだが、この頃は貧困街に兄弟と共に住まうただの浮浪児だ。ある日、ICEは1枚のアナログのドーナツ盤を見つける。試しに聴いてみるとそこにはICEの荒んだ心を潤し魂を震わす音楽が。ストリートで喧嘩や己に力を知らしめる事しか頭になかったICEにとって自身のターニングポイントにもなった瞬間だった。この日からICEは世界中の様々な音楽を知りたいと思うようになり、その為に金が必要だと考え、自らの能力を活かせるであろう傭兵になる道を選ぶ。多国籍軍に入隊したICEそこでも新たな出会いとなる。パール9。後にMIGHTY WARRIORSの創設メンバーとなる2人だ。彼らもリトルアジア地区出身だがICEとは別の街の出身だ。2人も音楽好きが興じて大金を稼ぐ為傭兵になる道を選んだのだ。3人は意気投合し、同じ戦場で修羅場を駆け巡った。邂逅してから十数年後のある日、退役を目前にしたICEは2人に"リトルアジア地区に戻ったらやりたいことがある。また集まらないか"と声をかける。2人の返答はもちろん同じだった。

多国籍軍退役後リトルアジア地区に戻ったICEは、パールと9や2人の仲間のコンピュータ関連に強いバーニー、ミステリアスな、実弟のディディー、ICE達にファッションの素晴らしさを教えてくれたジェシーが仲間に加わり、"かつての自分達みたいに夢も希望もなく途方に暮れている人達に平等に夢と希望を与える"ことをモットーとして"音楽とファッションを軸にした俺たちが俺たちらしく生きることが出来る理想郷"を創設する為に動き出した。そんなICE達を人々は"MIGHTY WARRIORS"と呼ぶのであった。

ある日、ICE達は湾岸地区でクルーザーを襲撃した時人身売買されかけていた女と出会う。彼女の名はセイラ。過去の悲惨な出来事から心を閉ざし、"音楽で世界を救えるなら、あたしみたいな女はとっくに救われてる"とICE達の想いを否定する。それでもICEはどん底から這い上がり今に至った経緯やこれまでの様なやさぐれた自分に戻ることを恐れていた。共にいることでICEの強い想いが本物だと知ったセイラもまたMIGHTY WARRIORSに魅了されていった。

チームとして仕事が軌道に乗り始めた頃、湾岸地区でアジトとしてレンタルハウスを貸し出していた張城の李からかつてない大規模な仕事を依頼されることになる。内容は、"SWORD地区の制圧とSWORDを潰すこと"。仕事が成功した暁には望がままの報酬を与える、と。夢が自分達の目前に迫った彼らがこの話に飛びつかないはずはなかった。SWORD地区の琥珀・羅千地区のDOUBTと共にSWORD地区を襲撃し、自分達の理念をテーマにした巨大クラブFUNK JUNGLEをオープン。理想郷創設の夢はもう目前だった。だが、予想だにできなかった。琥珀が戦いを放棄し大敗北を喫したのだ。大金も手に入れられず夢の実現もまた振り出しに戻ってしまったことにメンバー達は落胆する。

"コンテナ街の戦い"と呼ばれる先の抗争の後、新たに別の拠点を築いたMIGHTY WARRIORSは音楽活動に専念していた。そこに新たな出会いと再会が舞い込んでくる。サンキングス刑務所に収監されていたジェシーが舞い戻ったのだ。そんなジェシーは謎の男を連れてきた。目的は、彼をMIGHTY WARRIORSのメンバーとして迎え入れたいということだった。名前はフォー。同じリトルアジア地区出身でジェシーの仲間。当然ICEは断る理由はなくフォーのメンバー入りが決定する。

そしてMIGHTY WARRIORSは新たなステージに向けて足を踏み出しつつあった。

HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION(映画第4作) (2017年)[編集]

DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW (映画第5作/スピンオフ) (2018年)[編集]

HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O ドラマSP(2019年)[編集]

HiGH&LOW THE WORST(映画第6弾/スピンオフ) (2019年)[編集]

登場人物[編集]

名前の下の欄にて空欄は初期設定および初期からの登場、初登場欄はその作品からの途中参加という表記とする。ドラマ・MOVIE・MOVIE2・MOVIE3は山王連合会、RED RAINは雨宮兄弟、DTC・湯けむり純情篇ではDTCの3人、g-swordでは、雨宮兄弟と山王連合会、THE MIGHTY WARRIORSではMIGHTY WARRIORS、WORST・EPISODE.Oでは鬼邪高校を主軸・メインとしていく。

ムゲン[編集]

後に"SWORD地区"と呼ばれることになる一帯を支配していた伝説のライダーチーム。元々は創設者の琥珀と龍也の二人がバイクチームとして立ち上げ、"二人で走る時間が無限に続けばいい"という思いを込めて「ムゲン」と名付けられた。ムゲンの全盛期でもあったのが7人時代で、かつて敵対し合っていた格闘家コンビの太田と古西が、過去の因縁で琥珀と敵対した九十九、そして後に山王連合会を結成する龍也の地元の後輩コンビのコブラ・ヤマトが加入する。

数年後に龍也がITOKAN経営の為、太田・古西がプロを目指すべく渡米する為ムゲンを脱退するのだが琥珀はその現実を受け入れようとせずムゲンとしての勢力を維持する為に周辺の腕の立つ者を次々とスカウトする様になる。その最中で日向会と抗争するハメになり、結果的には日向会を壊滅に追い込んだもののそれがムゲンの勢力と悪い噂を増幅させる引き金となり、100人を超える大規模集団になったことで琥珀が総長を名乗り、初期メンバーの九十九たちは幹部扱いされる様になる。ムゲンの下っ端連中の絡みが原因で雨宮兄弟と揉めることになるが、その最中で龍也と九十九が交通事故に巻き込まれて龍也が即死・九十九が意識不明の植物状態に陥ったことが決定打となり、琥珀の手でムゲンは解散する。

『ドラマ・シーズン2』では、過去編としてムゲンが結成から解散に至るまでが描かれている。ムゲン解散後もムゲンの名を語る者がいるなど散々な状況だった様子である。

テーマソング - 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE / MUGEN ROAD

琥珀(こはく)/美浦龍臣(みうら たつおみ)・本作の主要登場人物
演 - AKIRAEXILE/EXILE THE SECOND)、横山歩(幼少期)
テーマソング - KUBO-C,P-CHO & JAY'ED / Hell On Earth
ムゲン総長、創設者。
圧倒的な戦闘力とチームを統率する頭としての器を兼ね備えた最強の伝説の男。強者を惹きつけるカリスマ性も備えている[7]。中学時代に喧嘩で倒された際に瓶の破片が左目に刺さって負傷して以来、琥珀色の義眼をしている。幼少期は今の姿から想像もつかないが身寄りのないいじめられっ子だった。
『ドラマ・シーズン1』では端役で登場し九十九を植物状態に陥れた原因を作ったことを悔やむ姿や得体の知れない不気味なオーラを醸し出していた。
『ドラマ・シーズン2』の過去編では、龍也との出会いからムゲンを解散させるまでが描かれており、ムゲンから自分の仲間が次々といなくなっていくことを現実として受け止められず苦痛と憎悪のようなものを抱いており、特に龍也がムゲンを脱退することに至っては心の底から認めていなかった。ムゲンをチームとして維持する為に地区一帯の腕の立つ若者に声をかけるなどムゲンの仲間に黙って汚い仕事もしていた様子。現代編では、無事に復活した九十九と共にある目的の為に動き出す。その目的がMOVIEにて明らかとなる。
道を誤った者や筋を通さない者には敵味方関係無く厳正に接しており、SWORD壊滅行動に打ちのめされているコブラにも「九龍の一部に喧嘩を売っても意味は無い」と厳しく諭し、公害の不正を暴かれて言い逃れをしている政治家達にも「この国を本当に思うなら、逃げも隠れもせず、正しく生きろ」と吐き捨てており、九龍グループ共々改心と和解を望む様子は無かった。
『MOVIE』では、メインヴィランとして登場。張城の李が買収したMIGHTY WARRIORSとDOUBTらによる"湾岸連合軍"を率いてSWORDを襲撃する。SWORD襲撃では九十九と共に達磨一家を襲撃し戦力を半減させる。ムゲン解散後初めてコブラ・ヤマトと再会し、SWORDを全滅させることを宣言して返り討ちにし、山王連合会は今後自分の指示で従うよう警告する。
『RED RAIN』では、カメオ出演。心の傷も癒えた様子であった。
『MOVIE2』では、短髪からロングヘアになっている。自分を信じてくれた雅貴や命をかけて自分を止めてくれた九十九やコブラたち、そして必死に説得してくれた龍也の為に"二度と間違えを犯したくない"という思いを胸に抱き機密情報告発の為に動き出す。告発自体は雅貴たちに託して自分はサポートに回ることを伝える。告発後数年振りにITOKANを訪れ、龍也のケジメをつけてきたとナオミに報告する。
『MOVIE3』では、告発後国双地区で潜伏していたがすぐに九龍グループの襲撃を受ける。ムゲンアジト跡地にて集結したSWORD全チームと九十九・雨宮兄弟ら"SWORD地区連合軍"の指揮を取る。戦力を三分させ雨宮兄弟・RUDE BOYSらで責任者・馬場元を探し出すべく九龍グループが取り仕切る検疫所に乗り込む。日本政府転覆後、雨宮兄弟たちと共に表舞台から去った。
鷹村九十九(たかむら つくも)
演 - 青柳翔劇団EXILE
テーマソング - 青柳翔 / Maria
琥珀の相棒で、琥珀が総長の時はNO.2として琥珀を支えていた。琥珀と出会う前は身寄りがない一匹狼で、誰彼構わず喧嘩を売っていたが、琥珀の優しさに触れて仲間の大切さを知り、ムゲンのメンバーとなった[7]
『ドラマ・シーズン1』では、過去の事故により意識不明の植物状態となっている。
『ドラマ・シーズン2』の過去編では、ムゲンに加入してから、事故で昏睡状態に陥るまでが描かれており、琥珀との因縁でバイク勝負したところ琥珀諸共大怪我を負った。更には琥珀が自分のバイクを売り払って自分の治療費まで負担してくれたことを知り、ムゲンに加入することとなる。コブラ・ヤマトが加入時に頭の悪さが露見しメンバーからいじられている(本人に自覚は無い)。ムゲンの勢力拡大時には琥珀の暴走を止めるべく1人奔走するもうまくいかず、龍也がかつて琥珀が売り払ったバイクを買い戻したことを知り、決意を新たにするも龍也諸共ムゲンの下っ端の逆恨みにより事故に巻き込まれることとなる。現代編では1年の昏睡状態から無事に復活して"何があっても琥珀のそばにいてやってくれ"という龍也からの遺言を遂行する為コブラ・ヤマトの前から姿を消す。
『MOVIE』では、琥珀と共に達磨一家を襲撃。戦況を見て無名街で無関係の人達が死んでいく様子を見て今回の琥珀の行動に疑問を感じるようになり、罪悪感と警告も兼ねて山王街を訪問しコブラ・ヤマトに湾岸連合軍が再びSWORD襲撃を行うことを警告する。また龍也と自身の事故の真相を語りコブラ・ヤマト・ナオミを驚愕させることとなる。その後琥珀の真の目的が九龍グループの復讐と同時に差し違えて死ぬことと知り必死で止めようとコブラ・ヤマトと共に奔走する。
『LIVE』では、回想で登場する。
『MOVIE2』では、琥珀と共に潜伏していたところをUSBを持って現れた雅貴に機密情報告発を依頼されたことで"また九龍グループと戦う気なのか?"と身を案じている。
龍也(たつや)※故人・本作のキーマン
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 井浦新、野嵜豊(青年期)
ムゲン創設者。
琥珀の無二の親友でナオミの兄[7]
劇中では既に故人。山王地区出身。
『ドラマ・シーズン2』では、ムゲン創設から解散までが描かれている。この頃は血の気の多い様子だがムゲン脱退後はその気もなくなりムゲンが日向会と揉めた時は自分が話をして抗争を止めようとしていた。琥珀に恨みを持つムゲンの下っ端の手により九十九諸共事故に巻き込まれ死亡する。
『MOVIE』では、回想・幻覚として登場しており、過去の苦痛に苦しむ琥珀の前に幻覚として現れ"何でいうことを聞かなかったんだ"と琥珀を攻める言葉を残している。九十九の発言と李の情報により犯人の状態が九龍グループが琥珀がムゲンを解散させる見せしめとして暗殺されたことが明らかとなった。琥珀が昔乗っていたバイクを探して買い戻しており、その鍵を九十九に託していた。その際に「アイツならその内わかる」とも言っており、最後まで親友として琥珀を信じ続けていた。
太田(おおた)
演 - 高谷裕之(総合格闘家)
ムゲンの特攻隊長で伝説の喧嘩師。古西と共にムゲン入りした。国双地区出身。ムゲン脱退後、海外に渡り格闘家として活躍している[7]
古西(こにし)
演 - 岡見勇信(総合格闘家)
ムゲンの怪力番長。国双地区出身。ムゲン脱退後、太田と同じく渡米し格闘家としてリングに上がっている[8]

雨宮兄弟[編集]

圧倒的な力で一帯を支配していたムゲンが唯一潰せなかった最悪最強の極悪兄弟。SWORD地区の隣町に位置する国双地区の住人で、100人を超える勢力のムゲンを相手に互角に渡り合う戦闘力を誇る[7]。銃器・武器を持った相手と戦う際は近接格闘術のゼロレンジコンバットを使う[9]。尊龍・雅貴兄弟と広斗は血縁関係がない義兄弟である[10]

ムゲンの勢力拡大時に旧SWORD地区を流していたところをムゲンの下っ端連中に絡まれたところを撃退したことからムゲンとの因縁が始まる。だが長男・尊龍が仕事中に突如2人の前から消息を経ったことで行方を追って街から出ずっぱりだったこともあって、姿を消したと思われていた。基本的に裏稼業として得意のバイクを駆使して運び屋として生計を建てている。極悪兄弟と謳われているが、これはあくまでムゲンと対等にやり合ったことで悪い印象が伝わっただけであり、3人共痛みを知り他人を思いやることのできる優しい心の持ち主である。基本的に自分から攻撃を仕掛けることはほとんど無いが、向かってくる者や目的を阻む者・身内を傷付ける者は自分達の敵であると見なし、全て正面から迎え討つ。兄弟3人共アイスキャンディーが好物。

『MOVIE』では、無名街で尊龍の目撃情報を察知し急行するもそこで湾岸連合軍による無名街爆破に関わることになり、さらにはララを救出する為に湾岸連合軍の敵としてコンテナ街の戦いに乱入することになる。

『LIVE』では、2人共愛車のハーレーに乗って乱入する。

『RED RAIN』では、スピンオフとして主人公を務めており今作はこの2人を中心に物語が進んでいく。本作では3人それぞれ得意とする格闘術があるもの、兄弟共通でゼロレンジコンバットを用いた近接格闘術を駆使できるなどと他のストリートギャング系のキャラクター陣とは一線を超えた存在であることが判明する。

テーマソング - ACE OF SPADES feat. 登坂広臣 / SIN

雨宮雅貴(あまみや まさき)・RED RAINの主人公
演 - TAKAHIRO(EXILE/ACE OF SPADES)、小野寺晃良(少年期)
テーマソング - ACE OF SPADES / Louder
雨宮兄弟の次男。
普段は誰にでも寛容な明るいお調子者で、三兄弟の中で最も穏やかな性格である。女性が好きで、よくナンパをしている。キレると歯止めの聞かない弟を止める役目を担うこともあって争い事は好まないが、自身もキレると口調が荒くなり、場合によっては広斗以上に暴れ回る。喧嘩では空手とキックボクシングを主軸とした蹴り技を多用するスタイルを得意としている[7]が、拳の勝負でも十二分の強さを誇る。
普段は明るいが、当時最強だった琥珀でも倒しきれないほどの強者であり、最後まで決着が着かなかった。戦いでは琥珀に並んで最強と言っても過言ではない無類の強さの持ち主だが、それ以外の日常では隙だらけであり、特に女性絡みでは滅法弱い。面倒を持ってくる広斗の尻拭いや自分の性格故にトラブルに遭うことも多い苦労人でもある。好きなアイスキャンディーはグレープ。
『MOVIE』では、尊龍捜索でSWORD地区を訪問するも無名街爆破の惨状を見てすぐに撤収する。ここでは1人女に振り回され、挙げ句の果てに慣れない街でバイクを路駐した結果駐車違反で没収されてしまう。何とか取り戻すも今度は広斗がスモーキーからララの救出を依頼され、コンテナ街に乱入することになる。
雨宮広斗(あまみや ひろと)・RED RAINの主人公
演 - 登坂広臣三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、吉澤太陽(少年期)
テーマソング - PKCZ feat. 登坂広臣 / CHAIN BREAKER
雨宮兄弟の三男。
喧嘩ではボクシングを軸とした格闘スタイル。良くも悪くも感情的になりやすいため、兄達に比べると精神的にやや未熟な面がある。また、好戦的な性格でもある[7]。ボクシング風の一撃必殺のパンチや一対多数のアクロバットを駆使した戦闘スタイルを用いる。普段は喧嘩や日常生活でも常に良くも悪くもマイペースで、冷酷に見えるほどクールな性格だが、実際は短気かつ激情家で、一度キレると雅貴でも手が付けられなくなる[11]。喧嘩時は状況によっては舌舐めずりをしながら笑みを浮かべる凶暴とも言えるスタイルで戦っていたが、RED RAIN劇中からこれは徐々になくなっていく。好きなアイスキャンディーはソーダ。
『MOVIE』では、無名街での尊龍の目撃情報を元にスモーキーに接触を図るもコンテナ街で負傷しRUDE BOYSと共に撤退する。手術後に意識を取り戻したところで現状と尊龍について聞き出すもそこでララの救出を懇願される。コンテナ街に乱入後因縁のできたICEとほぼ優劣の関係ない互角のタイマン勝負を繰り広げる。だが勝負に熱くなりすぎたおかげで湾岸連合軍の主戦力が戦線にいないままSWORD側の勝利が決まり、ICEとの決着がつくことは無かった。騒動後に無事にララを救出し、スモーキーの元に送り届ける。ここで、ララとはお互いの兄について語り合うなども交流もあった。
雨宮尊龍(あまみや たける)※故人
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 斎藤工濱田龍臣(少年期)
雨宮兄弟の長男。
近接戦闘術のゼロレンジコンバットを得意戦法としており、実力は弟を凌駕する。クールな佇まいとは裏腹によく熱いことを言う熱いハートの持ち主[11]。ドラマやMOVIEには一切登場せず、"雅貴や広斗よりも強い"・"最近話を聞かなくなった"など謎のベールに包まれたキャラクターだったが、MOVIEエンドロール後に遂に初登場。幼少期からゼロレンジコンバットの主軸ともいえるウェーブや合気道の類を会得しており、相手の隙や油断の急所を的確に潰す殺人格闘術スタイルを用いる。好きなアイスキャンディーはチョコ。
『RED RAIN』では、雅貴達の元から消息を絶った後確実な証拠を掴む為に上園会に構成員として潜り込んで情報収集しており、そこで勿論上園本人を暗殺することも考えていたがその中で被害にあっていたのが自分達家族だけではないことを知り、本当に復讐するのであれば上園を仇として殺すのではなく上園会や九龍グループを根本的に壊滅に追い込むしかないと考えるようになる。その最中で逃亡中の愛華と出会い、自身の寝ぐらに匿うことになる。そして愛華が九龍グループ崩壊の鍵とも言える機密情報のUSBを持っていると知り、ハッカー・古野に解析を依頼する。雅貴達と再会しことの全てを話すと上園会の猛攻にたった1人奮戦するも上園を殺すことはできず、銃撃戦で致命傷を負う。最後は雅貴と広斗に、「何と言われようと俺達は本当の兄弟だ」と言い残し、2人に看取られながら息を引き取った。遺体は国双地区内の教会の両親と同じ墓地に埋葬された。

山王連合会[編集]

S.W.O.R.D.の"S"にあたるチーム。通称"山王"。SWORD地区北東部に位置する山王地区の商店街「山王街」を本拠地にしている。 ムゲンの解散から1年後にチームメンバーであったコブラやヤマトが、表向き山王街の治安維持の為に山王地区の若者が集まって結成されたトラブルシューターチーム。コブラたちがムゲンの流れを受け継いでいることから"山王町二代目喧嘩屋"の異名で恐れられている。劇中で山王連合会結成の本当の目的が道を誤ったノボルが"帰ってこれる場所"として用意したことが判明した。ドラマではノボルが出した要求に反する形でコブラとヤマトが山王連合会解散を宣言するが、その後ノボルの復帰と仲間たちからの呼びかけで山王連合会は再結成する運びになる。

LIVEでは、チンピラ勢を倒すべく抗争の場に乱入する。

『MOVIE2』では、九龍グループに対抗する意思を見せたコブラ・ヤマトを中心とする"徹底抗戦派"と都市開発により街の経済復興を期待するダン・テッツを中心とする"開発賛成派"にチームが分裂してしまい、黒白堂の戦いも主要メンバーの大半が不在のまま戦力が半減化した状態で参戦する羽目になってしまう。

『MOVIE3』では、九龍グループに歯向かったことで山王街諸共チームは壊滅してしまうが、再びメンバー全員が再集結したことでチームは復活した。FINAL MISSIONでは、爆弾解除に帆走する。

『湯けむり純情篇』では、DTCの3人が初めて山王地区を出てバイク旅に出ることになる。

『WORST、EPISODE.O』では、時系列は湯けむり純情篇より前にあたる為、3人共まだ山王街にいる。

テーマソング - DOBERMAN INFINITY / Do or Die

コブラ/緋野盾兵(ひの じゅんぺい)・本作の主要登場人物
演 - 岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
山王連合会総長、ムゲンの元メンバー。
ファイトスタイルは打撃技とプロレス技を絡めていく。幼少期の喧嘩にてコブラツイストで相手を10人倒したことから「コブラ」と呼ばれるようになった[7]
口数が少ないクールな性格だが面倒見がよく、山王街を守るという気持ちは誰よりも強い熱い男[12]。ヤマト・ノボルとは幼馴染であり強い信頼を持っており、ノボルに対しては自分たちにはない希望を見出し、ある種尊敬の念を抱いている。実家はガソリンスタンド「緋野石油」を営んでいる。かなり酒癖が悪く、普段の無口な性格から打って変わり饒舌になり、悪絡みしてくる。
『MOVIE』では、自分達や山王街だけでなく、他のチームまでも襲撃に遭っている様子から死人が出てる可能性も捨てきれないかつてない大規模な抗争を予測していた。ムゲン解散後に行方不明となっていた琥珀に呼び出されるも今回の主犯格であることに激昂したが返り討ちに遭う。ノボルや九十九からの話により琥珀の真意を知ったことで、ヤマトと共にムゲンの仲間として琥珀を止めるべく湾岸地区に乗り込む。琥珀に龍也からのメッセージを伝え、琥珀が自分達のところに帰ってくるのをずっと待っていると涙ながら必死に説得を試みる。
『RED RAIN』では、雨宮兄弟に協力を申し出た者とされており、コンテナ街の戦いで勝利に導いたとして借りを返すべくITOKANを貸し切りにし愛華を匿う。
『MOVIE2』では、"SWORD協定"を提案しつつ、山王連合会内では"徹底抗戦派"に属する。しかし街の方針に関しては「何とかする」の一点張りで打開策も見出せず、チハルの「何の為に山王連合会は戦っているのか」という質問にも答えられずにいた為、とうとうダンやテッツ達からも愛想を尽かされてしまう。黒白堂駅の戦いにはヤマト・ノボルと共に参戦し、ジェシーと対決するが、彼とMIGHTYWARRIORSの関係を知らなかったことが災いして形勢逆転を許してしまい、ジェシーやICE達にも一方的に闘いを打ち切られて逃げられてしまう。
『MOVIE3』では、ノボルの情報を元にゲリラ戦を展開するもその最中現れたダン達の手により自暴自棄に落ち入り、単身克也会を強襲するも返り討ちに遭い拷問を受けることになる。琥珀達の手で救出されるも、これまで信念として掲げていた"拳のケンカ"ではどうしようも出来ないことに絶望し、琥珀からもこれまでの判断を厳しく咎められてしまうが、山王連合会の仲間達の手により復活する。"FINAL MISSION"では、九龍グループの会長達の前に現れ勝利宣言する。
『WORST』では、直接登場していないが村山からの愚痴を電話で聞くなど交友は続いている模様。
ヤマト / 朝比奈大和(あさひな やまと)
演 - 鈴木伸之(劇団EXILE)
山王連合会のNO.2に位置するチームの中心メンバーで、ムゲンの元メンバー。普段は実家の板金工場「朝日奈整備」で働いている。屈強な体格を生かした重いパンチを得意とする[7]
『ドラマ・シーズン1』では、鬼邪高校のルールも知らずに揉め事を起こしてしまい自暴自棄になっているチハルをどうしても見捨てられず、大規模抗争が起きる危険を承知で千春を助ける為に帆走する。SDカードの一件では、レッドラム製造工場に出入りするチハルの話を聞き真偽を確かめるべくこちらも仲間たちには一切知らせず単身無名街に潜り込む。
『RED RAIN』では、コブラと打って変わりかつての因縁が再発したかの如く敵対心を露わにしていた。
『MOVIE2』では、九龍グループがSWORD地区に関わってる限り街にも自分たちにも未来はないと考え"徹底抗戦派"に属する。一方でテッツ達の家業も救いたいと気にかけていたが、結局曖昧な言葉しかかけられず、仲間割れを引き起こしてしまう。
『湯けむり純情篇』では、端役で登場しバイク旅に出る3人へのエールを込めてDTCのシンボルを各自のヘルメットに彫っている。
ノボル / 原田登(はらだ のぼる)
演 - 町田啓太(劇団EXILE)
コブラとヤマトの幼馴染で親友。かつては弁護士になることを目指して大学に進学するなど将来を嘱望されていた[7]。山王連合会きっての頭脳派[13]
「ドラマ・シーズン1』開始前に大学に在学途中に恋人の美保が自殺未遂に追い込まれた後犯人達を襲撃し殺人未遂の前科で逮捕される。刑務所内で家村会の幹部である二階堂で出会っておりそこで家村会にスカウトされる。釈放後は構成員として極道の世界に入り、下積みを経験してIT関連の仕事を任せられるまでの地位に昇り詰める。その後SWORD統括として山王連合会の為にも穏健にことを進めるべくSWORD全チームに傘下に加わるよう交渉するも全て失敗に終わったことで、家村会から用済みと看做され自決用の拳銃を託されることになる。結果それを持ってSWORDが集まった抗争の場に乱入するもコブラ達の説得で思い留まり足を洗う決意を固める。
『ドラマ・シーズン2』の現代編では、騒動後に車に撥ねられて意識不明の重体となっており後に危篤状態に急変するも仲間達の呼びかけで復活する。退院後に美保が自責の念から自分の元を去った事を知るも無事に回復し、山王連合会に参加すると同時に情報収集面のサポートを行う事を決める。
『MOVIE』では、未だ骨折が完治しておらず杖をついて歩いている為コンテナ街の戦いには不参加。今回の一件には九龍グループが関係していることと琥珀に絡んでいるのが、九龍グループではない外部の裏社会勢力であることを感づいていた。
『RED RAIN』では、雨宮兄弟・愛華の協力者である古野の仕事仲間とされており、USBのハッキングと解析を共同で行なっていく。USBだけでなく、リトルアジア地区の監視カメラのハッキングを行い、尊龍が横流しの武器を手にしたことを告げる。
『MOVIE2』では、今こそ九龍グループを潰す千載一遇のチャンスだと発言し"徹底抗戦派"に属する。今作では怪我から無事に復帰したとされており、プリズンギャングのフォー相手に劣勢ながらも接戦を繰り広げている。
ダン / 壇一八(だん かずや)・湯けむり純情篇の主人公
演 - 山下健二郎(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
山王連合会の3人組「DTC」のD。
関西弁で喋るチームのムードメーカー。普段は実家である酒屋・コンビニの雰囲気を持つ何でも屋「壇商店」の店長として働いている[7]
『ドラマ・シーズン1』では、直接的ではないがララに闇取引の運び屋として利用されてしまいWhite Rascalsと敵対する原因を作り出してしまう。
『MOVIE2』では、九龍グループに対する恐怖心と街が復興できる可能性の期待から"開発賛成派"に属する。また、コンテナ街の戦いや機密情報のUSBの件から自分達がただ街を守るだけの為に喧嘩していただけに過ぎず、自分達の敵が九龍グループである事や自分達の周りで起きている話が考えている以上に大事になってきた事からこれ以上巻き込まれたくないとい恐怖心を抱くようになる。
『湯けむり純情編』では、DTCとしてバイク旅に出立し資金難に陥り上下温泉街の森田屋で住み込みのアルバイトとして働く事になる。女性にモテない理由について今作監督の平沼紀久氏は「邪念が丸出しなため絶対モテない」とCLAMPとの対談の中で述べている[14]
普段着はJ.S.B.を愛用している。
伊集院甲(いじゅういん かぶと)
演 - 八木将康(劇団EXILE)
実家は床屋ピューマ。パチンコばかりしている伊集院家の次男。渾名は"カニ男"。小学校時代に劇でカニの役をお面なしでやったというトラウマから「カニ」と言われると我を忘れて大暴れしてしまう[7]。デュオ「縦笛兄弟」のメンバー[15]。本人曰く喧嘩は苦手という一面から知られていないが戦闘力はコブラやヤマトを凌駕する山王連合会最強の男でDOUBTのメンバー数人をたった1人で相手に渡り合うことも可能。1人だけ原動機付自転車に乗っておりそのことを指摘されると不機嫌になる。独特のこだわりの持ち主で、酒は必ずカクテル系を頼んだり、チーズケーキ好きや前述の通り原付に名前をつけて愛用するなど。
『MOVIE2』では、家業のことも考えて"開発賛成派"に属する。
テッツ / 井上鉄平(いのうえ てっぺい)・湯けむり純情篇の主人公
演 - 佐藤寛太(劇団EXILE)
「DTC」のT。
チームの特攻隊長。喧嘩の際は積極的に敵陣に突っ込んでいく。山王街の同年代の若者達を仕切っている若者で、コブラとヤマトに憧れて仲間になった[7]。趣味はInstagram。実家は銭湯「山乃湯」を営んでいる。頭の良さはノボルに劣るものの山王連合会きっての頭脳派で、ダンが闇取引の運び屋として利用されただけでなく、White Rascalsとの揉め事が何者かに仕組まれているのではと勘付く。
『MOVIE2』では、内心はコブラやヤマトと同じく"徹底抗戦派"の考えだが、家業のことで考えが揺らいでいた。山王連合会分裂時のコブラの発言にショックを受けダンに着いていく。
『湯けむり純情編』では、騒動終結後に家業は廃業せずに済んだ為フリーター状態となっている。今作監督の平沼紀久氏は「DTCの三人の中では一番モテる。テッツは女性に対してそこまで邪念がない」と述べている[14]
普段着はFULL-BKを愛用している。
チハル / 片岡千晴(かたおか ちはる)・湯けむり純情篇の主人公
演 - 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE
「DTC」のC。

