I'll believe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
I'll believe
ALTIMAシングル
初出アルバム『TRYANGLE
B面 -Indefinitely-
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
アニメソング
時間
レーベル ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
作詞・作曲 黒崎真音(作詞)
motsu(ラップ作詞)
八木沼悟志(作曲)
プロデュース 小島剛
八木沼悟志
チャート最高順位
ALTIMA シングル 年表
I'll believe
(2011年)
ONE
2012年
テンプレートを表示

I'll believe」(アイル・ビリーブ)は、日本音楽ユニットALTIMAの1作目のシングル

概要[編集]

収録曲[編集]

  1. I'll believe [5:43]
    バラード調のイントロからアップテンポに変わる構成になっているが、これはSATが洋楽風のノリに仕上げようと思ったためである。シャナと坂井悠二の信じ合う想いをテーマにした楽曲で、MAONがシャナの気持ちを、MOTSUが戦闘で炎に包まれる様子を描いており、各々で歌唱している[2]
    ミュージック・ビデオ香港の夜景の中で撮影され、MOTSU曰く「香港ノワールみたいな、嘘っぽいゴージャスさ」とのこと。衣装はSAT曰く「ダークだけどギラギラして懐かしい」ものになっている。終盤には演奏シーンがあるが、高所恐怖症のMAONは到着するまで緊張したとのこと。なお、MOTSUのラップの端々で16ビットに変化させたり、特定の箇所とユニゾンしている[2]
  2. -Indefinitely- [6:08]
    吉田一美の坂井悠二に対する片想いの気持ちを描いた楽曲。イントロとアウトロアコースティック・ギターを主軸にしているのは、MOTSUのラップを絡ませたかったためである[2]
  3. I'll believe -instrumental- [5:42]
    表題曲のインストゥルメンタル
  4. -Indefinitely- -instrumental- [6:06]
    カップリング曲のインストゥルメンタル。

参加ミュージシャン[編集]

ALTIMA
Additional Musician

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

  • TRYANGLE (#1,2)
  • 灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III vol.1 (#1 TVサイズ)
  • 灼眼のシャナ -BEST- (#1)

出典[編集]

  1. ^ アニカンVol.101』、MG2、2011年11月、 34頁、2011年12月7日11:42閲覧。
  2. ^ a b c アニカンVol.101』、MG2、2011年11月、 34頁、2011年12月7日11:42閲覧。