Hysteric Blue

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Hysteric Blue
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 1997年 - 2004年3月
レーベル ソニーレコード/ソニー・ミュージックレーベルズ
共同作業者 佐久間正英
メンバー Tama(ヴォーカル)
たくやドラム
ナオキ(ギター
JUDY AND MARY, JITTERIN'JINN, LINDBERG, ユニコーン

Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)は、かつて活動していた大阪府出身の日本ロックバンド。略称はヒスブル

来歴[編集]

  • 1997年7月、Tamaたくやが地元の大阪城公園前ストリート・ライブ天国(通称「城天」)などで4人組のバンド活動中に、城天のライブを見たナオキに誘われて結成した。
  • 結成直後、デモテープを作り業界関係者などに送る。後にプロデューサーとなる佐久間正英の耳にとまったことがきっかけで、1998年6月、ソニー・レコードと契約する。
  • 1998年10月31日、シングル「RUSH!」でメジャーデビュー。
  • 1999年1月に発売した2ndシングル「春〜spring〜」でブレイクを果たす。
  • 1999年4月1日、初のアルバム「baby Blue」を発売。
  • 1999年7月28日、4thシングル「なぜ…」を発売。ドラマ主題歌に起用され大ヒットした。
  • 1999年12月31日、NHKの『紅白歌合戦』に出場し、ブレイクのきっかけとなった「春〜spring〜」を披露した。
  • 2002年11月20日、結成5周年にして初のベストアルバム「Historic Blue」を発売。
  • 2003年6月17日、ライブにて活動休止を発表。「デビューからこの4、5年の間にいろんなものを吸収したけど、だんだん個性が出てきた。いったん休んで各自やりたいことをやってまた集まろうとなった」とたくやが説明した。
  • 2003年9月23日、大阪でのライブを最後に活動休止。
  • 2004年3月4日、ナオキが強姦強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受け、公式サイトでTamaとたくやの連名でバンド解散を発表した[1][2]

メンバー[編集]

Tamaボーカル
1980年10月28日生まれ、大阪府八尾市出身。
解散後、バンド「Screaming Frogs」を結成しボーカルを担当、人気漫画を原作としたアニメ『鋼の錬金術師』のキャラクターソングに詞を提供するなど作詞活動も行う。
2014年、自身初となるソロアルバムをリリース。
たくやドラム
1980年4月12日生まれ、大阪市出身。
Hysteric Blueのメインソングライター。代表曲である「春〜spring〜」、「なぜ…」等の大半の楽曲の作詞・作曲を手がけた。
「春〜spring〜」でブレイクした後に、インタビューで「それまでバイトしてたのにこのヒットで年収何千万円ともらえるようになって生活が一変した」と語っていた。
解散後、本名の楠瀬拓哉名義でバンド、サポート、楽曲提供、舞台音楽などを数多く担当している。
Tamaと同じく『鋼の錬金術師』『BLEACH』などのキャラクターソング、佐久間正英と共に楠瀬拓哉名義で曲及び詞を提供活動を行う。
2010年、Tamaの所属する「Screaming Frogs」に参加。
2012年、アニメ「ギルティクラウン ロストクリスマス」主題歌と挿入歌の2曲に佐久間正英と共に楠瀬拓哉名義で曲及び詞を提供。
ナオキ(ギターステージ上手側、リーダー)
1979年5月29日生まれ、大阪市出身。
「Little Trip」、「直感パラダイス」、「だいすき」等の作曲を手がけていた。
2004年3月、強制わいせつにより逮捕(前述)。2005年2月、強姦および強制わいせつ(未遂含む)の罪により、東京地裁で懲役14年の判決を受けた。2006年5月、控訴審で懲役12年に減刑され、上告棄却により確定。山形刑務所に収監。
月刊『』2016年8月号に本名の赤松直樹名義で獄中手記を寄せた[3][4]
2016年9月までに山形刑務所を出所した。出所後は秋田県内の社会復帰施設に入所し、社会活動にも身を投じており、Twitterフェミニズムリベラルに関する発言を発信していた[5]
2020年9月、強制わいせつ致傷容疑で再び逮捕された。逮捕当時は「二階堂」に改姓していた[6]。2021年3月30日、さいたま地方裁判所で開かれた初公判で、「強制わいせつ行為の指している内容がよく分からないので否認します」と述べた[7]