山王連合会のニューフェイスにして、元・鬼邪高校の生徒[7]。趣味はInstagram。希望ヶ丘団地出身。普段はテッツと一緒に行動することが多く仲も良いが、同時に仁花との関係を気にしてもいる。白湯療法を好む傾向がある。父親と2人暮らし。普段は、山王地区近郊の介護施設で臨時職員として働いている。

『MOVIE2』では、唯一の山王街外部からのメンバーということで中立の立ち位置におり、"開発賛成派"に属するメンバー達の足止めとしてコブラから指示されていた。
『MOVIE3』では、九龍グループの猛攻を受けコブラ達の判断が正しいと思えなくなったことからダンと共に怒りの矛先を向ける。
普段着は24karatsを愛用している。
ケン
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE
演 - 岩谷翔吾THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
テッツの紹介でチーム入りした後輩メンバー。
ヒカル
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE
演 - 山本彰吾(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
ケンと同じくテッツの後輩メンバーで、共にチームの次世代を担う。
チームでの立ち位置を考えており、下の位置にいることからあまり相手にされないことや山王連合会分裂時には違う方向から山王連合会を脱退する意思を固めていた。

White Rascals[編集]

S.W.O.R.D.の"W"にあたるスカウト集団。通称"ラスカルズ"。 男に傷つけられた女達を守ることを信条とし、闇に落ち黒に染まらないことへの決意表明でチームのテーマカラーでもある白の服を身に纏い、傷ついた女達にはもう一度人を信じる勇気と生きる術を与えるスカウトを行い、女達を搾取する男や女性に暴力を振るう男には容赦なく制裁を行うことから"誘惑の白き悪魔"の異名を持つ。リーダーであるROCKYがかつてDOUBTが支配していたSWORD地区の西部に位置する阿来地区(あらい)の繁華街で経営するクラブ「heaven」を根城にしている[7]。チーム全体は基本的に武器を使った戦い方を得意とするが、素手による格闘戦も可能。

『MOVIE2』では、過去に黒白堂で激突した林蘭丸が刑期を終えてシャバに出てきたことで過去の因縁に火をつくことを恐れて直接的にSWORD協定を断り、heavenを閉店、さらには今回の騒動に巻き込まないようheavenの女たちや元メンバーたちも自分たちと一切の関わりを持たないとした。

『MOVIE3』では、九龍グループに歯向かったことでheaven諸共チームは壊滅してしまうが、ROCKYの蜂起でチームが復活する。FINAL MISSIONでは、陽動部隊として九龍グループを相手に奮戦する。劇中終盤では、売却・立ち退きとなった為新しいテナントを新たにheavenとすることに決め、前回の店の規模より大規模となっており今回は店はまだ開店せず、スカウト業をメインに行なっていくことになった。

『湯けむり純情篇』では、SMGの4人がheavenの女たちと共にボディーガードを名目に森田屋へ慰安旅行に訪問。そこでDTCと達磨ベイビーズと"DPD"を行なっていくことになる。

テーマソング - PKCZ feat. EXILE SHOKICHI / WHITEOUT

ROCKY(ロッキー) / 六ツ木(むつぎ)
演 - 黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)
White Rascalsリーダー、創設メンバー。
常にステッキを所持している。戦闘もステッキを用いる[7]。感情が掴みにくく、装いから誤解されることも多いが本来は女子供を大切にする優しい性格の持ち主である[12]。感情表現しないタイプだが、万年の笑みを浮かべた時のROCKYは本気の状態を表している。おっちょこちゃい。現在のクラブheavenの理念も"女達に人を信じる勇気と生きる術を与える"と称した自分達も女を守る存在であることの意思表示であることを示した。また、クラブheavenもあくまで通過点に過ぎず、新たな野望は"孤児たちの養護施設の設立"を目論んでいる。それには"女だけじゃなく子供が希望を持てない世の中に未来はない"という考えから来ている。
『ドラマ・シーズン2』では、彼の過去が明らかになっており幼少期は家は貧しく、リストラにあった父親は昼間から酒を飲み日頃から母親や姉に暴力を振るう悲惨な環境だった。ある日、家族3人の一家無理心中の現場の第一発見者となったことで感情表現に障害が出てしまうことと、この日を境に自らの命を犠牲にしてでも女を守り抜くことを心に誓う。大人になった後はSWORD地区近郊でフリーのスカウトマンとして活動しており、その最中DOUBT時代のKIZZY達と邂逅している。
『LIVE』では、"アルティメットROCKY"ヴァージョンの特別な衣装を着て乱入する。
『MOVIE2』では、開始前に蘭丸釈放の情報を掴んでおり遠回しにSWORD協定を拒否し、heavenの女達やチームを離れた仲間達に危害が及ばぬよう無関係として隔離する対策を取る。
『MOVIE3』では、琥珀と昔ながらの馴染みであることが明らかになっており本名の苗字で呼ばれることを忌み嫌っている。エピローグでは、新しくこれまでより広いテナントを新たな"クラブheaven"とすることにする。
KOO(コウ)
演 - 遠藤雄弥
チームのNO.2で、ROCKYの右腕。常にポーカーフェイスで執事のように物腰が柔らかく、紳士風のキャラクター[7]。チームの中で特に髪型・服装の身だしなみに気を使う[13]。その反面敵と見定めた相手には凶暴な言葉をも使う好戦的な性格やクラブheavenのルール違反となる行為と分かっていても揉め事の発端となった真相を掴もうとするなど、単に堅物なキャラクターではない。また、KIZZYを女として気を遣って、戦闘中に"今日は非番だ"など軽口を叩くなどユーモアのセンスもある。
KIZZY(キジー)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 稲葉友
White Rascals創設メンバー。
ROCKYと共にWhite Rascalsを結成した最初期メンバーで、DOUBTの元・構成員。
当時、フリーのスカウトマンだったROCKYと対峙した際に心が女性であることを見抜かれ、以来DOUBTを抜けてROCKYのサポートに回る。身も心も女性になるためにKAITOと共に海外へ渡っていたが、DOUBTに対する対抗手段としてROCKYに呼び戻される[8]
『MOVIE2』では、SWORD協定に関しては当初肯定側の考えだったが、因縁のあるDOUBTの蘭丸がシャバに出てきたことを知り、コブラ達に"他のチームに被害が及ぶ危険性もあるから万が一でもSWORD協定として協力し合うことはできない"と語る。
KAITO(カイト)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 栁俊太郎
White Rascals創設メンバー。
KIZZYと同じくDOUBTの構成員だったが、ROCKYと出会い共にWhite Rascalsの最初期メンバーとなった。KIZZYとは公私に渡るパートナー。寡黙で感情を滅多に出さないが、高い凶暴性と戦闘力を持ち合わせている[7]
ヴィジュアル組
チームの中でも曲者揃いで、狂気じみたSHIMURAと無口で凶暴なENARI、軽口や軽い態度を取るBITOとそれらをまとめる比較的まともなAIZAWAで成り立っている。コンテナ街の戦いの後、バンド結成を夢見てチームを脱退[16]。『MOVIE2』では、BITOとSHIMURAが危険を承知で無名街に応援要請したことでRUDE BOYSにも蘭丸の存在が知られることとなる。
AIZAWA(アイザワ)
演 - 鬼龍院翔ゴールデンボンバー
BITO(ビトウ)
演 - 喜矢武豊(ゴールデンボンバー)
ENARI(エナリ)
演 - 歌広場淳(ゴールデンボンバー)
SHIMURA(シムラ)
演 - 樽美酒研二(ゴールデンボンバー)
SMG
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
ヴィジュアル組4人の脱退による戦力ダウンを補強するため、KOOが揃えた選りすぐりの若手の4人組[16]。名前の由来は、ROCKYが幼少期、母と見ていた「世界名作劇場」の頭文字と彼らの名も作品・キャラクターから取られている。ただし4人共作品をよく知らない為ROCKYから叱咤されることもしばしば。
『湯けむり純情篇』では、私服姿ということもあって全員J.S.B.を好んでいる。
HEIDI(ハイジ)
演 - 西村一輝
名は「アルプス少女のハイジ」のハイジから取られている。
MARCO(マルコ)
演 - 廣瀬智紀
名は「母をたずねて三千里」のマルコから取られている。
LASSIE(ラッシー)
演 - 西川俊介
名は「名犬ラッシー」のラッシーから取られている。
COSETTE(コゼット)
演 - 松田凌
名は「レ・ミゼラブル 少女コゼット」のコゼットから取られている。

鬼邪高校(おやこうこう)[編集]

S.W.O.R.D.の"O"にあたる"漆黒の凶悪高校"の異名を持つ不良校。通称"鬼邪高"。SWORD地区の北西部で昔から治安が悪いことで有名な鬼邪地区に創設された私立高等学校。私立の学校なので、金さえ払えば誰でも入学・転入・転校・卒業・留年が可能な為学校の経営体制も"悪"と言われている。全日制・定時制合わせて百名規模というSWORDで最大勢力を誇り、また卒業生には家村会幹部・川田を始め、現在もヤクザとして活動する年長者も多い事からSWORDでは最古参の勢力でもある。ただし、村山が番長となるまでは鬼邪高校をまとめ上げる者が居らず無法地帯だったため、チームとして見た場合は山王連合会や達磨一家同様新参と言える立場にある。全日制と定時制共に不良ばかりだが、特に定時制は全国から集まった20歳超えの荒くれ者の生徒が多数在籍する、「拳100発に耐え続ければ頭になる」の伝統がある[7]。世間からも「極道からのより良いスカウトを待つ場所」や「ヤクザの予備軍」など悪い目で見られることが多い。

『ドラマ・シーズン2』では、転校してきた轟の手で全日制が制圧され、定時制の存在を知った轟らに村山の不在中に強襲される。村山VS轟のタイマン勝負は接戦ながらも村山が勝利。及び今回の全日制との一件は不問とされた。

『MOVIE』では、MIGHTY WARRIORSに強襲され開校史上壊滅的大敗北を喫することになり、村山・古屋・関が自主退学することになったが、コンテナ街の戦いの後に退学は取り消され復学することになる。

『MOVIE2』では、山王連合会の提唱した"SWORD協定"に唯一賛成する勢力として、SWORD協定やSWORDを守る為に村山たちが独自に動き回るなど初登場と比べるとかなり考え方や行動パターンが変わっている。また、コンテナ街の戦いの影響から村山が初めての番長宣言を発令し、"定時制の揉め事に全日制は巻き込まない"というルールが制定された為以降全日制は姿を表さなくなる。

『MOVIE3』では、九龍グループに歯向かったことで鬼邪高校諸共定時制は壊滅してしまうが、再びメンバー全員が再集結したことでチームは復活した。FINAL MISSIONでは、陽動部隊として九龍グループを相手に奮戦する。

『WORST EPISODE.O』では、スピンオフとして今作の主人公格グループを務めており、コンテナ街の戦い後からFINAL MISSION後まで(MOVIE終了後からMOVIE3終了後)が描かれており、定時制は九龍グループとの戦争中は鬼邪高校には誰1人顔を出さなかった。全日制はコンテナ街の戦いの後は、全日制の均衡が崩れて轟率いる"轟一派"と司を頭とする"司一派"、泰・清コンビ率いる“泰・清一派"、中越率いる1学年グループ"中越一派"が対立し合う。その後村山の番長宣言により、鬼邪高校は定時制と全日制で完全に分裂することになる。

『WORST』では、スピンオフとして今作の主人公格グループを務めており、楓士雄が復学したことで司一派と中・中一派が合流するのだが、その最中戸亜留市の鳳仙学園と敵対することになる。一連の騒動に決着をつけた後、全日制と鳳仙学園は友好関係を築くことになり、定時制では村山・古屋・関が定時制を退学する。

テーマソング - DOBERMAN INFINITY / JUMP AROUND∞

定時制[編集]

村山良樹(むらやま よしき)
演 - 山田裕貴D-BOYS
鬼邪高校初代番長、定時制頭。
選りすぐりの粗暴者たちから拳100発を受ける荒行に耐え抜き、鬼邪高校を初めて統一した男[7]。小柄で華奢な体格だが並外れたタフネスと強靭なスタミナを持ち、どれだけダメージを受けてもゾンビのように立ち上がる[17]。しかし、組織の頭らしかぬ浮き沈みの激しい気分屋な一面や頭としての責任感の欠如から、事実上のお飾りの大将状態であった。
自身より歳下メンバー達から"村山"と呼び捨てにされることが多く、"村山さんな"とツッコミを入れるがこれは自分のことを舐めているからという訳ではなく、自分達と同じ存在・対等の仲間として見られていることの露われであり、本人も自覚していることから怒ることはなくツッコむだけで信頼関係を築いている。
『ドラマ・シーズン2』では、コブラとのタイマンに敗北後は無理感・無気力状態に支配されており、轟からの宣戦布告も一切応じることなく定時制勢からは"番長失格"・"てめえに着いていく俺たちの身はどうなる"と顰蹙を喰らってしまう。休校中の最中に轟達全日制に定時制が襲撃されたことで轟とのタイマン勝負に挑み接戦ながらも勝利。そこで轟に"お前は俺よりずっと強い、でも喧嘩が強いだけじゃ鬼邪高校じゃやってけねえ、もっと勉強しろ"と言い、自らも鬼邪高校の番長である自覚と覚悟を決めることとなる。
『MOVIE』では、開校史上壊滅的大敗北を喫したことで自分達は本当に数が多いだけの寄せ集めであることの無力さを思い知らされ、これ以上仲間を危険に晒すまいと鬼邪高校を自主退学して湾岸地区に乗り込む。
『MOVIE2』では、唯一SWORD協定肯定側の人間として登場しSWORD協定締結に向けて個人で暗躍する。達磨一家本拠地に単身乗り込み日向にタイマン勝負を申し出るなど大胆さは変わらない。
『MOVIE3』では、陽動部隊として九龍グループを迎撃し、雨宮兄弟やRUDE BOYS達の足止めを行う。騒動終結後は大型二輪の購入を検討しており、相談の為山王街を訪問するもコブラから無免許であることを指摘され、免許取得後にまた相談に来るといい山王街を去った。
『WORST』では、コンテナ街から黒白堂さらには"FINAL MISSION"を得てさらに強くなったことで轟の再戦を受けるも快勝する。普段はフリーターとしてバイトを掛け持ちしているが劇中序盤で鬼邪高校生であることが露見して失業する事態に陥るが関の伝で関の実家の建設会社で勤務することになる。仕事ぶりから過去にも同様の仕事をしていた経験がある模様。
古屋英人(ふるや ひでと)
演 - 鈴木貴之
村山に敗北するまでは負けなしで、過去には荒行で98発の拳に耐え続けたこともあり、生徒同士のケンカを仕切っていた。村山が荒行で99発目まで到達した時はルール違反の凶器を使うが、逆に返り討ちにあう。以降、番長となった村山をサポートする[7]。元々は秀才高校に行けるほどの頭脳の持ち主だが、己の力を知らしめる為鬼邪高校に編入した遍歴がある。
関虎太郎(せき こたろう)
演 - 一ノ瀬ワタル
プロレスラーのような体格を誇る鬼邪高校の最年長(25歳)。怪力の持ち主で、戦闘の前には体の前で組んだ両手をくねらせる特徴的な仕草を見せる[17]。村山を心から慕っている[13]。喧嘩が強そうな見た目に反して腕っ節はそこまでではなく、自分より格下の生徒達に指示して自分は確実に相手を倒せる時でしか喧嘩をしない一面もある。
三中トリオ
村山たちより前に既に定時制に編入していた3人組で、お互い違う学校を取り仕切っていたが定時制で出会ったことで意気投合した。
『WORST』では、全日ステークスを仕切るなど裏方としても定時制を盛り上げる。また、村山達の退学後に再び空白となった番長の座をかけて中林が荒業に挑戦することとなる。
中茎(なかくき)※初登場は役名なし
演 - 青木健
中林(なかばやし)※初登場は役名なし
演 - 清原翔
中園(なかぞの)※初登場は役名なし
演 - 陳内将(D-BOYS)

全日制[編集]

花岡楓士雄(はなおか ふじお)・WORSTの主人公
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
希望ヶ丘団地"首吊棟"の元住人。鬼邪高校全日制に進学したが、祖父の都合で2週間で田舎に転校した。1年後、鬼邪高校に復学し、親友・司率いる"司一派"と協力関係になる。
並外れたパワー・スピードと高い身体能力の持ち主。性格は天真爛漫・好奇心旺盛な上に感情豊かで思ったことはすぐ口に出し、誰とでもすぐに仲良くなれる。リーダーの器と周りを惹きつける魅力も併せ持っているが、強者相手には誰であっても腕試ししようとする危うい一面もある。[17]。その裏表ない態度や猛者達やその他の人間の心を鷲掴みにするなど人を寄せ付けるムードメーカーでもあり、皆の士気を高め集団を統率すべく鼓舞するなどカリスマとしても描かれている。
轟一派
構成は轟・辻・芝の僅か3人のみながらも全日制最強勢力。放送室を拠点としている。
テーマソング - EXILE THE SECOND / Ain't Afraid To Die
轟洋介(とどろき ようすけ)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 前田公輝
轟一派リーダー。
不良たちから恐喝されたことをきっかけに不良という存在を激しく嫌悪し、対抗する力を手に入れるために自身を徹底的に鍛え上げた[18]。以後、「不良狩り」と称して喧嘩を仕掛け倒した相手の写真を撮ることに快感を覚えるようになり、自身の築き上げた強さで名誉と栄光を手に入れて成り上がろうと、全国の不良が集まる鬼邪高校に転校してきた。鬼邪高校や不良らしくない、メガネを掛けてローファーの革靴、学ランをキチンと着こなすなど見た目は優等生らしいが、人格としては前述の不良狩りの影響からかピアスをつけたり、SWORDを獲ると息巻くも鬼邪高校内の定時制と全日制の学科の存在も知らずに転校してくるなど軽薄な一面もある。
『WORST』では、村山の番長宣言に不服を感じ再度タイマンを申し入れると前回と打って変わった村山に完膚なきまで叩き潰される大敗北を喫する。この敗北が全日制の均衡を完全に崩す引き金となる。評判もイマイチで、"全日制で一番強いが、轟の下に着き頭にするとなると話が変わってくる"と人望はほぼない。
辻(つじ)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 鈴木昂秀(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
轟の転入当時に芝マンと共に全日制の頭として君臨していた生徒[7]。轟に敗れた後、その座を明け渡し頭となった轟を"右足"としてサポートする。希望ヶ丘団地"殺人棟"出身。
芝龍(しば りゅう]
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - (THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
轟の転入当時に辻と共に全日制の頭として君臨していた生徒。苺美瑠狂の芝の弟で、"芝マン"と称される[7]。辻と共に轟を"左足"としてサポートする。希望ヶ丘団地"殺人棟"出身。
司一派
元々は楓士雄・司コンビだったものが、楓士雄転校後に1人また1人と人数が増えていき、ジャム男を筆頭に司をリーダーとするようになった勢力。全日制校舎の屋上を拠点としている。
高城司(たかじょう つかさ)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
司一派リーダー。
全日制2学年の生徒で、かつて花岡楓士雄と同じ団地に住んでいた同級生であり、かつての相棒。楓士雄と共に鬼邪高校でテッペンを取るべく鳴り物入りで入学したのだが、楓士雄の転校後に親友のいなくなった喪失感からテッペンを取ることに疑問を抱くようになる。希望ヶ丘団地"幽霊棟"出身。
ジャム男(じゃむお)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 福山康平
司一派サブリーダー。
全日制1学年の生徒で、高城司の腰巾着。かなりの情報通で助平な一面もある。普段は腰巾着姿勢で喧嘩も強くないが、楓士雄・司をリスペクトしている。希望ヶ丘団地"幽霊棟"出身。"ジャム男"の仇名の由来は、幼少期からジャムパンが好物なことから。
信田(しのだ)
演 - 六車勇登
北林(きたばやし)
演 - 高品雄基
泰・清一派(やすきよ)
近隣の"暁高校"で凶悪コンビとして恐れられていた"泰・清コンビ"が率いる勢力。泰・清コンビの名を知る生徒たちが次々とこの派閥に加わった。2学年の一教室を拠点としている。
テーマソング - DOBERMAN INFINITY / まだ足りねえ
西川泰志(にしかわ やすし)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 佐藤流司
泰・清一派リーダー。
全日制2学年に転入してきた生徒。狂った戦い方で恐れられる"泰・清一派"のリーダー格の1人で"狂気の喧嘩師"と渾名されている。楓士雄・司とは別の中学だが、当時から清史と共に暴れ回っていたため2人とは因縁が多い。希望ヶ丘団地"放火棟"出身。
『WORST』では、鬼邪高校VS鳳仙学園の火種として、鳳仙学園の生徒に化けた牙斗螺の集団により負傷する。
横山清史(よこやま きよし)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - うえきやサトシ
泰・清一派リーダー。
全日制2学年に転入してきた生徒で、"泰・清一派"を泰志と共に仕切り、"血に飢えた狂犬"と渾名されている。希望ヶ丘団地"放火棟"出身。渾名や人柄の割に常識ある一面もあり、轟からの発破もグループ内で1人だけ激怒していたり、泰志が蹴り飛ばした生徒が屋上から転落したと勘違いして泰志を攻めるなど。
下田(しもだ)
演 - 草川直弥
阿部(あべ)
演 - 福井巴也
中・中一派(ちゅんちゅん)
かつて1学年を制圧しそのまま2学年に昇級した中越と1学年を制圧した中岡らが率いる全日制最大勢力。1学年の一教室を拠点としている。
テーマソング - SWAY / On Fire
中越大(なかごし だい)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 神尾楓珠
中・中一派リーダー。
"五中"を仕切っていた札付きのワルで期待のルーキーとして"クレイジーボーヤ"と呼ばれる。大のヒップホップ好き。中学時代に楓士雄とタイマン勝負を繰り広げたこともあり腕も立ち人望も厚い楓士雄をリスペクトしており、全日制に復学したことを知った途端に掌を返すかの様に自らのグループを楓士雄の元に合流させる。
札付きのワルや凶暴な男・カリスマな一面で恐れられているもの本人は卑劣な行為や凶器を用いた喧嘩を忌み嫌っており、喧嘩は拳でやるというプライドを持っている。
中岡昌平(なかおか しょうへい)
初登場 - HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
演 - 中島健
中・中一派リーダー。
全日制に編入後すぐに1学年を制圧し、1学年を引き連れて中越一派に合流。中越を"先輩"と慕っており、中越と同じくヒップホップ好き。楓士雄とは面識はなく、話を聞いていた程度だった。
益田(ますだ)
演 - 阿部周平
羽佐間(はさま)
演 - 一條恭輔
石原(いしはら)
演 - 久保雅樹
澤(さわ)
演 - 石橋弘毅
天寺(あまでら)
演 - 下田壮良

RUDE BOYS[編集]

S.W.O.R.D.の"R"にあたる集団。通称"ルード"。 全員身軽でアクロバティックな動き、例としてフリーランニングを得意とする。深い闇を抱えた者達が集まってできた治外法権のスラム街「無名街」を守護する街の浮浪児達で組織された義勇軍・自警団の様な集団。 余所者に厳しく、無名街に足を踏み入れた者を一瞬で刈り取ることから、"無慈悲なる街の亡霊"の異名を持つ[7]。 無名街に住む者は名前を持たず身寄りがない者が多いために互いを「家族」として扱い生活しており、それ故に絆が強く、家族のために廃墟と化した無名街を再建することを生きる目標としている。SWORDの中では特に少数精鋭勢力として見られており、個々のメンバーの戦闘力も各チームの面々を凌駕している等他のチームからも一目置かれている。

『MOVIE』では、湾岸連合軍の手で無名街が爆破・破壊され、死傷者を大勢出すなど壊滅的被害を被る(MOVIE3では、九龍グループが日本政府の陰謀により貴重鉱石採掘場を爆破したことが明らかとなっている)。

『MOVIE2』では、満身創痍のスモーキーに代わってタケシとピーがリーダー代行としてチームを指揮している。

『MOVIE3』では、無名街の爆破解体が公に決まったことでスモーキーがRUDE BOYSを含む全住民に避難するよう指示する。スモーキーの死後は二代目リーダーとしてタケシが正式にチームを指揮していくこととなる。SWORDの中では唯一MOVIE3以降の動向が不明の勢力である。

テーマソング - GENERATIONS from EXILE TRIBE / RUN THIS TOWN

スモーキー ※故人・本作のキーマン
演 - 窪田正孝荒木飛羽(幼少期)
RUDE BOYS初代リーダー。
無名街に住む家族を誰よりも大切に思い、家族を傷つける者には容赦はしない[7]。街の住人や仲間も含め自他共に厳しいが、RUDE BOYSのメンバーのことはただの仲間ではなく家族として大事に考えており、リーダーとしての自覚と併せて柔軟な思考も持ち合わせている。咳をするように血を吐く持病を患っており無名街を危険にさらす危険性を考慮して街の外の医者のもとへは行こうとしない頑固な一面もある。SWORDの頭としては、戦闘力や身体能力の高さも加えて統率能力・判断力も間違えなくトップであると一目置かれているが前述の持病持ちの面からあまり表立って行動できないでいる。戦闘力はヤマトを圧倒する(劉との戦いは発作の発生の為カウントせず)。劉との戦いに敗れて負傷し、SWORDの頭の中では唯一コンテナ街・黒白堂駅の戦いに参加できていない。
『ドラマ』では、万が一仲間や家族に裏切り者がいたらすぐに始末するとまで豪語するほど信頼を寄せていたシオンが自分にまで秘密裏に家村会と結託していたことを知り自身の無力さを思い知らされることとなりシオンに危険を避ける為無名街から出ることを進言する。その後に病気が悪化していく。
『MOVIE』では、多くの無名街の住人が死傷したことに怒り狂いチームを率いて湾岸地区に乗り込むが湾岸連合軍の返り討ちに遭い、更には自身も発作と劉の手で負傷したことで撤退を余儀なくされる。雨宮兄弟の尊龍とは面識があった模様で広斗に話を聞かれていた。またその最中でララが連れ去られたことで広斗にララの救出を懇願する。
『MOVIE2』では、日常生活もままならない状態で登場し、髪の毛や眼球が白濁している。
『MOVIE3』では、持病の原因が無名街で眠っている公害の物質による公害汚染の影響であることが判明。視力もほぼ失った状態であった。日本政府による無名街強制退去と爆破解体のニュースを知り、全住民とチームメンバー全員に無名街から出る様進言し、自身は殿として九龍グループと対峙する覚悟を決める。その後に家村会幹部・二階堂率いる構成員達の手で惨殺される。遺体は無名街の外れに埋葬された。
タケシ
演 - 佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE
RUDE BOYS二代目リーダー。
ブレイクダンスのような動きを得意とするメンバー。ダンスが好きで踊りながらビートを刻むことからタケシ(「ビートたけし」にかけたシャレ)と呼ばれるようになった[7]。戦闘力はテッツを圧倒する。兄のような存在であるスモーキーの身を案じており、彼の力となるために尽力する。
ピー
演 - ZEN (パルクールパフォーマー)
チームの中でも特にアクロバティックな動きに長けたメンバー。幼いころは泣き虫でいつもピーピー泣いていたことからピーと呼ばれるようになった[7]。戦闘力はダンを圧倒する。
『LIVE』では、スモーキーとタケシの代わりにRUDE BOYSを率いて乱入してくる。
シオン
演 - 永瀬匡
RUDE BOYSで幹部的ポジションにいたメンバーで、スモーキーからも絶大な信頼を得ていた。だが仲間にすら秘密裏に家村会と結託し外れの工場を使ってレッド・ラム製造工場を稼働してレッド・ラム売買取引を行い、更には自身も金を着服していた。そのことが露見したことでスモーキーから自決するか無名街から出ていくことを進言され、消息を絶つ。
『MOVIE』以降は再び無名街から消息を絶ったのだが、行方不明もしくは死亡したとのこと。
ユウ
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 佐野岳
無名街に流れ着いた元・余所者。かなりの自信家で態度も口調もふてぶてしいが、その俊敏な運動能力は誰にも引けを取らず、華麗な足技で敵を蹴散らす[12]
無名街の住人
ララ
演 - 藤井夏恋Happiness/ShuuKaRen/E-girls
スモーキーの妹。スモーキーと血は繋がっていないが、幼少期に無名街に捨てられた日が同じで兄妹として育ってきたため、絆は強い[12]
エリ
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 鈴木梨央
スモーキーと同じ様に咳が出る病を患っている少女[13]。『MOVIE2』・『3』ではこの咳の症状が重要な鍵であることが判明し、スモーキーの死後に公害犠牲者として九龍グループに命を狙われる。

達磨一家[編集]

S.W.O.R.D.の"D"にあたるチーム。通称"達磨"。 かつてムゲンによって滅ぼされた、九龍グループの傘下組織「日向会」の日向四兄弟の四男・日向紀久を筆頭に、ムゲンに恨みをもつ極悪コンビ「饕餮兄弟(とうてつきょうだい)」や加藤鷲らによって結成された比較的新しい武闘派チーム。勝ち負けに関係なく復讐という目的を達成するまで何度でも戦いを仕掛けてくることから"復讐の壊し屋一家"と呼ばれ怖れられている。戦闘時も太鼓で開始を告げる、太鼓の撥を武器とするなど和や祭りを意識したところが目立つ。 SWORD地区一帯の祭の利権を牛耳る組織でもあり、様々な祭り事を主催し闘鶏・花札・喧嘩賭博などを資金源としている[13]。SWORDの5チームでは特に他勢力に敵対心を露わに見せている勢力として恐れられており、村山は"達磨一家と関わったら死ぬまで戦争になる。絶対に関わるな"と警告し合い、ROCKYもその執拗に抗争を仕掛けてくる姿勢を危険視、またRUDE BOYS内でも"復讐の為なら何を仕掛けてくるか分からない"などと恐れられている。

『ドラマ・シーズン1』では、劇中前で日向が羅千刑務所に収監されており、チーム自体は活動休止状態となっており表沙汰に動いていない様子だったが、家村会の手で釈放されたことでチームが復活。手始めに右京一派・左京一派・加藤一派の三方向に分かれて"達磨一家復活の挨拶回り"と称して各チームを襲撃。その後達磨一家全勢力で山王連合会を潰すべく山王町を強襲。だが、ここで山王連合会解散を宣言されたことで戦いを放棄し撤収する。

『ドラマ・シーズン2』では、山王連合会との抗争直後に日向が謎の失踪を遂げており、再びチームは活動休止となっている。

『MOVIE』では、SWORD襲撃によりチームがほぼ半壊する。

『MOVIE3』では、九龍グループに歯向かったことで賭博場諸共チームは壊滅してしまうが、再びメンバー全員が再集結したことでチームは復活した。FINAL MISSIONでは、陽動部隊として九龍グループを相手に奮戦する。

『湯けむり純情篇』では、達磨ベイビーズが出張営業の為上下温泉街を訪問しており、そこでDTCとSMGと"DPD"を行なっていくことになる。

テーマソング - DJ DARUMA from PKCZ / VOICE OF RED feat. GS

日向紀久(ひゅうが のりひさ)
演 - 林遣都
達磨一家頭。
喧嘩や祭好きな性格で、祭り事や喧嘩を自分で仕切りたがる[12]。自身が死んでも構わないという覚悟を兼ね備えている[13]。物語開始前に兄達率いる日向会が九時グループから破門追放処分を受けたことに激怒し、九龍グループ構成員を狙った襲撃を繰り返しておりそこで捕まってしまい、幾度も羅千刑務所と外を行ったり来たりという状態で、その最中で左京達現在の達磨一家の主要メンバーと出会うことになる。
『ドラマ・シーズン1』では、家村会の手で出所し念願のSWORD制圧に動き出しSWORD狩りと称して各チームの襲撃を指示する。そこでは各チームから警戒される危険人物であると同時に自らの命を引き換えにでも兄達の仇を取る為に九龍グループを潰す覚悟を見せつける。コブラとのタイマン勝負で勝敗を喫さないまま撤収する。
『ドラマ・シーズン2』では、前述のコブラの言葉により自ら宿願としていた兄達の敵討ちの為に行動している事に疑問と迷いが生まれ、加藤達にチームを託して家村会の監視を振り切って失踪していた。
『MOVIE』では、加藤の手で半壊状態のチームに戻るも仲間を傷つけたことや自分達の縄張りを荒らされたことに怒りを露わにし、再びチームを率いて湾岸地区に乗り込む。コンテナ街の戦いでは、かつて敵対していたコブラと共闘することになる。
『MOVIE2』では、SWORD協定に対しては"そもそもSWORDとはつるみ合う仲ではない"と拒否しているも、黒白堂では考えが変わり自らを"SWORD協定"と名乗りを上げていた。また、DOUBTの蘭丸からWhite Rascalsを潰す為に協力を打診されていたが、"仲間をすぐに切り捨てる奴の事は信用するに値しない"とDOUBTに宣戦布告する。
『MOVIE3』では、姿を晦まし潜伏していたが達磨一家・本拠地の賭博場諸共壊滅した事で自分がどういう敵を相手にしようとしていたのか思い知らされることになってしまう。"FINAL MISSION"では、陽動部隊として祭で用いる打ち上げ花火を使った攻撃で九龍グループ相手は派手な特攻作戦を決行する。
右京(うきょう)
演 - 遠藤要
達磨一家幹部クラスの主要メンバー。凶暴とも言える喧嘩スタイルを危険視されムゲンを破門になったムゲンの元メンバーである饕餮兄弟の一人。相棒の左京と共にムゲンの元メンバーたちを襲撃した時に日向と知り合い、そのままつるむようになった。凶暴な男だがその半面、戦意喪失した山王連合会を目の前に撤収を促したり、コンテナ街ではRUDE BOYSの身を案じて退避するよう促すなど、義理人情で動く性格。
左京(さきょう)
演 - 阿部亮平
達磨一家幹部クラスの主要メンバー。饕餮兄弟の一人で右京の相棒[13]。右京と同じく凶暴な男だがその反面思慮深い一面もあり、達磨一家を利用してSWORDの均衡を崩すことを目論む家村会の思惑にいち早く勘付きSWORD統括がうまくいかず焦りの色を露わにしていることを感知、賭博場が大盛況の中ただ1人カジノ計画による影響を危惧するなどSWORDの面々や武闘派集団の達磨一家の中では珍しい頭脳派な性格。
加藤鷲(かとう しゅう)
演 - 小澤雄太(劇団EXILE)
達磨一家幹部クラスの主要メンバー。達磨一家結成時のメンバー。
日向より歳上で、特にチームの下のメンバー達の全体的な指揮を行う役目や日向の兄達から暴走気味の弟の後見人としてチームに加わった[12]
『湯けむり純情篇』では、直接登場しないが脚本担当の平沼が達磨ベイビーズ役の演者に渡した前日談ストーリーによると法被の色が違う事について考えていた彼らに自分達の祭を見つけるよう促し、SWORD地区の外に出すきっかけをあたえていた[19]
達磨ベイビーズ
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
達磨一家の門番兼賭場の門番・雑務を行う若手の白法被集団。通り名は達磨入りする際門番としての覚悟を表す意味も込めて付けたもの。
風太(ふうた)
演 - 水野勝BOYS AND MEN
名は風神から取られている[13]
雷太(らいた)
演 - 田中俊介(BOYS AND MEN)
名は雷神から取られている[13]
阿行(あぎょう)
演 - 守屋光治
名は阿吽金剛力士像から取られている[13]
吽行(うんぎょう)
演 - 井澤勇貴
名は阿吽金剛力士像から取られている[13]

九龍グループ[編集]

日本の裏社会を支配する"九つの龍"と呼ばれる九つの直参団体からなる極道連合組織。通称"九龍"。構成組織の頭領は皆名前に「龍」がついていることが特徴。"九龍に失敗はない。失敗は死を意味する"を鉄の掟とする。九龍グループ初代総裁の九世龍心が任侠の世界に身を投じ、たった一代で日本の極道の頂点・巨大極道組織を作り上げた。一組織の勢力も強大で、その傘下組織も多いが組織同士での覇権争いが激しく、互いにせめぎ合っているため、それぞれが協力し合うことはほとんど無く、むしろ対立関係にある。組織全体を考える黒崎とそれに従う"黒崎側"と目的の為なら強行手段も辞さない"善信側"に分かれている。組織としても、一組織の壊滅もしくは解体になったところで勢力が半減化する訳ではなく、"九つの龍"として相応しい人間が昇格し新たな組織を束ねる頭として君臨する為組織壊滅は不可能に近い。

ドラマ共通で家村会が水面下で動いてきたが終盤ではSWORD地区都市再開発に伴い土地売買事業にも手を出し始める。

『MOVIE』では、龍也暗殺とムゲン解散に裏から関わっていたことが判明し、九龍グループ壊滅を目論む琥珀・張城の李から狙われる。終盤からSWORD地区統括の為九龍グループの全勢力が動き出すこととなる。ただし、SWORD襲撃やコンテナ街の戦いにはほとんど関わっていない為今作では全体を傍観する姿勢をとる。

『RED RAIN』では、家村会以外の上園会・黒崎会なる組織の存在も明らかとなり、上園会は雨宮兄弟と対決し、結果は惨敗。失敗続きで構成員も組織も壊滅し1人逃げ帰ってきた上園が用無しと判断され、死亡した上園にとって代わり、本家構成員・劉龍人が新たなる九つの龍の一角となる。

『MOVIE2』では、本家勢力の他に善信会・克也会・源会・植野会・藤森会、そして劉率いる劉会が登場し、ここで九龍グループが組織として黒崎側と善信側に二分された状態であることが明らかになる。終盤で黒白堂に善信会が乱入し、SWORDとDOUBTに脅しをかける。

『MOVIE3』では、SWORDが宣戦布告の構えを見せたことで遂に九龍グループもSWORDの5チームと共にそれに関わる場所ごと壊滅させる。また、劇中で総裁・九世龍心の逝去と"バルジ"の作戦離脱により善信・植野・藤森・劉らが九龍グループの指揮系統から離脱。さらにFINAL MISSIONが成功したことで黒崎・克也・源・家村らが一斉検挙。これにより九龍グループは完全に崩壊することとなった。

テーマソング - EXILE THE SECOND / One Time One Life

九世龍心(くぜ りゅうしん) ※故人
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 津川雅彦
九龍グループ本家初代総裁。
九つの龍である9人の会長たちをまとめる首領であり、他の会長や部下達の生殺与奪権も握っている。太平洋戦争後の混乱期から任侠の世界に身を投じ、一代で巨大な極道組織を作り上げた日本の裏社会を牛耳るフィクサー。高齢で口調は落ち着いてはいるものの、数々の修羅場を潜り抜けてきた貫禄とオーラで圧倒する[12]。最初は黒崎を含む同志数十名と共に"弱気を助け強気を挫く"を信条とした組織"九龍会"として組織・創設したのだが時代の変化に伴い今の様な"弱き者たちから恐れられ奪う存在"となってしまったことを嘆いており、特に現代の暴力団対策法により国からうまいように利用される立場も考え、今の九龍グループに必要なことは現在の勢力を維持し続けることではなく、組織全体が一度壊滅することではないのかと自問自答する様になる。
『MOVIE3』では、釈放後SWORD壊滅行動を厳命した後に逝去する。
九世梨花子(くぜ りかこ)
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 飯島直子
九龍グループ総裁権限代行。
九世龍心の妻。龍心不在時は、総裁権限代行として会長達に命令・指示することが出来る唯一の存在で、龍心に代わり、他の会長達に向けて啖呵を切る[11]
九龍グループ・家村会
『ドラマ』から登場する組織。
九龍グループの中では比較的新しい勢力で、SWORD統括にも真っ先に名乗りを上げた[12]。国双地区を拠点に湾岸地区全域・四暗地区・羅千地区を支配しており、跡目争いに名乗りを上げるためにSWORD地区を統括し勢力の拡大を狙っている。
MOVIE3では、組織の影響力が半減したのか他の勢力より劣っているのかは不明だが、兄貴として慕う黒崎側に着いている。立ち位置もかなり弱く散々な言われようであり、植野からは「家村んとこの若い衆は仕事が雑だ」・藤森からは「あいつのとこは仕事が雑過ぎて合わない」と組織・会長・構成員諸共酷評されている。
家村龍美(いえむら たつみ)
演 - 中村達也LOSALIOS/FRICTION/MUNNISH BOYS)
家村会会長。
他の構成員たちに敬語で話すなど穏やかな性格のように振る舞うが、本性は凶暴である[7]。ノボルや幹部を含む他の構成員たち相手には上機嫌な時は敬語口調だが、苛立ちを抑えられない時や九つの龍の会合の場ではヤクザ口調かつ怒鳴り声や罵声を浴びせる。新入りのノボルにも「君の活躍は素晴らしい。期待してるよ」と優遇するものの「裏切りと失敗は決して許されない」と脅しをかける。この事に関しては身内だけでなく他の会長達にも同等の考えを持っており、上園の件に関しては「ガキ相手に派手にやられてきやがって示しがつかねえだろうが」とライバルを煽る一方失敗に憤慨する一面も見せた。
石井(いしい)
演 - 西岡徳馬
家村会幹部。
川田(かわだ)
演 - 松澤一之
家村会幹部。鬼邪高校OB。
二階堂(にかいどう) / カイン
演 - 橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)
家村会幹部。
武闘派である一方、韓国語・北京語といった外国語に堪能[12]。経緯は不明だが何らかの失敗で刑務所に入っており、そこで殺人未遂で収監されたノボルと出会っている。そこから"失敗"を恐れる執着心を見せつけていた。
『MOVIE3』では、実は生粋の極道ではなく無名街出身の浮浪児でかつてシオンの兄貴分であったカインという男であることが明らかになっており、無名街が存在する限り俺の過去を消し去る事は出来ないと言い、家村会構成員に無名街の破壊・スモーキー暗殺を指示する。
キリンジ
演 - 小野塚勇人(劇団EXILE)
家村会幹部※初登場は構成員。
常に苛立っている[13]。俗に言う、チンピラからヤクザになったタイプの男で上昇志向が高く己以外の人間はライバルもしくは敵と見做している。ノボルの失敗で二階堂がリンチをしている時1人ほくそ笑んでいる腹黒い一面がある一方、自身の失敗が明らかになりノボルの二の舞になることを恐れで許しを求めるなど青二才な一面も目立つ。経緯は不明だが、MOVIEからMOVIE2間で構成員から幹部に昇格した模様。
江藤(えとう)※初登場は役名なし
演 - 白石朋也
家村会幹部。
福田(ふくだ)※初登場は役名なし
演 - 荒木秀行
家村会幹部。
九龍グループ・上園会 ※現在は壊滅
『RED RAIN』から登場する組織で、かつて九龍グループの一角であった。政治家の篠原と手を組み、SWORD地区にカジノの建設計画を画策しており、篠原からカジノ法案反対派の人間の暗殺を任されている。家村会と同じで九龍グループの中では新参組織だが異端の新勢力と恐れられ、家は七代続く由緒ある極道組織で、近年九龍グループの傘下に加わり九つの龍へとのし上がった。終盤で、組織・構成員共に壊滅状態となり、上園も暗殺された事により事実上上園会は壊滅した。
その後は残存構成員達は全員新設された劉会に移籍。表向きは"シノギの失敗により、本家より絶縁宣言を食らった"とされている。
上園龍臣(かみぞの たつおみ)※故人 
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 石黒賢
上園会会長。
目的のためなら邪魔者を殺すことも厭わない、冷酷な性格の持ち主[11]。RED RAINのメインヴィラン。愛華の父、そして雨宮兄弟の両親を死に追いやった仇敵である。表向きの性格は紳士かつ言動は穏やかだが、やはり同格の家村と同じく本性は狡賢こく自らの傷口を抉られるような話になると激昂する凶暴な一面もある。雨宮兄弟の噂を聞いて構成員達には組織の頭上侮りを見せるなど厳命するも本心は大した警戒心も抱いておらず、心の油断が今回組織壊滅の決定打になったとも言える。終盤で組織も構成員も全滅し自身も重症を負わされ生恥を晒したという理由から龍心からも用無しと見なされ、劉の手で暗殺される(表向きは、本家との絶縁直後の事故死とされる)。
林(はやし)※故人
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 三浦誠己
上園会構成員。
上園の第一の側近で、上園からの信頼も厚い。上園を逃す為に殿となり雨宮兄弟を殺そうとするも、尊龍と相討ちになる形で死亡する。
九龍グループ・黒崎会
『RED RAIN』から登場する組織。
九龍グループの九つの龍の中でNO.2の地位にあたり、九龍グループ二大派閥の1つ。SWORD地区の統括に積極的に動く家村会や上園会に比べて一歩引いた存在である。
黒崎君龍(くろさき きみたつ)
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 岩城滉一
黒崎会会長。
九龍グループ二代目総裁最有力候補。
落ち着いた物腰ながらも威圧感があり、周りを俯瞰しながら穏やかだが厳しい言葉を浴びせる[11]
龍心を慕い、苦楽を共にし任侠の世界を学んできた為彼のために九龍グループ組織全体を第一に考えて精力的に行動する。政治の交渉にも長けており、体調不良の龍心に変わってカジノ推進派の政治家や官僚と裏で接触する[13]。跡目争いにはどちらかと言うと積極的ではなく、強硬・過激派ともいえる善信に「手柄を上げて、そこまでして跡目になりたいのか?」と苦言している。
九鬼源治(くき げんじ)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 小林直己 (EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
黒崎会若頭。
黒崎に並々ならぬ忠誠を誓っており、黒崎に全てを捧げ命令を完遂することを最高の喜びとする。無表情で寡黙な強面の顔・プロの殺し屋としての戦闘能力と身体能力から「始末人(ターミネーター)」の異名を持つ[12]。圧倒的な存在感や異常なオーラを醸しつつも台詞は出演2作共々一言だけである(全てライバル関係でもあった劉に発した台詞で、MOVIE2では「出世したな」・MOVIE3では「自殺にならねえだろうが」)。
九龍グループ・劉会
『MOVIE2』から登場する組織。
かつての九つの龍の1人の上園龍臣を劉が暗殺したことで、九世龍心の側近から九つの龍の1人として昇格して空白の座を受け持つ形となって組織された[12]。幹部・構成員達の一部も、上園会の残党が在籍している[13]
劉龍人(リュウ たつひと)
演 - 早乙女太一
劉会会長(MOVIE2)。極東系のMIGHTY WARRIORSのメンバー(ドラマ)で、九龍グループ本家構成員(RED RAIN)。
若くして九つの龍の1人となったサラブレッド。実は総裁・九世龍心の息子で、その血筋と上園を暗殺したことで後釜に着いた。九龍グループ本家直属の構成員・暗殺者で、MIGHTY WARRIORSでもあり、九龍グループでもある謎の多い人間。物静かな性格でよく読書をし、時折詩人のように抽象的な言い回しをする[7]。青龍刀を武器として所持しており、身体能力・格闘能力・耐久力もずば抜けている。
単独活動時はギャンブルを行う。
『MOVIE』では、DOUBTを率いてRUDE BOYSを迎撃し「無名街はよく燃えますね」「街がゴミならそこに住む人間もゴミ」と煽っている。スモーキーとの対決では彼を上回る動きで背中を斬りつけて負傷させ、加勢に来た広斗の攻撃を喰らっても平然としているなど、生半可な実力者ではないことを見せつけたが、途中で潮時と見做して1人コンテナ街から立ち去る。終盤では九龍グループ本家の構成員としてSWORD地区の現状を報告する。
『RED RAIN』では、総裁の側近・暗殺者として行動しており上園龍臣を暗殺し空白の座となった"九つの龍"の座の末席として君臨することになる。
『MOVIE2』では、組織を率いる頭として登場し、同業である源治と相対している。ICE達との交流は続いており、彼らが巻き込まれないように根回しを行いながら活動している。
八木(やぎ)
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 渡邉紘平
上園会構成員(『RED RAIN』)、劉会幹部(『MOVIE2』)。
『RED RAIN』では、上園の第二の側近として行動しており実働部隊の指揮官をも務めていた。雨宮兄弟による上園会本拠地襲撃による数少ない生き残りである。
『MOVIE2』では、上園暗殺により上園会壊滅後に新設された劉会の幹部となる。
九龍グループ・善信会
『MOVIE2』から登場する組織。
九龍グループの九つの龍の中でNO.3に当たり、九龍グループ二大派閥の1つ。根っからの武闘派勢力で皆血の気が多く、構成員数100名を超える九龍グループの中で最大勢力を誇る組織。
善信吉龍(ぜんしん よしたつ)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 岸谷五朗
善信会会長。
好戦的でイケイケな性格[12]で、九龍グループの九つの龍最凶の暴君と恐れられている。出立は龍心のフィクサー風や黒崎の仁侠道風から見ると、善信はマフィアのそれに近い。格闘能力や身体能力もピカ一で、コブラに喰らわされた蹴りを痛たがるフリをしつつコブラに立てなくなるほどの蹴りを返している。そのオーラは覇気と呼べるほど圧巻でコブラが冷や汗が止まらなくなるほどである。
吉田景虎(よしだ かげとら)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 武田幸三
善信会若頭。
会長・善信に負けず劣らずな好戦的な性格[12]
宇高真一(うだか しんいち)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 黒石高大
善信会若頭補佐。
九龍グループ・克也会
『MOVIE2』から登場する組織。
リトルアジア地区を本拠地とする。他の組織と比較すると構成員数は十数名とかなり少ないが、九龍グループでは少数精鋭の武闘派組織として名を轟かしており、構成員達もリトルアジア地区出身者が多く、その中でも特に選りすぐりの猛者達で構成されている。
克也龍一郎(かつなり りゅういちろう)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 加藤雅也
克也会会長。
黒崎側の人間。
黒崎のことを兄貴として慕っている[12]。九つの龍の中では唯一、黒崎の部下として行動している。リトルアジア地区出身で、アジア人の血が混じっている。
大庭國光(おおば くにみつ)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 夕輝壽太
克也会若頭。
会長・克也に恐れ慄いているも、組織でNO.2の立ち位置にいる為実力もピカ一。リトルアジア地区出身で、ブラジル人の血が混じっている。
九龍グループ・植野会
『MOVIE2』から登場する組織。
九龍グループの金庫番を務める組織で、劇中では土地売買事業や裏方専門部隊として動く。
植野龍平(うえの りゅうへい)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 笹野高史
植野会会長。
善信側の人間。
極道らしくない飄々とした言葉遣いが特徴。九龍グループを資金面で支える金庫番で、金が関わる案件に関しては人一倍厳しく、極道・任侠の筋より利益の損得・自分達にメリットがあるかないかを優先する性格。フロント企業「植野コーポレーション」の社長という表の顔を使い、九龍グループの資金面を援助する[12]
九龍グループ・源会
『MOVIE2』から登場する組織。
多くのヒットマンやスナイパーを抱えており、主に九龍グループにおける邪魔者を消す暗殺部隊として活動している。
源龍海(みなもと りゅうかい)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 高嶋政宏
源会会長。
黒崎側の人間。
九龍グループ暗殺部隊隊長も兼任している。与えられた任務を遂行しきれなかった部下に対し失敗を責めることなく優しい態度を見せたかと思うと態度を激変させ踏みにじる、少しのことで激昂する危うさがある[12]
大城戸健(おおきど けん)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 尚玄
源会若頭。
暴走しがちな会長・源を支える暗殺作戦の現場指揮官。類稀なる肉体の持ち主で、無口で物静かな性格ながら格闘スキルはかなりのもの[13]
九龍グループ・藤森会
『MOVIE2』から登場する組織。
主に九龍グループ絡みの刑事事件が起きた際に、証拠を一切残さず後始末を行う証拠隠滅専門の掃除屋・「スイーパー部隊」として活動している。
藤森龍生(ふじもり たつお)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 木下ほうか
藤森会会長。
善信側の人間。
九龍グループのスイーパー部隊隊長も兼任している。機械の様に淡々とした極道とは思えない穏やかで淡々とした口調で話しをし、その表情からは何を考えてるのか見当もつかない常人とはかけ離れた狂気を醸し出している[12]