サポート・ベース[編集]

佐久間正英
プロデュース担当。前期のレコーディング、ライヴ、テレビ収録で参加(ステージ下手側)。活動後期には「Home Town」の作曲を手がけている。解散後もメンバーとの交流があり、自らの誕生日イベントにはTama、たくやが出演した。2014年1月他界。
人時
後期でのライヴ、レコーディング参加。

ディスコグラフィー[編集]

2020年時点で、シングル・アルバムとビデオ共に廃盤状態となっている。

シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 1998年10月31日 RUSH!
2nd 1999年1月21日 春〜spring〜
3rd 1999年5月8日 Little Trip
4th 1999年7月28日 なぜ…
5th 1999年10月20日 ふたりぼっち
6th 2000年1月26日 直感パラダイス
7th 2000年3月29日 Dear
8th 2000年10月25日 グロウアップ
9th 2000年11月22日 だいすき
10th 2001年8月22日 Reset me
11th 2001年10月24日 フラストレーション ミュージック
12th 2002年1月23日 ベイサイドベイビー
13th 2002年11月7日 Home Town
14th 2003年6月18日 DOLCE〜夏色恋慕〜

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1999年4月1日 baby Blue
2nd 2000年2月23日 WALLABY
3rd 2001年1月24日 bleu-bleu-bleu
4th 2002年2月20日 MILESTONE
5th 2003年8月6日 JUNCTION

ベストアルバム[編集]

  1. Historic Blue(2002年11月20日)

ビデオ[編集]

  • baby Clips(1999年)
  • baby Clips2(2000年)
  • baby Clips3(2001年)
  • Historic Blue Films(2003年)

関連書籍[編集]

タイアップ一覧[編集]

[注 1] 曲名 タイアップ
1998年 RUSH! TBS系『まぶだちIII』エンディング・テーマ
1999年 春〜spring〜 テレビ朝日系『目撃!ドキュン』エンディング・テーマ
Little Trip NHK BS2真夜中の王国』オープニング・テーマ
なぜ… TBS系ドラマ『P.S. 元気です、俊平』主題歌
ふたりぼっち NHK総合テレビポップジャム』10月・11月度エンディング・テーマ
2000年 直感パラダイス TBS系『スーパーサッカー』テーマソング
はとぽっぽ TBS系『ワンダフル』1月ミニドラマ主題歌
真昼の夕焼 森永製菓ハイチュウ」CMソング
Dear テレビ朝日系『目撃!ドキュン』エンディング・テーマ
グロウアップ フジテレビ系アニメ『学校の怪談』オープニング・テーマ
diet NUDE version 2.1 カルピス「NUDE」CMソング
だいすき ららぽーとスキードームSSAWS CMソング
2001年 Reset me フジテレビ系『クラリオン・スカラーシップMEDAMA2001』テーマソング
フラストレーション ミュージック フジテレビ系アニメ『バンパイヤン・キッズ』オープニング・テーマ
2002年 ベイサイドベイビー テレビ朝日系『サタッぱち 古舘の日本上陸』エンディング・テーマ
Home Town フジテレビ系『ウチくる!?』10月・11月度エンディング・テーマ
カクテル テレビ東京系アニメ『スパイラル -推理の絆-』エンディング・テーマ
2003年 DOLCE〜夏色恋慕〜 三菱電機「HDDカーナビ」CMソング
笑おう TBS系『さんまのSUPERからくりTV』エンディング・テーマ[8]

ヘビーローテーション/パワープレイ[編集]

ラジオ[編集]

[注 1] 曲名 ラジオヘビーローテーション/パワープレイ
1999年 春〜spring〜 FM NACK5JAPANESE DREAM』1999年1月度 歴代JDグランプリ受賞曲
2001年 Reset me FM NACK5『JAPANESE DREAM』2001年8月度 歴代JDグランプリ受賞曲