張城 (チャンソン)[編集]

『MOVIE』にて登場。SWORD地区や湾岸地区で暗躍するコリアンマフィア。日本でも活動領域を拡大しており、勢力とシマの拡大のため、SWORD地区の支配を目論む。同じくSWORD地区の支配を目論む九龍グループとは表向きは友好的に振る舞っているが、実際は敵対関係にある[7]。MOVIE以降の動向は不明。

張(チャン)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE
演 - 白竜
張城総裁。
張城ボスにして、李の父親。日本の利権を狙い、SWORD地区に目を付けた[7]
李(リー)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - V.I(BIGBANG
テーマソング - PKCZ feat. V.I from BIGBANG / WE RUN DIS
張城の御曹司。自身の筋書き通りにことが進んでいくのを何よりの愉悦と感じている[7]

MIGHTY WARRIORS[編集]

新鋭勢力で音楽とファッションの力で自分たちの理想郷を作ることを目的としており、本作の象徴とも言えるチームである。SWORD地区の隣町に位置する湾岸地区を本拠地に表舞台には立たず水面下で活動している。ルールに縛られることを極端に嫌い、目的のためならば手段は選ばない凶暴な集団ではあるが、その反面厳しい環境を生き抜いてきた者同士が多いため、チーム内の仲間意識は格段に強い[7]。金を原動力としている為金銭が絡む案件には積極的に暗躍するが、逆に金にならない案件にはメリット・デメリット関係なく手を引くこともある。通称"マイティ"。規模は僅か十数名規模という少数精鋭勢力だがICEを筆頭とする傭兵やジェシーらストリートで名を轟かせた多数の猛者が集っている為個々の実力は高く、SWORDの主力メンバーたちでは1人を相手にするだけで精一杯であり、『MOVIE3』時点で対等な勝負を行えたのは雨宮広斗のみ。また、十数年前の回想で現在とほぼ容姿が変わっていないことから、SWORDの面々より歳上であることが分かる。

『MOVIE』では、大金を得る為買収される形で張城の支配下に入り、琥珀が指揮する"湾岸連合軍"の筆頭戦力として活動。SWORD襲撃では二手に分かれ、クラブheavenと鬼邪高校を襲撃する。コンテナ街の戦いではSWORDを相手は筆頭戦力として奮戦。コンテナ街の戦い敗北後は大金を手に入れられなくなったことから行方を晦ます。

『MOVIE2』では、FUNK JUNGLEでの音楽活動に専念しており傭兵業は休業せざるを得ない状況である。劇中で創設メンバーのジェシーが復帰。更にジェシーからのスカウトでフォーがメンバー入りを果たす。黒白堂の戦いでは、ジェシーとフォーのピンチに伴い乱入し、SWORDとDOUBTを同時に攻撃して戦いを撹乱させながらSWORD側の優勢を阻止したが、戦いの最中に劉から善信会乱入の報告を受け撤収する。

『MOVIE3』では、無事に黒白堂から逃げ延びておりそこから"バルジ"なる存在を知る。そしてバルジに興味を持ったICEの呼び掛けで再び活動を再開、湾岸地区を後にする。

スピンオフでは、各メンバーの過去と出会いとMIGHTY WARRIORS結成までが描かれている。ICE・パール・9は十数年前の多国籍軍に傭兵として従軍しており、軍の駐屯地で同じ部隊に所属して交流を深めたという。ほとんどのメンバーがICEの顔見知りとして知り合った。

テーマソング① - PKCZ feat. AFROJACK,CRAZYBOY,ANARCHY,SWAY,MIGHTY CROWN(MASTA-SIMON & SAMI-T) テーマソング② - MIGHTY WARRIORS / DREAM BOYZ

ICE(アイス)
演 - ELLY(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
MIGHTY WARRIORSリーダー、創設メンバー。
アメリカ系のメンバーの多国籍軍従軍経験のある元傭兵で、同業者だった親友を失った過去がある。リトルアジア地区にあるアメリカ海軍のベースキャンプという極めて治安の悪い貧困街の出身。幼少期に、捨てられた一枚のレコードと出会い救われたことで、音楽とファッションの力を信じており、過去の自分と同じような夢も希望も持てない境遇の人たちに夢と希望をもたらすことを糧に金を稼ぐようになった[7]。基本的な性格としては、冷静沈着かつ大胆不敵で言動も穏やか、さらに頭脳派の如く取引打合せの案件には自ら出向き有意義に交渉を進めるなど人心掌握術にも長けている。本性は生粋のストリートファイターで、強者とのタイマン勝負に生きがいを感じる熱い心の持ち主で、いざ戦いになると笑みが溢れるほどである。戦闘力は雨宮広斗とほぼ互角。また、広斗とのタイマン勝負時では決着をつけることができず、挙げ句の果てにタイマン中に自分達の大敗を知らされる形となり初めて言葉に出せない怒りを露わにした。
単独活動時は賭けボクシングを行う。
『MOVIE』では、SWORD襲撃やRUDE BOYS迎撃さらには広斗とタイマン勝負など理想郷実現の王手に差し掛かったところで進んで前線部隊かつ筆頭戦力として行動するも先述の性格が災いして自らの知らないところで戦いに敗北していたことを知り激昂する。広斗とは決着がつかなかったものの最高のライバルと認めて去っていった。
『MOVIE2』では、傭兵業を一時的に休業しており代わりにFUNK JUNGLEでのパフォーマンス業に専念している。黒白堂の戦いではジェシーのピンチに突如乱入するも、劉からの緊急連絡で潮時と判断してそのまま撤収する。
『MOVIE3』では、ジェシーの行動に不信感を覚え初めて仲間を疑う言動を発するとそこで知った"バルジ"なる存在に興味を示すことになる。
SARAH(セイラ)
演 - 大屋夏南
チーム内で唯一の女性で、ブラジル系のメンバー。幼少期は悲惨な家庭で育ち、DOUBTに人身売買されかけていたところを強奪中のメンバーたちに偶然にも救われる。当初はチームの理念も「窃盗団と同じ」と見なし懐疑的であったが、ICEの語る思いに惹かれて仲間に加わった。華麗な足技を使って戦う[8]。メンバーの中ではクールかつ大金を目の前にしても浮かれず、怒りが治らないICEを宥めるなどチームでは紅一点でありつつもチーム全体の抑え役でもあり、根は穏健な性格である。
単独活動時はバーで酒飲みを行うなどかなりの酒豪でもある。
PEARL(パール)
演 - 野替愁平(劇団EXILE/DOBERMAN INFINITY/HONEST BOYZ)
テーマソング - SWAY & ANARCHY / BBFL
MIGHTY WARRIORS創設メンバー。
多国籍軍従軍経験のある元傭兵で、チームのラッパーにしてムードメーカーの日系のメンバー。リトルアジア地区出身。愛称は「P(パールの頭文字をとって)」。9と共に作詞作曲をしており、FUNK JUNGLEのライブパフォーマンスではラッパーとしても活動している。よくアメリカンジョークを口にしたりと、普段は陽気な性格。運び屋の仕事で金を稼ぐ。喧嘩は鍛えられた肉体を活かしたパワフルな総合格闘技スタイルで獰猛に戦う[8]。戦闘力はヤマト・ダンを相手に互角に渡り合う程。
単独活動時は運び屋の仕事を行う。
BERNIE(バーニー)
演 - 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)
MIGHTY WARRIORS創設メンバー。
チームのDJとシステムエンジニア・ハッカーを担当するフィリピン系のメンバー。クラッキングやハッキングなどコンピュータ操作に長けている[7]。趣味はInstagram。リトルアジア地区出身。愛称は「B(バーニーの頭文字をとって)」。戦闘力はコブラとほぼ互角。
単独活動時はネットバンキングなどコンピュータ・ネットを使ったITビジネス関連を行う。
MIGHTY WARRIORSに参加する前は、コンピューター技術をモノにする為レコード店で働きながらその傍ら腕を磨いていた。また、女にモテるタイプらしかった。
9(ナイン)
演 - ANARCHY
テーマソング - SWAY & ANARCHY / BBFL
MIGHTY WARRIORS創設メンバー。
多国籍軍従軍経験のある元傭兵で、ラップ口調と関西弁が特徴の日系のメンバー。生粋のストリートファイターで、ICE同様に音楽を愛しラッパーとしてメンバーと共に音楽に興じており、リリック作りが得意。FUNK JUNGLEでのライブパフォーマンスではラッパーとして活動している。自動車やモーターボート等あらゆる運転に長けており、また喧嘩では並外れた格闘センスと身体能力を存分に発揮する[8]。戦闘力は不明だが、能力や性格は少ない相手には素手で挑むも大人数を相手では凶器をも使用し、また相手を完全に戦闘不能に追い込むまで戦い続けるなど攻め手に一切の容赦が無い。
単独活動時はヒップホップやクラブミュージックの作曲を行う。
JESSE(ジェシー)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - NAOTO (EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE/HONEST BOYZ
MIGHTY WARRIORS創設メンバー。
日系のメンバー。口調は軽快で常に余裕ある態度で接する。金髪とタトゥーが特徴で、左胸に"Eat to live,and not live to eat"(生きるために食べろ。食べるために生きるな。)という言葉のタトゥーを入れている。
ファッションに関しては精通した知識を持っており、MIGHTY WARRIORSのファッションを担当している。ICEにファッションを教えた親友[13]。身寄りが無く、リトルアジア地区の治外法権の街で出身であるため、苦楽を共にした仲間以外は何一つ信用していない。 かなりの筋肉質な体躯とずば抜けた格闘スキルを誇り、自分以上の巨漢も難なく倒す実力者で、刑務所でも負け無しの強さを見せつけていた。反面背が低いことを気にしており、指摘されるとかなり不機嫌になる。相手を煽るのも得意だが、戦いではDOUBTのような卑劣な戦法や凶器を使う攻撃は行わず、あくまで自分の五体のみの正攻法で挑む。黒白堂駅の戦いでは筆頭戦力として活動し、後から来たコブラと対決する。アザをつけられる攻撃を受けたり、コブラから仲間との結束を「寄せ集め」と全否定されても動じずに戦うが、善信会が来る報告を聞くとDOUBTを見捨てて勝ち逃げする形で撤退する。
『MOVIE3』では、自身の釈放や黒白堂の戦いの案件の全てが"バルジ"なる存在に仕組まれたことで自身やICE達は掌で踊らされていたことを明かした。
PHO(フォー)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 関口メンディー (EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE/HONEST BOYZ)
ナイジェリア系のメンバー。かなりの巨漢で、見た目に違わぬパワーを誇る[12]。リトルアジア地区出身[13]。かつて明るい性格で子供達と一緒に貧しいながらも幸せに暮らしていたが、誘拐現場を目撃し犯人達を惨殺したことで羅千刑務所に収監される。その影響で寡黙かつ無表情・威圧的な言動で喋る様になってしまった。笑い方に違和感があるのもその影響。それでも子ども好きには変わりなく、子供が好きかどうかで敵味方を区別している。
MIGHTY WARRIORSの中で唯一、スカウトでチームに参加した。
DIDIY(ディディー)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - LIKIYA (THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
ICEの実弟。リトルアジア地区出身。
MOVIE以前もMIGHTY WARRIORSに所属しているのだがジェシーの影響でファッションを学ぶ為に湾岸地区を離れていた。その後知り合ってディクシーと共にMIGHTY WARRIORSに参加する。
DIXIE(ディクシー)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 祐真キキ
ディディーの彼女で片時も離れず隣に寄り添っている美女[12]。湾岸地区から旅立っていたディディーと出会い、MIGHTY WARRIORSに参加する。
スピンオフでは、視聴者と同じ視点でメンバー達の過去やMIGHTY WARRIORSが創設された経緯を知ることとなる。

DOUBT[編集]

湾岸地区で活動する女を強引にスカウトしようとする極悪スカウト集団。主に人身売買を生業としているが、九龍グループの後ろ盾があるのをいいことにドラッグを売ったり飲ませようとする、金を騙し取るなどのあくどい仕事にも手を出している[7]。かつては圧倒的勢力により湾岸地区と共に羅千地区(高野の出身地)と阿来地区(現在のWhite Rascalsの本拠地となる地区)を支配していた。女を守ることを心情とするWhite Rascalsとは対極・敵対関係にある。

『MOVIE』では、MIGHTY WARRIORSと共に大金を得る為買収される形で張城の支配下に入り、琥珀が指揮する"湾岸連合軍"の戦力として活動。SWORD襲撃では山王街を襲撃する。コンテナ街の戦い敗北後逃亡。

『MOVIE2』では、創設者の蘭丸が羅千刑務所から出所、更には腕試しと称したメンバーの首切りが行なわれる。

『MOVIE3』以降は登場しない為同行の一切は不明だが、WORSTのチハルの台詞から完全に表舞台から姿を消したことが明らかとなっている。

テーマソング - EXILE THE SECOND / ASOBO!! feat. Far East Movement

林蘭丸(はやし らんまる)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 中村蒼
DOUBTリーダー、創設者。
金と力以外何も信用せず、暴力により人を傷つけることを快感とし、暴力により人を束ねる狂気のカリスマ。幼少期は水商売で生計を立てていた母親にDVを受ける悲惨な家庭環境で育っており、またそこで家族全員が一家心中している過去がある。金や女、そして自らの力に固執するあまり自らの母親と何ら変わらない人格になってしまった。その凶暴さは日向以上に恐れられており、White Rascalsの面々がSWORD協定を拒否したのも蘭丸出所の情報を掴んでおり、万が一他のチームや一般人が危害が加えられることを恐れた処置であったとも言える。ROCKYからは「人間誰しもが躊躇する境界線を何の蟠りもかく躊躇なく超える危険な男」と称されていた。日常生活も壊滅的で料理は一切できず、簡単に素早く食べれるインスタント食品を好む。喧嘩の腕は2,3人相手に対等に渡り合うも、その手段では凶器を用いたり同じチームのメンバーを捨て駒に使うなど戦い方は凶悪極まりない。組織の頭としては"チームに弱いやつはいらない"・"全ては力と金だ"と称し兵隊の数は多いに越したことはないと言う一方弱い人間を食わせる程器は大きくなく、MOVIE2では、チーム内のメンバー切りとプリズンギャングのパフォーマンスとしてDOUBT内の大規模な首切りを行う。黒白堂の戦いで敗北後に潰そうと目論んでいた九龍グループに取り入ってもらおうとするも聞き入れられることなく、善信に叩き潰されることになる。
高野真人(たかの まさと)
演 - 秋山真太郎(劇団EXILE)
DOUBT幹部。
刑務所に収監されていた蘭丸に代わってチームを指揮していた。スキンヘッドの男。羅千地区出身。
『MOVIE2』では、金髪の姿で登場。
平井(ひらい)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 武田航平
DOUBT幹部。
隙あらば女を誘拐して、売り飛ばすことを狙っている[7]

山王街[編集]

ナオミ
演 - 藤井萩花Flower/ShuuKaRen)
洋食屋「ITOKAN」を店長として切り盛りする、ヤマトの幼馴染。龍也の妹。男勝りな性格で、料理の腕前も高い姉御肌気質の持ち主である。店は山王連合会や苺美瑠狂の溜まり場となっており、集会などはこの店で行われる[7]
『ドラマ・シーズン1』では、やられたらやり返すというコブラやヤマト達の考えに異論を示し、"やられたらやり返すのは、負の連鎖が続く"という言葉が山王連合会の理念に影響する。
『ドラマ・シーズン2』の過去編では、兄・龍也をサポートする形でITOKANの店員として働く。現代編では、店長としてお店を軌道に乗せるべく経営者らしい一面も見せている。
『MOVIE2』では、本心はコブラやヤマト達と同じく"徹底抗戦派"の考えだったが、ダンやテッツらの立ち位置もよく分かると言う考えで、どちらにつけばいいのかわからず困り果てている状態であったが、このどっち付かずの曖昧な態度も仲間割れの一因になってしまう。
『MOVIE3』では終盤まで登場しない。
朝比奈寿子(あさひな ひさこ)
演 - YOU(若い頃:石井杏奈 (E-girls)
ヤマトの母親。若い頃は苺美瑠狂の二代目総長だった伝説のレディースで現在の苺美瑠狂のメンバーから慕われている[7]
カジノ法案が白紙になった時は残念そうにしており、肯定的な考えだった。
小竹(おだけ)
演 - 小泉今日子
コブラ達の行きつけのバー「小竹」のママ。寿子とは親友の間柄。コブラ達を含め山王街の若者の良き相談相手でもある[7]
尾沢新太郎(おざわ しんたろう)
演 - 天野浩成
"縦笛尾沢"とあだ名されるコブラ達の先輩。周囲から全く先輩扱いされない[7]。デュオ「縦笛兄弟」のメンバー[15]。調子のいいところがある他、話を盛っていることが多い。たて笛の所以については本人は「過去にたて笛のコンクールで賞を総なめにしていたためだが、現在は引退している」と吹聴していたが、実際は小学生時代に当時のクラスの女子全員のリコーダーを総舐めしていたから。先輩扱いされないことやタメ口扱いするを悩んでいるもの中々改善されない(一時とはいえ、山王街に来たてのチハルと可憐な性格の仁花は敬語で話したことがある)。実家は不動産屋で本人は無職。
テッツの父親
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION
演 - 渡辺裕之
テッツの父親で、銭湯「山乃湯」店主。
"開発賛成派"であり、先が見えない家業より未来が見えている再開発・カジノ建設に期待している。その反面下町人情ある男で、息子やその仲間達に「銭湯はどう足掻いてもただの銭湯だ。仲間や絆の代わりはない」と発破をかけて、ダン達がチームに復帰するきっかけを作り出す。
伊集院殻人(いじゅういん かくと)
演 - 加藤歩 (ザブングル)
床屋ピューマを切り盛りする伊集院家の長男。
伊集院仁花(いじゅういん にか)
演 - 坂東希(Flower/E-girls)
伊集院家の長女。エラの張っている兄二人とは似ても似つかない細面の美女で「山王の七不思議」の一つとして数えられている[7]。よく実家の店を手伝っているが、後に社会勉強としてITOKANでバイトをするようになり、姉御肌のナオミと共にITOKANの看板娘となる。可憐な美女だが、普段と打って変わるかの如くの毒舌口調になる。
苺美瑠狂(いちごみるく)
山王街を拠点とするレディースチーム。ピンク色の特攻服に身を包み改造バイクを乗り回すなどツッパってはいるが、根は普通の女の子たちで集会ではよく恋愛談義に花を咲かせている。
『LIVE』では、芝・押上・ノノリキと共に1日限定としてナオミら4人で乱入してくる。
『DTC』以降、純子達がいなくなったことで活動に陰りが見えていたが、新たにバーを開くというメンバー達の目標の為に新たな活動目的を持って動くことになる。
テーマソング - E-girls / STRAWBERRYサディスティック
純子(じゅんこ)
演 - 小島藤子
苺美瑠狂総長
イケメン好きで惚れっぽく、中でもコブラに思いを寄せているが、気が強くツッパってしまうため恋愛は苦手で、押しにも弱い[7]。イシカワの様にかつては敵チームだった女子やノノリキの様に純子に憧れる女子がいるなど女性陣からは慕われている様子。苺美瑠狂の初代総長の娘。
『MOVIE』以降に彼氏が出来たとのことで以降集会に顔を出さなくなる。
明日香(あすか)
演 - 工藤綾乃
苺美瑠狂副総長
純子を慕っているがちゃっかり者で、純子に内緒で芝や押上と合コンに参加したことがある[7]。しかしこの合コンがレッド・ラム騒動の鍵となる。苺美瑠狂の初期メンバーの娘。
『MOVIE』以降に彼氏が出来たとのことで以降集会に顔を出さなくなる。
芝楓(しば かえで)
演 - (Happiness/END-girls)
身長が高い女性コンビ「ツインタワー」の一人で、別名「東京タワー」。普段は押上と共に壇商店で働いている[7]。希望ヶ丘団地出身。鬼邪高校全日制の芝マンは実弟。
押上(おしあげ)
演 - 佐藤晴美(Flower/E-girls)
芝同様にツインタワーの一人で、別名「スカイツリー」。鬼邪高の村山に思いを寄せている[7]
ノノリキ
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 山口乃々華(E-girls)
普段は鬼邪高校定時制に通う数少ない女子生徒[7]。鬼邪高校の内情などの情報源。
イシカワ
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 城戸愛莉
ノノリキと同時期にチーム入りしたメンバー。元々違うレディースチームの総長だったが、苺美瑠狂に敗北したのと純子に惚れたことをきっかけにチームを解散させチーム入りした。
苺美瑠狂 初代総長
演 - Dream Ami
苺美瑠狂 二代目総長
演 - 石井杏奈(E-girls)
後に伝説のレディースと呼ばれるほどチームを発展させていく。

政治家関係者[編集]

篠原芳雄(しのはら よしお)※故人
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 長谷川初範
SWORD地区都市再開発計画賛成派として携わる政治家[11]
『RED RAIN』では、カジノ建設計画とSWORD地区都市再開発計画を推進する政治家として登場し、法案可決に邪魔となる政治家や官僚更には大企業関係者の抹消を上園会に依頼していた。
『MOVIE2』では、カジノ建設担当大臣として黒崎会と接触。
『MOVIE3』序盤で機密情報告発により九劉グループから用無しと見なされ自殺に見せかけて暗殺される(表向きは、告白の事態収束中の精神を病んでとされる)。
伊藤(いとう)
初登場 - HiGH&LOW THE RED RAIN
演 - 近江谷太朗
篠原の私設秘書。篠原に代わり闇取引を一手に担う人物で、雨宮三兄弟にも運び屋の仕事を依頼していた[11]
飛田(ひだ)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION
演 - 矢島健一
篠原の後任でカジノ建設担当大臣となった政治家[13]。終盤で、公害隠蔽疑惑により逮捕される。

警察関係者[編集]

西郷(さいごう)
初登場 - ドラマ・シーズン2
演 - 豊原功補
山王警察署捜査第一課の刑事で、階級は警部補。
家村会から賄賂を受け取り便宜を図る悪徳警官[7]。SWORD地区の面々とは顔見知りであるものの、地域住民からの信頼は得られず、コブラからは「あてにするだけ無駄」・雅貴からは「てめえらの力なんか借りねえよ」・ヤマトからは「使えねえ」と酷評されるあたりから、普段は業務中の仮眠と偽って車で昼寝をしたり、山王街の住民の目の前で「こんな街に居座って何の意味がある」など警察官らしくない行動が目立つ。その行動の裏では九龍グループ側の人間として裏で通じており、龍也・九十九の事故やノボルの家村会への制裁の裏工作を行う形で便宜を図っている。
『MOVIE2』では、正式に警察官僚直属の部下として九龍グループに紹介される。
「MOVIE3』では、これまでの行動と打って変わり狙撃の的になった広斗の身代わりに撃たれる形で助け出し、琥珀達と共に逃亡する。そこで日本政府転覆・九龍グループ崩壊のアキレス腱となる公害隠蔽の情報を教えて、自分の代わりにこれに必要となるものを探しだすことを懇願する。そもそも警察上層部から監視されるほど今回の様な情報を集めており、九龍グループの協力者となったのも情報を掴む為だけでなく上層部から殺害対象として摘み出されていた可能性もある。正体が判明するまでは前述のような態度でかなりの役者振りを見せていたが、狙撃されそうになった広斗を救った時は必死な表情を見せたり、公害の不正が暴かれた際も琥珀や雨宮兄弟に感謝するように笑っているなど、本来の彼は不正を憎む警察官である。
波多野榮一(はたの えいいち)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 堀部圭亮
警察官僚。九龍グループ側の人間で、カジノ法案には賛成の立場で、カジノ建設担当大臣の篠原と九龍グループ・黒崎会会長の黒崎と裏では繋がっており、カジノ法案による利益を手中に収めようと企む。また、SWORD地区の治安の悪さに手を焼いており、九龍グループがSWORD地区を支配することで治安維持が出来ると考え、権力を用いて潰そうと企む[12]
『MOVIE3』終盤で、公害隠蔽疑惑により逮捕される。
菊地(きくち)
初登場 - HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY
演 - 池上幸平
山王警察署捜査第一課の刑事で、階級は巡査長。西郷のサポート役。

それぞれの作品の登場人物[編集]

ドラマ[編集]

美保(みほ)
演 - 平田薫
ノボルの元恋人。大学時代にノボルと出会い、コブラ達とも顔見知りになった[7]。偶然参加したパーティーで男達にレイプされたことから塞ぎ込んでしまい、自宅でリストカットによる自殺未遂を図る。なんとか精神的にも復活するも今度は父親の借金返済の肩代わりをする羽目になり、DOUBTが保有する店でキャバ嬢として働かざるを得ない状態となってしまう。その最中でノボルが事故にあった意識不明の状態であることを知り監視を振り切り逃げ出し、コブラの手でクラブheavenに匿われる。ノボルの惨事を目の当たりにしたことで、自分にはもうノボルに会う資格はないと知り、コブラにノボルへのこれまでの行い・ノボルをこんな目に合わせてしまったことの負い目・謝罪や自分のことは忘れて前を進んで生きてほしいという別れの内容の手紙を渡して姿を消す。
日向会
当時それなりに名の通っていた「日向四兄弟」の3人を中心とした九龍グループの傘下組織で、過激派集団として有名だった。極道組織ではなく、ギャングチームの様な勢力。特に家村会の指示で動いていた。旧SWORD地区への進出を目論んでいた家村会に認められるために、旧SWORD地区で頭角を現していたムゲンに宣戦布告するが、ムゲンの6人に全滅させられ失墜し、九龍グループに用無しと判断され、見捨てられる形で破門されてしまう。3人の末弟は、後に3人の兄たちの敵討ちの為に達磨一家を創設する日向紀久である。
日向四兄弟・長男
演 - 島津健太郎
日向会のリーダー格。喧嘩では鎖分銅のような武器を用いる。
日向四兄弟・次男
演 - 足立雲平
日向四兄弟・三男
演 - 波岡一喜

THE RED RAIN[編集]

成瀬愛華(なるせ あいか)
演 - 吉本実憂
父譲りの正義感の強い性格。危険を省みない強気かつ無鉄砲な一面もある。上園会の秘密を掴んだために殺された父から機密情報が入ったUSBを託され、逃げていた最中に尊龍に助けられる。
騒動終結合後は、父と同じく弁護士の道を目指す為国双地区から旅立った。
古野(ふるの)
演 - 中井ノエミ
リトルアジア地区を本拠地とする凄腕のハッカー[11]。尊龍の協力者としてUSBの解析を依頼されるもUSB内部のセキュリティから機密情報の危険性を察知し、最初は愛華からの頼みを断るもその熱意に再び心を動かされる。また、家村会時代のノボルと仕事のやり取りで知り合った同業者であることが判明。ハッキングやクラッキング面から雨宮兄弟や山王連合会の手助けを行う。
『MOVIE2』では、再び雨宮兄弟の協力者として登場する。機密情報公開後は九龍グループからの追跡から逃れる為消息を絶っている。
成瀬幸雄(なるせ ゆきお)※故人
演 - 矢野浩二
愛華の父で弁護士。正義感に溢れ、不当な地上げや違法な借金に苦しむ経済的に弱い人間のために仕事をしてきたが、上園会の重大な機密情報が入ったUSBを手にしたことで、上園から命を狙われる。
雨宮壮介(あまみや そうすけ)※故人
演 - 小木茂光
雨宮兄弟の父で、尊龍・雅貴の実父。前妻が病死したことと息子達のこれからを考えていたところを祥子と知り合ったことで再婚に至った。広斗のことも実の息子として可愛がっていた。国双地区にある雨宮鉄製所の経営者で、上園会から多額の借金を抱えながらも家族と幸せに暮らしていた。
雨宮祥子(あまみや しょうこ)※故人
演 - 片岡礼子
雨宮兄弟の母で、広斗の実母。シングルマザーだった頃に壮介と知り合い再婚に至った。広斗と同様に尊龍・雅貴も実の息子として可愛がった。

MOVIE2 END OF SKY / MOVIE3 FINAL MISSION[編集]

プリズンギャング・ジェシー一派
羅千刑務所に収監されていた最も凶悪かつ凶暴な囚人達で組織された戦闘集団。羅千刑務所内のリトルアジア地区出身の囚人たちで結成された派閥で、個々のメンバーたちの格闘センスはかなり高い。同じ過酷な環境で育った者同士のため、信頼と絆は強い。MIGHTY WARRIORSと勘違いされるほどの威圧感と凶暴とも言える戦闘スタイルで他者を圧倒する猛者たちである。そもそも羅千刑務所内ではこの様な集団が乱立し合っており、その中で最も強かったのがジェシー率いるこの一派だった。違いは、SWORDの様なギャングチームでも、九龍グループの様な極道でも、DOUBTの様な寄せ集めのチンピラではない、刑務所服役経験のある生粋の服役囚である。
テーマソング - HONEST BOYS / 要!
ブラウン
演 - 岩永ジョーイ
モカイ
演 - 中谷太郎
ナカモン
演 - JAY
ミオウ
演 - 武尊(キックボクサー)
アクネ
演 - 城戸康裕(キックボクサー)
馬場元(ばば はじめ)
演 - 斉藤洋介
かつて無名街にあった薬品工場の現場責任者。日本政府・自治体・警察組織が結託してみ消したとある事実を知る者で、責任を逃れるために無名街に潜伏して、行方をくらませていた[13]。雨宮兄弟やRUDE BOYSからの説得で逃げることをやめて自ら証拠資料を公の場で告発することを告げる。

DTC 湯けむり純情篇[編集]

旅館・森田屋
宮崎有起(みやざき ゆうき)
演 - 駿河太郎
旅館「森田屋」の番頭。女将であるマリと相思相愛だが、メグミの気持ちを考えプロポーズ出来ない状況である。歌やギターが得意など仕事一筋なだけでなく音楽好きな一面もある[15]
森田マリ(もりた マリ)
演 - 笛木優子
旅館「森田屋」の若女将で、シングルマザー。5年前に不慮の事故で夫を亡くし、女将として森田屋を切り盛りしている。宮崎のことを信頼し好意を持っているがメグミのことを考え再婚に踏み切れないでいる[15]
森田メグミ(もりた メグミ)
演 - 新井美羽
マリの娘。母と宮崎の親密な関係を知っているも、母が父の事を忘れてしまう事を恐れて心を閉ざしてしまう[15]
森田誠一郎(もりた せいいちろう) ※故人
演 - 小林且弥
マリの夫でメグミの父。今作の5年前に不慮の事故で他界している。テープに録音されたメッセージがメグミを奮い立たせるきっかけとなる。
スナック「風下」のオーナー
演 - 立木文彦
※ナレーションとして本作企画発表のティザートレーラーから携わっているが、顔出し出演はこれが初となる[20]
アキ
演 - 村川絵梨
スナック「風下」のホステス。

THE WORST / WORST EPISODE.O[編集]

鳳仙学園
戸亜留市と呼ばれる不良校・チームの群雄割拠地帯に古くから存在する名門不良高校。学校内の頂点に君臨する"番長"が存在する。学校としては珍しいグレーカラーの学ランと幹部以外は全員スキンヘッドというルールが定められており、"スキンヘッドの殺し屋軍団"とも畏怖されている。初代番長の寺門仏陀から遡り、美藤真喜雄・鳴海大我・美藤竜也・美藤秀幸・金山丈・月本光政・三國勇京など猛者をOBとしてとり、現在の上田佐智雄率いる鳳仙学園は史上最強と恐れられている。現時点では、鈴蘭男子高校以外のほとんどの高校と不可侵協定と称した停戦協定を結んでおり、一部の生徒がそれを破って塚本高校・七森工業と戦争間近だったが佐智雄の対応で回避されている。過去に鈴蘭高校や他の勢力との大規模な抗争を経験したことのある為全日制でもその存在を恐れられている。
テーマソング - EXILE THE SECOND / Top Down
上田佐智雄(うえだ さちお)
演 - 志尊淳(D-BOYS)
鳳仙学園番長。
鳳仙学園3年。パワー・スピード・喧嘩スタイル・頭としての器・判断力全てが鳳仙学園の歴史上最強と謳われている現任の頭。性格は冷静沈着かつ穏やかで度が過ぎるほど自他双方に厳しく、頭としての責任感も強いストイックさがある。求道者の一面もあり、自分が頭として本当にふさわしいのか常に自問自答を繰り返している。基本的に争い事は好まないが、仲間に危害を加えた者は全力で迎え討つ。母と妹の3人暮らしで父に代わり家族を守りたいと考えている[17]。若干シスコンの気もある様子で、妹・唯に彼氏ができたことを知った時ショックで失神していた。
小田島有剣(おだじま ゆうけん)
演 - 塩野瑛久(男劇団 青山表参道X)
鳳仙四天王"小沢仁志"
鳳仙学園3年。冷静でクールな策士タイプで佐智雄の相談役。志田とは幼馴染。沢村が重症を負わされた時は流石に冷静な状態ではいられなかった模様。
沢村正次(さわむら しょうじ)
演 - 葵揚
鳳仙四天王"小沢仁志"
鳳仙学園3年。坊主頭の無骨な性格で、中学時代に佐智雄と喧嘩してから親友となった。佐智雄からの指示で唯を見守っていたが逆にストーカーと勘違いされてしまうも、牙斗螺の面々が唯を襲ったのを撃退したことをきっかけに正式に交際することとなる。鬼邪高校VS鳳仙学園の火種として、鬼邪高校の生徒に化けた牙斗螺の集団により負傷する。騒動終結後は正式に唯と交際することになる。
仁川英明(じんかわ えいめい)
演 - 小柳心
鳳仙四天王"小沢仁志"
鳳仙学園3年。強面の面・巨漢の図体とは裏腹に情に厚く、仲間たちの面倒見もいい。佐智雄とは鳳仙の頭をかけて闘い、敗北するが強い絆で結ばれ、No.2となった。
志田 健三(しだ けんぞう)
演 - 荒井敦史(D-BOYS)
鳳仙四天王"小沢仁志"
鳳仙学園3年。鳳仙最強の武闘派で特攻隊長。通称"シダケン"。小田島とは幼馴染。
サバカン
演 - 坂口涼太郎
鳳仙学園2年。2年生ながら幹部である。
小学生の頃に近所のスーパーでサバ缶を万引きしたことからサバカンと呼ばれている。鳳仙学園では情報網として重宝されており、各校事情に詳しい。佐智雄と沢村の中学からの後輩[17]。戸亜留市出身ではなく、SWORD地区近郊の街の出身。
オロチ兄弟
かつて花岡楓士雄が住んでいた希望ヶ丘団地出身の兄弟。楓士雄とは幼馴染で幼い頃から苦楽を共にした仲で絆は深い。母子家庭育ち[17]
テーマソング - GENERATIONS from EXILE TRIBE / SNAKE PIT
尾々地真也(おおち しんや)
演 - 中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
オロチ兄弟長男。22歳。中学までは正也と共に喧嘩三昧の日々を送っていたが、現在は建設会社の関組の作業員として働く。自分達を育ててくれた母と正也の3人で暮らす家を建てるのが夢でその費用を貯金している。口数が少ない強面[17]。山王連合会のチハルからは"何を考えているか分からない"と苦手意識を持たれているが、性格は温厚かつ義理堅く、新太の母親の入院費用のカンパには就職当時から貯めていた通帳を躊躇なく出していた(正也から止められていたが、「また頑張って稼げばいいじゃん」と称している。)
尾々地正也(おおち まさや)
演 - 小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
オロチ兄弟次男。20歳。兄とは対照的におしゃべりで社交的な性格。関組の作業員。目標を見つけた真也の後を追って同じ職場で働き始める。現場を仕切る職長で、仕事を含む規律や上下関係にも厳しく、短期バイトで入ってきた鬼邪高校の村山に対して経験年数からの敬語口調を要求している。山王連合会のチハルとは同じ団地で過ごした古い付き合い[17]
希望ヶ丘団地
SWORD地区郊外にあるマンモス公営団地の通称。団地全体に蔓延る貧乏・治安悪化などの悪循環や殺人・放火・自殺・心霊などの不可解な事件が多発した為世間からは"絶望団地"と呼ばれており、現在は廃墟となっており、一部の棟は牙斗螺の根城となっている。
桐原誠司(きりはら せいじ)
演 - 白洲迅
18歳。頭が良く、常に成績トップである。有名進学校・秀徳高校の生徒[17]
石井マドカ(いしい マドカ)
演 - 富田望生
18歳。勝ち気でお転婆な性格で曲がったことが大嫌いな強い正義感の持ち主。腕っぷしも強く、男相手でも怯まず立ち向かうほどだが、その事を心配した両親の勧めでお嬢様学校・清邦女子校に通う。吹奏楽部キャプテンで佐智雄の妹・唯の先輩。幼馴染5人からは「ドカ」と呼ばれている[17]
前川新太(まえかわ あらた)・WORSTのキーマン
演 - 矢野聖人
19歳。内気で心優しい性格だが、悩みを打ち明けられず中に溜め込む傾向があり、仲間達を心配させている。高校を中退し現在は無職となっており、最近はガラの悪い奴らとつるんでいるなど悪い噂が絶えない[17]。実は、母親が末期癌の為入院しており治療費を稼ぐ為に高校を中退せざるを得なくなったが借金までに手を出さないといけないほど金に困っていた。そんな折にかつての故郷であった希望ヶ丘団地の廃墟棟を提供することとSWORD地区にてレッド・ラムの売人として牙斗螺に雇われることで大金を手にしていた。
牙斗螺(きどら)
希望ヶ丘団地の廃虚棟を拠点にしながら、主にドラッグ業に手を染めており、SWORD地区や戸亜留市近郊でレッド・ラムの売買や闇取引に深く関わっている。WORSTにて鬼邪高校と鳳仙学園をぶつけさせた主犯格。金平兄弟を中心に活動しており、DOUBTに所属していた元メンバーもいる為、DOUBTの残党が牙斗螺として活動しているものと見られる。やり口も殆どがDOUBT紛いの卑劣かつ悪辣な手段を好んで使う。
テーマソング - PKCZ / KIDRA
金平優斗(かねひら ゆうと)
演 - 市川知宏
金平兄弟の長男で青髪。以前鬼邪高校に来る前の村山良樹との喧嘩で因縁がある。気に入らないことがあるとすぐに暴力を振るう性格。
金平秀斗(かねひら しゅうと)
演 - 落合モトキ
金平兄弟の次男で金髪。
南(みなみ)
演 - 前田瑞貴
赤髪で左の眉毛を剃り下ろしている男。鬼邪高校VS鳳仙学園の引き金となる、鬼邪高校の姿で沢村達鳳仙学園のグループを襲撃した。
大橋(おおはし)
演 - 高野光希
鬼邪高校VS鳳仙学園の引き金となる、鳳仙学園の姿で全日制の泰志を襲撃した。


花岡哲二(はなおか てつじ) ※故人
演 - 泉谷しげる
花岡楓士雄の祖父。
楓士雄の生き方に影響を与える言動を次々と残していく好々爺で楓士雄にとっても尊敬する祖父。劇中で容態が急変し病死する。
花岡ミキ(はなおか ミキ)
演 - 藤田朋子
花岡楓士雄の母。
パルコ / 春山孝一(はるやま こういち)
演 - 塚本高史
焼き鳥屋を開業させ大盛況させている実業家。過去に建築現場で働き、自身の新たな夢である焼き鳥屋に向けて資金を貯めた。関組を退職した今でも自社ビル建設依頼を関に依頼するなど、関係は良好[17]
クローズの登場人物。戸亜留市の"県南の五人組"と呼ばれるグループの1人。かつては戸亜留市の"黒焚連合"や"スネイク・ヘッズ"など数々のチームと抗争を繰り広げていた。(詳細はクローズ#県南の五人組:パルコ / 春山 孝一)
関雅虎(せき まさとら)
演 - 小沢仁志
関虎太郎の父。建設会社"関組"の社長。迫力のある強面の顔だが、オロチ兄弟の2人を一人前の男に育て上げてパルコの夢を応援するなど懐が深い[17]。その強面から村山からは「辞めるときに指詰めろとか言わねえだろうな」と称されていた。また、村山に「子供と大人の違いは、子供は夢を見ることだけしかできねえが、大人は夢を叶えることができる存在なんだ」と教える。
上田唯(うえだ ゆい)
演 - 箭内夢菜
上田佐智雄の妹。反抗期気味で兄に反発して勝手をやることが多い。マドカと同じく清邦女子高校の吹奏楽部に所属しているが、最近不登校・部活をサボるなどトラブルが続いている[17]。抗争終結後は沢村と付き合うことになり、兄を気絶させた。

用語・世界観[編集]

地域[編集]

SWORD地区
本作の主な舞台となるG-SWORDが治める架空の巨大都市の総称。世間一般では、"犯罪発生率が極めて高い治安悪化地区"・"古い風習が残る廃れた街"という印象で見られている。SWORDが誕生する前のムゲンが結成された当時を現在では旧SWORD地区と呼ぶ。SWORD地区の利権を得るために都市開発計画を進める家村会や、勢力拡大のためにSWORD地区の支配を目論む張城といった反社会的勢力に狙われている。
  • 山王地区/SWORD地区北東部
山王連合会の本拠地である地区。この街が古い街並みの印象がもたれる。
●山王商店街(山王連合会本拠地)
○ITOKAN
○朝日奈ガレージ
○山乃湯
○壇商店
○床屋ピューマ
○緋野石油
○AMAZING COFFEE山王店
●山王第一高等学校
●ショッピングモール跡地
●私鉄山王駅
●山王警察署
●ダンとテッツがいた釣り堀
●チハルのバイト先の介護施設
  • 無名街(RUDE BOYS本拠地)/カワミ地区/SWORD地区中南部
スラム街である無名街がある地区で、犯罪を犯し身元を隠す犯罪者・ホームレスや捨てられた孤児など身分の類いが存在しない人間が集まって出来た。
  • 阿来(あらい)地区(繁華街)/SWORD地区西部
●CLUB HEAVEN(White Rascals本拠地)
  • 天道(てんどう)地区/SWORD地区南西部
●達磨一家本拠地の荒寺
●達磨一家本拠地の賭博場
  • 鬼邪(おや)地区/SWORD地区北西部
●私立鬼邪高等学校
●私鉄鬼邪大寺前駅
湾岸地区
SWORD地区に隣接する地区。SWORD地区より小規模な都市で、SWORD地区の東部に位置する。DOUBTの活動拠点で、家村会が地域一帯を支配しているが、MIGHTY WARRIORSのように水面下で活動し勢力を伸ばしているような組織もいる。
  • コンテナ街
  • 在日アメリカ海軍ベースキャンプ
国双(こくそう)地区
SWORD地区に隣接する地区。SWORD地区と比べると自然が残る都市で治安もそれほど悪くはないが、SWORD地区都市再開発計画に伴う再開発エリアとなっているなど、九龍グループの影がないわけではない。雨宮兄弟・太田や古西ら格闘家コンビの出身地で、家村会の本拠地でもある。
リトルアジア地区
湾岸地区に隣接する地区。フィリピンやタイといった東南アジア風の町並みの外国人街でアジア系の人種が住み着いている。昔から九龍グループが裏で牛耳っている地区で、特に湾岸地区と同等の犯罪多発地帯であることやどんな事件が起きたところで治外法権で警察も動かないことから、九龍グループの処刑場とも称されている。克也会の本拠地でもある。MIGHTY WARRIORSの主要メンバー達の出身地である。
羅千(らせん)地区
SWORD地区に隣接する地区。山王地区に隣接しており、現在は羅千地区の一部の街が山王地区に合併統合している。羅千刑務所があり、DOUBTがかつて支配していた地区である。DOUBTのメンバー数名の出身地である。
  • 黒白堂
  • 羅千刑務所
上下(かみしも)温泉街
SWORD地区より遠くにある街。SWORD地区や近郊の地区一帯とは打って変わり、ギャングチームや反社会勢力の類が一切存在しない温泉街で比較的平和な街である。
希望ヶ丘団地
SWORD地区近郊にある巨大マンモス公共団地。現在は廃墟棟となっている。所得が低い世帯の定住を目的に作られたのだが、それぞれの棟内で不可解な事件が多発したことをきっかけに"絶望団地"と渾名される様になる。現在一部の廃墟棟を牙斗螺が占拠している形になる。
  • 殺人棟/辻・芝姉弟
  • 幽霊棟/高城司・ジャム男
  • 放火棟/横山泰志・西川清史
  • 首吊棟
戸亜留(とある)市
SWORD地区に隣接する町(本作ではクロスオーバー作品として、隣町同士という設定である)。鳳仙学園のような不良高校が数多く点在しており、他にもギャングチームが各地に点々としているなど、SWORD地区にも似た環境の街である。
高橋ヒロシ氏原作の不良漫画の金字塔『クローズ』・『WORST』の舞台である。
●鳳仙学園高校
○武装戦線
●河田第二高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
●焚八商業高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
●黒咲工業高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
○狂屋
○百鬼
●竜胆高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
●百合川南高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
●七森工業高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
●塚本高校(鳳仙と不可侵協定を締結)
○慚愧の虎
●鈴蘭男子高校
その他
・四暗地区(九龍グループが収める地区)
・武呂地区(雨宮兄弟のバイクのナンバープレート)
・青衝地区(九龍グループの車のナンバープレート)
・雷霆地区(九龍グループの車のナンバープレート)

勢力[編集]

G-SWORD
SWORD地区に鎮座しているギャングの5大勢力の頭文字を取って渾名され、SWORDと略称されている。それぞれの街に鎮座しているだけあって勢力も強大で、もしSWORDの均衡が崩れた場合SWORD地区全域を巻き込んだ巨大抗争が勃発することが予測される為、どんな手を使ってでも均衡を崩さない様穏健に行動する山王連合会を中心に、均衡が崩れることなど意に介さず自らの宿願達成の為に進んで抗争を仕掛ける達磨一家、女達を守る為・看板や己の器を高める為・家族の為だけをスローガンとするWhite Rascalsや鬼邪高校・RUDE BOYSなど均衡が崩れることに関心を持たないチームなどで性質はチームごとに違ってくる。唯一の共通点として、SWORD内でドラッグに関わることは御法度という暗黙のルールが存在しており、これに関してはRUDE BOYS内では家族に危険を及ぼす為万が一手にしてしまった場合はチーム内で処罰する決まりがあったり、鬼邪高校内では全校生徒集合の元集会が行われるなど各チームで警戒している。
『MOVIE』におけるSWORD襲撃とコンテナ街の戦いにて初めてSWORD同士が団結しあったことで交流が増え、『MOVIE2』序盤にてSWORD同士で協力し合う為の協定までも作られることになった。
●山王連合会
●White Rascals
●鬼邪高校(定時制のみで全日制は含まれない)
●RUDE BOYS
●達磨一家
湾岸連合軍
『MOVIE』にて登場するメインヴィランにあたる勢力。琥珀が龍也の仇を討つ為に張城の李が琥珀の私兵としてMIGHTY WARRIORSとDOUBTを買収して支配下においたものである。少数精鋭で各自が圧倒的戦力を誇るMIGHTY WARRIORSと兵隊の数であれば圧倒的なDOUBTによる連合軍である。九十九はSWORD襲撃やRUDE BOYS迎撃時にはこちら側の陣営だったが、勢力としては含まれていない。
●琥珀
●MIGHTY WARRIORS
●DOUBT
DOUBT・プリズンギャング連合軍
『MOVIE2』にて登場するメインヴィランにあたる勢力。DOUBTの林蘭丸がSWORD地区とSWORD及びWhite Rascalsを壊滅させるべく羅千刑務所で知り合ったジェシー一派を雇い入れたものである。劇中の黒白堂の戦いではMIGHTY WARRIORSの乱入によりDOUBTがプリズンギャング諸共攻撃を受ける羽目になる。
●DOUBT
●プリズンギャング
SWORD地区連合軍
『MOVIE3』にて登場する勢力で、琥珀と九十九の元ムゲンコンビと雨宮兄弟、そしてSWORD全チームが一挙したかつて類を見ない勢力。FINAL MISSIONにあたる"公害の証拠資料"・"公害の真相を知る者"・"公害犠牲者"の3つを探し出すことにある。琥珀が全面総指揮の下、琥珀・雨宮兄弟・RUDE BOYS分隊が"証拠資料"と"真相を知る者"を、九十九・山王連合会分隊が"公害犠牲者"のエリの捜索と爆弾起爆阻止の為、White Rascals・鬼邪高校・達磨一家は各自陽動部隊として分かれた。
●琥珀
●九十九
●雨宮兄弟
●山王連合会
●White Rascals
●鬼邪高校定時制
●RUDE BOYS
●達磨一家
鬼邪高・鳳仙連合軍
『WORST』にて登場する勢力で、敵討ちと仲間の為に敵対し合っていた鬼邪高校全日制と鳳仙学園が協力して牙斗螺の本拠地に乗り込んだものである。援軍としてオロチ兄弟と鬼邪高校定時制が乱入するがこの勢力には含まれていない。
●鬼邪高校全日制
●鳳仙学園

ストーリーワード[編集]

レッド・ラム
『ドラマ・シーズン1』と『WORST』から登場するキーワード。所謂非合法・違法ドラッグの類で、赤い粉末状で使用することで人間に幻覚症状・無気力症さらには薬物依存の危険性を見せる。九龍グループが製薬工場・DOUBTがクスリの取引等で暗躍した為湾岸地区及びSWORD地区という広範囲に広まった。かなり金になるらしく一般人までもが所有している事態であった。無名街に製薬工場があったが、シーズン1内での騒動で工場は閉鎖しリトルアジア地区に移転、さらにはDOUBTが表舞台から姿を消し、九龍グループ壊滅後に完全に姿を消す。
『WORST』では、DOUBTの残党達が主軸として構成された牙斗螺の手により再び製薬・取引が行われ、SWORD地区・戸亜留市内に範囲が広まった。騒動終結後に再び姿を消した。
SWORD地区都市再開発・カジノ建設計画
『ドラマ・シーズン2』から登場する重要なキーワード。本作の物語の主軸とも言える。内容は、日本政府主体の元行なわれる経済復興対策として行なわれる所謂経済安定化法案である。SWORD地区都市再開発計画は主に山王地区や無名街一帯地区を中心とした古い街並みを一度更地にし、周辺一帯の街も一から新しく作り替える計画である。SWORD地区カジノ建設計画は主に都市再開発に成功したSWORD地区に合法カジノ・リゾートホテルなどを建設することで雇用促進・兆円規模の経済効果をもたらす事が予測される経済安定・復興法案である。ただし、候補地のSWORD地区の悪い噂を知る者からは反対の声が多いのも事実。その黒く悪い噂がUSBとして収められている。
『MOVIE2』から『MOVIE3』にかけて、雨宮兄弟による機密情報告発や琥珀達による政府による公害隠蔽工作の露見に伴い、これらの法案・計画は全て白紙撤回・頓挫する。
機密情報の入ったUSB
『RED RAIN』から登場する重要なキーワード。RED RAIN、MOVIE2においでSWORD地区VS九龍グループの戦いを大きく左右することとなる。内容は主に九龍グループが主体で進めているSWORD地区都市再開発計画とSWORD地区カジノ建設計画に関する機密情報で、法案に賛同した政治家をはじめ官僚・警察・公安・自治体・さらには有力企業上層部関係者のデータや法案に反対した者たちのリスト、闇献金や違法な地上げの調書までも入っていた。世間に表沙汰になれば九劉グループはおろか日本政府自体が根本から経済崩壊しかねない危険な代物である。はじめは、成瀬幸雄が仕事の最中偶然手に入れた情報として出てきてそれを専門家の手で簡単には情報漏洩出来ない様細かい細工が仕掛けられており、特に素人がいじるとUSBはおろか使用者のコンピュータをハッキングするシステムまで備わっている。娘の愛華から雨宮尊龍、そこから経由されハッカー・吉野の手に渡り行き詰まったことで山王連合会のノボルと共同で解析する。その後USBは雨宮兄弟から琥珀の手に渡る。
『MOVIE2』では、雅貴・広斗と協力者の吉野、サポーターの琥珀と九十九の手でUSB内の全てが報道機関に公表されることとなら、法案や計画は一時的に凍結され、九龍グループ総裁・九世龍心逮捕に追い込む。しかし九龍グループの手で情報公開がもみ消されてしまう。
SWORD協定
『MOVIE2』から登場するキーワード。MOVIEにおけるコンテナ街の戦いによる湾岸連合軍の猛攻・九龍グループや張城といった反社会勢力から狙われる土地性、更に九龍グループ壊滅後に現れるであろうSWORD地区を狙う勢力に対抗する為SWORDの5チームがこれまでの因縁や理念を払拭しSWORD地区を自衛する為に協力し合うべくコブラ・ノボルが提唱したSWORD地区全域への終戦協定である。ただし、これには各チームの理念やチームとしての想いを捨てかねない事態も想定された為提唱時には可決されなかった。後に劇中で達磨一家の日向紀久が自分達をSWORD協定だと名乗りを上げる。
『MOVIE3』劇中で、"FINAL MISSION"に挑むべく"SWORD地区連合軍"として団結し、終戦後は正式にSWORD協定が可決された。
  • 提唱賛成派
●コブラ・ノボル・テッツ(山王連合会)、村山良樹(鬼邪高校)、KIZZY(White Rascals)
  • 提唱反対派
○ROCKY(White Rascals)、日向紀久・左京・加藤鷲(達磨一家)、タケシ(RUDE BOYS)
隠蔽された公害
『MOVIE3』にて登場する重要なキーワード。本作全体で動いているカジノ建設計画とSWORD地区都市再開発計画の真相と言える。琥珀や雨宮兄弟達が生まれる数十年前のSWORD地区でとある製薬会社があるウイルスに効果をもたらす特効薬を研究開発していた。だが研究の結果ウイルスに効果はあるものの薬を投与すれた患者は半年から1年以内に100%死亡する副作用があることが判明し、金銭や社会援助を失った製薬会社は倒産した。しかし本当の問題は、製造時発生する有害物質が工場があった地区一帯の土壌・空気、そしてその近辺の巨大な湖の水質まで環境汚染を及ぼしたことで政府はこれが公害であるという事態に立たされ、政府だけでなく、警察機関・地方自治体・そして九龍グループを使って工場一帯を閉鎖・水質汚染した湖を埋め立てる形で証拠を隠蔽した。だが、その地区の地下である貴重鉱物の採掘場があり、作業中に作業員が鉱物と共に環境汚染を及ぼした有害物質が長い年月をかけて固体化した結晶を掘り出してしまい、その口封じも兼ねて無名街の一部とその採掘場を爆破・破壊した。つまりその湖を埋め立てた後に出来たのが無名街だったのだ。日本政府が根本的に崩壊しかねない証拠が眠る無名街一帯を破壊・消し去りその跡地にカジノを建設することで公害自体を完全に隠蔽しようと企んでいた。
全日ステークス
『WORST EPISODE.O』にて登場するキーワード。鬼邪高校伝統行事で、全日世に毎年ごとに新入する生徒や転校してくる編入生徒らをダービーに例えて行われる、誰が一番強いのかを決める賭博で定時制内で行われている。ただし学校内のルールとして現金を用いた賭け事は禁じられている為定時制は学食の食券を使用する。劇中では轟一派を形成する3人や"泰・清コンビ"・創設史上最短で1学年を制圧した中越や動きを見せていなかった司らが賭けの対象となった。ところが事態は急変し『MOVIE3』における九龍グループによるSWORD地区壊滅行動や"FINAL MISSION"の影響で全日制全体の騒動が完全に沈黙し、全員の戦意喪失から今年度の賭け事はノーゲームという扱いになった。