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1999年(平成11年)/第50回 春〜spring〜 02/27 Something ELse

受賞歴[編集]

Sabão[編集]

Sabão
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPロック
活動期間 2011年 -
共同作業者 佐久間正英
メンバー Tamaボーカル
たくやドラム

Sabão(シャボン)は、Tamaとたくやのユニット。2011年結成。

主な来歴[編集]

2012年4月、プロデューサー・佐久間正英のライヴイベント「The Party 60」に若菜拓馬、力石理恵、佐久間正英、人時と共に出演し、「春〜spring〜」「なぜ…」「ふたりぼっち」を披露した。

2013年1月9日、「Sabão」として「BIG VENUS」(新曲)、「春-spring-」、「なぜ…」が配信開始。

2013年7月29日、お台場合衆国2013 とくダネ!ライブに出演。

2018年8月22日、初のCD「MeRISE」を発売。

2018年10月28日、この日のライブを以て、当面の間ライブ活動休止に入った。

ディスコグラフィー[編集]

SONG タイトル 収録 配信日 タイアップ
1st BIG VENUS BIG VENUS -Single 2013年1月9日 CR「セクシーフォール」(豊丸産業)
-収録楽曲 (3曲とも)
「BIG VENUS」 - YouTube
「BIG VENUS」 - YouTube
春 -spring- (Sabão ver.)
なぜ… (Sabão ver.)
2nd アップデート アップデート - EP 2013年3月29日 ドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO
オープニングテーマ (2nd)
エンディングテーマ (3rd)
挿入歌 (4th - 9th)
3rd たからもの
4th 会いたくて イタズラなKiss
〜Love in TOKYO SONGS
2013年7月27日
5th イタズラRhapsody
6th さよならわたしの片想い
7th Good Bye Namida
8th Hey, Mr. Cool
9th White Knight
10th KNOW Alliance vol.1 -EP 2013年10月28日
「Alliance vol.1 Digest」 - YouTube
11th Nightmare before decadence
12th ta chi ma chi
13th 今 〜present〜 ライブ会場限定配布 「今 〜present〜」 - YouTube
14th MILK Alliance vol.2 -EP 2014年10月31日 「アソビ」 - YouTube
「環状線」 - YouTube
15th 環状線
16th アソビ

サウンドトラック[編集]

「Sabão」名義の作品ではないが、CD音源として収録されている。

タイトル 収録 発売日
イタズラなKiss 〜 Love in TOKYO オリジナル・サウンドトラック 2nd - 9th収録。他インスト曲。 2013年8月28日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で記載

出典[編集]

  1. ^ 公式サイトでの発表 (web archive)
  2. ^ 朝日新聞による報道 (web archive)
  3. ^ 月刊『創』2016年8月号「◆元「ヒステリックブルー」ナオキの獄中手記......赤松直樹 罪と償いについて考える――逮捕から12年、更生はいま」 2016年7月 創出版
  4. ^ 元ヒステリックブルーのナオキが出所を前に獄中12年の心情と事件の真相を手記に綴った(1)(2)篠田博之(月刊『創』編集長) 2016年7月13日 BLOGOS
  5. ^ 元人気バンドメンバーはなぜ「再犯」に走ったか?社会復帰の現実を聞く”. www.msn.com (2020年10月9日). 2020年11月8日閲覧。
  6. ^ “「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警” (jp). Mainichi Daily News. (2020年9月23日). https://mainichi.jp/articles/20200923/k00/00m/040/114000c 2020年9月24日閲覧。 
  7. ^ ヒステリックブルー元メンバー 初公判でわいせつ行為を否認”. NHK NEWS WEB 2021年3月30日 15時20分. 2021年4月1日閲覧。
  8. ^ https://7net.omni7.jp/detail_jan/4988009015101

関連項目[編集]

  • Screaming Frogs
  • 乃木坂46 - 乃木坂46の今野義雄プロデューサーがレコーディングディレクターを務めた。