本作の年表[編集]

本作以前[編集]

●九世龍心が黒崎君龍ら数名の仲間と共に、旧SWORD地区を自衛する組織として"九龍会"を創設。
○名称を"九龍グループ"へと変更。
●製薬会社による特効薬開発が行われるも開発中止と企業倒産が起こる。その後公害物質の検出により地区一帯が開発工事と称して埋め立てられる。(THE MOVIE3 FINAL MISSION)
●埋め立て地一帯に浮浪者が集まる様になり、"無名街"と渾名されるようになる。
○無名街地下から謎の貴重鉱石を発見。住人を採掘要員とした発掘場が建設される。

過去編[編集]

  • ICEが音楽の道へと進み始める。(ドラマ・シーズン2)
  • 琥珀が龍也と出会う。(ドラマ・シーズン2)
●多国籍軍基地にてICE・パール・9が同じ部隊に所属。(THE MIGHTY WARRIORS)
○多国籍軍の兵役終了後リトルアジア地区に戻り3人で活動。(THE MIGHTY WARRIORS)
○3人の元に、バーニー・劉・ジェシー・ディディーが合流。この頃から自らを"MIGHTY WARRIORS"と名乗る様になる。(THE MIGHTY WARRIORS)
○ジェシー・ディディーが諸事情によりMIGHTY WARRIORSから一時離脱。
  • コブラ・ヤマト・ノボルが邂逅。(ドラマ・シーズン1)
●雨宮壮介・尊龍・雅貴親子と祥子・広斗親子が再婚。(THE RED RAIN)
○雨宮夫妻が自殺。(THE RED RAIN)
  • ROCKYの家族が一家心中を図る。(ドラマ・シーズン2)
  • 蘭丸・高野・平井を中心に羅千地区で"DOUBT"創設。
●龍也・琥珀が"ムゲン"創設。(ドラマ・シーズン2)
○太田・古西がムゲンに加入。(ドラマ・シーズン2)
○九十九がムゲンに加入。(ドラマ・シーズン2)
○コブラ・ノボルがムゲンに加入。(ドラマ・シーズン2)
●ROCKYがDOUBT時代のKIZZYとKAITOと邂逅。その後2人はDOUBT脱退。(ドラマ・シーズン2)
○ROCKY・KIZZY・KAITOを中心に阿来地区に"White Rascals"創設。(ドラマ・シーズン2)
○羅千地区・黒白堂駅でWhite RascalsとDOUBTが激突。抗争後駅は閉鎖され、蘭丸が逮捕される。(THE MOVIE2 END OF SKY)
○KIZZY・KAITOが諸事情によりWhite Rascalsを一時離脱。(ドラマ・シーズン2)
○KOOがWhite Rascalsに加入。
  • MIGHTY WARRIORSがセイラと邂逅。後にMIGHTY WARRIORSに加入。(ドラマ・シーズン2)
  • ダンが山王第一高校野球部に所属。(ドラマ・シーズン1)
●ノボルが高校卒業後大学に進学。(ドラマ・シーズン1)
○ノボルと美保が交際。(ドラマ・シーズン1)
○美保が事件に巻き込まれ自殺未遂を図る。ノボルが犯人を襲撃し逮捕される。(ドラマ・シーズン1)
●龍也がムゲン脱退。山王街に"ITOKAN"をオープン。(ドラマ・シーズン2)
○ムゲンと日向会が激突。ムゲンの勝利。(ドラマ・シーズン2)
○プロの格闘家を目指す為太田・古西がムゲン脱退。(ドラマ・シーズン2)
○ムゲンの存在が有名になり勢力拡大。琥珀が総長、九十九達が幹部扱いされるようになる。(ドラマ・シーズン2)
○ムゲンと雨宮兄弟が激突。(ドラマ・シーズン2)
○龍也・九十九が交通事故に遭い、龍也即死・九十九が植物状態なら陥る。(ドラマ・シーズン2)
○ムゲン解散。琥珀が消息を断つ。(ドラマ・シーズン2)
  • 雨宮尊龍が消息を断つ。(THE RED RAIN)
●コブラ・ヤマトを中心に"山王連合会"創設。ダン・テッツら加入。(ドラマ・シーズン1)
○スモーキー率いる無名街の孤児達の集団が"RUDE BOYS"と呼ばれるようになる。
○古屋英人・関虎太郎らが"鬼邪高校"定時制に編入。
○日向紀久が左京・加藤鷲と邂逅。天道地区で"達磨一家"創設。(ドラマ・シーズン1)
○村山良樹が鬼邪高校定時制に転入。史上初の荒業を始めて制圧し、鬼邪高校初代番長となる。(ドラマ・シーズン1)
○日向が九龍グループ末端襲撃容疑により羅千刑務所に収監される。(ドラマ・シーズン1)
○ノボルが出所し、家村会に加わる。
  • "SWORD地区"の名称誕生。それらと同時に"G-SWORD"も誕生。

THE STORY OF S.W.O.R.D.[編集]

●チハルが鬼邪高校定時制に編入。すぐに騒動を起こす。
○チハルを巡って、山王連合会と鬼邪高校が激突。山王連合会の勝利。
●ダンがWhite Rascalsと揉める要因を作る。
○チハルがノボルと邂逅。内通を条件に父親の借金の肩代わりをしてもらう。
○チハルの内通が露見。
○山王連合会・White Rascals・RUDE BOYS・家村会が激突。
  • 雨宮兄弟がSWORD地区で目撃される。
●日向釈放。"SWORD狩り"と称して各チーム襲撃を指示。
○山王連合会と達磨一家が激突。SWORD全チームが初めて邂逅。
○ノボルが抗争の場に乱入。コブラにより山王連合会解散が宣言され抗争終結。直後ノボルが交通事故に遭う。
●花岡楓士雄・高城司・辻・芝マンが鬼邪高校全日制に入学。楓士雄は家の都合で転校。(WORST EPISODE.0)
辻・芝マンが鬼邪高校全日制を制圧。
●ノボルの容体が急変。しかしすぐに回復。
○美保がDOUBTの監視を振り切り逃亡。
○KIZZY・KAITOがWhite Rascalsに復帰。
○美保が置き手紙を残して失踪。
●鬼邪高校全日制に轟洋介が編入。辻・芝マンを制圧し、全日制による下克上を宣言する。
○村山不在時に全日制が定時制を襲撃。村山と轟が激突。村山が勝利。
  • ノボルが退院。それと同時に山王連合会復活。
●MIGHTY WARRIORSが張城の李と接触。
○湾岸地区に"FUNK JUNGLE"創設。
●無名街地下の鉱石採掘場から結晶化した危険物質が採取される。(THE MOVIE3 FINAL MISSION)
●張城の李が琥珀に接触。ムゲン解散の真実を語る。
○九十九が植物状態から覚醒。回復後退院して琥珀の元へ。
○張城が琥珀を利用すべく、湾岸地区のMIGHTY WARRIORSとDOUBTを買収。(THE MOVIE)
○SWORD地区各チーム周辺で襲撃が相次ぐ。

MOVIE[編集]

  • 九龍グループが無名街を爆破。壊滅的被害わを被る。(THE MOVIE3 FINAL MISSION)
●DOUBTが山王街を襲撃。
○セイラ・パール・バーニーがクラブheavenを襲撃。
○ICE・9が鬼邪高校を襲撃。
○琥珀・九十九が達磨一家を襲撃。
○雨宮兄弟がSWORD地区に来訪。
○FUNK JUNGLEオープン。
●RUDE BOYSが報復の為湾岸地区に乗り込む。
○RUDE BOYSと湾岸連合軍が激突。スモーキーが劉の手により敗北。
○雨宮広斗とICEが乱入。広斗とRUDE BOYSでスモーカーを救出し撤退する。
○ララがDOUBTに拉致される。
●コブラ・ヤマトが琥珀に呼び出され、今回の一件の真実を知る。琥珀に返り討ちに遭い、最後警告を言い渡される。
○九十九が2人の元に来訪。ムゲン解散の真実と琥珀の真意を知る。
○ノボルの調査により、SWORD地区都市再開発計画とカジノ建設計画、さらには九龍グループと張城の介入を知る。
●コブラ・ヤマトは琥珀を止める為、ダン・テッツらは仲間の為山王連合会は湾岸地区に乗り込む。
○村山・古屋・関が鬼邪高校を自主退学、その後を追い鬼邪高校として湾岸地区に乗り込む。
○White RascalsはDOUBTに連れ去られた女を救い出す為、RUDE BOYSはララを助け出す為、達磨一家は仲間の仮りを返す為各々の目的を持って湾岸地区に乗り込む。
●湾岸地区・コンテナ街にてSWORDと湾岸連合軍が激突。
○ララ救出の為雨宮兄弟が乱入。
○広斗がICEと激突。山王連合会がパール・バーニーと激突。
○琥珀が九十九・コブラ・ヤマトと激突。龍也のメッセージを伝えた事で琥珀が戦意喪失。
○SWORDの勝利。MIGHTY WARRIORSが消息を断つ。ララを救出。
○SWORDが新たに敵として、九龍グループと張城の存在を認識する。
  • 九龍グループが張城の存在を認識する。

LIVE[編集]

●山王連合会が乱入。
○ROCKYがWhite Rascalsを率いて乱入。
○ピーがRUDE BOYSを率いて乱入。
○加藤鷲が達磨一家を率いて乱入。
○MIGHTY WARRIORSが乱入。
○琥珀・九十九・ノボル、"DTC"・雨宮兄弟が出現。
○苺美瑠狂が乱入。

THE RED RAIN[編集]

●4月1日の両親の命日の墓参りで、雨宮兄弟が成瀬愛華と邂逅。
○行方不明だった尊龍と九龍グループが血眼で探すUSBの存在を知る。
●九龍グループでは、家村会にとって代わり上園会が介入する。
○上園会が雨宮兄弟の事を知る。家村会経由で銃火器を入手。
●USB解析の為協力者の古野と共に山王街のノボルを訪問。コブラが協力を申し出る。
○尊龍がリトルアジア地区で活動していることと横流しの武器を入手、更には復讐の為上園会と1人対峙しようとしていることが判明した。
○古野と山王連合会が解析したUSBの機密情報を知る。
●雨宮兄弟が仇敵・上園龍臣と対峙する。尊龍が被弾し息を引き取る。
○雅貴が単身琥珀・九十九のアジトを訪問して機密情報USBの告発を依頼する。(THE MOVIE2 END OF SKY)
●雨宮兄弟が上園会本拠地を襲撃。
○雅貴が上園と対峙するも、手を下さなかった。
●上園が用無しと処理され、劉に暗殺される。
○劉が上園に代わる新たな九つの龍の一角に昇格。
●カジノ推進法案が正式に可決する。
●騒動終結後、愛華が国双地区を去る。

一時の平穏[編集]

●鬼邪高校全日制の編入シーズンにより、定時制では"全日ステークス"開幕。(WORST EPISODE.0)
○全日制1学年に期待のルーキー・中越大が編入。史上最速の速さで1学年を制圧し、"中越一派"を立ち上げる。(WORST EPISODE.0)
○全日制2学年に西川泰志・横山清史が編入。"泰・清一派"を立ち上げる。(WORST EPISODE.0)
  • ジェシーがサンキングス刑務所に移動。
  • 劉が九つの龍として、"劉会"創設。名を劉龍人と名乗る。
  • 苺美瑠狂が"バー開店"という新たな目標の為に行動開始。(THE DTC)
  • ディディーがディクシーと出会い、そのまま湾岸地区に戻る。

THE MOVIE2 END OF SKY[編集]

●SWORD地区各地で余所者による騒動が相次ぐ。
○無名街では、シオンが消息を断つ。ユウが無名街に流れ着き、RUDE BOYSに加入。
○ビジュアル4人組がバンド結成の為脱退。
○KOOが揃えた"SMG"がWhite Rascalsに加入。
○"達磨ベイビーズ"が達磨一家に加入。
●蘭丸が羅千刑務所から出所。
○蘭丸が日向と接触。
●ジェシーがサンキングス刑務所を出所。
○ジェシーがプリズンギャングを招集。
  • 九龍グループでは、黒崎会の黒崎君龍がカジノ法案大臣や政府官僚と接触。USB告発阻止の為、黒崎会若頭・九鬼源治を送り込む決断を下す。
●コブラがSWORD全チームを招集し"SWORD協定"を提唱するも、拒否派が続出し対象に至らず。
○山王連合会がコブラ・ヤマトらとダン・テッツらに分かれて分裂。ダン・テッツらはチームを一時離脱。
○村山が日向と接触し、SWORD協定を巡って対峙。
○クラブheaven閉店。heavenの関係者は全員解雇。
  • DOUBTがプリズンギャングを招集。
  • 鬼邪高校全日制では、各派閥に分かれて抗争が激化する。(WORST EPISODE.0)
●琥珀・九十九・雨宮兄弟がUSB告発に向け下準備を開始。
○源治が九龍グループの暗殺部隊を引き連れて襲撃。
○USBの告発に成功。九龍グループ総裁・九世龍心逮捕。カジノ建設計画見直しの動きが強まる。
●ジェシー・フォーがFUNK JUNGLEを訪問。ジェシーがMIGHTY WARRIORSに復帰。
○フォーがMIGHTY WARRIORSに参加。
●White RascalsがDOUBTに宣戦布告。羅千地区・黒白堂駅跡地にて激突。
○山王連合会乱入。
○鬼邪高校定時制乱入。
○RUDE BOYS乱入。
○達磨一家乱入。自らをSWORD協定と宣言。
○MIGHTY WARRIORS乱入。
●黒白堂駅に善信会乱入。SWORDが九龍グループに宣戦布告。

THE MOVIE3 FINAL MISSION[編集]

●九龍グループが"SWORD壊滅行動"開始を宣言。
○九世龍心釈放。SWORD制圧を厳命。
●九龍グループ侵攻開始。
○山王連合会が山王街諸共全滅。ダン・テッツらが山王連合会脱退を宣言。ケン・ヒカルが山王連合会を脱退。
○White Rascalsがクラブheaven諸共全滅。
○鬼邪高校全滅。
○達磨一家が賭博場諸共全滅。
○琥珀・九十九・雨宮兄弟が襲撃されるも間一髪で逃亡。
●日本政府による無名街爆破セレモニーと住民の強制退去を正式発表。
○九龍グループによる爆破解体・住民退去準備を開始。
●琥珀達が日本政府による公害隠蔽を知る。
●コブラが九龍グループに拉致・監禁される。
○琥珀・九十九がコブラを救出。
●スモーキーが九龍グループの構成員達に殺害される。遺体は無名街に埋葬された。
●九世龍心逝去。妻・梨花子が総裁権限代行に就任。
○"バルジ"が一件から手を引く事を宣言。
○善信会・植野会・藤森会・劉会が九龍グループの指揮系統から離脱。
●琥珀・九十九・雨宮兄弟、そしてSWORD全チームが一同に集結。公害隠蔽を告発する為、"FINAL MISSION"に挑む。
○山王連合会を離脱していたメンバー達がチームに復帰・和解。
○琥珀・雨宮兄弟・RUDE BOYS分隊が、責任者捜索と証拠資料捜索に。雨宮兄弟が源治と対峙・撃破。
○九十九・山王連合会分隊が、エリ捜索と起爆装置解体に。解体失敗。
○White Rascals・鬼邪高校・達磨一家部隊が各自陽動を担当。達磨一家が派手な特攻作戦を決行する。
●日本政府による公害隠蔽を告発。政府関係者らが逮捕。
○黒崎会・克也会・源会・家村会が一斉検挙。九龍グループ崩壊。
○SWORD地区都市再開発計画・カジノ建設計画白紙撤回。カジノ推進法案白紙撤回。
  • MIGHTY WARRIORSが湾岸地区から消息を断つ。
  • SWORD協定可決。(DTC 湯けむり純情篇)

THE WORST[編集]

●全日制の騒動が完全に沈黙。今年度の全日ステークスは取り消し。(WORST EPISODE.0)
○村山が番長宣言として、鬼邪高校定時制と全日制の完全分断を宣言する。(WORST EPISODE.0)
●高城司が正式に"司一派"として始動。(WORST EPISODE.0)
○全日制1学年に中岡昌平が編入。過去最高記録を更新し1学年を制圧する。その後中越一派に合流し"中・中一派"と改める。(WORST EPISODE.0)
●"鳳仙学園"が上田佐智雄を番長とする、最強の体制を提言。
○"鈴蘭高校"に対抗する為各高校と不可侵協定を締結。
●轟が村山の番長宣言を不服としタイマン勝負再戦を申し出るも惨敗する。
●花岡楓士雄が鬼邪高校全日制に復学。
○司一派が楓士雄の元に合流。
○中・中一派が楓士雄の元に合流。
●再びレッド・ラムが出回る様になる。
●泰志が鳳仙学園に偽装した牙斗螺の集団に襲撃される。
○沢村・サバカンらが鬼邪高校を偽装した牙斗螺の集団に襲撃される。
○双方、お互いの存在を認識。
●鬼邪地区にて、鬼邪高校全日制と鳳仙学園が激突。
○鬼邪高校定時制が乱入。今回の抗争の真相を告げ、抗争を停戦。
●牙斗螺本拠地・希望ヶ丘団地にて、鬼邪高校全日制・鳳仙学園が激突。
○援軍として、オロチ兄弟・鬼邪高校定時制が乱入。
●楓士雄と佐智雄が激突。佐智雄の勝利。
○鬼邪高校全日制と鳳仙学園が友好関係を築く。
●村山・古屋・関が鬼邪高校を退学。

DTC 湯けむり純情篇[編集]

●DTCの3人がバイク旅と称してSWORD地区を出る。
○"たて笛兄弟"がツアーの為SWORD地区を出る。
●DTCが上下温泉街の"森田屋"にて住み込みのアルバイトとして勤務開始。
○達磨ベイビーズが屋台営業の為上下温泉街を訪問。
○SMG率いるクラブheaven一行が森田屋に来訪。
○DTCとたて笛兄弟がパフォーマンスを敢行。

ロケ地等[編集]

  • 山王街(たかさき中央銀座商店街)群馬県高崎市
  • ITOKAN(高崎市地域活性化センター)群馬県高崎市
  • 朝日奈ガレージ(AUTOTIVE OSADA)山梨県笛吹市
  • 壇商店(たつきや)神奈川県綾瀬市
  • 山乃湯(浩乃湯)埼玉県和光市
  • CLUB HEAVEN(ELE TOKYO)東京都麻布十番
  • 鬼邪高校(桐生私立北中学校跡)群馬県桐生市
  • 無名街(昭和電工横浜事業所)神奈川県横浜市
  • 達磨一家本拠地の荒寺(二岡神社)静岡県御殿場市
  • 山王連合会とスクラッパーズが抗争を繰り広げた駅(東葉高速鉄道北習志野駅)千葉県船橋市
  • 山王連合会と達磨一家が抗争を繰り広げた廃墟(千葉パートスクエア)千葉県中央区
  • 山王第一病院(井上医院スタジオ)埼玉県富士見市
  • 山王警察署(筑波海軍航空隊記念館)茨城県笠間市
  • SWORD協定を提案した廃墟・無名街地下工場跡地・新たなCLUB HEAVEN会場等(ヘレナ国際ホテル)福島県福島市
  • 家村会本拠地(ヘルメスビル)東京都恵比寿
  • 上園会本拠地(河口湖ハウス)山梨県富士河口湖町
  • 九龍グループ本家外観(清浄光寺)神奈川県藤沢市
  • 無名街爆破セレモニー会場(テレコムセンター)東京都江東区


  • コンテナ街(大阪府内の埠頭で撮影が行われた)
  • 黒白堂駅(北九州地区にある貨物入換駅で撮影が行われた)
  • 国双地区(フィリピン・関東近郊で撮影が行われた)
  • リトルアジア地区(フィリピン・関東近郊で撮影が行われた)
  • 上下温泉街(静岡県内で撮影が行われた)

初期・裏設定等[編集]

  • 初期設定とチーム名が変わったり、キャラクターが変わった設定もある。
●達磨一家 → 達磨愚連隊(初期設定)
●九龍グループ → 九龍興業(初期設定)
●鬼邪高校・チームテーマカラー/青 → 緑(当初)
●RUDE BOYS・チームテーマカラー/緑 → 青(当初)
○雨宮雅貴 → マサキ(カタカナ表記変更)/九州弁を話す(初期設定)
○雨宮広斗 → ヒロト(カタカナ表記変更)
○村山良樹 → 良騎(漢字表記変更)
○日向紀久 → 大作(名前変更)/キャラクターは俳優の平沼紀久とチームテーマソングを担当したDJ DARUMAの本名から。
○テッツ/井上鉄平 → 黒崎(苗字変更)/短髪・帽子好き(初期設定)/キャラクターはLDH kitchen役員・井上鉄大氏から。
○コブラ → 黒髪・凶暴な性格・舌舐めずり(初期設定)
○九十九 → 女好きでナンパが趣味(初期設定)
○琥珀 → 長髪(初期設定)
○ジェシー → ジェーン(初期設定・演じるNAOTO本人提案で変更)
○花岡楓士雄 → (企画段階では富士雄という名前だったが、演じる川村本人提案で変更。今の名前は川村本人が幼少期に通っていた空手道場の師範の名前から)
●戸亜留市・鳳仙学園・鈴蘭高校 → (本作とのクロスオーバー作品であり、SWORD地区に隣接する町という設定)


◇ノノリキ(演じる山口の愛称から)
◇ROCKY(演じる黒木の苗字を取って)
◇Bar小竹のママ(作詞家・小竹正人の苗字から)
◇9(演じるANARCHYが属するレーベルから)
◇家村龍美(LDH stage代表取締役・家村昌典氏から)
◇タケシ(ビートたけしの名前から)
◇西川泰志(横山やすし・西川きよしの名前から)
◇横山清史(横山やすし・西川きよしの名前から)
○『湯けむり純情篇』にて、出演していたキャスト陣の数名が24karats・J.S.B.・FULL-BKなどのアパレル服を身につけている。

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

シーズン1、2[編集]

  • 企画プロデュース:HIRO
  • 総監督:久保茂昭(シーズン1)
  • 監督:千村利光(シーズン1)、久保田博紀(シーズン1)、山口雄大、中茎強(シーズン2)、辻本貴則(シーズン2)
  • 助監督:長尾くみこ(シーズン2)
  • プロデュース:植野浩之、藤村直人、平沼紀久中林千賀子、坂下哲也(シーズン2)
  • 製作総指揮:黒崎太郎、森雅貴
  • エグゼクティブプロデューサー:古野千秋、森広貴
  • コ・エグゼクティブプロデューサー:関佳裕
  • ナレーション:立木文彦
  • 音楽:中野雄太
  • 脚本:Team HI-AX、牧野圭祐(シーズン2)、村山貴子(シーズン2)
  • 撮影監督:古野達也(シーズン2)
  • 撮影:長野泰隆(シーズン1)、カトウジュンイチ(シーズン2)
  • 照明:児玉淳
  • 録音:照井康政(シーズン1)、日下部雅也(シーズン2)
  • 美術:橋本創(シーズン1)、畦原唱平(シーズン2)
  • 装飾:岩間洋(シーズン1)、田中宏(シーズン2)
  • 編集:鈴木理
  • 整音:加籐大和(シーズン1)、岩名路彦(シーズン2)
  • 音響効果:小島彩(シーズン1)、西村洋一(シーズン2)
  • アクション監督大内貴仁(シーズン1)、富田稔(シーズン2)、園村健介(シーズン2)
  • アクション監督補:鈴村正樹(シーズン1)
  • コスチュームプロデューサー:小川哲史
  • ビッュアルアートディレクター:溝口基樹
  • ビッュアルア制作:井上浩一
  • スクリプター:笹本千鶴
  • 助監督:高土浩二
  • 監督助手:太田裕子、齊藤進之介
  • スケジュール:久保朝洋(シーズン1)、日高貴士(シーズン2)
  • 制作担当:岡本健志(シーズン1)、森崎太陽(シーズン2)
  • 制作:八木元
  • 制作統括:川田真太郎
  • 協力プロデューサー:田中正(シーズン1)、森田美桜(シーズン2)
  • 製作:日本テレビ放送網 / LDH
  • 制作協力:日活 / ブースタープロジェクト
  • 企画制作:HI-AX

THE WORST EPISODE.O[編集]

  • 企画プロデュース:HIRO
  • 総監督:久保茂昭
  • 監督:平沼紀久、市原直、増本庄一郎
  • アクション監督:大内貴仁
  • 音楽:中野雄太
  • 脚本:平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓、福田晶平
  • 作画:高橋ヒロシ
  • ナレーション:立木文彦
  • 企画制作:HI-AX

放送日程[編集]

シーズン1(放送日程)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 監督
エピソード1 2015年10月22日 山王連合会 久保茂昭
エピソード2 10月29日 鬼邪高校
エピソード3 11月05日 山王連合会 VS 鬼邪高校
エピソード4 11月12日 White Rascals 千村利光
エピソード5 11月19日 ノボル
エピソード6 11月26日 RUDE BOYS 千村利光、久保田博紀
エピソード7 12月03日 チハル 久保田博紀
エピソード8 12月10日 家村会
エピソード9 12月24日[21] 達磨一家 山口雄大
エピソード10 痛みの先
特別番組
  • 「これを見れば貴方も虜になる! 話題沸騰の『HiGH&LOW』ここが凄い! スペシャル」(2015年12月27日 0:00 - 0:25 ※一部地域除く)[21]
総集編
  • 「HiGH&LOW」一挙放送 パート1(エピソード1〜5)(日本テレビ系 2015年12月27日 0:40 - 3:10 ※一部地域除く)[21]
  • 「HiGH&LOW」一挙放送 パート2(エピソード6〜10)(日本テレビ系 2015年12月28日 0:25 - 2:55 ※一部地域除く)[21]

シーズン2(放送日程)[編集]

各話 放送日 監督
エピソード・ゼロ 2016年4月17日 久保茂昭
エピソード1 4月24日 中茎強、山口雄大
エピソード2 5月01日
エピソード3 5月08日 中茎強
エピソード4 5月15日 辻本貴則
エピソード5 5月22日 中茎強
エピソード6 5月29日
エピソード7 6月05日 辻本貴則
エピソード8 6月12日
エピソード9 6月19日 中茎強
エピソード10 6月26日
  • エピソード・ゼロはシーズン1の総集編。
特別番組
  • 「AKIRA、岩田剛典、鈴木伸之! HiGH & LOW THE MOVIE×NEWS ZERO ここでしか見られない! 公開記念SP!!」(2016年7月10日 14:15 - 14:55 ※一部地域除く)[23]
  • 映画天国「HiGH&LOW TV Series Special Edition」(2016年7月12日 1:59 - 3:59 ※一部地域除く)[23]
  • 「EXILE TRIBE 総出演 これを見れば全てがわかる! 「HiGH & LOW THE MOVIE」公開記念SP!!」(2016年7月12日 1:59 - 3:59 ※一部地域除く)[23]

THE WORST EPISODE.O(放送日程)[編集]

各話 放送日 監督
#1 2019年7月18日 市原直
#2 7月25日 平沼紀久
#3 8月01日 増本庄一郎
#4 8月08日
#5 8月15日 平沼紀久
#6 8月22日 市原直
特別番組
  • HiGH&LOW THE WORST EPISODE.BUS(前編・後編)(2019年8月29日・9月5日)

HiGH&LOW THE BEST BOUT(総集編)[編集]

  • 映画『THE WORST』公開記念として、シーズン1〜映画『FINAL MISSION』までのシリーズ各作品から厳選されたアクション映像を、未公開映像も含めたシリーズ総集編『HiGH&LOW THE BEST BOUT』が、2019年10月3日(2日深夜)から全8話で放送される[24]
HiGH&LOW THE BEST BOUT(放送日程)
各話 放送日 初出 備考
第1話 2019年10月03日 SEASON1 ep1、3
第2話 10月10日
第3話 10月17日
第4話 10月24日
第5話 10月31日
第6話 11月07日
第7話 11月14日
第8話 11月21日

ネット局[編集]

シーズン1(ネット局)[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 2015年10月22日 - 12月24日 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)[注 2] 日本テレビ系列 制作局
宮城県 ミヤギテレビ 同時ネット
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
近畿広域圏 読売テレビ
広島県 広島テレビ
徳島県 四国放送[1] 2015年10月22日 - 12月31日
福岡県 福岡放送 2015年10月22日 - 12月24日
長崎県 長崎国際テレビ
北海道 札幌テレビ 木曜 1:34 - 2:04(水曜深夜) 5分遅れ
中京広域圏 中京テレビ[2] 2015年10月22日 - 2016年1月7日 木曜 2:15 - 2:45(水曜深夜) 遅れネット
熊本県 くまもと県民テレビ 2015年10月24日 - 12月26日 土曜 1:35 - 2:05(金曜深夜)
富山県 北日本放送 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)
大分県 テレビ大分 2015年10月27日 - 2016年1月5日 火曜 2:19 - 2:49(月曜深夜) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
石川県 テレビ金沢 2015年10月28日 - 2016年1月6日 水曜 2:08 - 2:38(火曜深夜) 日本テレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 2015年10月29日 - 2016年1月14日 木曜 2:07 - 2:37(水曜深夜)
鳥取県島根県 日本海テレビ 2015年10月30日 - 2016年1月22日 金曜 1:35 - 2:05(木曜深夜)
福井県 福井放送 2015年10月31日 - 2016年1月16日 土曜 1:28 - 1:58(金曜深夜) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
香川県・岡山県 西日本放送 土曜 2:30 - 3:00(金曜深夜) 日本テレビ系列
岩手県 テレビ岩手 2015年11月6日 - 2016年1月15日 金曜 1:24 - 1:54(木曜深夜)
山口県 山口放送 2015年11月6日 - 2016年1月29日 金曜 2:19 - 2:49(木曜深夜)
秋田県 秋田放送 2015年11月7日 - 2016年1月16日 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)
宮崎県 テレビ宮崎 2015年11月8日 - 2016年1月17日 日曜 1:25 - 1:55(土曜深夜) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
高知県 高知放送 2015年11月11日 - 2016年1月6日 水曜 1:24 - 1:54(火曜深夜) 日本テレビ系列
沖縄県 琉球放送 2015年11月14日 - 2016年1月23日 土曜 1:45 - 2:15(金曜深夜) TBS系列
新潟県 テレビ新潟 2015年11月15日 - 2016年1月31日 日曜 1:50 - 2:20(土曜深夜) 日本テレビ系列
愛媛県 南海放送 2015年11月15日 - 2016年1月10日 日曜 3:05 - 3:35(土曜深夜)
山梨県 山梨放送 2015年11月29日 - 2016年1月31日 日曜 2:45 - 3:15(土曜深夜)
山形県 山形放送 2015年12月27日 - 12月31日[3] 27日・28日 0:40 - 1:40(26日・27日深夜)
29日 - 31日 1:15 - 2:15(28日 - 30日深夜)
福島県 福島中央テレビ 2016年1月7日 - 3月10日 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)
青森県 青森放送 2016年1月10日 - 3月13日 日曜 0:55 - 1:25(土曜深夜)
  • 一部ネット局は、第9話・最終話を分けて放送。
注釈
  1. ^最終話のみ遅れネット。
  2. ^第9話まで同日46分遅れ。
  3. ^5日連続で、1日2話ずつ放送。
  4. シーズン2(ネット局)[編集]

    放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 系列 備考
    宮城県 ミヤギテレビ 2016年4月21日 - 6月23日 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜) 日本テレビ系列 3日先行
    静岡県 静岡第一テレビ
    広島県 広島テレビ
    北海道 札幌テレビ 木曜 1:34 - 2:04(水曜深夜)
    中京広域圏 中京テレビ 木曜 2:15 - 2:45(水曜深夜)
    関東広域圏 日本テレビ 2016年4月24日 - 6月26日 日曜 0:55 - 1:25(土曜深夜) 制作局
    青森県 青森放送 同時ネット
    長崎県 長崎国際テレビ[1]
    近畿広域圏 読売テレビ 2016年4月25日 - 6月27日 月曜 1:32 - 2:02(日曜深夜) 遅れネット
    大分県 テレビ大分 2016年4月26日 - 6月28日 火曜 2:24 - 2:54(月曜深夜) 日本テレビ系列
    フジテレビ系列
    徳島県 四国放送 2016年4月28日 - 6月30日 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜) 日本テレビ系列
    福岡県 福岡放送
    富山県 北日本放送 2016年4月30日 - 7月2日 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)
    熊本県 くまもと県民テレビ 土曜 2:05 - 2:35(金曜深夜)
    香川県・岡山県 西日本放送 土曜 2:30 - 3:00(金曜深夜)
    宮崎県 テレビ宮崎 2016年5月1日 - 7月3日 日曜 1:25 - 1:55(土曜深夜) フジテレビ系列
    日本テレビ系列
    テレビ朝日系列
    愛媛県 南海放送 日曜 3:05 - 3:35(土曜深夜) 日本テレビ系列
    岩手県 テレビ岩手 2016年5月3日 - 7月5日 火曜 1:24 - 1:54(月曜深夜)
    山梨県 山梨放送 2016年5月4日 - 7月6日 水曜 1:25 - 1:55(火曜深夜)
    鹿児島県 鹿児島読売テレビ 2016年5月5日 - 7月7日 木曜 2:07 - 2:37(水曜深夜)
    鳥取県島根県 日本海テレビ 2016年5月6日 - 7月8日 金曜 1:35 - 2:05(木曜深夜)
    福井県 福井放送 2016年5月7日 - 7月9日 土曜 1:28 - 1:58(金曜深夜) 日本テレビ系列
    テレビ朝日系列
    長野県 テレビ信州 土曜 1:35 - 2:05(金曜深夜) 日本テレビ系列
    沖縄県 琉球放送 土曜 1:45 - 2:15(金曜深夜) TBS系列
    秋田県 秋田放送 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜) 日本テレビ系列
    新潟県 テレビ新潟 2016年5月8日 - 7月10日 日曜 1:40 - 2:10(土曜深夜)
    石川県 テレビ金沢 2016年5月10日 - 7月12日 火曜 2:16 - 2:46(月曜深夜)
    山口県 山口放送 2016年5月20日 - 7月22日 金曜 2:19 - 2:49(木曜深夜)
    高知県 高知放送 2016年5月25日 - 7月27日 水曜 1:24 - 1:54(火曜深夜)
    福島県 福島中央テレビ 2016年6月2日 - 8月4日 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)
    山形県 山形放送 2016年6月17日 - 7月15日 金曜 0:54 - 1:54(木曜深夜)[2]
    注釈
    1. ^編成上は日曜 0:55 - 1:30(土曜深夜)。
    2. ^毎週2話ずつ放送。
    3. THE WORST EPISODE.O(ネット局)[編集]

      放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 系列 備考
      関東広域圏 日本テレビ 2019年7月18日 - 8月22日 木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜) 日本テレビ系列 制作局
      広島県 広島テレビ 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜) 遅れネット
      福岡県 福岡放送 2019年7月19日 - 8月23日 金曜 2:15 - 2:45(木曜深夜)
      北海道 札幌テレビ 2019年7月20日 - 8月24日 土曜 2:31 - 3:01(金曜深夜)
      中京広域圏 中京テレビ 2019年7月24日 - 8月28日 水曜 1:59 - 2:29(火曜深夜)
      近畿広域圏 読売テレビ 2019年7月25日 - 8月29日 木曜 1:34 - 2:04(水曜深夜)
      静岡県 静岡第一テレビ 2019年8月8日 - 木曜 2:04 - 2:34(水曜深夜)

      関連商品[編集]

      • HiGH&LOW Season1 完全版BOX Blu-ray(2016年4月20日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86096〜9)
      • HiGH&LOW Season1 完全版BOX DVD(2016年4月20日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86092〜5)
      • HiGH&LOW Season2 完全版BOX Blu-ray(2016年10月12日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86192〜5)
      • HiGH&LOW Season2 完全版BOX DVD(2016年10月12日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86188〜91)
      • HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O Blu-ray(2019年10月2日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86924〜5)
      • HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O DVD(2019年10月2日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86922〜3)

      映画[編集]

      ROAD TO HiGH&LOW[編集]

      ROAD TO HiGH&LOW
      監督 久保茂昭
      脚本 Team HI-AX
      出演者 岩田剛典
      鈴木伸之
      町田啓太
      配給 日本の旗松竹
      公開 2016年5月7日
      上映時間 95分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 3億600万円[25]
      テンプレートを表示

      ROAD TO HiGH&LOW』は、2016年5月7日から2週間限定で劇場公開された日本の映画。ドラマシーズン1の総集編で、未公開シーンやコブラ、ヤマト、ノボルの三人の友情なども描かれている[26]

      HiGH&LOW THE MOVIE[編集]

      HiGH&LOW THE MOVIE
      監督 久保茂昭
      脚本 渡辺啓 、平沼紀久 、Team HI-AX
      出演者 EXILE TRIBE
      E-girls
      山田裕貴
      窪田正孝
      林遣都
      井浦新
      遠藤雄弥
      稲葉友
      柳俊太郎
      ゴールデンボンバー
      鈴木貴之
      一ノ瀬ワタル
      前田公輝
      ZEN
      永瀬匡
      遠藤要
      阿部亮平
      V.I(BIGBANG)
      大屋夏南
      早乙女太一
      SWAY
      ANARCHY
      武田航平
      中村達也
      西岡徳馬
      松澤一之
      豊原功補
      天野浩成
      小島藤子
      工藤綾乃
      城戸愛莉
      白竜
      YOU
      小泉今日子
      音楽 中野雄太
      主題歌 HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike / EXILE TRIBE
      撮影 鯵坂輝国
      制作会社 日活 、ブースタープロジェクト
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会 (日本テレビ放送網 、LDH)
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2016年7月16日
      中華民国の旗2016年11月4日
      上映時間 130分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 21.1億円[27]
      次作 HiGH&LOW THE RED RAIN
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE MOVIE』は、2016年7月16日公開の映画。配給は松竹。HiGH&LOWシリーズ映画第1弾。

      ドラマのキャストが出演するほか、映画のみのキャストも登場。2016年7月4日に東京国際フォーラムのホールAで行われた完成披露試写会では男性出演者のみの史上最多50人登壇の舞台挨拶を行った[28]。興行収入21億円、観客動員数160万人以上を記録した[29]。キャッチコピーは「共に闘い、共い悲しみ、共に強くなる。」[30]

      スタッフ
      関連商品
      • HiGH & LOW THE MOVIE 豪華盤 Blu-ray(2017年1月18日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86249〜50)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 豪華盤 DVD(2017年1月18日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86247〜8)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 通常盤 Blu-ray(2017年1月18日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86252)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 通常盤 DVD(2017年1月18日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86251)


      HiGH&LOW THE RED RAIN[編集]

      HiGH&LOW THE RED RAIN
      監督 山口雄大
      脚本 松田裕子牧野圭祐平沼紀久渡辺啓[31]
      製作総指揮 黒崎太郎、森雅貴
      出演者 TAKAHIRO
      登坂広臣
      斎藤工
      吉本実憂
      石黒賢
      中井ノエミ
      長谷川初範
      近江谷太朗
      小野寺晃良
      吉澤太陽
      濱田龍臣
      小木茂光
      片岡礼子
      矢野浩二
      三浦誠己
      岩田剛典
      鈴木伸之
      町田啓太
      山下健二郎
      佐藤寛太
      佐藤大樹
      中村達也
      早乙女太一
      岩城滉一
      飯島直子
      音楽 中野雄太
      主題歌 ACE OF SPADES×PKCZ® feat. 登坂広臣TIME FLIES[32]
      撮影 福本淳
      編集 堀善介
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2016年10月8日
      中華民国の旗2016年11月4日
      大韓民国の旗2016年10月19日
      上映時間 110分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 11.9億円[33]
      前作 HiGH&LOW THE MOVIE
      次作 HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE RED RAIN』は、2016年10月8日公開の映画。配給は松竹。主演はTAKAHIRO、登坂広臣。HiGH&LOWシリーズ映画第2弾で、雨宮兄弟を主役としたスピンオフ作品。

      斎藤工が雨宮兄弟の長男尊龍役[31]、ヒロインの成瀬愛華役で吉本実憂が本作より登場[34]。また、今作品は海外でも上映され、台湾プレミアと韓国プレミアが開催された。キャッチコピーは「強く、生きろ」、「この絆、永遠。」[35]

      スタッフ
      • 監督:山口雄大
      • アクション監督:匠馬敏郎
      • 脚本:松田裕子牧野圭祐平沼紀久渡辺啓
      • 製作総指揮:黒崎太郎、森雅貴
      • エグゼクティブプロデューサー:山田克也、森広貴、関佳裕、八木元
      • 企画プロデュース:EXILE HIRO
      • 企画制作:HI-AX
      • 製作統括:川田真太郎
      • プロデューサー:植野浩之、藤村直人、平沼紀久、中林千賀子、坂下哲也
      • 撮影:福本淳
      • 美術:畦原唱平
      • 装飾:鈴木伸弥
      • 音楽:中野雄太
      • 音楽プロデューサー:佐藤達郎
      • 録音:原川慎平
      • 音響効果:小島彩
      • 照明:松本憲人
      • 編集:堀善介
      • 衣装:井手珠美
      • コスチュームプロデューサー:小川哲史
      • メイク:宮内三千代
      • 選曲:佐藤啓
      • ラインプロデューサー:阿久根裕行
      • 制作担当:吉田信一郎
      • 助監督:久保朝洋
      • VFXスーパーバイザー:市原直
      • 特殊造形:百武朋
      • 配給:松竹
      • 制作プロダクション:日テレアックスオン、イメージフィールド
      • 企画制作:HI-AX
      • 製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会(HI-AX、松竹、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ(現:エイベックス・エンタテインメント)、讀賣テレビ放送、HJホールディングス、ローソン、パルコ、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)

      2017年8月11日、金曜ロードSHOW!で『HiGH&LOW THE MOVIE特別版 from THE RED RAIN 』がTV放映された。視聴率は3.8%であった[36]

      関連商品
      • HiGH & LOW THE RED RAIN 豪華盤 Blu-ray(2017年4月5日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86341〜2)
      • HiGH & LOW THE RED RAIN 豪華盤 DVD(2017年4月5日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86339〜40)
      • HiGH & LOW THE RED RAIN 通常盤 Blu-ray(2017年4月5日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86344)
      • HiGH & LOW THE RED RAIN 通常盤 DVD(2017年4月5日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86343)


      HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY[編集]

      HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
      監督 久保茂昭、中茎強
      脚本 平沼紀久渡辺啓福田晶平上條大輔、Team HI-AX
      出演者 EXILE TRIBE
      E-girls
      山田裕貴
      窪田正孝
      林遣都
      遠藤雄弥
      稲葉友
      柳俊太郎
      鈴木貴之
      一ノ瀬ワタル
      ZEN
      佐野岳
      阿部亮平
      水野勝
      田中俊介
      中村蒼
      武田航平
      岩永ジョーイ
      武尊
      城戸康裕
      大屋夏南
      SWAY
      ANARCHY
      祐真キキ
      城戸愛莉
      鈴木梨央
      中井ノエミ
      岩城滉一
      岸谷五朗
      加藤雅也
      笹野高史
      高嶋政宏
      木下ほうか
      中村達也
      早乙女太一
      豊原功補
      長谷川初範
      堀部圭亮
      津川雅彦
      主題歌 HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike / EXILE TRIBE
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2017年8月19日
      上映時間 124分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 13.4億円[37]
      前作 HiGH&LOW THE RED RAIN
      次作 HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』は、2017年8月19日公開の映画。HiGH&LOWシリーズ映画第3弾。2017年2部作構成の前編である。キャッチコピーは「この空の下、願う希望。その想いが、俺たちをひとつにした-。」[38]

      スタッフ
      • 監督:久保茂昭、中茎強
      • 脚本:平沼紀久渡辺啓福田晶平上條大輔、Team HI-AX
      • 企画プロデュース:EXILE HIRO
      • アクション監督大内貴仁
      • 音楽:中野雄太
      • 製作総指揮:黒崎太郎、森雅貴
      • 製作:山田克也、森広貴、大角正、小野展稔、谷和男、長澤一史、竹増貞信、井上肇、坪内弘樹、和田俊哉、三沢明彦、大鹿紳、小櫻顕、丸尾龍彦
      • エグゼクティブプロデューサー:八木元、関佳裕
      • プロデューサー:植野浩之、藤村直人、平沼紀久、中林千賀子
      • 制作プロデューサー:森田美桜、阿久根裕行、平林勉
      • 製作統括:川田真太郎
      • 配給統括:吉田繁暁
      • 企画制作:HI-AX
      • 製作:「HiGH&LOW」製作委員会(HI-AX、松竹、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、讀賣テレビ放送、HJホールディングス、ローソン、パルコ、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)
      • 配給:松竹
      スピンオフ
      • HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS
      今までの作品の中から抜粋されたMIGHTY WARRIORSのシーンに、新たに彼らの出会いの場面を追加し1つの物語としてまとめられた。テレビ放送や劇場公開はなく、DVD・Blu-rayのみの作品[39]
      関連商品
      • HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS Blu-ray(2017年10月25日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86418)
      • HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS DVD(2017年10月25日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86417)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY 豪華盤 Blu-ray(2018年2月21日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86493〜4)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY 豪華盤 DVD(2018年2月21日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86491〜2)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY 通常盤 Blu-ray(2018年2月21日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86496)
      • HiGH & LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY 通常盤 DVD(2018年2月21日発売、rhythm zone、品番: RZBD-86495)


      HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION[編集]

      HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
      監督 久保茂昭、中茎強
      脚本 平沼紀久渡辺啓福田晶平上條大輔、Team HI-AX
      出演者 EXILE TRIBE
      E-girls
      山田裕貴
      窪田正孝
      林遣都
      遠藤雄弥
      稲葉友
      柳俊太郎
      鈴木貴之
      一ノ瀬ワタル
      ZEN
      佐野岳
      阿部亮平
      水野勝
      田中俊介
      鈴木梨央
      岩城滉一
      岸谷五朗
      加藤雅也
      笹野高史
      高嶋政宏
      木下ほうか
      中村達也
      早乙女太一
      飯島直子
      津川雅彦
      大屋夏南
      SWAY
      ANARCHY
      祐真キキ
      豊原功補
      城戸愛莉
      天野浩成
      長谷川初範
      堀部圭亮
      矢島健一
      斉藤洋介
      渡辺裕之
      YOU
      小泉今日子
      主題歌 HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike / EXILE TRIBE
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2017年11月11日
      上映時間 118分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 13.1億円[37]
      前作 HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
      次作 DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、2017年11月11日公開の映画。HiGH&LOWシリーズ映画第4弾。2017年2部作構成の後編である。キャッチコピーは「この世界を絶対に守り抜く―。」[38]

      スタッフ
      • 監督:久保茂昭、中茎強
      • 脚本:平沼紀久渡辺啓上條大輔福田晶平、Team HI-AX
      • アクション監督:大内貴仁
      • 音楽:中野雄太
      • 企画プロデュース:EXILE HIRO
      • 製作総指揮:黒崎太郎、森雅貴
      • 製作:山田克也、森広貴、大角正、小野理念、谷和男、長澤一史、竹増貞信、井上肇、坪内弘樹、和田俊哉、三沢明彦、大鹿紳、小櫻顕、丸尾龍彦
      • エグゼクティブプロデューサー:八木元、関佳裕
      • プロデューサー:植野浩之、藤村直人、平沼紀久、中林千賀子
      • 制作プロデューサー:森田美桜、阿久根裕行、平林勉
      • 製作統括:川田真太郎
      • 配給統括:吉田繁暁
      • 企画制作:HI-AX
      • 製作:「HiGH&LOW」製作委員会(HI-AX、松竹、エイベックス・ミュージック・クリエイティブ、読売テレビ放送、HJホールディングス、ローソン、パルコ、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)
      • 配給:松竹
      関連商品
      • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 豪華盤 Blu-ray(2018年5月16日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86567〜8)
      • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 豪華盤 DVD(2018年5月16日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86565〜6)
      • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 通常盤 Blu-ray(2018年5月16日発売、rhythm zone、品番:RZXD-86570)
      • HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 通常盤 DVD(2018年5月16日発売、rhythm zone、品番:RZBD-86569)


      DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW[編集]

      DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW
      監督 平沼紀久
      脚本 渡辺啓福田晶平上條大輔平沼紀久
      出演者 山下健二郎
      佐藤寛太
      佐藤大樹
      八木将康
      天野浩成
      村川絵梨
      新井美羽
      小林且弥
      廣瀬智紀
      松田凌
      西川俊介
      西村一輝
      水野勝
      田中俊介
      守屋光治
      井澤勇貴
      鈴木伸之
      広岡由里子
      村田雄浩
      木村了
      立木文彦
      駿河太郎
      笛木優子
      主題歌 「YOU & I」 / DOBERMAN INFINITY
      制作会社 イメージフィールド
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2018年9月28日
      上映時間 102分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 2.7億円[40]
      前作 HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
      次作 HiGH&LOW THE WORST
      テンプレートを表示

      DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、2018年9月28日公開の映画[41]。主演は山下健二郎佐藤寛太佐藤大樹[41]。HiGH&LOWシリーズ映画第5弾で、DTCを主役としたスピンオフ作品[41]。アクションエンタテイメント作品の過去作とは一転して青春ドラマが展開される[41]。また、本作は「HiGH&LOW」シリーズの脚本を手がけてきた平沼紀久の初の長編映画監督作品となった[41]。キャッチコピーは「アクション0、笑い80、感動20」[42]

      スタッフ
      • 監督:平沼紀久
      • 脚本:平沼紀久渡辺啓福田晶平上條大輔
      • 企画プロデュース:EXILE HIRO
      • エグゼクティブプロデューサー:伊藤響、八木元、関佳裕
      • 製作総指揮:山田克也、今村司、森雅貴、森広貴
      • プロデューサー:植野浩之、藤村直人、木口洋介
      • 主題歌:DOBERMAN INFINITY/「YOU & I」
      • オープニングテーマ:EXILE SHOKICHI/「Futen Boyz[43]
      • コスチュームプロデューサー:小川哲史
      • 音楽プロデューサー:佐藤達郎、門田吉穂
      • 製作統括:川田真太郎
      • 配給統括:吉田繁暁
      • 撮影:鈴木雅也
      • 照明:佐藤宗史
      • 録音:照井康政
      • 美術:橋本創
      • 装飾:西村徹
      • 衣装:加藤みゆき
      • メイク:内城千栄子
      • ダンス監修:SEVA、NABE
      • 編集:和田剛
      • 音響効果:小島彩
      • 選曲:佐藤啓
      • スクリプター:頓所麻奈美
      • 助監督:上條大輔、船谷純矢
      • 制作担当:倉又由一
      • キャスティング:木暮こず江
      • 配給:松竹
      • 企画制作:HI-AX
      • 製作:「HiGH&LOW」製作委員会
      製作
      当初、平沼はSWORD地区内での設定で脚本を書き進めていたが、HIROからのアドバイスを基にSWORD地区外での物語に変更した[44]モラトリアムな状態であるSWORDから飛び出したことで、結果的に世界を広げキャラクターの成長にも繋げることができたと語っている[44]。野宿やキャンピングカーで旅をするなどの案が出る中、最終的にはバイクでの旅が採用され、立ち寄る場所も温泉と決まった[44]。また、SMGと達磨ベイビーズの出演にあたり、役作りのためにそれぞれの前日譚となる脚本も書かれた[44][45]
      プロモーション
      • 2018年8月21日に幕張メッセ国際展示場ホールで、PKCZと「HiGH&LOW」シリーズのコラボライブイベント第3弾となる「PKCZ×DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」が開催された[46]。本作の試写会ののち開かれたライブでは、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹らが登場し、トークやパフォーマンスを披露した[46]
      封切り
      2018年9月28日に公開され、興行通信社の映画動員ランキングでは第9位となった[47]。また、当初の公開期間は3週間限定の予定だったが、期間を延長し10月19日からも全国27の劇場で上演されることとなった[48]
      派生作品
      • 監獄学園』の平本アキラによる「DTC」のオリジナルアナザーストーリーが、週刊少年マガジン講談社刊)の9月26日発売号、10月3日発売号の2週に渡って掲載された[49]。また、それに先駆けて映画のポスタービジュアルを再現したイラストも公開された[49]
      • 2018年10月9日から、劇中でダンと村川絵梨演じるホステスのアキが歌うデュエット曲『修羅BANBAN』が、全国のDAMカラオケで配信された。また、同11月11日からはトレイラーの映像を含むPV付きの楽曲が配信された[50]。作詞は平沼紀久[44]
      DVD・Blu-ray
      • 「DTC-湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」Blu-ray(2019年2月20日発売、rhythm zone
      • 「DTC-湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」DVD(2019年2月20日発売、rhythm zone


      HiGH&LOW THE WORST[編集]

      HiGH&LOW THE WORST
      監督 久保茂昭
      脚本 高橋ヒロシ平沼紀久増本庄一郎渡辺啓
      原作 「HiGH&LOW」/「WORST
      出演者 川村壱馬
      吉野北人
      前田公輝
      福山康平
      鈴木昂秀

      佐藤流司
      うえきやサトシ
      神尾楓珠
      中島健
      鈴木貴之
      一ノ瀬ワタル
      清原翔
      青木健
      陳内将
      塩野瑛久
      葵揚
      小柳心
      荒井敦史
      坂口涼太郎
      白洲迅
      中務裕太
      小森隼
      富田望生
      矢野聖人
      市川知宏
      落合モトキ
      佐藤寛太
      佐藤大樹
      塚本高史
      小沢仁志
      志尊淳
      山田裕貴
      主題歌 SWAG & PRIDE / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
      制作会社 イメージフィールド
      製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
      配給 日本の旗松竹
      公開 日本の旗2019年10月4日
      上映時間 125分
      製作国 日本の旗 日本
      言語 日本語
      興行収入 12.5億円[51]
      前作 DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE WORST』は、2019年10月4日公開の日本映画。主演は川村壱馬。HiGH&LOWシリーズ映画第6弾で、鬼邪高校を主役としたスピンオフ作品であり、高橋ヒロシの漫画作品であるWORSTとの実写コラボレーション作品[52]

      スタッフ
      プロモーション
      • 志尊淳・川村壱馬・吉野北人・山田裕貴が撮り下ろした全16ページのミニ写真集「『HiGH&LOW THE WORST』SPECIAL PHOTO BOOK」が、『月刊プリンセス』11月号(秋田書店刊)にプレミアム別冊付録として付けられた[53]
      • 映画公開を記念して、「DTC」のダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)と「KH」のケン(岩谷翔吾)とヒカル(山本彰吾)が出演するスペシャル動画が制作され、「DHC×『HiGH&LOW THE WORST』× feat.DTC+KH 」がテーマソング歌う短編コメディがDHCサイト内特設ページで公開された[54]
      封切り
      2019年10月4日に公開され、全国322スクリーンで上映された[55]。土日2日間での動員は12万1000人、興収は1億6400万円をあげ、興行通信社の映画動員ランキングでは第3位となった[56]
      応援上映
      2019年10月12日の東京・愛知・大阪・兵庫での開催を皮切りに、順次全国で開催された[57]。2019年11月23日にはOSシネマズ神戸ハーバーランドにてマサラ上映が行われた[58]


      ネット配信[編集]

      Hulu特別連続ドラマ
      テレビドラマ放送後に動画配信サイトHuluではディレクターズカットを加えた特別版を全話独占配信[59]
      特別長編予告
      2016年3月5日から7月16日までの毎週土曜日午前6:00に20週連続でYouTubeにて特別映像を公開[60]

      HiGH&LOW THE DTC[編集]

      Huluで2017年8月11日から3週連続で9月10日までの期間限定にて配信されたショート・コメディである[61]

      放送リスト[編集]

      話数 配信開始日 サブタイトル
      Episode1 2017年8月11日 俺たちDTC
      Episode2 お湯
      Episode3 DTCのテーマ曲
      Episode4 2017年8月18日 ユーチューバーになろう
      Episode5 ニックネーム
      Episode6 チーズインハンバーグ
      Episode7 クイズ
      Episode8 2017年8月25日 ユーチューバーへの扉
      Episode9 チハル先生のケーキ占い
      Episode10 苺談義
      Episode11 たてぶえきょうだい

      音楽作品[編集]

      コンピュレーションアルバム[編集]

      シングル[編集]

      配信シングル[編集]

      • Valentine feat. Rui & Afrojack「Break into the Dark」(2017年8月16日)
      • HONEST BOYZ 「要!」(2017年11月7日)
      • HONEST BOYZ 「BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA」(2018年6月16日)
      • SWAY 「ON FIRE」(2019年10月2日)
      • 数原龍友「Nostalgie」(2019年10月3日)
      • EXILE THE SECONDAin't Afraid To Die」(2019年10月4日)
      • EXILE THE SECOND「Top Down」(2019年10月4日)

      アルバム[編集]

      • SALU「Gifted」(2019年12月4日)

      映像作品[編集]

      • HiGH&LOW THE LIVE(2017年3月15日)
      • HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS(2017年10月25日)

      未音源化曲[編集]

      • MIGHTY WARRIORS (ANARCHY, SWAY & CRAZYBOY) 「Welcome Back」
      • DTC (山下健二郎佐藤寛太佐藤大樹) 「traffic light」(『DTC -湯けむり純情篇-』劇中歌)
      • DTC (山下健二郎・佐藤寛太・佐藤大樹) with 縦笛兄弟 (天野浩成八木将康) 「IIKOTO」(『DTC -湯けむり純情篇-』劇中歌)
      • 「修羅BANBAN」(『DTC -湯けむり純情篇-』劇中歌)
      • PKCZ「KIDRA」(『THE WORST』)

      ライブ[編集]

      イベント[編集]

      • HiGH&LOW THE BASE
      • 日テレ×LIVE in SUMMER YOKOHAMA PKCZ×HiGH&LOW PREMIUM LIVE SHOW
      • HiGH&LOW THE LAND / HiGH&LOW THE MUSEUM
      • PKCZ×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW
      • PKCZ×DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW
        • 2018年8月21日:幕張メッセ 国際展示場・ホール1、2、3
      • HiGH&LOW THE WORST VS THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW
        • 2019年9月17日 - 9月18日:幕張メッセ
      • HiGH&LOW THE WORST VS THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 大ヒット御礼応援上映会&PREMIUM LIVE SHOW
        • 2019年12月26日:横浜アリーナ

      漫画[編集]

      HiGH&LOW
      ジャンル 不良
      漫画:HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.
      原作・原案など Team HI-AX
      作画 細川雅巳
      出版社 秋田書店
      掲載誌 別冊少年チャンピオン
      レーベル 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
      発表号 2015年11月号 - 2016年10月号
      巻数 全3巻
      漫画:HiGH&LOW g-sword
      原作・原案など HI-AX
      作画 CLAMP
      出版社 講談社
      掲載誌 週刊少年マガジン
      レーベル ワイドKC
      発表号 2017年16号 - 36・37合併号
      巻数 全1巻
      漫画:HiGH&LOW THE WORST鳳仙学園日誌
      原作・原案など 高橋ヒロシ、HI-AX
      作画 アメノ
      出版社 秋田書店
      掲載誌 月刊チャンピオン
      発表号 2020年5月号 -
      テンプレート - ノート
      プロジェクト 漫画
      ポータル 漫画
      HIGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.
      細川雅巳によるコミカライズが、『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2015年11月号から2016年10月号まで連載。
      HiGH&LOW g-sword
      CLAMPによるコミカライズが、『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年16号から36・37合併号まで連載。
      『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開を記念して、DTC主役のストーリーにて週刊少年マガジン2018年43号に掲載される。
      「DTC」オリジナルアナザーストーリー
      平本アキラによるコミック版「DTC」オリジナルアナザーストーリーが、『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年9月26日発売号、10月3日発売号の2週間にわたって掲載される[63]
      HiGH&LOW THE WORST鳳仙学園日誌
      アメノによるよるコミカライズが、『月刊チャンピオン』(秋田書店)にて2020年5月号から連載がスタート[64]
      書誌情報
      • 細川雅巳 『HIGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.』 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス・エクストラ〉、全3巻
        1. 2016年7月8日発売 ISBN 978-4-253-13131-5
        2. 2016年7月8日発売 ISBN 978-4-253-13132-2
        3. 2016年10月7日発売 ISBN 978-4-253-13133-9
      • CLAMP(著) HI-AX(原案) 『HiGH&LOW g-sword』 講談社〈ワイドKC〉、全1巻
        1. 2017年10月17日発売 ISBN 978-4-06-510250-3
          • 『アニメーションDVD付き特装版』 同日発売 ISBN 978-4-06-510643-3


      アニメ[編集]

      漫画「HiGH&LOW g-sword」のフラッシュアニメ作品。漫画 「HiGH&LOW g-sword」特装版には実写版キャスト本人が声を担当したフラッシュアニメDVDが付属している、2017年10月17日発売[65]

      収録内容は、日本テレビ系「スッキリ!!」にて、2017年3月27日から31日までオンエアされた「雨宮兄弟編」、イベントスペース「HiGH&LOW THE LAND」で上映された「山王連合会編」、NO MORE 映画泥棒とのコラボアニメ[66]、5分の完全新作オリジナルアニメ「SWORD+MIGHTY編」が収められる。

      『HiGH&LOW g-sword』アニメーションDVD付き特装版 フラッシュアニメDVD (総尺20分)

      1. 「スッキリ!!」放送「雨宮兄弟編」 5分
      2. HiGH&LOW THE LAND上映「山王連合会編」 5分
      3. 完全新作オリジナルアニメ「SWORD+MIGHTY編」 5分
      4. 映画「END OF SKY」公開記念NO MORE映画泥棒コラボアニメ 5分
      スタッフ
      • 脚本・キャラクター原案:CLAMP
      • 監督:作田ハズム、竹谷和真
      • 作画:CLAMP、松村理恵子
      • アニメーション:佐藤ゆう、鷹の葡萄園、ポエ山、古性史織、井上美弦、山中一也
      • 音響効果:吉村広幸、伊藤信仁
      • アニメーションプロデューサー:坪井大輔、藤田周文
      • アニメーション制作:BigFace
      • アニメーション制作協力:シュガーレスファクトリー

      登場人物[編集]

      ゲーム[編集]

      HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD
      ジャンル アクションRPG
      対応機種 iOS
      Android
      販売元 enish
      人数 1人(PvPあり)
      運営開始日 2019年10月28日
      利用料金

      基本プレイ無料

      アイテム課金: あり
      対象年齢 年齢制限指定17+(iOS版)
      年齢制限指定12+(Android版)
      必要環境

      iOS端末:9.0以降

      Android端末: 6.0以降
      その他 公式サイト
      テンプレートを表示

      HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD』(ハイアンドロー ザ・ゲーム・アナザー・ワールド)は「HiGH&LOW」シリーズ初のiOSAndroidゲームアプリ。2019年10月28日配信開始。キャッチコピーは「ゲームでも全員主役。[67]



      書籍[編集]

      • 『HiGH&LOW THE BOOK』月刊EXILE別冊、LDH、2016年7月19日

      受賞[編集]

      その他[編集]

      関連書籍[編集]

      • 『ローリングストーン日本版スペシャルエディション 完全保存版『HiGH&LOW』の世界~EXILE TRIBEの飽くなき挑戦~』株式会社パワートゥザピープル、2016年7月5日、ISBN 978-4860084837
      • 『別冊サイゾー 想像以上のマネーとパワーと愛と夢で幸福になる、拳突き上げて声高らかに叫べHiGH&LOWへの愛と情熱、そしてHIROさんの本気を本気で考察する本』2017年1月号臨時増刊、サイゾー、 2016年12月15日
      • 『別冊サイゾー HiGH&LOW THE FAN BOOK~俺たちはみんな、HIROさんに夢見させてもらっていた』サイゾー2018年1月号臨時増刊、2017年12月6日、サイゾー

      脚注[編集]

      [脚注の使い方]

      注釈[編集]

      1. ^ ドラマは全6回。残り2回はEPISODE.BUSと題してキャストによるバラエティ番組が放送された。
      2. ^ 12月24日は、第9話と最終話を「合体60分スペシャル」として1:29 - 2:29に放送(後述で注記のある局では、最終話のみ分離し臨時に遅れネットとする)。

      出典[編集]

      1. ^ a b c EXILE・HIRO企画「HiGH&LOW」ドラマ版豪華追加キャスト発表!”. Cinemacafe.net (2015年9月23日). 2019年10月23日閲覧。
      2. ^ 「HiGH&LOW」ドラマ第2期放送決定、映画版特報でAKIRAとTAKAHIROがバトル”. 映画ナタリー (2015年12月24日). 2019年10月23日閲覧。
      3. ^ AKIRA 岩田剛典に対し「ビジュアルだけじゃない努力家」”. NEWSポストセブン. 小学館 (2017年11月12日). 2019年9月25日閲覧。
      4. ^ “EXILE TRIBE新ドラマ「HiGH&LOW」豪華追加キャスト発表”. モデルプレス. (2015年9月23日). http://mdpr.jp/news/detail/1525701 2015年12月29日閲覧。 
      5. ^ EXILE、三代目JSBメンバー気合い十分!「HiGH&LOW」ついに本格始動”. 映画ナタリー (2015年10月20日). 2019年10月23日閲覧。
      6. ^ “EXILE・HIRO、"全員主役"の『HiGH&LOW』始動に「みんな気合が入ってる」”. マイナビニュース. (2015年10月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/10/21/310/ 2017年3月23日閲覧。 
      7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw HiGH&LOW公式サイト THE MOVIEキャラクター”. 2019年10月28日閲覧。
      8. ^ a b c d e 『HiGH&LOW THE BOOK』月刊EXILE別冊、LDH、2016年7月19日
      9. ^ “『HiGH&LOW THE RED RAIN』山口雄大監督&脚本・平沼紀久氏インタビュー【後編】”. SPICE. (2016年10月25日). http://spice.eplus.jp/articles/83439 2019年10月28日閲覧。 
      10. ^ TAKAHIRO登坂広臣 (2017年6月2日). <EXILE TAKAHIRO&三代目JSB登坂広臣インタビュー>兄・斎藤工とカラオケへ…何を歌った?プライベートでも“雨宮兄弟”はそのまま!?. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1690703 2019年11月3日閲覧。 
      11. ^ a b c d e f g h 公式サイト THE RED RAINキャラクター”. 2019年10月28日閲覧。
      12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 公式サイト END OF SKY キャラクター”. 2019年10月29日閲覧。
      13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 公式サイト FINAL MISSION キャラクター”. 2019年10月30日閲覧。
      14. ^ a b 『週刊少年マガジン』2018年43号、講談社、2018年9月26日、93-94頁。
      15. ^ a b c d e HiGH&LOW公式サイト DTCキャラクター”. 2019年10月30日閲覧。
      16. ^ a b “黒木啓司ら「HiGH&LOW」新チームビジュアル解禁 金爆に変わる新メンバーも”. モデルプレス. (2017年6月4日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1691509 2019年11月2日閲覧。 
      17. ^ a b c d e f g h i j k l m n 公式サイト THE WORSTキャラクター”. 2019年10月28日閲覧。
      18. ^ 『キネマ旬報NEXT』Vol.28、キネマ旬報社、2019年9月26日、35頁。
      19. ^ Audition blue 2018年10月号. 白夜書房 
      20. ^ “声優・立木文彦『HiGH&LOW』新作スピンオフ映画に出演!ファンどよめき”. シネマトゥデイ. (2018年8月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103065 2019年10月25日閲覧。 
      21. ^ a b c d “ドラマ「HiGH&LOW」一挙放送&特別番組OA、EXILE TRIBEメンバーによる座談会も”. 映画ナタリー. (2015年12月14日). http://natalie.mu/eiga/news/169182 2015年12月14日閲覧。 
      22. ^ “ドラマ「HiGH&LOW」シーズン2放送決定、映画特報でAKIRA&TAKAHIROが壮絶バトル”. エキサイトニュース. (2015年12月24日). http://www.excite.co.jp/News/music/20151224/Musicman_artist52935.html 2016年1月7日閲覧。 
      23. ^ a b c “特番OA情報”. (2016年7月8日). http://high-low.jp/news/?p=811 2016年7月19日閲覧。 
      24. ^ HiGH&LOWシリーズからドラマ・映画のベストファイトだけを凝縮した、シリーズ総集編 「HiGH&LOW THE BEST BOUT」が日本テレビにて10月クールに放送決定!”. 公式サイト. 2019年10月2日閲覧。
      25. ^ キネマ旬報』2017年3月下旬号、42頁
      26. ^ 「ROAD TO HiGH&LOW」予告第2弾、コブラ、ヤマト、ノボルの友情描く”. 映画ナタリー (2016年4月16日). 2019年10月23日閲覧。
      27. ^ 2016年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
      28. ^ EXILE TRIBE、50名の舞台挨拶! 4,000人の歓声にAKIRAが”神対応”
      29. ^ “【オリコン】EXILE TRIBE総出演『HiGH & LOW THE MOVIE』 DVD・BD同時総合首位”. オリコン. (2017年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2084965/full/ 2017年1月25日閲覧。 
      30. ^ “『HiGH&LOW THE MOVIE』4DX版日本映画史上、最高で最強のアクション体験!”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2018年8月23日). https://times.abema.tv/posts/4772891 2019年10月25日閲覧。 
      31. ^ a b “「HiGH&LOW THE RED RAIN”. (2016年7月16日). http://m.ex-m.jp/common/tv/highlow/event/the_red_rain 2016年7月18日閲覧。 
      32. ^ “映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」主題歌・新ビジュアルなど怒涛の解禁”. hmv. (2016年8月27日). http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1608261047/ 2016年8月27日閲覧。 
      33. ^ キネマ旬報』2017年9月下旬号、149頁。「2016年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟」に「11.8億」とあるのは2017年1月時点の途中成績のため。
      34. ^ “『HiGH&LOW』第2弾ヒロインは吉本実憂 雨宮兄弟・長男につながるキーパーソン”. ORICON STYLE. (2016年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2077101/full/ 2016年8月22日閲覧。 
      35. ^ 山口雄大平沼紀久 (2016年10月25日). 『HiGH&LOW THE RED RAIN』山口雄大監督&脚本・平沼紀久氏インタビュー【前編】『珍遊記』監督と“ミスターHiGH&LOW”の絆. インタビュアー:藤本洋輔. SPICE.. https://spice.eplus.jp/articles/83354 2019年10月26日閲覧。 
      36. ^ 週間高世帯視聴率番組10 VOL.33 2017年 8月7日(月)~8月13日(日)
      37. ^ a b 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
      38. ^ a b “『HiGH&LOW』新作映画から2つのポスタービジュアルを解禁 岩田剛典、窪田正孝らの変化した姿&九龍会の新たな顔ぶれも明らかに”. SPICE (イープラス). (2017年5月16日). https://spice.eplus.jp/articles/124270 2019年10月26日閲覧。 
      39. ^ まるでドキュメンタリー!? HiGH&LOWスピンオフ『THE MIGHTY WARRIORS』の新しさ”. Real Sound (2017年11月16日). 2020年1月9日閲覧。
      40. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.48
      41. ^ a b c d e 「HiGH&LOW」新作はDTC主役、アクションなし!「湯けむり純情篇」9月公開”. 映画ナタリー (2018年6月16日). 2019年10月24日閲覧。
      42. ^ “EXILE映画「笑い80感動20アクション0」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年8月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808210000769.html 2019年10月26日閲覧。 
      43. ^ HiGH&LOW「DTC」SHOKICHIによるOP曲MVで縦笛兄弟が踊る!本編映像も”. 映画ナタリー (2018年8月21日). 2019年10月24日閲覧。
      44. ^ a b c d e 平沼紀久監督が語る、『DTC-湯けむり純情編- from HiGH&LOW』制作秘話 「DTCだからこそ“外に出す”ことができた」”. Real Sound (2018年10月7日). 2019年10月24日閲覧。
      45. ^ 「DTC」山下健二郎が“メグミ”の手紙にデレデレ、監督は黒木啓司からの許可明かす”. 映画ナタリー (2018年9月29日). 2019年10月24日閲覧。
      46. ^ a b HiGH&LOW、DTC&縦笛兄弟が「IIKOTO」披露!カニ男がSHOKICHIへ「お兄ちゃん」”. 映画ナタリー (2018年8月22日). 2019年10月24日閲覧。
      47. ^ 『劇場版 夏目友人帳〜』が初登場1位を獲得!『散り椿』は3位、『クワイエット・プレイス』は5位スタート(9月29日-9月30日)”. 興行通信社 (2018年10月1日). 2019年10月24日閲覧。
      48. ^ HiGH&LOW「DTC」全国27劇場で上映延長”. 映画ナタリー (2018年10月17日). 2019年10月24日閲覧。
      49. ^ a b 「監獄学園」平本アキラと映画「DTC」がコラボ!週マガにマンガ版も掲載”. コミックナタリー (2018年8月17日). 2019年10月24日閲覧。
      50. ^ ハイロー「DTC」山下健二郎が熱唱する「修羅BANBAN」を本物のカラオケで配信”. 音楽ナタリー (2018年10月5日). 2019年10月24日閲覧。
      51. ^ 2020年記者発表資料(2019年度統計)”. 2020年1月28日閲覧。
      52. ^ 「HiGH&LOW」新作10月公開!川村壱馬と吉野北人が鬼邪高全日に、脚本は高橋ヒロシ”. 映画ナタリー (2019年2月20日). 2019年10月17日閲覧。
      53. ^ 『月刊プリンセス』で『HiGH&LOW THE WORST』ミニ写真集が別冊付録に”. Real Sound (2019年10月4日). 2019年10月25日閲覧。
      54. ^ “「HiGH&LOW」がDHCとコラボ、DTC+KHがテーマソング歌う短編コメディ公開”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年10月11日). https://natalie.mu/eiga/news/351214 2019年10月25日閲覧。 
      55. ^ 国内映画ランキング : 2019年10月5日~2019年10月6日”. 映画.com (2019年10月7日). 2019年10月24日閲覧。
      56. ^ 『ジョーカー』が1位を獲得!『HiGH&LOW 〜』が3位、『蜜蜂と遠雷』が4位、『ジョン・ウィック〜』が5位に初登場(10月5日-10月6日)”. 興行通信社 (2019年10月7日). 2019年10月24日閲覧。
      57. ^ 「HiGH&LOW THE WORST」全国で応援上映開催、きゅうり持ち込みは禁止”. 映画ナタリー (2019年10月9日). 2019年10月24日閲覧。
      58. ^ パーッと派手にいきましょう!「HiGH&LOW THE WORST」神戸でマサラ上映決定”. 映画ナタリー (2019年11月13日). 2019年11月14日閲覧。
      59. ^ “EXILE、三代目JSBら、EXILE TRIBE総出演ドラマ「HiGH&LOW」今夜放送開始!放送後には、ディレクターズカットが加わった特別版の配信も”. E-TALENTBANK. (2015年10月21日). http://e-talentbank.co.jp/news/11801/ 2016年3月15日閲覧。 
      60. ^ “【特別映像20週連続公開 第1弾】 HiGH&LOW Special Trailer ♯1「山王連合会」解禁!!”. LDH. (2016年3月5日). https://www.ldh.co.jp/news/detail.php?lang=jpn&site=Egirls&newsid=0000010424 2016年3月14日閲覧。 
      61. ^ “【『HiGH&LOW』最新シリーズ『HiGH&LOW THE DTC』が全11話で配信へ ダン、テッツ、チハルがユーチューバーを目指す?”. スパイス. (2017年8月1日). https://spice.eplus.jp/articles/138762 2017年8月14日閲覧。 
      62. ^ “HiGH&LOW THE LIVE ツアー・スケジュール発表!!”. (2016年5月7日). http://high-low.jp/news/?p=273 2016年5月9日閲覧。 
      63. ^ “HiGH&LOW「DTC」平本アキラによるコミック版が登場、4DX上映の特典も決定”. 映画ナタリー. (2018年8月17日). https://natalie.mu/eiga/news/295706 2018年9月1日閲覧。 
      64. ^ “「HiGH&LOW THE WORST」鳳仙学園の日常がマンガ化、塩野瑛久ら四天王も再集結”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月6日). https://natalie.mu/eiga/news/370078 2020年3月8日閲覧。 
      65. ^ “【HiGH&LOW g-sword フラッシュアニメ一部公開!】「HiGH&LOW g-sword」単行本発売中!”. EXILE mobile. (2017年10月17日). https://m.ex-m.jp/news/detail?news_id=14489 2018年9月1日閲覧。 
      66. ^ “CLAMP×『HiGH&LOW』×NO MORE映画泥棒!史上初の5週連続企画が決定 雨宮兄弟、村山&轟、二階堂が一緒に映画を鑑賞”. SPICE (eplus). (2017年8月16日). https://spice.eplus.jp/articles/141363 2019年7月20日閲覧。 
      67. ^ ゲームでも全員主役!「HiGH&LOW」アプリ秋配信、公式サイトにコブラら集結”. 映画ナタリー (2019年4月14日). 2019年10月24日閲覧。
      68. ^ “ジャパンアクションアワード「HiGH&LOW」3冠、男優賞は「極道大戦争」KAERUくん”. 映画ナタリー. (2016年4月29日). http://natalie.mu/eiga/news/185479 2016年10月1日閲覧。 
      69. ^ “第6回ジャパンアクションアワード「HiGH&LOW」が2冠、最優秀男優賞は佐藤健”. 映画ナタリー. (2018年3月17日). https://natalie.mu/eiga/news/273997 2018年9月1日閲覧。 
      70. ^ “「ハイロー」MIGHTY WARRIORSが音楽特番「ベストアーティスト」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年11月19日). https://natalie.mu/eiga/news/257423 2019年9月25日閲覧。 
      71. ^ EXILE TRIBE×カップヌードルの新CMに大反響! 熱い支持の理由は?”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2018年4月5日). 2019年9月25日閲覧。
      72. ^ “『HiGH&LOW』じゃない!AKIRA、岩田剛典ら出演のヤバい日清CM「舞踏審議篇」を公開 アクションはゼロレンジコンバット・匠馬敏郎”. SPICE (eplus). (2018年3月30日). https://spice.eplus.jp/articles/181053 2019年9月25日閲覧。 
      73. ^ “EXILE×カップヌードル新CM、あの兄弟がネロとパトラッシュをお助け”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年11月7日). https://natalie.mu/music/news/306963 2019年9月25日閲覧。 
      SNS
      日本テレビ 木曜1:29 - 1:59(水曜深夜)枠
      前番組 番組名 次番組
      HiGH&LOW
      〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜
      日本テレビ 日曜0:55 - 1:25(土曜深夜)枠
      HiGH&LOW Season2
      -
      日本テレビ 木曜0:59 - 1:29(水曜深夜)
      HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O

      HiGH&LOW THE BEST BOUT